電子レンジのオーブン機能に、アルミホイルは使えるのでしょうか?

スポンサーリンク

昔から、アルミホイルを電子レンジで使うのは危険と言われてきましたよね。
では、『電子レンジのオーブン機能』は、アルミホイルを使っても大丈夫なのでしょうか・・・

また、オーブントースターの場合は使うことは可能なのでしょうか。
今回は、その点について詳しく調べてみました。

オーブンでのアルミホイル使用について

それでは、早速紹介していきます。
今回は、電子レンジのオーブン機能とオーブントースターでのアルミホイル使用について見ていきます。

恐らく、オーブンと名の付くもので、ご家庭に手用いられているのは

  • 電子レンジのオーブン機能(オーブンレンジ)
  • オーブントースター
  • オーブン

の3つだと思います。
そこでここからは、この3つ全てについて一つずつ解説していきたいと思います。

電子レンジのオーブン機能では使えるのか

電子レンジのオーブン機能、お菓子作りが好きな方なら必ず使用するのではないでしょうか。

私も最近電子レンジを購入したのですが、最近の物は中の食べ物の状態を見て温度度自動で設定しなおしてくれるという新設設計になっていました(^^)

さて、このオーブン機能・・・アルミホイルは使えるのでしょうか?
使えるか使えないかによって、かなり便利度が変わってくるのですが一体どうなのでしょうか。

結論から言いますと、電子レンジのオーブン機能ではアルミホイルは使用可能です!!
というより、そもそもオーブン機能がついている時点で、その電子レンジはオーブンレンジというくくりになっているのです。

電子レンジの場合、マイクロ波という電磁波で中の食べ物を温める働きがあるのですが、この電磁波が金属に当たってしまうと電気が発生し、火花が飛び散ってしまうんです。

アルミホイルの原料はアルミ、つまり金属です。
当然電磁波が当たれば火花が発生、最悪発火する恐れさえあります。

ですが、オーブンレンジの場合は違います。
オーブンレンジの場合、内部にあるヒーターの発生する熱により中のものを温めます。

熱により直接の過熱を行っているため、電子レンジのように電磁波は出ておらず、電流による火災の心配もありません。

よって、オーブンレンジ=電子レンジのオーブン機能ではアルミホイルの使用は可能と言うわけです。
ここで注意したいのは、オーブンレンジの電子レンジ機能です。

こちらは、オーブンと言う名前はついていますが、実際には電子レンジ同様電磁波により中のものを温めます。
電磁波により発生した電流が火災発生の原因になりかねないので、決してアルミホイルは使わないでくださいね。

オーブントースターなら大丈夫?

お次は、オーブントースターです。
こちらは、多くの方がアルミホイルを使用しての過熱を行っているのではないかと思います。

基本的に問題はないのですが、一つだけ注意を…
それは、オーブントースターの電熱部分にアルミホイルが触れないようにするという事です。

アルミホイルは案外燃えやすいです(^^;)

電熱部分に長時間アルミホイルが当たってしまうと、発火してしまう恐れがあります。
ホイルの先の部分が折れ曲がり、電熱部分に触れていないか等必ず確認してください。

また、温めた食品からにじみ出る油が電熱部分に当たらないように注意も必要です。
油が高温に熱せられた電熱部分に当たってしまった場合、一気に燃え上がり火が上がることも考えられます。

魚やお肉・揚げ物など、油が垂れるものを温める際にはアルミホイルだけでなく、必ず専用のオーブン皿を下にひくようにしましょう。

また、自分の使っているオーブントースターの電熱部分の位置もしっかり確認しておきましょう。
以前は上部分にしかついていなかったのですが、今では上下両方についているものが多く販売されています。

こういった確認一つで、火災を予防し安全に料理ができるのです。

スポンサーリンク

オーブン

滅多におられないとは思いますが、中にはご家庭に本格派のオーブンを持っている方もいるかと思います。
当然電磁波は出ておりませんので、アルミホイルの使用は可能です(^^)

ですが、オーブントースターと同じく、火災などには十分注意して取り扱ってくださいね。
火力はオーブントースター以上ですので、くれぐれも使用方法を間違えないようにお願いします。

こちらも、オーブン専用の受け皿の使用を忘れないようお願いします。

オーブンレンジ×アルミホイル豆知識

さて、折角ですのでオーブンレンジでお菓子を作る際のアルミホイルに関する豆知識を一つ。
電子レンジのオーブン機能でお菓子を作る方も多いと思います。

私の施設でも、高齢者の方に手作りお菓子を手今日する際に、大変重宝させてもらっています。
というわけで、私も多くお菓子を作る機会がある訳です(^_^;)

そこでベテラン女性陣に教わったお菓子作りの豆知識を一つ・・・

クッキーなどをオーブン機能で焼くと、焦げてしまった経験は無いでしょうか?
また、焼き上がったクッキーがアルミホイルにくっついていてキレイに剥がせないと苦戦した方もいるはず。

私は勿論、どちらも経験済みです(笑)
さて、そんなお悩みを簡単に解決する方法があるのをご存じでしょうか?

それは・・・アルミホイルにあらかじめ少量の油を塗っておくことです!
こうしておくとクッキーが剥がれやすくなり、アルミホイルの唯一とも言える『くっつく』という弱点を解消できます♪

また、この少量の油を塗ったアルミホイルでクッキーを包むようにして焼いてみて下さい。
こうすることで熱が通り過ぎるのを防ぎ、焦げ付かない美味しいクッキーが焼けるようになるのです。

オーブンレンジを用いての料理は、レシピ通り作っても何故か焦げてしまう方も多いはず。
実はこれ、オーブンレンジそれぞれの癖に原因があるのです。

同じワット数であっても、実際は火力が異なっていることも少なくありません。

ですので、ご自身が持っているオーブンレンジの機能と相談しながら、焼き時間や焼き方・生地の厚さなどを工夫してみて下さいね♪

上手に使っておいしく安全に料理しよう!!

いかがだったでしょうか?
今回は、オーブンレンジ・電子レンジのオーブン機能にてアルミホイルは使用できるのかと言う点について見ていきました。

また、介護現場でとっても役立っているアルミホイルを用いたオーブンでのお菓子作りのコツについてもお伝えしました(^^)

結論としては

  • 電子レンジでは使用できない
  • オーブンレンジ=電子レンジのオーブン機能では使用可能
  • オーブントースターでも使用可能

となりました。

ただし、オーブンレンジの場合ついつい普段の癖で電子レンジ機能のまま使用してしまう方も多いので、アルミホイル使用の前には必ずオーブン機能になっているのかを確認してくださいね(^^)

実はこういった火災は、あまり電化製品に慣れていない高齢者の方に多くある事故なんです。
若い人はもちろんですが、高齢者の方の家庭でも手軽に温めることのできる電子レンジは大人気です。

機会があれば、それとなく祖父母や高齢の父母に、電子レンジでアルミホイルを使ってはいけないことを教えてあげてくださいね(^^;)

少しの心遣いが、大きな事故を未然に防いでくれるのです!
それでは、今回も読んでくださりありがとうございました。

生活雑学関連記事

➡ ハッカ油+お風呂で夏の暑さとかゆみ対策を!!

➡ 髪や服についたタバコの臭いを消す方法!!

➡ 瞬間接着剤が手についてしまった時の対処法はこれだ!

➡ 電子レンジでアルミホイルが危険な理由を詳しく紹介!

➡ アルミホイルの裏表に関する真実とは!?

➡ 初穂料の相場は言ったいくら?そもそも読み方は?

➡ 感謝の気持ちを持つと人生が変わった体験を報告します(^^)

スポンサーリンク