孫への初節句、お祝いの相場についてしっかり理解しておきましょう!

 

お孫さんの初節句、嬉しくなっちゃいますよね(*´∀`)

ついついどんどんお祝いを送りたくなりますが・・・ちょっと待ってください!

 

大事なのは、正しいマナーと、適切な金額です。

今回は、お孫さんの初節句時に守るべき相場やマナーについてお伝えします。

 

孫の初節句のお祝い相場

お孫さんの初節句、ついつい財布の紐がゆるくなるところではありますが・・・そこは節度あるお祝いも必要です。

一般的なお祝い金額の相場を、他の家族なども含め確認していきましょう。

 

男の子の場合

まず男の子の初節句の場合、

 

  • 父方の祖父母が3万~30万円
  • 母方の祖父母は10万~30万円
  • 兄弟や親戚は5千~1万円(+プレゼント)

 

というケースが多いですね。

 

親しい友人や知人で、初節句をお祝いしたい!という方の場合は現金なら3千~5千円ですし、プレゼントのみということも多いです。

このように、立場によって相場に差がありますし、特に祖父母からのお祝いはかなり金額の幅が広いです…

 

なぜ祖父母からのお祝いは父方と母方でこんなに差があるのでしょうか?

それは、こいのぼりや五月人形を買うのは母方の祖父母の役割だからです。

 

こいのぼりや五月人形は立派なものだと、結構イイお値段ですよ(^_^;)

その値段の半額から全額を、母方の祖父母が請け負うわけです…

 

だから、どうしても母方の祖父母のお祝い金額が上がってしまいます。

ちなみに父方の祖父母は3万~30万円が相場だと言いましたが、その中でも5~10万円くらいお祝いを渡す人が多いようです。

 

しかし!!

最近はこのお祝い金額のスタイルは変わりつつあります。

 

まず、人形などの節句の飾りは高価なので、両家で分担する家族も増えているようです。

 

昔はお嫁に行って旦那さんの家にお世話になっていたのでしょうから、母方の実家に高価な人形を買ってもらっても良かったでしょうが…

今は核家族も多いので、その場合はどちらかの負担が大きいのはちょっと不公平な感じがしてしまいますよね。

 

お祝い金が同額の方が、息子さん、娘さんも変に気を遣わずにすむでしょう。

また、最近の住宅事情により、立派な節句飾りを購入しないことが多いのも、理由の1つです。

 

アパートやマンション住まいの夫婦が増加しており、立派な人形は飾る場所も保管場所も確保できないという場合には、ガラスケースに入った飾り兜のみだったり、小さ目の節句飾りを購入したりすることが多いです。

 

小さい節句飾りだと値段も安くなるので、お祝い金も安くなる、というわけです。

 

女の子の場合

お孫さんが女の子の場合も、実は初節句のお祝い相場は男の子と同じです。

 

  • 父方の祖父母が3万~30万円
  • 母方の祖父母は10万~30万円

 

になります。

 

理由も前述の通りで、ひな人形を購入するのが母方の祖父母の役割だったからですが、こちらも両家で折半だったり住宅事情によって、大きな7段飾りの購入が減少していることから、特に母方の祖父母からのお祝い金は昔よりも減っています。

 

百貨店や人形専門店などに足を運んでみても、ガラスケースの3段飾りやお内裏様とお雛様のみのものなど、小ぶりなひな人形が増えていますよ。

とはいえ、ひな人形は安くなったけど、可愛いお孫さんを盛大に祝いたい!という方は人形の値段に関係なく大金をあげることももちろんあります。

 

反対に、孫が増える可能性がある、お金があまりない、などの理由から人形の値段に関係なく初節句は5万円!などと金額を決めている方もいらっしゃいます。

祖父母からのお祝いの相場はあるようでないと言えるのではないでしょうか?

 

お金ではなくプレゼントの場合も

兄弟や親戚などからはお金だけだと味気ないので、ちょっとしたプレゼントも渡す場合も多いです。

また、弟や妹がまだ学生の場合や、親しい友人からのお祝いの場合は、品物のみということもあります。

 

プレゼントで多いのは

 

  • 食器セット
  • おもちゃ
  • 洋服

 

などですね。

プレゼントの場合は、既に持っているものや好みに合わないものを渡さないよう、事前に欲しいものを聞いて渡すと良いですね。

 

祖父母からは大金を渡すので、わざわざプレゼントまで渡す必要はないでしょう。

しかし、ここでも注意が必要です。

 

もし、節句の人形を買って欲しいと頼まれていても、勝手に決めた人形を購入するのは絶対にやめましょう!!!!

先程も言った通り今は住宅事情もあり、大きな人形をもらってもありがた迷惑なだけの場合もあります。

 

高価なものをプレゼントして迷惑がられたり怒られたりしたら、贈る側も悲しいですよね…。

人形を頼まれた場合も、大きさや形(兜が良い、段飾りが良いなど)どんなものが良いかリサーチし、できれば一緒に買いに行く、もしくはお金を出すだけにしましょう。

 

それでもやはり自分たちが選んだものを何かあげたい!という場合はおもちゃや洋服などのちょっとしたものをプレゼントしてみてはいかがでしょうか?

 

初節句のお祝いの注意点

初節句のお祝いを渡す上で、抑えておきたい注意点があります。

ここを忘れてしまうと、相手にとってただの押し付けがましい迷惑になることも・・・

 

あなたは、初節句のお祝いのマナー、ちゃんと守ってくださいね(^^)

 

いつまでに渡せばいいの?

初節句のお祝いは、贈るものや贈る人によって、渡す時期が変わってきます。

祖父母の場合は初節句の1か月以上前までに贈りましょう。

 

当日に現金を渡していては、一番お金が必要な準備の時期には間に合わず、寂しい初節句になってしまいます。

節句の飾りを贈る場合も、買いに行ってその場で購入できる訳ではありませんから、やはり早めに贈る準備をしてくださいね。

 

渡す前の相談は必須!

お祝いを渡す前に、息子さんや娘さん、両家の両親で相談をしましょう。

節句の飾りは必要か、その場合値段や大きさはどれくらいのものが良いか、金額は分担するのか、現金の場合はいくら渡すかなどをきちんと話し合っておくと良いですよ。

 

  • 狭い部屋に大きな飾りが届いた
  • 相談していなかったから2つ飾りが届いてしまった
  • 人形はもう、準備していたのに・・・

 

などのトラブルが起きたら大変ですからね…

また、お祝い金に両家であまりにも差があると、どちらかが肩身の狭い思いをしなければなりません。

 

更に、地域によってはとの土地の風習が受け継がれているところもあります。

せっかくのお祝い事に面倒事が起こっては悲しいですから、やはり話し合いは必須でしょう。

 

マナーを守ったお祝いが重要

お祝いを贈るなら、しっかりとマナーを守りたいですね。

何度も言っているように、相談なしに節句の飾りを送り付けるのはNGです。

 

また、お祝いを渡す時にはいくら自分たちの子供や孫だからと言っても、適当なことをしてはいけません。

お祝い金は熨斗袋に入れ、紅白の蝶結びの水引を使用しましょう。

 

表書きは

 

上段に「御祝」「初節句御祝」

下段に名前

 

をそれぞれ書きます。

間違っても、銀行の封筒などに入れてポンと渡さないでくださいね!!!!

 

形が大事、というわけではありません。

 

そこに込める準備、気持ち、全て含めての【お祝い】なのです。

おざなりな準備でお茶を濁さないようにしてくださいね!

 

郵送の場合は現金書留で、直接渡す場合はふくさに包みましょう。

祝儀袋に直接手を触れると良くないとされているので、ふくさに包んだまま渡すこともあるそうですが、最近はふくさから出して渡す場合が多いです。

 

ふくさを畳んで、その上に祝儀袋を置いて渡してくださいね。

 

お孫さんの初節句を気持ちよく祝おう!

今回は、お孫さんの初節句のお祝い金の相場についてご紹介しました。

 

祖父母からのお祝い金の相場は3万から30万円とかなり幅が広いです。

昔は、母方の祖父母が節句の飾りを贈っていたので母方の祖父母からのお祝い金の方が多かったですね。

 

ただ、最近では両家から飾りを贈ることも多く、また住宅事情により飾りの値段も安価になってきているので、以前よりもお祝い金は少なくなっていると言えるでしょう。

 

可愛いお孫さんの初めての節句のお祝いですから、無理のない範囲であげたいと思う金額を包むのもOKですが、両家で差が出ないよう、また他のお孫さんとも金額に差がないように注意してくださいね。

 

生活雑学の関連記事はこちら

➡ 栓抜きがない時の代用品11種!鍵やプルタブ、10円で簡単に開けれる!

➡ ポリエステルのシワ伸ばしをアイロンなしで!スカートやドレスも解決します

➡ 平成31年硬貨の価値はプレミアが付く?1円や500円玉の入手方法も紹介

➡ 孫の入学祝いの相場はどれくらい?小学校・中学・高校・大学全て紹介!

➡ 1リットルの水は何キログラム?米や酒、油や牛乳・土の重さも調べてみた!

➡ セロハンテープの跡を消す方法!プラスチックに跡が残らない剥がし方とは?

➡ ルビーチョコレートの味の感想を紹介!美味しい・まずいの声がある?