お年玉は、いつまで貰えるのかを調べてみました。

 

あなたは、何歳までお年玉を持っていましたか?

デイサービスの70代前後の高齢者の方たちと話をしていると、年末決まって出てくる話が

 

 

です。

ただ、皆さん毎年悩むのが、

 

「一体いつまであげればいいのか」

 

というものです。

そこで今回は、お年玉を貰えるのは何歳までか、その期間について詳しく解説していきます!

 

お年玉はいつまで貰える?

今回はお年玉をいつまでもらえるのか、ということを調べてみました。

いつまで・・ですが、今回は

 

  • お年玉をもらえるのは何月何日まで?
  • お年玉をもらえる年齢はいったいいつまで?

 

という2つの疑問について、それぞれお答えしていきます!

 

お正月のお年玉をもらえる期間・日にちについて

基本的には、元旦から3日までの三が日。

そして1月7日~15日の範囲で区切られている松の内も含まれている地域もあります。

 

それ以外に親戚筋のお子さんにあったときに渡すお金は、<お年玉>ではなく

 

<お小遣い>と称して渡すことがオススメ

 

となっています(^^)

一応、期間が過ぎているので、厳密にはこの日以降はお年玉とは言わないことになっています。

 

<お年玉>をわたすお正月の期間がはっきりしたところで、次はお年玉をもらえる年齢についてです。

 

もらう側にしても、あげる側にしても、この疑問はとっても重要な問題になってきます。

そして「あげる側の人」にしてみても、お年玉をあげる年齢はお財布に関係のある重要なことになります(笑)

 

では、お年玉をあげる年齢はいったいいつまでなのか…調べてみました。

 

一般的なのは5歳~成人まで

一般的にはお年玉は

 

5歳から大学生まで、または成人まで

 

とされています。

しかし、家庭によっては

 

「5歳から高校卒業まで」

 

という考えのご家庭もありますね。

これは、高校を卒業して働く子供も多いため、と考えられています。

 

最近は高校を卒業して、すぐ就職したり、家庭を持ったり・・・という若い夫婦も増えています。

ですので子供が働いているのか、いないのか・・・も、お年玉をもらえる年齢に関係がありそうですね。

 

しかし、最近になってお年玉をもらえる年齢について、物議をかもし出すとある事柄が発表されました。

それは

 

<選挙権を18歳から与える>

 

という決定です。

 

18歳から選挙権を持つ・・・ということは、国から

 

「大人としての自覚を持つように」

 

という志も込められているのではないでしょうか。

 

もしかしたら、今現在20歳から~と決められている事項も、全て徐々に18歳からに塗りなおされる可能性もありますね。

つまりもしかしたら

 

<お年玉をあげる年齢は18歳まで>

 

と一般的になんとなく区切られる日をむかえるときが、いつか来るかもしれません(;・∀・)

 

赤ちゃんからあげる人も

お年玉は<5歳から成人まで>が一般的、と先ほど書きました。

しかし家庭や、その方の考え方によって

 

「赤ちゃんにもお年玉をあげたいな」

 

と、考える方も増えています。

 

しかし、お金は赤ちゃんにあげても価値がまだわからず、喜ぶ顔は見れません(;・∀・)

ですので

 

  • 音のなるかわいいおもちゃ
  • アレルギーに問題のない美味しいお菓子

 

をあげることが望ましいです。

あるいは、その子の将来のために、貯金してあげるのもありですね!

 

区切りとなる期間

お年玉をもらえる年齢についてまとめてみましたが、どうやらその年齢には区切りがあることがわかりました。

その<区切り>とは、環境や学校がかわる、働き始める、など節目のイベントに訪れるようです。

 

  • 高校卒業→就職をしたり家庭に入ったりする
  • 成人(20歳)→国民年金を納める年齢になり「大人」と判断される
  • 大学卒業→就職をしたり家庭に入ったりする

 

と、言ったところでしょうか。

つまり責任のある立場である大人になることによって、<お年玉をあげる側>にうつっていくわけなんですね。

 

親へのお年玉も年々増えている

大人になって収入をもった子供が、今度はお年玉を親に渡すことも最近増えています。

しかし、お年玉には暗黙のルールがあるので注意が必要です。

 

それは、

 

 

<目上の人が目下の人に渡すのがお年玉>

 

ということが関係しています。

 

ですので、年配の方にとっては特に、

 

目上の方にお年玉をあげることは失礼にあたる

 

と、今でもイメージしている方が多いです。

しかしこう書いてしまうと今後は、

 

上司のおうちに年始のご挨拶に行ったりして、上司のお子さんにお年玉をあげていいのかな?

 

と悩んでしまいますよね(;・∀・)

そんなときはお年賀と称して、<図書券や商品券>をお渡しすると、上司にも好印象をもってもらえるのでオススメです。

 

そして、自身の親にお年玉をあげる場合・・・。

この場合もお年玉という言葉は使ってはいけません。

 

  • 御慶
  • 新年御挨拶

 

として包んで渡すことが、よいマナーとされています。

 

お年玉の相場について

年齢の区切りがわかったところで、今度は

 

 

という疑問が浮かぶと思います。

 

その金額は、年齢や範囲によって変わってくるようです。

では、一般的に考えられているお年玉の相場を調べてみました。

 

  • 小学校入学前の未就学児には・・・1000~2000円
  • 小学校低学年・・・1000円~3000円
  • 小学校高学年・・・3000円~5000円
  • 中学生・・・5000円
  • 高校生・・・5000~10000円
  • 大学生・・・10000円

 

と、されています。

また、お正月に親戚で集まったときなどは、

 

みんなで話し合って金額を統一する

 

という方法もあります。

ですので、そんなときは子供たちに聞かれないように、大人同士で話題に出してみるのもいいかもしれませんね。

 

お年玉をあげる範囲は?

お年玉・・・といっても<あげる側>にしてみると、

 

 

なんて、どこまであげたらいいのかわからない場合がありますよね(;・∀・)

 

年末年始は出費もかさみますし、できればお財布もさびしくないほうがいいのですが・・・。

 

<お年玉>をあげる範囲は、甥や姪にお年玉をあげることがもっとも一般的とされています。

従兄弟や親戚の子供にお年玉をあげる人は、意外と少ないのです。

 

また、友人の子供や近所の子供にお年玉をあげることも少ないです。

そして自分の子供は・・・実は、

 

自分の子供にはお年玉をあげない

 

という親御さんが増えているんです。

自分の子供はおじいちゃんやおばあちゃんから貰うから、そんなにあげても・・・という考え方なのかもしれませんね(^_^;)

 

従兄弟や親戚の子供にお年玉をあげる人が少ない理由は、

 

 

という、現代社会ならではの風潮が関係しています。

そう考えると、昔はお正月にみんなでお雑煮をワイワイ食べていたのに、なんだかさびしい感じがしますね。

 

お年玉を貰えるのは成人前後まで!

今回は「お年玉はいつまでもらえるのか」という疑問について調べてみました。

 

  • お年玉を渡すお正月の期間
  • 年齢
  • マナー

 

細かいところまで決まりがあるなんて、ビックリですよね(;・∀・)

 

お年玉をあげる年齢もはっきりして、あげる側も貰う側もわかりやすいですね。

働き出した=社会に出たあたりがお年玉の区切り時です。

 

甥や姪が就職が決まった方は<就職祝い>を渡したら、もうお年玉は最後ということになりますね。

ですが、それは

 

「もう一人前だぞ、がんばれよ!」

 

という気持ちの表れでもあるんです。

そしてその甥や姪が大成して、今度は自分の子供がお年玉をいただくようになるんですね。

 

ちなみに<お年玉>とは、昔はお餅を<お年魂・おとしたま>として健康を祈って食べていたことに由来します。

 

応援したり、健康を願う気持ちがお年玉としてめぐりめぐるお正月。

今年のお正月は、願う側なのか願われる側なのか・・・。

 

もちつもたれつ、来年も元気に過ごしたいものです(*´∀`)

 

正月関連記事はこちら

➡ 初詣はいつまでに行けばいい?松の内・節分まで?屋台やおみくじの期限とは

➡ 喪中の初詣はいつまで駄目でいつから出来る?おみくじなどのルールを解説!

➡ あけましておめでとうはいつまで言う?ビジネス時は?正月の疑問!

➡ 年末年始はいつからいつまで?2018~2019の休みについても調査!

➡ 喪中の正月の過ごし方!挨拶やお参り、参拝等やってはいけないことを解説!

➡ 正月の赤い食べ物の名前はちょろぎ?味や漢字・食べる地方について解説!

➡ 正月に餅つきをする意味は?年末に行う意味や由来・日にちを紹介!