横綱稀勢の里の引退後の退職金や年金、いくらになるのかを見ていきます。

 

稀勢の里は、2019年初場所を4連敗するなど、絶不調です。

そして本日、ついに引退を決断しました。

 

ここで気になるのは、稀勢の里はいったいいくら、退職金をもらえるのかということ。

今回は、稀勢の里の退職金や年金、引退勧告による影響の有無などを見ていきます。

 

横綱稀勢の里の引退後の退職金について

稀勢の里の引退について、角界やマスコミも騒いでいます。

【引退報道】についても、1月16日9時過ぎに【号外】として、速報が流れました。

 

稀勢の里といえば苦難と苦節を続けて、やっと2017年に【横綱】に昇進した苦労が絶えない力士で有名でしたよね。

 

横綱の引退と退職金も気になるところですが、その前に少し【横綱・稀勢の里】の功績についてまとめてみました。

 

横綱稀勢の里の引退!横綱までの長い道のりと努力

稀勢の里は何年に角界に入り、その歴史は苦難の連続でありました。

一時は腸捻転で入院しているにもかかわらず、それを秘密にして場所に参加したほどです。

 

しかも稀勢の里が活躍した時代は外国人力士の活躍が多く見られ、凌ぎを削る闘いに次ぐ闘いの嵐。

そんな闘いの中、相撲ファンに勇気を与えてくれる相撲を見せてくれたのが稀勢の里でした。

 

外国人力士が活躍する中での、数少ない日本の力士であった稀勢の里。

稀勢の里に根強いファンが多い理由がわかる気がしますよね。

 

【無冠の最多勝】という立ち位置から、2017年に見事に優勝し横綱に昇進したときには、角界が湧きました。

 

そして2018年、稀勢の里の体調と成績に翳りが見え始め、前場所に引き続き、今場所でも連敗が続いています。

 

マスコミは【今場所3連敗したら引退か】と、厳しく論争していましたよね。

前日1月15日の場所では平幕・栃魁皇との取り組みでしたが・・・あっさりと土俵際まで押された稀勢の里。

 

そのまま土俵の外に足をついてしまいました。

そして残念ながら【3連敗】してしまった稀勢の里は翌日、引退を決意します。

 

年金はどれくらい?

稀勢の里の引退・・・その決断に心を痛めているのは、応援していたファンであり、そして稀勢の里本人ではないでしょうか。

しかしもしかして体調が悪くての不調続きだとしたら(腸捻転で出場した際も、後日事実がわかった)なんとも残念でなりませんよよね。

 

今後は余計な心配をすることなく、ゆっくり休んでほしいですね。

 

では、横綱稀勢の里の引退後に関係する退職金はいったいいくらくらいなのでしょうか?

 

横綱が引退した場合に発生するお金・・・。

このお金は、実は【退職金】とは呼ばれていません。

 

  • 力士養老金
  • 勤続加算金
  • 特別功労金

 

この3種類の合計金額が、いわゆる【横綱の退職金】と呼ばれています。

そしてそのほかに懸賞金からの積立金が加算。

 

しかし難しい名称なので、一般人には馴染みがありませんよね。

それぞれの意味を紹介します!

 

力士養老金とは

力士養老金・・・相撲の地位である【十両】以上の力士の引退時に支払われるお金。

 

【横綱】では1500万円と、決められています。

 

勤続加算金とは?

勤続加算金・・・相撲取りの地位ごとに定められた金額かける在籍場所の数。

この金額のことを勤続加算金と呼びます。

 

横綱はひと場所、50万円ですのでその金額に場所数を掛けるわけです。

ちなみに、稀勢の里は引退すると合計金額は約3000万になる・・・と予想されます。

 

特別功労金とは?

特別功労金・・・横綱と大関が引退するときに支払われるお金のこと。

この金額は、理事会の決議によって支払われます。

 

しかしこの金額についてはいまだ基準も金額も明白になっておらず・・・。

 

しかし噂としての情報ですと

 

「稀勢の里の特別功労金は1億以上」

 

と、言われています。

 

懸賞金からの積立金

懸賞金は1本、62000円。

このお金は、相撲の取り組みに勝利した力士に授与されます。

 

そのうち30000円が、土俵で渡されるので、残金を積み立てしています。

そしてそのうちの5300円を、相撲協会が経費として徴収するんです。

 

残りの金額である26000円を積み立てしていくので、莫大な額になりそうですね。

横綱であった稀勢の里は、この懸賞金だけでも、3000万円以上ではないかと噂されています。

 

年金はどれくらい?

力士は【厚生年金】に加入しています。

健康保険も【協会の健保】に加入しているので、安心です。

 

年金の金額は残念ながら不明ですが、年金はその職業によってかなりの差が生まれてきます。

相撲は【国技】というだけあって、かなり多くの年金がある、と思われます。

 

給料は引退後も貰えるの?

引退後も角界に残り、親方になって若手の育成や指導をする場合は、給料がでますが・・・角界に残らない場合もありますよね。

 

コーチ、解説者などのタレント業につく元力士います。

 

また、実業家になる元力士もいますね。

3代目・若乃花や朝青龍がそうです。

 

格闘家になる元力士も。

双羽黒や曙、大砂嵐が格闘家になっています。

 

またタレントになったり国会議員になる元力士も一握りですが、成功していて給料を稼いでいますよね。

 

引退勧告は退職金に影響する?

相撲界での【引退勧告】はとても重大な処分になります。

 

今回は稀勢の里がうけた処分は、わかっているところで【激励】と、言われていますよね。

相撲界で横審から横綱へ下す処分の順番は

 

激励→注意→引退勧告

 

となります。

朝青龍も引退勧告を受けて引退していますが、今回稀勢の里の引退について【引退勧告】がでたかどうかは、定かではありません。

 

引退勧告は

 

「決められた期日までに引退しなさいよ」

 

と、いう相撲会からの指示になります。

この引退勧告を無視していると、解雇から除名に切り替わっていきます。

 

解雇になると退職金の支払いもありません。

 

そして除名、解雇になると相撲界には二度と戻れなくなる・・・という厳しい処分になってしまうのです。

つまり引退勧告を受けても、速やかに引退すれば満額退職金はもらえる、ということになります。

 

横綱稀勢の里は引退後も安泰!?

今回は【横綱・稀勢の里】の引退で出るであろう退職金や年金について調べてみました。

 

色々トラブルが続いたり、目まぐるしく変化していく相撲界の影で、地道に努力を続けていた稀勢の里。

日本人力士として誇りある功績は、胸をはれる結果だと思います。

 

引退しても退職金や年金も多くでるので、今後も稀勢の里は安泰ですよね。

またタニマチと呼ばれる後援会や、根強いファンが多い稀勢の里ですから今後も土俵を変えて、その情熱で勝ち進んでいくでしょう。

 

相撲記事はこちら

➡ 稀勢の里の断髪式はいつで場所はどこ?貴ノ岩・日馬富士の日程から予想!

➡ 稀勢の里引退決断の理由!引退後は相撲部屋の親方・タレント業や結婚も?

➡ 相撲の優勝と準優勝の賞金はいくら?十両の優勝賞金・副賞と合わせて紹介!

➡ 横綱の退職金はいくらでどこから出る?引退勧告の場合やその後の年収も!

➡ 千秋楽の意味や語源、英語に類語・反対語!千穐楽との違いや使い方とは?