bsPAK95_sunadokei20141018123010

年をとると一年が早くなるんです!

  • 「最近、一年が経つのがあっという間だよ・・・」
  • 「子供のときは、もっと時間はゆっくりだったような?」

 

このような経験、ありませんか?

それもそのはず!

 

実は、子供と大人では、一年の長さが違うんです!

大人の一年は、子供の一年より遥かに短いと、すでに科学的に証明されていたのです・・・

 

一年の長さについて、詳しく見ていきます。

 

一年の長さ

年末になると「今年も一年早かったな~」なんて言葉が出てくるのではないでしょうか。

そんなわけないと思いながらも、あっという間の一年を思い、ついつい口に出してしまうこの言葉。

 

実はこれ、本当だったんです。

 

私たちの一年は、年を取るごとに毎年少しづつ早くなっている、と証明する法則があったのです。

いったいどういうものなのでしょうか?

 

ジャネーの法則

19世紀フランスの哲学者に『ポール・ジャネ』という方がいました。

この方は時間が短く感じる理由を心理学的に明らかにし、【ジャネーの法則】という法則を提案しました。

 

この法則を要約すると、

 

 

と述べています。

これだけだと、難しくてよく分かりませんね(;・∀・)

 

この法則にのっとって。一年を式で表すと・・・

 

1÷年齢=感じている一年の長さ

 

となります。

ここで簡単な例を一つ。

 

4歳の子供が感じる一年の長さは1÷4=0.25年

 

なのに対して、

 

80歳の方が感じる一年の長さは1÷80=0.0125年

 

にしか感じないということです。

その差なんと20倍!!

 

もちろん、これはあくまで理論値であり、実際にはここまで短く感じるといったことはないのでしょうが、それにしても驚きの数字です。

 

ただ、言われてみれば思い当たるフシがある方も多いはず。

では次は、その理由についてを詳しく解説します。

 

何故年を取るほど短く感じるのか

それでは、ジャネーの法則を理解してもらったところで次に行きます。

何故、一年は段々と短く感じるようになるのかについてです。

 

法則が理解できたからと言って、それだけで

 

「ああ、一年は年を取れば短くなるんだな」

 

と納得できる方も少ないと思います。

そこで、心理学者の方も意見などを参考にして、ジャネーの法則を裏付ける理由を探してきました。

 

新陳代謝

私たちは、体の代謝がよければよいほど、実際の時間を長く感じるそうです。

高齢になるにつれて筋力や内臓機能の衰えとともに体の代謝が低下すると、若いときに比べて時間が短く感じてしまうそうです。

 

ちなみに、若いほど新陳代謝はよく、年を取れば取るほど、どんどん代謝は衰えます。

ただ、これに関しては体を鍛えることで、ある程度以上新陳代謝を高く保つことは可能です。

 

そう考えると、健康的な生活をしている方は、時間が経ちにくいと言えるのかもしれませんね(^^)

 

体感時間

つまらない授業や会議の時に限って、やたらを長く感じることってありませんか?

実は、あれも理論的に証明されているそうです。

 

私たちは、心拍数でも時間の流れの感じ方が大きく変わるとのことです。

そのため、楽しいことや興奮することで心拍数が上がっていると、いつもよりもその時間が早く過ぎるように感じます。

 

反対に、つまらない授業、退屈な待ち時間などは頭や体もあまり動いておらず、心拍数も普段よりも低くなっています。

このため、普段よりも時間が長く感じてしまうのです。

 

ジョギング・マラソンなどの運動をしていて、ふと時計を見ると圧倒言う間に一時間位経過していた経験はありませんか?

運動による心拍数の増加が、そのまま時間経過を早めていたのです。

 

経験

私たちは、記憶にない新しい出来事に遭遇したとき、その瞬間をとても長く感じる生き物です。

 

子供の時には人も、車も、建物も、昆虫も・・・全てが新鮮で、印象深いものだったのではないでしょうか。

新鮮なものにあふれた世界で生きていた子供時代は、毎日がとても長く感じていたというわけです。

 

しかし大人になるにつれて、私たちはあんなに新鮮だった世界も徐々に見慣れてきます。

すると、繰り返しの毎日が段々と変化の乏しい毎日へと変わり、次第に時間の流れが早くなっていくのです。

 

社会人生活が長くなるにつれ、一年が早く感じるのも仕事に慣れ、新鮮さがなくなってきたからかもしれませんね。

 

逆に言えば、フレッシュな新しい体験をしている方ほど、時間は遅いとも言えます。

例えば、

 

  • 新しい場所に旅行に行く
  • 普段と違う通勤路を使ってみる
  • SNSを通して、オフ会に参加してみる
  • 新しい趣味を見つける

 

などなど、今まで体験したことのないものに貪欲にチャレンジする=新しい経験をする方ほど、時間経過は遅いです。

趣味に没頭している方、エネルギッシュな生活をしている方ほど若々しいのは、時間の流れが、他の方たちに比べて若い人に近いことが影響しているのかもしれませんね(^^)

 

終わりに

どうだったでしょうか?

年を取るにつれ、段々と一年が早くなっていく理由がわかったのではないかと思います。

 

ちなみに、毎日を充実させて新しい体験や、新しいチャレンジなどを積極的に行っていく人は、いくつになっても毎日感じる時間があまり変わることのないです。

もし時間が過ぎるのが早く感じるのなら、毎日に刺激がなくなっているサインなのかもしれません。

そんな時は、新しいことにチャレンジしてみてくださいね。

 

きっと、あなたの毎日が、もっと長く、そして充実したものに変わりますよ(^^)

 

面白い情報関連記事

➡ 縁起の良い初夢!一富士二鷹三茄子の意味や由来・その続きを解説!

➡ 横綱の退職金はいくらでどこから出る?引退勧告の場合やその後の年収も!

➡ 夜の蜘蛛は親でも殺せ!?その意味は?縁起が悪いという噂の真相とは

➡ くしゃみの回数で噂の内容が明らかに!?

➡ 世界一長い曲の演奏時間は・・・・639年!?Σ(・□・;)

➡ 香典に新札はダメ!その理由と新札しかない時の折り方・折り目の付け方とは

➡ 栓抜きがない時の代用品11種!鍵やプルタブ、10円で簡単に開けれる!