10回クイズ難しい!

ピザって10回言って・・・

子供のころ、10回クイズというものが流行った覚えはないでしょうか?
10回言った後だと、簡単な問題なのについつい引っかかっちゃうんですよね。

今回は、このクイズで脳を活性化していきたいと思います。

スポンサーリンク

10回クイズは脳トレに最適!?

今回紹介するのは10回クイズです。
聞き覚えのない方もいるでしょうから簡単に説明させてもらいます。

このクイズは、

  1. ある言葉を10回言う
  2. その直後に問題に答える

と言うだけのシンプルなクイズです。
簡単なルールとついつい引っかかってしまう巧妙な問題が、子供たちを中心に大人気になった問題です。

このクイズ、子供向けの幼稚な問題のように思えますが、実は結構すごい問題なんです!
というのもこの10回クイズ、実は脳の活性化にとても役立つクイズ問題となっているからです。

そもそも、10回同じ言葉を言ったすぐ後に問題と解かすというルールがまず上手です。

脳は同じ事を繰り返し言った後には、ついついそちらのほうに反応してしまいます。
そのため、直後に似たような言葉が答えとなるクイズを言われてしまうと、脳は反射的に今まで言っていた言葉をそのまま繰り返して言ってしまうのです。

そういった脳の機能を逆手に取ったクイズ問題は、脳の活性化にとても役立ちます。
何故なら、このクイズを行うことにより

  1. 同じ言葉を繰り返す
  2. 正解を考える
  3. 出てきそうになる間違った答えを言わない

といった3つの行為を同時に行う必要があるからです。
複数の行為を同時に行うというのは、脳の活性化にとても役立ちます。

さらに、脳の反射的な行為を抑えるというのは、かなり脳を鍛える行為になります。

口から出そうになる答えを抑え、本当の解答を考える。
普段では決してしないその行為が、私たちの脳を飛躍的に活性化してくれます。

学生時代、すごく難しい問題を解いた後、ほかの問題が簡単に感じたことってありませんか?
これは、難しい問題を考えることで脳が活性化した証拠です。

今回紹介する10回クイズも同じような脳の働きを期待できます。

また、同じ言葉を10回言うというルールそのものも、高齢者の方にはおすすめです。
というのも、この行為自体が、例えば脳梗塞などで言葉が不自由になっている人の言葉のリハビリ、言語訓練になるからです。

ただ単に

同じ言葉を繰り返してください

と言われては、リハビリとわかっていてもめんどくさかったり恥ずかしかったりで嫌がる人も多いかと思います。
ですがクイズの一環、レクリエーションの一部としてほかの方もやっているならおそらく躊躇することなく言って下さるでしょう。

そういった意味では、リハビリとしても非常に有能な問題といえるでしょう。

10回クイズ問題15問

それでは、さっそく問題を紹介したいと思います。
今回紹介する問題は10回クイズ全15問です。

ルールが簡単ですので、高齢者施設ではもちろんのこと、子供たちのレクリエーションや、友達同士の会話のネタなどにも活用していただけると思います。

どんどんクイズを出題して、皆さんに楽しんでもらえたら幸いです。

問題

第一問

シャンデリアと言ってください。

それでは、毒リンゴを食べたのは?

第二問

カバと10回言ってください。

それでは、カバが逆立ちすると?

第三問

日焼けと10回言ってください。

それでは、ニワトリが生むのは?

第四問

プリンスと10回言ってください。

それでは、シャンプーをした後にかけるのは?

第五問

桃太郎と10回言ってください。

それでは、川を流れているのは?

第六問

キンカンと10回言ってください。

それでは、アメリカの初代大統領は?

第七問

将棋と10回言ってください

まっすぐ線を書くための道具は?

第八問

東京コーヒーと10回言ってください。

それでは、学校を休むことは何という?

第九問

ハリと10回言ってください。

では、イタリアの首都は?

第十問

スプーンと10回言ってください。

では、スパゲッティを食べるのは?

第十一問

ダンスと10回言ってください。

それでは、布団などをしまう場所は?

第十二問

シカと10回言ってください。

それでは、サンタクロースが乗っているのは?

第十三問

温泉と10回言ってください。

それでは、3000の次は?

第十四問

ワラビと10回言ってください。

それでは、おでんにつけるのは?

第十五問

夏の宝石と10回言ってください。

それでは、1万円札に乗っている肖像画は?

スポンサーリンク

解答

第一問

白雪姫

シンデレラ・・・ではありません。
毒リンゴを食べたのは白雪姫です。

ちなみにシンデレラはガラスの靴を履いていたお姫様です。
ガラスでできた靴がとても危ない物のように思えるのは私だけでしょうか?

第二問

カバ

バカではありません。
カバは逆立ちしてもやっぱりカバです。

・・・もし本当に逆立ちするカバがいたら、すぐにニュースになるでしょうね。

第三問

タマゴ

ひよこではありません。
タマゴからヒヨコが生まれるのです。

第四問

お湯・水

リンスではありません。
シャンプーをした後はいったんお湯や水で流す必要があります。

・・・なんとなく意地悪問題のようになってきましたが、そういったひっかけに負けないのも脳の活性化には役立ちますのでこのままおつきあいお願いします(;´・ω・)

第五問

桃・・・ではありません。
それは桃太郎の世界だけです。

世界共通で川に必ず流れているのは水です。

第六問

ジョージ・ワシントン

リンカーンと答えてしまいそうですが、アメリカ初代大統領はジョージ・ワシントンです。
ちなみにリンカーンは第16代アメリカ合衆国大統領です。

第七問

鉛筆

定規と言ってしまった方、それはまっすぐ線を引くための道具です。
線を掻くために使うのは鉛筆です。

2重のひっかけ問題です。

第八問

欠席

登校拒否ではありません。
一日学校を休むのは、ただの欠席です。

東京コーヒー・・・きっと東京で飲むコーヒーの通称なのでしょう。

第九問

ローマ

パリ!!と言いたくなりますが、パリはフランスの首都です。
もともとイタリアの首都がわからない場合は・・・笑ってごまかしましょう。

第十問

人間

フォークではありません。
それは人間がスパゲッティを食べるために使う道具です。

ちなみに、スぺゲッティやパスタを食べるときにスプーンを使うのは日本人だけだそうです。
パスタの本場イタリアではマナー違反に当たるのだとか・・・

とはいえ、どんな食べ方でも自分がおいしいと思える食べ方こそが一番です!!

第十一問

押入れ

タンスに布団は入りません。
布団のように大きなものは押入れにしまっているのではないでしょうか?

もし大きなタンスに布団をしまっている方がいたら・・・その方に限りタンスで正解です。

第十二問

ソリ

トナカイと言わせたいんだろうな・・・と思った方はだいぶこの問題になれてきた証拠です。
サンタクロースはソリに乗っていて、それを引っ張るのがトナカイです。

サンタさんが子供たちのプレゼントを配ってくれる素晴らしい人物であることは変わりません。
ですが、世界中の子供たちのプレゼントを背負って空を飛ぶトナカイこそ、クリスマスで最も子供たちの笑顔に貢献していると思うのは私だけでしょうか?

第十三問

3001

4000と言いたくなるところですが、正解は3001です。
ちなみに、日本全国の温泉地の合計数は3088箇所だそうです。

数字の近いので、ちょっとした温泉豆知識です♪

第十四問

からし

ワサビ!といった方、そちらは刺身などにつける薬味です。
ただ、

おでんにワサビが合う!

という方は私の想像以上に大勢いらっしゃるようです。
そういった方の場合は正解です。

皆さんも一度おでんにワサビを試してみてみてはいかがでしょうか?

第十五問

福沢諭吉

夏目漱石と答えた方、夏目漱石は1000円札に乗っている肖像画の方です。
福沢諭吉は学問のすすめを書いて日本の教育を飛躍的に進めたと言われている日本の教育者です。

意外と知られていませんが、武士でもあったそうです。

終わりに

いかがでしょうか?
今回は10回クイズ問題15問を紹介させてもらいました。

この10回クイズ、高齢者施設などではめったに行われないものです。
しかし、私としては脳トレとしても、また先ほど書いたようにリハビリとしても高い効果が期待できるので是非行ってもらえたらと思います。

ひっかけ問題のようになっているので、クイズとしての難易度は高いかもしれません。
ですが、答え自体はほとんどの問題が誰でも知っている言葉ですし、クイズのルールも簡単です。

老若男女誰でも楽しめる問題となっていますので、ぜひチャレンジしてみてくださいね!

最後に、高齢者向けクイズ問題まとめ記事を紹介しています。
もっとクイズが解きたい!!という方は、是非この記事でお気に入りのクイズを探してみてくださいね♪

関連記事

➡ クイズ問題まとめ記事はこちらから!!

➡ 無料でできる脳トレ問題はここからどうぞ

➡ え、うそ!?脳トレって効果ないの??

スポンサーリンク