日本とアメリカでは、クリスマスにも違いがあるようです。

 

私達は、ついつい自分たちが知っている日常が、常識だと思ってしまいがちです。

ですが実際は、国が違えば常識も全く異なるもの・・・

 

海外から伝わってきたクリスマスも、日本で様々な変化を迎え、いつの間にか日本独自の文化へと変化しています。

今回は、日本とアメリカのクリスマスの違いについて詳しく紹介していきます。

 

日本とアメリカのクリスマスの違い

今回は、日本とアメリカのクリスマスの違いです。

同じように思えますが、実はかなり違いも多いようで・・・

 

それぞれのクリスマス事情を確認し、その違いについても目を向けてもらえたらなと思います(^^)

 

日本のクリスマス事情

ごくごく一般的な日本のクリスマスをイメージしてみると、12月に入る辺りから、とにかく街全体がクリスマス一色ですよね!

 

オフィス街やショッピング街がイルミネーションがきれいですし、お店にいけばたくさんのプレゼントが並んでいます。

ロマンチックなクリスマスデートといえば、

 

イルミネーションを恋人と見にいく

 

と答える人も多そうです(^^)

 

バーやレストランのクリスマス特別プランも、よくみかけますね。

そして定番の食べ物といえば、いちごのショートケーキがまず出てきます。

 

それからケンタッキーフライドチキンなども思い浮かんできます(*´∀`)

 

クリスマスイブの24日、恋人同士でイルミネーションを見に行くのは、クリスマスデートの大定番!

子供のころは、朝起きたら枕元にプレゼントが・・・なんて思い出のある人も多いかもしれませんね(^^)

 

そして25日がすぎれば、さっさと片付けをして、クリスマス商品はセールとなり、次は来たるお正月にむけての準備が始まる!

そんなイメージではないでしょうか?

 

うーん、なんとも現金な態度です(笑)

 

まとめてみると、日本のクリスマスは、

 

  • 恋人と過ごすロマンチックな夜
  • イチゴのショートケーキ
  • フライドチキン
  • 25日が過ぎると、すぐお正月に切り替え

 

みたいなかんじでしょうか(・ω・)ノ

 

「それがクリスマスでしょ?」

 

と思うかもしれませんが・・・いえいえ、国が変われば全く形も異なります!

アメリカのクリスマス、御覧ください。

 

アメリカのクリスマスは・・・

続いて、アメリカのクリスマスについてみていきましょう!

 

アメリカは、クリスマスかお正月かでいけば、完全にクリスマスがメインのようです!

・・・まあ、正月はアメリカにはあまりない概念ですしね(笑)

 

ですので、力の入れ具合もかわってきます。

 

まずイルミネーションなどのスタートはハロウィンがおわったらすぐです!

 

11月の中旬には、すっかり街がクリスマスモードに変わっています!

ちなみに、イルミネーションはクリスマスを過ぎても、1月くらいまでは平気で飾ってあったりもします。

 

すぐにお正月モード全開になる日本とは、だいぶ雰囲気が違いそうですね。

 

それから、私たち日本人はお正月に親戚があつまりますが、アメリカでは、クリスマスがそれにあたります。

 

24日の夜から25日の深夜にかけては家族でディナー、というのがとても一般的。

友達とのパーティはその少し前に行う、というのが通常のようです。

 

またプレゼントも、いろんなパーティでそれぞれで交換したりしあうので、一人当たり何個もゲットすることになるんです(^^)

これは羨ましいですね♪

 

かなり盛大に盛り上がるクリスマスですが、パーティーの食事には、以前紹介した感謝祭のような特別な決まりはないようです。

 

ハム、ビーフ、ターキーなどいろんなお肉料理が並ぶと言われていますが、実際はピザやデリバリーでお手軽に済ませるお家も多いようです。

 

デザートに関しても、日本ではかなりの確率でイチゴのショートケーキですが、アメリカではクッキーを食べるのが一般的だそうですよ。

ちなみにこのクッキー、

 

サンタさんへのお礼にささげる

 

といった意味もあるんです(^^)

 

各国のクリスマスを覗いてみよう!

折角なので、アメリカ以外の各国のクリスマスも覗いてみましょう!

 

イタリア

日本からの旅行先としても大人気のイタリア。

 

イタリアといえば、ピザにパスタにジェラートに!

とにかく美味しい食べ物のイメージがまず浮かびます(^q^)

 

そんなイタリアの国内にはカトリックの総本山、ヴァチカン市国があり、国民の多くが熱心なカトリック教徒、という一面もあります。

 

ですのでイエスキリストの生誕に関わるクリスマスは、1年の中で最も重要な日、として位置付けられています。

 

クリスマスイブからクリスマス翌日にかけての24、25、26日の三日間。

なんと、街中のお店がお休みとなり、家族や大切な人とゆっくり過ごすのが基本となっています(^^)

 

クリスマスのディナーは、マンマお手製のフルコースが食卓を彩ります!

前菜、パスタ、メインディッシュ、デザートで、もちろん料理に合わせたワイン選びも欠かせません!

 

日本でいう大晦日や元旦のようなイメージですね。

ちなみに、クリスマス前夜のイブのディナーでは、体を清めると言う意味合いから、お肉はあまり食べず、シーフードと野菜がメインの食事となっています。

 

カナダ

日本人留学生も多いカナダ!

いったいどんなクリスマスなのか気になりますね。

 

日本との大きな違いは、

 

 

というところでしょうか。

 

日本は恋人と過ごす、ロマンチックなイメージがあるクリスマスですが、カナダもさきほど紹介したアメリカ同様、家族で過ごす意味合いが大きいです。

 

とはいえ、12月にはいればもう街はクリスマスムード。

プレゼントも一人あたりいくつももらうのはアメリカ同様なので、お店もとにかくクリスマス全開です。

 

寒い国ということもあり、多くの広場がスケートリンクに早変わり!

ツリーやイルミネーションで飾られたリンクでのスケートは、カナダのクリスマスシーズンでは定番です。

 

お土産や小さな遊園地が併設されたクリスマスマーケットも定番です。

屋台で買ったホットワインを飲みつつ、お買い物が楽しめるようです(^∇^)

 

ドイツ

さきほどカナダで紹介したクリスマスマーケットですが、クリスマスマーケットの本場といえば、発祥国のドイツです!

イルミネーションだけでなく、食事やお土産のショッピングなど、とにかく旅行客の方が楽しめるイベントが満載。

 

各都市で開催されるマーケットですが、その中でも、

 

  • ニュルンベルク
  • ドレスデン
  • シュトゥットガルト

 

ドイツ3大クリスマスマーケットといわれています。

 

【グリューワイン】と呼ばれるホットワインのカップを、いろんな都市で集めて回るという楽しみ方も、ドイツの人気なクリスマスの過ごし方です(^^)

 

フランス

情熱の国フランスでは、クリスマスにかける情熱も半端ではないです。

 

アメリカや他のヨーロッパ諸国同様、クリスマスは家族と過ごす時間となっています(^^)

 

フランスでは多くの家庭で11月ごろからクリスマスの準備をはじめるんです!

熱の入り方がちがいますね(;・∀・)

 

フォアグラや、生牡蠣を中心とした回線の盛り合わせ、シャンパンなど、豪華な食事が並ぶのが一般的で、デザートはもちろんブッシュ ド ノエル。

切り株の形をしたケーキで、日本でもクリスマスシーズンによく売られています。

 

親戚一同が集まるクリスマスのディナーのメニューや、家の飾り付けなど、かなり丁寧に計画をたてる人が多いそう!

これだけの情熱を注げば、日本のクリスマスディナーも、もっと豪華になりそうです(*´∀`)

 

国が違えばクリスマスも違う!

今回は、日本とアメリカのクリスマスの違いを入り口に、欧米諸国を中心とした世界各国のクリスマスも紹介してみました。

綺麗なイルミネーションにクリスマスマーケット・・・

ぜひ一度は訪れてみたいシーズンではないでしょうか(^^)

 

現地の人々は、家族との時間を過ごす時期にあたるので、クリスマス当日はレストランやショップの多くは閉まっている可能性が高いです。

それでも、一度はのぞいてみたいですよね、本場のクリスマス♪

 

日本のクリスマスも、間近ですね。

本来のクリスマスは恋人と過ごすというよりは、家族との時間を大切にするというイベントです!

 

日本にいる私たちですが、今年は、

 

クリスマスも家族とゆっくり過ごしてみる

 

なんていうのもいいかもしれませんよ(^^)

 

クリスマス雑学記事はこちら

➡ クリスマスに七面鳥は食べない?なぜ食べるのか理由や由来を解説!

➡ クリスマスの靴下の意味や由来を紹介!なぜプレゼントは枕元に置く?

➡ クリスマスの靴下の意味や由来を紹介!なぜプレゼントは枕元に置く?

➡ サンタクロースの正体は誰?本当にいるのか、いつ親だとバレるのかを紹介!

➡ クリスマスの赤い実や花の正体は?謎の植物の名前や意味・由来を紹介!

➡ サンタクロースの服はなぜ赤い?理由や由来、コカコーラとの関係を解説!

➡ クリスマスのサンタのトナカイたちの名前や性別は?由来や秘密を紹介!