bsYUKI86_kamihuse-n15141519

デイサービスのレク

デイサービスは、自宅などからデイサービスのある施設に行き、そこで半日を過ごすシステムです。

週に2~3回、あるいはそれ以上利用する方も多くいるため、生活の一部がデイサービスで構成されているという方も少なくはありません。

私が何を言いたいのかというと…そう、レクのネタが尽きるのです!!

週に一度しか来ない方だけが利用するデイサービスならば、仮に日曜日まで営業していた場合でも計7つレクを用意すれば毎日違うレクが提供できます。

しかし、実際にはそうはいきません。
週に3回4回と来てくれる利用者の方も多くいることを考えると、レクはいくつあっても足りません。

折角数多くあるデイの中から、私たちのデイサービスを選んでくれた以上その期待に応えるような時間を提供するのは、私たち介護のプロとして当然の責務です。

ということで、今回は、デイサービスで明日からでも使える、準備物なしのレクリエーションを紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

レクリエーション

レク、というとついつい全員でやるゲームばかりに焦点を当ててしまいますが、実際には1対1、あるいは1対少数などの形式のレクも数多くあります。

今回紹介するレクも、そういった形式のものがいくつもあります。

「こういったレクの方法もあるのだな」

と参考にしていただけたら幸いです。

ハンドマッサージ

その名の通り、手のマッサージです。

マッサージというと敷居が高いですが、手を数分間、もみほぐしていくと考えたら知識や経験がなくてもできそうに思いませんか?

最近では認知症ケアなどでも注目されているとおり、マッサージには様々な効能があります。
また、手と手が触れ合うので相手のぬくもりを直接感じることもできます。

デイサービスに通う方は、家に帰ったら一人暮らしで、人との交流はデイに来た時だけ、という方も少なくありません。

そういった方は、ハンドマッサージを通して人のぬくもりに触れることがとても嬉しく思うそうです。

会話

会話です。
私たちが日常行っている言葉を使ったコミュニケーションです。

デイでの仕事を少し思い出してみてください。

毎朝の送迎、健康チェック、体操、口腔ケア、食事介助…本当にたくさんの業務がありますよね。
その中には、当然レクも入ります。

ですが、ちょっと待ってください。
その中で、一体どれだけの時間、利用者の方と余裕をもって話す時間が取れていますか?

いつの間にか送迎や健康チェック、食事を配るときなど業務での会話だけになってはいませんでしょうか。

利用者の方の中には、もちろんリハビリや認知症予防目的でデイサービスに通っている方も大勢います。

ですが、利用してくれている高齢者の方には、何よりもまず「人との会話を楽しみたい!」という方も大勢いらっしゃいます。

こういった方たちは、ゲーム性の高いレクリエーションはもちろんですが、それよりもまずスタッフの方との会話を好みます。
自分とは違う、若い方との会話が楽しくて仕方ないのです。

会話自体が、彼らにとっては楽しみの一つなのです。
仕事が忙しいのに話なんて…と思う方もいるでしょうが、会話をレクの時間に充てれば周りの目を気にすることなく思う存分コミュニケーションが取れます。

一度、試してみてください。

スポンサーリンク

○文字しりとり

数人のグループで行うレクリエーションです。

ここでは、3文字しりとりとしましょうか。

グループごとに、3文字の言葉だけでしりとりを行ってもらいます。

しりとりですので、当然「ん」がついたら負け、ルールはそれだけなので誰でも気軽に楽しめます。

リンゴ

ゴボウ

ウサギ

ギンガ・・・

といった具合に行っていきます。

利用者の方のレベルによっては、

  • 3文字の食べ物を言っていく
  • 3文字以内のしりとり

等、ゲームの難易度を調整していく事も必要です。
こちらの記事にて、しりとりに関するいろいろな情報を発信中です♪

➡ しりとり必勝法まとめ記事!

紙飛行機

意外ですが、かなり盛り上がりますよ。
私も何度か行ったのですが、皆さんそれぞれに『飛ぶ飛行機の折り方』や、『よく飛ぶ投げ方』などを知っておられるので、こちらが心配になるくらい飛行機作りに熱が入ることも。

元気な方が多く、天気もいいのなら、外に出て飛ばしてみてください。
子供のころに戻ったように利用者の方が楽しんでくれる姿を見ることができますよ。

これは何?

利用者の方に目をつむってもらった後に、こちらが用意した物を触ってもらいます。

デイにあるものならなんでもOKです。

たわしでもいいし、ボールや鉛筆、お金なんかは紙ですので、毎日のように使用している割には皆さんわかりにくいみたいですね。

数人のグループで行うと、

「あー、違う違う!」

「ほら!掃除のときに使うあれだよ!」

など周りの人の感想(というか答え?)の声がすごいです。
しかも段々と大きくなっていきます。

ゲーム終了後にはお互いに感想を言い合えるので、利用者間の関係構築にもつながります。

風船渡し

前回のレクに関する記事では風船バレーをお勧めさせてもらいました。

➡ デイサービスで使えるレクはこれだ!

今回のは、テーブルに座ったままでも遊べる風船を用いたレクです。

利用者の方数人のグループを作ってもらい、ウチワを持ってテーブルの席に座ってもらいます。
そして、端の利用者の方のウチワの上に風船を置きます。

後は、時計回りに団扇をうまく使って風船を回してもらうだけ。

一番最後にもらった方は、ウチワで風船を打って的を狙う!なんてシステムにすればますます盛り上がります。

スポンサーリンク

テーブル風船サッカー

これも風船をウチワで行います。

テーブルの左右に3人対3人で別れてもらいます。
もちろん、全員ウチワを持って。

そして、風船を真ん中に置いたらゲームスタート!

後はひたすらあおいで相手側に風船を落とせば勝ち、落とされたほうは負け、という単純ですがついつい熱中してしまうゲームです。

負けず嫌いな方だと最後には「フー!フー!」と息まで使って風船を飛ばそうとします。

3点先取、等あとはどれだけ盛り上がるルールをつけれるかは職員の方の腕次第といったところでしょうか?

ジェスチャーゲーム

唇の前に人差し指と中指を置き、そのあとで前に向かって離す…

これは、たばこを吸うポーズですよね。

職員の方が一人前に出て、いろいろな動作を体全体を使って見てもらいます。

後は、利用者の方に何をしているかを当ててもらうゲームです。

コツは、動作を行う職員の方がかなりオーバーリアクションで行うこと。
恥ずかしがって動きが小さくなってしまうと、皆さん何をしているのか理解することができません。

恥ずかしがらず、いかに高齢者の方たちにわかってもらうかだけに意識を注ぎましょう。

➡ ジェスチャーゲームのお題に困ったらこちら♪

ことわざクイズ

犬も歩けば○○に当たる

答え:

猫に○○

答え:小判

転ばぬ先の○○

答え:

等、ことわざの一部を隠して大声で職員の方が発表。
そして、隠した部分の答えを言ってもらうレクです。

予想もできないような珍回答や、普段寡黙な方が手を挙げて答えを言ってくれることもあるので職員側も楽しく見ることができます。

昔懐かし・・・

毎日ひとつテーマを決めて、利用者の方に話をしてもらいます。

  • 初恋
  • 生まれた場所
  • 夏の思い出
  • 新婚旅行

等など、利用者の方が話しやすく、それでいて聞いている方も楽しめるような話題を選ぶ必要があります。

これも、数人のグループで行うのがいいと思います。

特に若い方に多いのが、ついつい話すのに夢中になって自分のことだけを話してしまう方。

こういった方には申し訳ないのですが、皆さんが話す機会を持てるように一人3分程度の請願時間を持たせておくといいかもしれません。

じゃんけん体操

様々な場所で行われている定番レクの一つがこのじゃんけん体操です。
デイサービスでもレクの時間にもしかしたら行ったことがあるかもしれません。

ですがこのレク、色々な方に行われるだけの理由があります。

実はこのじゃんけん体操

  • 体を動かす体操
  • 脳を鍛える頭の体操

の二つを同時に行えるものなのです。
認知症予防や脳トレと言った最近主流のリハビリを行いつつ、しっかり体も動かすことで体力を向上させる。

まさに一石二鳥の素晴らしいレクリエーションと言えますね。

それではやり方ですが、基本的には手と足両方を使います。
まず職員が前に出て、利用者の方には職員が見える場所に立って(立ち上がり辛い方は椅子に座って)貰います。

そして、ここからが体操の始まりです。

  1. 職員がグーチョキパー等の指示を出す
  2. 高齢者の方にはそれに合わせて手足をそれぞれグーチョキパーの形に変えていく
  3. 高齢者の方たちが慣れてきたら、「手はパー、足はグー」と言った手足で違う動きをするように指示を出す。
  4. 更に上級者の方には
  • 右手はグー
  • 足はパー
  • 左手はチョキ

といった3点同時出しを指示する。

最後の4番は、ほとんどの方ができないと思います。
ですが、とても難しく、誰もできないからこそ盛り上がるといったことも多々あるのがレクリエーションの面白いところです。

時にはこうした、難しくも楽しいレクリエーションにも取り組んでみてくださいね♪

スポンサーリンク

深呼吸

私が、デイサービスで是非行ってほしいレクがこれです。
というのも、レクは通いの方が多いかと思います。

通い、つまりデイサービスにいる以外の時間は基本的にご自宅で生活されるはずです。
施設と違ってバリアフリーが不十分な家も多く、

生活していくのはかなりしんどい

と感じている高齢者の方も多いのが現状です。
その方たちにぜひ、この深呼吸をレクリエーションとして取り入れ、自宅でも行ってほしいのです。

高齢者の方の多くは背中の湾曲等が理由で背が曲がってしまい、実は充分な呼吸ができていません。
しっかりと体に酸素を取り込むためには、意識的に深呼吸を行い酸素を取り入れる必要があるのです。

そんな方たちに正しい深呼吸を通して、もっともっと酸素を体の中に取り入れるとともに体力を向上させてほしいのです。

そして、家でも継続して行うことで若く健康的な体をいつまでも保ってほしいのです。
高齢者の方たちの健康づくりのためのレクリエーションであり、家でも気軽にできるレク、それが深呼吸なのです。

やり方はとっても簡単です。

  1. お腹を膨らませながら大きく息を4秒間吸い込む
  2. そのまま4秒息をとどめる
  3. お腹をへこませながら溜まった空気を4秒吐き出す
  4. 4秒間そのままの状態で待つ
  5. 1~4を数回繰り返す

これだけです。
早い方は初日から覚えて自分で行うこともできるはずです。

レクは楽しいことが前提ですが、デイサービスのレクならばそこに在宅生活をより良くする工夫も入れていきたいところです。

家での生活を送るための体力作りをサポートする深呼吸は、まさにデイサービスにふさわしいレクリエーションと言えるのではないでしょうか?

準備なんていらない

いかがだったでしょうか?

全てのレクが、準備不要、あるいはデイサービスにあるものだけで行えるものだったのではないでしょうか?

通ってくれる方に楽しい時間を提供するためにレクは必要ですが、必ずしも細かい準備は必要ないのです。

発想一つで、それこそ無限にレクのネタを考え付くことができます。

誰もケガをしない!
来てくれた方みんなが楽しめる!

この二つの視点を持って考えることができればどんなレクだって創造できます!
今日の記事が、皆さんのレクの発想や、新の創造のヒントになれば幸いです。

最後に、当サイトでこれまで紹介してきたレクリエーションをまとめた記事を紹介しています。
季節レクを合わせれば、100種類以上のレクをすでに紹介しています。

高齢者施設でレクを探している方ならば絶対お役に立つと思います。
是非参考にしてみてください。

関連記事

➡ レクリエーションまとめ記事はこちらから!!

➡ 連想ゲームで楽しく脳トレ!

➡ 介護レクリエーションはこれが一番!!

➡ ジェスチャーゲームのお題99個一挙紹介!!

➡ 車椅子の方でも楽しめるレクリエーションを紹介

➡ 昔の伝承遊びってこんなのがあるんだ・・・

➡ 難しい早口言葉、いっぱい集めました!あなたは読める!?

スポンサーリンク