ザブトンというお肉、知っていますか?

カルビやロース・ハラミ等、どの肉も本当においしいですよね(^^)
これらの部位は焼き肉屋の定番メニューですし、ご存じの方がほとんどです。

では、あなたは・・・

 

ザブトン

 

というお肉を知っていますか?
今回は、ザブトンという肉について、その部位や特徴、食べ方などを解説していきます(^^)

【ザブトン】という肉の凄さを語ります

今回は、肉の部位の一つ【ザブトン】について紹介していきます。

おそらく嫌いな人はいないのではないでしょうか、焼き肉という最高の料理は(^^)
沢山の部位があり、そのどれもが私たちの食欲をかき立てます。

 

  • カルビ
  • ハラミ
  • ロース
  • ホルモン
  • センマイ

 

等など、どの部位も名前を聞くだけであの香ばしい香りがよみがえり、思わずよだれが出てきてしまいます(笑)

ですがこれ以外にも、もっともっと美味しい部位が焼き肉には存在しています。
その一つが、

 

ザブトン

 

です。
当然ですが、座る際に利用する【座布団】ではありません(^_^;)

なんと、焼き肉のメニューの一つ、つまり牛にこのザブトンという部位が実在しているのです。
いったいどのようなものなのでしょうか。

実は私も、最近までこのザブトンを食べたことがなかったのです。
ですが先日、偶然にも食べる機会に恵まれ、ようやく念願叶って口にすることが出来ました。

その味は・・・

 

美味い

 

の一言!
本当に感動してしまいました。

そこで今回は、この感動をあなたと共有すべく、ザブトンの魅力を余すところなく紹介していきます。
まずは、そもそもザブトンがいったいどこの部位なのかと言ったところから詳しく紹介していきます♪

ザブトンってどこの部位?

まずは、ザブトンがいったいどこの部位なのかについてから解説していきます。

実はこのザブトン、肩ロースのことなんです。
ただし、普通の肩ロースではなく、その芯となる最も美味しい部位になります。

なんと、あの大きな牛1頭からわずか3~4キロほどしか取ることのできない本当に貴重なお肉なんです!

【ハネシタ】と言う別名も持っており、こちらはもしかしたら聞いたことのある方も多いかもしれません。
また、お店によっては特上ロースとして提供しているお店もあるようです。

そう、私が先日食べたのもこの特上ロースです。
その場のノリで

 

「特上行こうぜ!!」

 

となり、仲の良い友人とともに価格におびえつつ頼んだのです(笑)

後からこの特上ロースこそが、ザブトンであるという話を聞きました。
知らずに食べていた自分が、ちょっともったいなく思えてしまいました(^_^;)

ちなみに、その後会計を見て背筋がぞっとしました(ーー;)
ボーナスが出てて本当によかった・・・

こちらの動画にて、ザブトンを切っているシーンがありましたので良かったら目を通してみて下さい(^^)

名前の由来

さて、それでは次は名前の由来についてです。
そもそも、食べ物なのに人が座る物と同じ名前が付いている、というのもおかしな話しではありますよね(^_^;)

では一体、何故このような名前が付いたのでしょうか。
その由来に迫りたいと思います。

実はこのザブトン、形が座布団と似ているのです!!
・・・まあ、驚くことではないかもしれませんが(笑)

厳密に言えば真四角ではないのですが、最も近い形の物が座布団であったことからこの名前がつけられました。

ザブトンの特徴

さて、このザブトン。
お肉としての特徴はどのような物があるのでしょうか?

まず最初にお伝えしたいのは、とにかくやわらかいという点です!!
このやわらかさこそザブトン最大の特徴です。

私が先日食べたときにも、やわらかすぎて

 

「あれ、これお肉だよな?」

 

と思わず疑問に思ってしまったほどです。
それ程までに、このザブトンは官能的なまでの歯ごたえを誇っているのです。

とはいえ、そこはお肉ですから、ただやわらかいだけではありません。
やわらかい中にも適度な歯ごたえが存在しており、肉を食べている!!という満足感も十分に得ることが出来ます。

やわらかく、食べ応えのある霜降り肉・
矛盾した表現なのですが、このザブトンに限っては、それが当てはまってしまうんですよね(^_^;)

肝心の味の方についてもお伝えしていきます。

肩ロース自体が霜降り肉ですので、その芯たるザブトンは当然しっかりと脂がのっています。
ですがこの脂、不思議なことに全くしつこくないのです!!

また風味も素晴らしく、どこか甘みさえ感じてしまうような重厚な肉汁はザブトンならではと言えます。

そして最後は、口の中でとろけて嫌み無く口の中から消えていく…

 

風味

歯ごたえ

後味

 

全てがパーフェクトなお肉と言えるのです!!

最高においしい食べ方はこれ!

さて、そんな最高級の値段と、それ以上に感動的な味を秘めているザブトンですが、本当に美味しい食べ方、知っていますか?

実はこのザブトン、焼き肉以外にも生食用の肉としても大人気なんです!

 

 

生でお肉を食べる料理は、どれも美味しいですよね♪
しかし、こうなると困ってくるのがその食べ方です(^_^;)

 

「定番の焼き肉か」

 

「さっぱり刺身もありかも」

 

「いや、ご飯と食べる肉こそ最強!!」

 

どれも美味しいと分かっています。
正直、全部が最高です(^^)

ただ、もしこの中のどれか一つを選べというのなら・・・私は、やはり焼き肉を推します。

生で食べても美味しさは十分で、肉のうまみをダイレクトに味わうならむしろこちらの方がオススメです。
しかし、火を通すことで良い具合にザブトンの脂が溶け出してくるのです。

嫌な雑味も、油特有の臭みやしつこさは一切なし!
思わず笑顔になってしまうような甘みのある脂の味わいと、遅れてやってくる肉のうまみが口の中で協奏曲を奏でます。

というわけで、当サイトの一押しな食べ方は

 

焼き肉

 

で決まりです(^^)

ザブトンは人を笑顔にする!?

これは個人的な感想なのですが・・・ザブトンは、人を笑顔にする力を持っていると確信しています。

友人と一緒に食べたとき、私たちはその美味しさに自然と笑顔になっていました。
口からは

 

「美味しい!」

「最高!」

 

なんて褒め言葉が出ることはなく、ただただ笑顔になってその味をかみしめていました。

元々私は食べるのが好きで、基本的に食事自体をいつも楽しんでいます。
ですが、そういった楽しさだけでなく、ザブトンはまるで幸せを感じさせてくれるような優しい味だったのです。

口に入れ、かみしめ、飲み込む。
たったこれだけの動作が幸せだと思えるほど、ザブトンは美味しいお肉でした。

何度も書いて恐縮ですが、もう一度だけ書かせてください。
ザブトンの味、最高です!!

夕食は焼き肉・ザブトンで決まり!?

今回は、肉の一種であるザブトンがどこの部位なのか、といった疑問から始まり、名前の由来や味の感想などについて語らせていただきました。

このお肉、本当に美味しいですが、唯一欠点を上げるなら高いという点です(笑)
まあ、貴重部位なのである程度の値段は仕方のない話しです。

むしろ、高級であるが故少量しか注文せず、それ故にわずかな肉を真剣に味わうことが出来るというものです。

 

 

等など、お店によってその名前は異なりますが、尋ねてみると案外多くのお店でザブトンは扱っていました。

あなたの良く行く焼き肉屋にも、おそらくザブトンがメニューに載っているはずです。
もし次焼き肉を食べる際には、ちょっと奮発してザブトンを注文してみて下さい。

値段のショックも吹き飛ぶほどの圧倒的な味わいと、何とも言えない幸せがあなたを包み込む事を保証します(^^)

食べ物の味について書いてみた

➡ ドラゴンフルーツの味がしない?まずいという声も…食べた感想は!?

➡ ドリアンの味はおいしい?それともまずい?例えるとどんな味と臭い?

➡ すっぽんの味は美味しい?まずい?臭みがあるの!?スッポンの血の味は?

➡ 焼き肉のカロリー平均や部位別ランキング!ホルモン・豚・ハラミ・カルビ!

➡ キャビアの味はおいしい?しょっぱい・味がない、まずいという噂まで!?

➡ パクチーの味はカメムシや洗剤!?その独特の味を表現してみた!

➡ トリュフの味や匂いを例えると?白トリュフってどんな味?表現してみた!