スペインの漢字、一文字で書けちゃうんです(^^)

スポンサードリンク

それぞれの国名に、漢字表記は存在しています。
アメリカなら【米】フィリピンなら【比】などが有名です。

では、スペインの漢字は一体どのように表すのでしょうか?
今回は、殆ど知られていないこの国の漢字表記について

 

 

の2つを、由来も交えつつ紹介していきます

スペインを漢字で書くと?

それでは早速紹介していきます。
今回は、スペインの漢字についてです。

何故このような話題を紹介するかといいますと、実は先日面白い話を聞いたんです。
それは・・・

 

「スペインって漢字一文字で書けるんだぜ!」

 

というものです。

 

え~!!Σ(゚Д゚)

 

とまあ、普通にびっくりした私です(笑)
この驚き、せっかくならあなたにも味わってもらいたい!

という思いから、今回はこの記事を書くことにしました(^^)
ちなみにあなたは、スペインを漢字で書くことができますか?

それぞれ漢字で

 

一文字

三文字

 

の2種類が存在しているこの【スペイン】。
このあと実際に漢字を説明していくのですが、もしよければ、読み進める前にどんな漢字か考えてみてくださいね。

きっと、想像とぜんぜん違う漢字が出てきてビックリするはずです(^^)

そもそもスペインってどこの国の言葉なの?

さあ、漢字の説明を!!
・・・と行きたいところですが、あと少し待ってください(^_^;)

その前に、そもそも「スペイン」という発音がどこから伝わってきたのかについて解説していきます。
これを知っておかないと、スペインの漢字の由来などの理解が難しくなる、とっても重要な部分なんです!

 

実はスペインという発音、もともと英語表記である

 

Spain

 

の読み方をカタカナにしたものなんです。

私達にとって馴染みのあるこの読み方ですが、実は使われるようになったのは近代になってからなんです。

ちなみに、以前はヒスパニアと呼ばれていました。
ずっと前からスペインと読んでいる私達からすると、なんだか不思議な感覚ですね(^_^;)

さて、発音がどこから来たものなのかわかったところで、いよいよ本番!
漢字表記について見ていきたいと思います。

通常の漢字表記

さて、まずはスペインの通常の漢字表記についてです。
先程少し書いたように、スペインの通常の漢字表記は

 

3文字

 

です。

どんな漢字なのでしょうか。
その答えは・・・

 

西班牙

 

です!!
ちょっとかっこいい(笑)

国の名前に、まさかの【牙(キバ)】が入っています。
獣にこの漢字を使うのならイメージもできるのですが、国名に牙はちょっと意外でしたね(・_・;)

 

実はこの西班牙という漢字、日本で作られたものではありません!
もともとは中国から伝わってきたものなんです。

・・・まあ、これだけ難しい漢字となると、漢字の本場・中国の雰囲気はありますよね(^^)

で、ここまでは良かったのですが、一つ問題が発生してしまいます。

実は漢字はそのままに、読み方だけは英語の発音からきた「スペイン」を、そのまま採用してしまったのです。
そのため、漢字表記とその読みとの間に違いが生じてしまったのです。

確かに、【西班牙】を普通に読もうとしたら、どうやっても「スペイン」とは読めないですもんね(^_^;)
これが超難読漢字の一つ、西班牙の由来となります。

スポンサードリンク

一文字で書くと・・・

さて、お次はスペインを漢字一文字で書いたときの表記です。
漢字一文字・・・全く思い浮かばないですよね(^_^;)

ちなみに、他の国の漢字を紹介しますと

 

  • アフリカ:阿
  • インド:印
  • エジプト:埃
  • ルーマニア:尼
  • ハワイ:布

 

などがあります。
エジプトの埃(ほこり)ひどいな(^_^;)

で、肝心のスペインの一文字漢字ですが、正解は・・・

 

西

 

です!
西班牙の頭文字である【西】が、そのまま国を表す漢字となったようです(^^)

 

というわけで、スペインに西というイメージは正直ありませんが、正解は西となります。
まあ、この場合は東西南北の【西】、ではなく西班牙の頭文字を取っただけなので、特にこの文字自体に意味は無いようです。

西班牙裏話

さて、最後にスペインに関するちょっとした裏話を一つ・・・

先程、スペインはもともとHispania(ヒスパニア)と呼ばれていたと説明しました。
実はこの読み方、中国から伝わったものなんです!

Hispaniaはラテン語であり、もともとはイベルア半島を指す言葉でした。
この聞き慣れないラテン語を当時の中国語で漢字に当てはめたものこそが

 

西班牙

 

だったのです。
ちなみにこの名残は、現在の中国語にも少し残っています。

現代中国語では、西班牙をヒスパニアとは読まず、「シーバンニャ」と読んでいます。
これ、少し「ヒスパニア」に似ていませんか?

こういったことを探していくのも、歴史が見えてくるみたいで面白いですね(^^)

スペインの漢字は2つある!

今回は、スペインの漢字について、一文字表記通常漢字表記の2つを紹介していきました。

 

漢字一文字で【西】

通常漢字表記で【西班牙】

 

が正しい漢字となります。
ちなみに、西は西班牙の頭文字を取ったものであり、方角の西とは一切関係ありません。

読み方は、まあ当然ですがどちらも「スペイン」です(笑)

なかなか読みにくい漢字・書きにくい漢字であるこのスペイン。
難読漢字の中でも特に難しい国名の一つとなっています。

あなたは読めましたか?
もし良ければ、今度は他の方にもこの漢字をクイズにして出してみてくださいね(^^)

ちょっとした暇つぶしや脳トレにピッタリの問題となっています。
ぜひぜひ、ご友人と一緒に漢字クイズを楽しんでくださいね♪

言葉の雑学関連記事

➡ いろはにほへとの意味が怖い!いろは歌に隠された真実とは?

➡ 【おざなり】と【なおざり】の違いは?漢字や使い方・例文に覚え方紹介!

➡ さくらんぼを漢字で書くと?漢字表記とその由来について詳しく説明!

➡ しゃっくりとひゃっくり、正しいのはどっち?違いは何?正式名称を紹介

➡ キャベツの漢字表記を紹介!意味や由来についても解説します

➡ 原稿用紙の真ん中にある蝶ネクタイマークの意味は何?名前は魚尾!

➡ カラスは漢字でどう書くの?烏と鴉、2つの漢字の由来や意味を紹介!

スポンサードリンク