新元号の天皇誕生日は、一体いつなのかをお伝えします。

 

2019年5月1日より、新元号がスタートします。

それに伴い気になることの一つが・・・

 

新しい天皇誕生日の日程

 

です!

さて、こちらは一体いつになるのか、また現在の天皇誕生日である12月23日はどうなるのか・・・詳しく見ていきます。

 

天皇誕生日とは?

まずはじめに、天皇誕生日という祝日についてみていきましょう。

 

天皇誕生日とは国民の祝日のひとつで、「天皇の誕生日を祝うこと」を趣旨としており、今現在の天皇のお生誕を祝う日です。

元号が新しく変わるということは、今現在の天皇陛下から新しい天皇陛下に変わることを意味するので、必然的に天皇誕生日も変わるということになるのですね。

 

新元号の天皇誕生日はいつ?

気になる現在の皇太子殿下のご生誕日は、2月23日です。

ですので2020年以降は、2月23日が天皇誕生日、ということになります。

 

2019年では?と思う方もいますが、2019年2月時点ではまだ平成天皇が在位されているので、2020年からとなる。

 

2019年以降の12月23日の名前

では、今現在の天皇誕生日はどうなってしまうのでしょうか?

なんと・・・平日になってしまう可能性が高そうです!!

 

現在の内閣府の方針では、当面の間、12月23日は平日とする方針だそうです。

 

新たに祝日を制定するのかどうかについて、政府は「幅広い議論が必要」という見解を見せており、

これからまだまだ議論が交わされていきそうなので、要注目ですね。

 

ただ、この日はクリスマスイブ前日ということもあり、12月23日の休みを望む声は跡を絶ちません。

政府がこの国民の声を聴くのか、それともこれ以上無用な休日を増やさないのか・・・注目です。

 

2019年は天皇誕生日がない!?

現在の天皇陛下は2019年4月30日をもって退位されることになっていますので、2018年12月23日が、平成最後の天皇誕生日でした。

 

そして、皇太子殿下の生誕日は2月23日です。

つまり、皇太子殿下が即位された後の最初の天皇誕生日は、2020年2月23日、ということになります。

 

よって、2019年の丸一年においては、天皇誕生日がない、という非常に珍しい状況になると見込まれているんです。

 

なんだか少し寂しい気もしますね。

…まあ、介護士な僕には一切関係ない話ですね(笑)

 

もう祝日復活はありえない?

12月23日は、当面平日となる見通しでこれから議論がされていくとのことですが、過去の天皇の誕生日はどうだったのでしょうか?

 

実は今現在国民の祝日となっているものの中には、過去の天皇誕生日だった日もあるんです。

たとえば、

 

11月3日・文化の日は明治天皇の生誕日で、明治時代には天皇誕生日として祝日でした。

また、4月29日=昭和の日は、昭和天皇のご生誕日です。

 

ちなみに明治天皇のお誕生日は、一時期祝日ではない時期があったそうです。

ですので、平成天皇のお誕生日である12月23日はは、当面平日となる予定ですが、また祝日として復活することも十分に考えられるといった状況のようですね。

 

今後も天皇誕生日による祝日は増えるの?

新天皇が誕生するたびに、天皇誕生日が増えていくのでしょうか?

 

実は、過去すべての天皇誕生日が、現在の祝日として残っているわけではありません。

大正天皇の天皇誕生日は残っていませんし、明治以前の天皇の誕生日も祝日として残っていません。

 

むしろ、明治天皇、昭和天皇の誕生日だけが、現在も祝日として残っています。

ですので、天皇誕生日が変わるごとに祝日が増えていくかというと、残念ながらそうとも言い切れない、というのが現実です。

 

まあ、日本の祝日は近年で言えば山の日もありましたし、年々増えているのが実態です。

これ以上増えないほうが、ある意味いいのかもしれませんね(汗)

 

2019年はあの連休がやばい!

現時点で確定はしていないものの、世間を賑わせている話題があります。

 

大型連休。

そうです、ゴールデンウィークです。

 

現在の予定では、現在の平成天皇は2019年4月30日に退位され、翌日の2019年5月1日から新元号がスタートします。

 

安倍首相が、2019年に限って新元号スタートとなる5月1日を祝日にする、と表明されました。

ゴールデンウィークが10連休になります!

 

少し詳しくみていきましょう。

こちらは、5月1日が祝日となる前のスケジュールです。

 

  • 4月27日(土) 土曜
  • 4月28日(日) 日曜
  • 4月29日(月) 国民の休日(昭和の日)
  • 4月30日(火) 平日
  • 5月1日(水) 平日
  • 5月2日(木) 平日
  • 5月3日(金) 憲法記念日
  • 5月4日(土) みどりの日
  • 5月5日(日) こどもの日
  • 5月6日(月)  振替休日

 

ここに5月1日が祝日となった場合を仮定して、スケジュールにいれてみます。

 

  • 4月27日(土) 土曜
  • 4月28日(日) 日曜
  • 4月29日(月) 国民の休日(昭和の日)
  • 4月30日(火) 平日
  • 5月1日(水) 新天皇即位、新元号スタートに伴う祝日
  • 5月2日(木) 平日
  • 5月3日(金) 憲法記念日
  • 5月4日(土) みどりの日
  • 5月5日(日) こどもの日
  • 5月6日(月)  振替休日

 

これでは10連休にはなっていませんね。

まだこれでは止まりません。

 

実は、国民の祝日と国民の祝日に挟まれた平日は、祝日になる、というすばらしい規定があったんです!

なんだかオセロみたいですが、これを当てはめると以下のようになります。

 

  1. 4月27日(土) 土曜
  2. 4月28日(日) 日曜
  3. 4月29日(月) 国民の休日(昭和の日)
  4. 4月30日(火) 平日→祝日に挟まれたので祝日に!
  5. 5月1日(水) 新天皇即位、新元号スタートに伴う祝日
  6. 5月2日(木) 平日→祝日に挟まれたので祝日に!
  7. 5月3日(金) 憲法記念日
  8. 5月4日(土) みどりの日
  9. 5月5日(日) こどもの日
  10. 5月6日(月)  振替休日

 

これで10連休の完成!というわけですね(^^)

ちなみに、内閣府のHPにもしっかり、10連休について明記されていますので、決定ということでまちがいないでしょう(^^)

参照 https://www8.cao.go.jp/chosei/shukujitsu/gaiyou.html

 

新元号の天皇誕生日は2020年のお楽しみ

巷では、天皇陛下の退位にあわせて、新元号や、天皇誕生日について、話題になっていますが、

 

ここでわかったことは、新元号での天皇誕生日は、2020年までお預け!

ということですね。

 

天皇誕生日のない年なんて、長い日本の歴史でみて稀なことだとおもいますし、2020年のお祝いを、首を長くして待ちましょう(^^)

 

生活雑学の関連記事はこちら

➡ 新元号の最新予想候補の漢字一覧!有力候補と噂の安始の読み方や意味とは

➡ 平成31年度はあるのか?いつまでで新元号元年度はいつから始まるかを考察

➡ 平成31年硬貨の価値はプレミアが付く?1円や500円玉の入手方法も紹介

➡ 新元号で困ることが続出?平成になったときと比較して注意点を予想考察!

➡ 新元号最初のゴールデンウィークは10連休!2019年GWの影響を調査!

➡ 平成最後の日と祝日はいつ?元号変更・新元号発表はいつからかも調査!

➡ 平成31年4月生まれはかわいそう?貴重な2019年の赤ちゃんはいじめにあう?