長月は何月か・・・ついつい忘れてしまいます。

スポンサードリンク

睦月、霜月、皐月・・・古文の授業などで習う、過去の【月】を表すこの言葉。

あなたは全て覚えていますか?

 

私は、大学卒業と同時に忘れました(笑)

とは言え、実際それくらい覚えにくいものではありますよね(;・∀・)

 

今回は、その中でも特に印象に残りにくいと言われる【長月】は何月か、等について紹介していきます。

 

長月は何月?

それでは早速紹介していきます。

 

長月・・・読み方は「ながつき」ですね(^^)

そんな読み方すら曖昧な長月は何月なのかといいますと…

 

 

です!

 

この長月は9月を表す言葉なので、しっかり覚えておいてくださいね。

実は

 

長月=9月

 

を簡単に覚えるための覚え方もあるので、後ほど紹介させてもらいます( ̄ー ̄)

 

長月の意味

そもそも、長月の本来の意味は【旧暦の9月】を示す言葉でした。

ちなみに、この旧暦9月は、現在の暦に換算すると

 

 

に当たります。

1ヶ月弱のズレは生じていますね。

 

ですが、現在ではこの長月=旧暦の9月を示す言葉を、そのまま現在の暦でも9月を意味する言葉として用いるのが一般的となっています。

 

長月の由来・語源を紹介

実はこの長月、いくつか名前の由来があるため、どの説が正しいのかは未だはっきりしていません。

しかし、最有力とされている説はわかっています(^^)
それが

 

日が昇っている時間が段々と短くなり、その分夜がどんどん長くなってくることから【夜長月(よながつき)】と呼ばれるようになり、それを省略して読んだのが【長月】である

 

という説です。

 

確かに、秋の夜長というくらいですから、9月を夜長月とよんでも全く不思議ではありませんね(^^)

 

長月の意味としても納得できる説となっています。

この節が最有力と言えるのも頷けます。

 

折角なので、他の説も併せて紹介しておきますね!

 

 

・・・うーん、穂長月はまだ分かりますが、稲刈月⇒長月はかなり無理矢理感がある説です(;・∀・)笑

スポンサードリンク

長月を別名や異名・異称でいうと・・・

長月ですが、実はいくつも別名があることでも知られています。

ここでは、その別名も公開したいと思います。

 

晩秋(ばんしゅう)

秋の暮れに使う言葉ではありますが、本来は【秋の最後の月】という意味になっています。

 

これは、旧暦の季節区分が

 

春=1・2・3月

夏=4・5・6月

秋=7・8・9月

冬=10・11・12月

 

となっていたためですね。

これでみると、確かに9月(現在の暦では11月下旬頃)は秋の最後の月と言えそうです。

 

長雨月(ながめつき)

読んで字のごとく、【雨が多く降る月】を示しています。

菊月(きくづき)

この【菊月】が長月の別名なのには理由があります。

 

  • 菊の花が咲く時期
  • 菊の節句(9月9日。重陽の節句とも)

 

この両方が長月にある行事であることから、長月=菊月という異名がついたとされています。

 

菊咲月(きくさづき)

こちらも文字通り、長月が菊の花が咲く月であることから、この異名が付けられました。

 

菊開月(きくひらづき)

更にもう一つ、菊に関する別名が。

それが【菊開月】です。

 

意味は、こちらも字のままで菊の花が開く月であることからそう呼ばれています。

寝覚月(ねざめづき)

段々と日が短くなり、夜が長くなっていきます。

早く寝るため、夜、眠りからふと目が覚めることが多くなってしまう・・・長月はそんな月であることから、この異称がつけられたようです。

 

昔の人は、本当上手いこと言いますよね(*´∀`)

 

稲熟月(いねあがりづき)

長月の時期は、稲穂が熟し、稲刈りを行う月です。

そこからこの別名が生まれました。

 

色どり月(いろどりつき)

長月の時期には、木の葉は紅葉し、赤く染まります、

それを彩る美しい月を示した言葉が、この色どり月なのです。

 

小田刈月(おだかりづき)

9月下旬頃からは、田んぼの稲を刈り取りする月でもありますね。

そこからこんな呼び方も生まれました(^^)

 

長月の覚え方を紹介

最後に、私が学生時代使っていた長月の覚え方を・・・

 

長月=9月、ついつい抜けちゃいますよね(;・∀・)

そこでなんとか特徴がないか探した結果・・・ありました!!

 

長 9 月 あう

 

で、

 

「ながくつきあう」

 

これで私は覚えていました(*´∀`)

もう無理矢理感が満載ですが、言葉としては何も変ではないし、すんなり入ってきて覚えやすいです。

 

もしあなたが学生さんで、テストが近いなら、ぜひこの覚え方を採用してみてくださいね(^^)

 

長月は9月!!

今回は、長月は何月かという問いを中心に紹介してきました。

見ての通り、

 

長月=9月

 

です!

ながくつきあう、で覚えたら覚えやすいのでぜひぜひ使ってみてください(*´∀`)

 

関連記事

➡ 高齢者施設の9月行事・イベント・記念日を簡単に整理してみた

➡ 2018年のシルバーウィークはいつから?大型連休の期間を調べてみた

➡ 十五夜の意味や由来とは!2018年はいつ?団子・すすき・うさぎとの関係も

➡ 傘寿の意味や読み方・由来や年齢紹介!お祝いの色やメッセージもチェック!

➡ 十五夜の意味や由来とは!2018年はいつ?団子・すすき・うさぎとの関係も

➡ 敬老の日に脳トレをプレゼント!高齢者の認知症予防におすすめな本も紹介

➡ 当日消印有効の意味とは?日曜日やポスト投函、窓口・振込での注意点も!

スポンサードリンク