サラダ油とキャノラー油、2つの油の違いや使い分けについて見ていきます。

 

この世の中には、沢山の油が溢れています。

 

  • サラダ油
  • キャノラー油
  • ごま油
  • オリーブオイル

 

下の2つは分かるのですが、イマイチわかりづらいのがサラダ油とキャノラー油です。

今回は、この2つの油の違いについて詳しく見ていきます。

 

サラダ油とは

サラダ油は、1924年に日清オイリオが「日清サラダ油」という商品を販売したのが始まりの、日本で独自に開発された油です。

なぜサラダ油は「サラダ」とつくのかと言うと、その名の通り「サラダ」に合う油として開発されたからです。

 

その当時から欧米では油に塩コショウなどを加え、ドレッシングにしてサラダにかけていたのですが、日本にはまだ油を食べるという習慣がありませんでした。

そこで、日清オイリオが研究を重ね、油の精製度を高めることで、冷やしても白濁しない良質な食用油、つまりサラダに合う「サラダ油」を開発したのです。

 

サラダ油は、油に含まれている天然の蝋(ろう)の成分を取り除くことで、温度が低くても固まったり濁ったりせず、サラサラの状態を保つことができます。

確かに、サラダ油って寒くても固まらないですよね!

 

では、どれくらい濁ったりしないのがサラダ油の条件かというと、

 

「0度で55時間放置しても濁らないこと」

 

だそうで、これはJAS、日本農林規格によって定められています。

0度でも濁らないサラダ油はドレッシングにも使えますし、もちろん炒め物や、更に高温の揚げ物にも使用できるので、万能な油だと言えますね。

 

サラダ油の原料は?

サラダ油の原料は、

 

  • 菜種
  • 大豆
  • ごま
  • 綿実(めんじつ=綿の種)
  • とうもろこし
  • ベニバナ
  • ひまわり
  • こめ油

 

です。

全て種子ですね!

 

これらのうち、いずれかを精製して作られたものが「サラダ油」と名付けることができると、JASにより認められています。

また、サラダ油には「調合サラダ油」と言って、1つの原料だけでなく、2種類以上を混ぜているものもあります(^^)

 

サラダ油はどんなものに使うの?

サラダ油はサラダ用の油なので、当然サラダのドレッシングとして使用されます。

他にも、マーガリンやマヨネーズの原料になっていますし、炒め物や揚げ物などの料理にも使いますよね。

 

ちなみに、サラダ味のおせんべいというのを見かけますが、あの「サラダ」は、実はサラダ油のサラダです。

サラダ油の味がするのではなく、塩味のおせんべいなどは、サラダ油を塗ってからお塩をかけるのでサラダ味と言われるようになりました。

 

1960年代、「サラダ味」と言われるようになった頃は、サラダ油は高級品だったので、「塩味」よりも「サラダ味」の方が、商品のイメージが良いとされていたのですね。

塩味よりもサラダ味の方が、特別な感じやおいしそうな感じがしますよね^^

 

サラダ油のカロリーは?

サラダ油のカロリーは大さじ1(12g)で111kcal。

100gだとなんと、

 

921kcal

 

です!!!

 

油なのでもちろんカロリーは高くなります。

サラダ用のドレッシングとはいえ、サラダにバンバンかけるのは避けた方が良いかもしれません。

 

キャノラー油とは

  • キャノーラ油は、原材料のキャノーラを生産した「カナダ」
  • 「オイル(油)」

 

を組み合わせてつけられた名前で、「カナダ生まれの油」という意味を持っています。

単純に、「キャノーラ」を原材料としているからキャノーラ油という説もありますが…

 

とにかく、カナダに深く関係のある油です。

 

ちなみにキャノーラは、カナダで菜種を品種改良して作られた植物で、このキャノーラ油の開発により、カナダは飛躍的な発展を遂げたと言われています。

 

カナダ=キャノーラ油といっても過言ではないのですね!

ちなみに、

 

「菜種を改良したなら、キャノーラ油も菜種油もだいたい同じなのでは?」

 

と思うかもしれませんが、品種が違うことから日本では別物とされています。

 

菜種油は「サラダ油」の一種ですが、キャノーラ油はキャノーラ油として、独立したものという扱いです。

なんだか難しいですね…

 

キャノーラ油はどんなものに使うの?

キャノーラ油の特徴は加熱に強く、風味が良いことです。

揚げ物に使うと、カラっと上がりサクサクの食感が楽しめます。

 

油っこくならないのも嬉しいですね。

もちろん炒め物にも向いていますし、実はサラダのドレッシングにも使用することができます。

 

サラダ油とあまり変わらない使い方ができるのですね。

 

キャノーラ油のカロリーは?

キャノーラ油のカロリーは大さじ1で111kcal、サラダ油と同じですね。

実は、サラダ油とキャノーラ油だけでなく、オリーブオイルやごま油、更には動物性油であるラードなどもカロリーは同じです。

 

どれも高カロリーですが、どの油だとカロリーが高い、ということはありません。

 

サラダ油とキャノラー油の違い

サラダ油とキャノーラ油の大きな違いは原材料ですが、それ以外に大きな違いはありません。

 

キャノーラ油は、キャノーラのみを原料として作られた油です。

 

対してサラダ油は、「0度で55時間濁らない」という定義はあるものの、原料は1つではありません。

実は、キャノーラもサラダ油の原料として用いられることがあります。

 

だったらキャノーラ油もサラダ油で良いのでは!?と思いますよね…

しかし、サラダ油と呼ばれる場合は、キャノーラ以外にも大豆の油などを混ぜていて、純粋なキャノーラ油ではなくなっているのです。

 

つまり先程説明した「調合サラダ油」の原料の1つとして、キャノーラが使用されているのですね。

原料が1つだけか、複数あるかが、サラダ油とキャノーラ油の違いになります。

 

おすすめの使い分け方

さて、似ているようで違う

 

  • サラダ油
  • キャノーラ油

 

この2つのおすすめの使い分け方を紹介したいと思います!

 

健康にはどっちが良い?

サラダ油とキャノーラ油は原料が違うものの、どちらも植物性の油なので、健康の為にどちらが優れているということは言いにくいのが実際の所です。

一時期「キャノーラ油が健康に良い」と言われていたこともありますが、成分に大差はありません。

 

どちらも、冠動脈性心疾患を引き起こす可能性を高める「トランス脂肪酸」が含まれています。

また、リノール酸も含まれており、これはコレステロールを減らす効果が期待できるので一見良いものに思われますが、同時に善玉コレステロールも減らしてしまうので注意が必要です。

 

しかしキャノーラ油には、これ以外に健康に良いと言われているオレイン酸も多く含まれています。

オレイン酸は、血中の善玉コレステロールを保ちながら、悪玉コレステロールを減らしてくれるので、動脈硬化を防いでくれます。

 

更に、キャノーラ油はビタミンEが菜種油の2倍もあり、酸化しにくいことから、抗酸化剤や栄養補助などにも応用されているので、どちらかといえばサラダ油よりも健康に良いといえるのではないでしょうか?

 

とはいえ、油自体が高カロリーで体に良くないという印象なので、どちらも過剰摂取は避けた方がよさそうです(;・∀・)

 

揚げ物をするなら・・・

揚げ物にオススメなのは「キャノーラ油」です。

キャノーラ油はオレイン酸が多く含まれ、加熱に強いので、揚げ物や炒め物に向いています。

 

サラダ油も炒め物や揚げ物に使用できますが、酸化しやすいので長時間加熱する料理よりも、やはり「サラダ油」の名の通り、ドレッシングにするのが良いでしょう。

とはいえ、どちらにも含まれるリノール酸は、加熱することでヒドロキシノネナールに変化し、神経にダメージを与える危険性があります。

 

ヒドロキシノネナールは、脳の海馬を萎縮させ、アルツハイマー病を引き起こす危険性が高まるので、健康面を考慮するのであれば、揚げ物自体の摂取を控えた方が無難でしょう。

 

混ぜるとどうなる?

サラダ油とキャノーラ油を混ぜたらどうなるのか・・・

 

美味しくなるのでしょうか?

体に悪い成分が生まれるのでしょうか?

 

気になりますよね><

 

答えはずばり「特に何も変わらない」です!

期待していた方、ゴメンナサイ(笑)

 

風味も味も、特に変化はありません。

そもそも、キャノーラを原料としたサラダ油もあるのですから、当然といえば当然ですね…

 

ですから、料理中に油が足りなくなって足したい時などは、特に気にせず混ぜても問題ないでしょう。

サラダのドレッシングなどにちょっと違う風味を加えたい、という場合は、サラダ油とキャノーラ油を混ぜてもあまり意味がないので、オリーブオイルやごま油など風味の強いものを足すと良いです。

 

オリーブオイルなどは値段が高いので、サラダ油を混ぜることで節約にもなりますよ!

 

サラダ油とキャノーラ油の違いまとめ

今回は、サラダ油とキャノーラ油の違いについてご紹介しました。

 

サラダ油とキャノーラ油の大きな違いは、原料が複数か1つかという点で、他はだいたい同じです。

サラサラとしていてサラダのドレッシングはもちろん、揚げ物や炒め物など色々な料理に使うことができ、成分もほとんど変わりません。

 

しかし、どちらかといえばキャノーラ油の方が揚げ物に向いていたり、体に良い成分が入っていたりと、メリットが多い油だと言えます。

 

とはいえ、どんなに体に良くても油の摂りすぎは健康に悪影響を与えてしまうので、摂取量には注意が必要です。

最近は健康に考慮された油がたくさん販売されているので、値段だけを見て選ぶのではなく、どんな油がスーパーに並んでいるかチェックするのも楽しいかもしれませんね。

 

生活雑学の関連記事はこちら

➡ 老後のお金がかからない趣味10選!定年後の50代・60代でも始めれる!

➡ ポリエステルのシワ伸ばしをアイロンなしで!スカートやドレスも解決します

➡ スキップが出来ない子供も大人も増加中!正しいやり方・コツを紹介します!

➡ シールのベタベタのとり方!プラスチックや金属・革の剥がし跡をきれいに!

➡ 香典金額は偶数・奇数?いけない金額、多すぎる香典は失礼でマナー違反!?

➡ コンビニで速達は送れる?送り方や値段、土日の扱い・日数等を解説!

➡ 簡易書留の出し方・書き方!郵便局やコンビニ、速達や土日・夜間は出せる?