タラバガニと毛ガニ・・・どっちが高くて美味しいのかを見ていきます!

 

カニの中でも、味が一級品と言われるのが

 

タラバガニ

毛ガニ

 

です。

しかし、この2つのカニ

 

  • 値段

 

の違いなどについてはあまり知られていません。

そこで今回は、タラバガニと毛ガニの値段・味の違いについて詳しく紹介していきます!

 

タラバと毛ガニ、値段と味の違い

まずは、2種類のカニの値段やあ味の違いを表にまとめましたので、御覧ください。

 

値段
タラバガニ 1キロ4,000~7,000円 淡白、身が大きく、ぎっしり詰まっている
毛ガニ 1キロ5,000~8,000円 かにみそが濃厚。身は甘いがやや少ない

 

となっています。

意外にも、蟹の王様【タラバガニ】の方が安い結果となりました。

 

タラバガニと毛ガニはどっちが高い?

それでは、タラバガニと毛ガニの値段の違いについて細かい部分を見ていきます!

どちらがより高い、高級なカニなのでしょうか?

 

タラバガニの値段

まず、タラバガニの値段。

ちなみに、より身近な価格を知ってもらいたいので、今回はスーパーなどで購入する際の値段を紹介しています。

 

こちらは、

 

 

が相場です!

 

イメージよりは安いのではないでしょうか?

蟹の王様と言われているタラバガニも、近年はその値段が落ちてきている印象ですね。

 

ただ、それでもまだまだ一般市民が気楽に買うにはちょっと高すぎる値段と言えそうです(;・∀・)

あくまでお祝いごとなどの際に食べるもの、というのが世間一般的なタラバガニの印象なのではないでしょうか。

 

お手頃価格のタラバガニ
規格外の大きさを贈答用に是非!
網走水産

公式サイト⇒https://www.suisanbazar.co.jp/

 

 

毛ガニの値段

毛ガニの値段についても見ていきます。

こちらは、

 

1キロ5,000~8,000円

 

がスーパーなどで購入する際の相場となっています!

思ったよりも高くてびっくりしたのではないでしょうか?

 

そうなんです。

実は今、毛ガニのほうが高いんです!

 

  • 毛ガニの最も美味しい部分と言われている【かにみそ】
  • 甘い身がぎっしりと詰まった【カニ足】

 

これらが評価されていき、キロ数換算すると毛ガニのほうが、蟹の王様とまで言われているタラバガニの値段を抜いてしまったのです!

 

タラバガニと毛ガニはどっちが美味しい?

続いては、タラバガニと毛ガニの味の違いについてです。

さて、一体どちらが美味しいのでしょうか・・・( ̄ー ̄)

 

タラバガニの味

まずは、タラバガニの味。

 

こちらは、カニの中でも身やかにみそ自体の味はやや淡白です。

しかし、その分味がぎっしり詰まっていることもあり、食事としての満足度はかなり高め!

 

  • カニが思いっきり食べたい!
  • 満足行くまでカニを食べるぞ!

 

と言ったふうに、全力でカニにしゃぶりつきたい時は、タラバガニがおすすめと言えますね(^^)

 

味よりも、むしろ満足感・カニのイメージ通りのぎっしり詰まった身そのものに価値の重点を置いている。

それがタラバガニなのです。

 

贈り物としては、キングオブ蟹!と言わんばかりの迫力を持ったタラバガニが喜ばれる傾向にあります(*´∀`)

 

ちなみに、味がやや薄い原因は

 

 

だからだったりします(笑)

タラバガニ、じつは蟹の仲間じゃないんです(;・∀・)

 

毛ガニの味

一方で、毛ガニの味はどうなのでしょうか?

毛ガニの味を語る上で外せないのは、やはりなんといっても

 

かにみそ

 

です!

 

毛ガニのかにみそは本当に濃厚です!

甘く、口の中でとろけるようなかにみそは、もうそれだけで毛ガニへの愛情度急上昇してしまうくらいの美味しさです(*´∀`)

 

また、やや身は少ないのですが、量が少ない分味はギュッと凝縮されています!

プリプリの甘みたっぷりな蟹身は、一口食べるだけで幸せを感じてしまう優しい甘さを誇っています。

 

毛ガニは、かにみそという通をうならせる部分に価値があるため、こちらはある程度以上ご年配の方や祖父母などに送る際に喜ばれる一品となっています。

 

北海道民が愛する毛ガニ
一番美味しいかにみそなら
【浜海道】

公式サイト⇒https://peraichi.com

 

タラバガニと毛ガニの違い

ここで、一旦まとめておきますね。

まず、値段の違いです。

 

タラバガニ=4,000~7,000円

毛ガニ=毛ガニ5,000~8,000円

 

となっており、キロ数で見るとやや毛ガニのほうが高いです。

しかし、毛ガニのほうが個体自体は小さく、同じキロ数を買う場合にはより多くのカニを購入できるのは毛ガニです。

 

次に味。

 

  • タラバガニ=やや淡白な味わい、しかし、カニとしての魅力はNo.1
  • 毛ガニ=身はやや少ないが甘く、何よりかにみその味はカニ界最強

 

となっています。

 

結論から言いますと、どちらも素晴らしいカニです。

 

身が大きく食べごたえがあるタラバガニは、万人受けする物となっていますし、何よりカニと言われればまず頭に思い浮かぶほどメジャーなカニとして愛されています。

一方の毛ガニはややマイナーながら、最近ではそのかにみその味が知れ渡り、大人たちを中心に愛されているグルメなカニとなっています。

 

 

をそれぞれオススメしています(^^)

 

ちなみに、私は毛ガニ派です。

子供の時はタラバガニ派でしたが、最近ではあの芳醇なかにみそにノックアウトされてしまい、以降毛ガニ推進派として生活をしています(笑)

 

お歳暮におすすめなのは…

カニをお歳暮で贈りたい方は多いかと思います。

しかし、カニと一口に言っても

 

  • タラバガニ
  • 毛ガニ
  • ズワイガニ

 

と多種多様なカニが存在します。

その中でどのカニを送れば良いのかなんて、分かりませんよね(笑)

 

そこで、参考になればと思い、お歳暮などの贈り物で人気なカニを紹介しておこうと思います。

 

タラバガニ

タラバガニは、やはりその身の大きさやブランドから贈り物としては大人気です!

当然、お歳暮などにもおすすめなカニとなっています。

 

ただ、タラバガニは実はお歳暮を贈る冬時期は味が落ちているんです・・・

脱皮の時期は身が細り、一番味がない。

逆に旬の時期に取れたタラバガニなら、淡白ではあるものの、カニ独特の甘みがしっかりと残っている、あ味とボリュームを両立した、まさに蟹の王様にふさわしい出来。

 

一番美味しいタラバガニを贈りたい・食べたい!という方は、やはりこのポイントをしっかり抑えたカニを購入する必要があります。

 

網走水産では、タラバガニを

 

 

の年2回、一番うまいとされる時期に捕獲。

そして、独自の急速冷凍機を用いて、一気に凍らせます。

 

更に、日本全国どこへでも配送できるよう、超大型冷蔵庫を導入し、鮮度を落とさない配達に努めています。

また、その味と品質を証明してくれているのが、リピーターの多さ。

 

年間100万トン以上売上続けているのは、ひとえに会社への信頼と、何よりリピーターとなるお客さんが多いことに由来しています。

 

タラバガニが最も美味しいとされるオホーツク海で撮れた新鮮なタラバガニ!

 

1匹まるごと贅沢に食べたい

贈り物として、贈りたい

 

そんな方は是非、網走水産を覗いてみてください(*´∀`)

 

最高級のタラバガニ!
北海道の海で採れたてを配達
網走水産

公式サイト⇒https://www.suisanbazar.co.jp/

 

毛ガニ

毛ガニの最大の魅力かにみそ。

しかし、旬じゃない時期に捕獲したり、冷凍に失敗した場合、絶品なはずのかに味噌は、水っぽくて味の薄い品になってしまいます…

 

かにみそって、ほんの些細な鮮度の低下や保存のミスで、一気に食べれないほど生臭くなってしまいますからね(;・∀・)

特に扱いが難しいカニ・・・それが、毛ガニです。

 

どのカニにも言えますが、とくに毛ガニはそれ専門に取り扱っている業者で買うのがおすすめですね。

 

こちらもリサーチは済んでいます( ̄ー ̄)

 

毛ガニを専門に扱っている水産業者【浜海道】

こちら、最も毛ガニが美味しい時期に水揚げされた最高品質の毛ガニを即座に浜茹でし、更に急速冷凍!!

 

そのため、蟹身はもちろんですが、肝心のかにみその味が劣化する心配は一切ありません!

 

なんせ、とれたてのカニですからね。

鮮度抜群の毛ガニの味噌がまずいなんてありえません(笑)

 

また、毛ガニは品質が大きく左右されるカニとしても有名なのですが、浜海道では最高品質とされる

 

 

飲みを扱っています。

つまり、購入した際のハズレがないんです。

 

ちなみに、水産業者によりますが、毛ガニは特に品質劣化が激しく、お歳暮などでも届いた瞬間に

 

腐っていた

身がなかった

かにみそがバシャバシャに…

 

といった悲劇が毎年頻発しています。

ちなみに、私もその被害者の一人です(ーー;)

 

そのリスクを極限までカットしたのが、4特・3特という最高級毛ガニのみを扱う浜海道のサービス精神なんです。

 

ちなみに、毛ガニのサイズも超一流!

贈答用としての最高品質な500グラム以上の毛ガニとなっているので、購入しても、お歳暮などで送っても喜ばれること間違いなし!

 

毛蟹専門で扱っている業者だからこそ出来る圧倒的なクオリティと言えますね(*´∀`)

 

贈答用としても大人気の浜海道は、

 

  • 2尾入り
  • 3尾入り
  • 5尾入り

 

と毛ガニの個数が用意されているので、相手に送る際に困ることもありません。

相手のご家族や自分たちがほしい個数に合わせた注文が可能です!

 

浜海道のかには地元北海道でも重宝されていて、実際カニにうるさい北海道民が愛する料亭やホテル・お寿司屋さんにも自慢のカニを卸しています。

それだけ、自社の毛ガニに自信があり、又購入するプロの料理人ですら品質に納得してしまうレベルというわけですね!

 

 

が好みの方は、この浜海道の毛ガニがおすすめです!

 

お歳暮に最適!
北海道民が愛する毛ガニ
【浜海道】

公式サイト⇒https://peraichi.com

 

 

タラバガニ・毛ガニはどっちもおいしい!

今回は、タラバガニと毛ガニの値段と味の違いについて紹介しました。

はっきり言って、どっちも美味しいです!!(笑)

 

たた、値段だけで言えば近年は

タラバガニよりも毛ガニのほうが高いのは事実です。

 

それだけ、濃厚なかにみその人気が向上している証拠でしょうね。

ただ、それが=タラバガニがまずいというわけではありません。

 

  • タラバガニには、the・カニと言わんばかりの迫力・ボリューム
  • 毛ガニは甘くて濃厚なかにみそ

 

と、それぞれに強力な武器をその甲羅の中に隠し持っています。

どちらも本当においしいカニですので、ぜひぜひ試してみてくださいね(*´∀`)

 

生活雑学の関連記事はこちら

➡ お歳暮にはカニがおすすめ!タラバガニや毛ガニ、絶対喜ばれる物を紹介!

➡ シールのベタベタのとり方!プラスチックや金属・革の剥がし跡をきれいに!

➡ コンビニの切手の値段や種類!セブンイレブンやローソンで2円分買える?

➡ コンビニで販売中の封筒の値段!無地や白・A4やA3はローソンにある?

➡ A4用紙三つ折りの早くキレイな方法!道具無しでの折り方・作成方法

➡ コンビニで速達は送れる?送り方や値段、土日の扱い・日数等を解説!

➡ 簡易書留の出し方・書き方!郵便局やコンビニ、速達や土日・夜間は出せる?