家族葬のお布施の相場、一体どれくらいになるのでしょうか?

 

家族葬と言えば、最低限の親しい人だけで執り行う大切なお見送りの儀式です。

また、料金も安いため、あまりお金をかけられない場合などには本当に重宝するお葬式の形態となっています。

 

そんな家族葬ですが、お布施の相場については考えたことがありますか?

式の料金ばかりに気を取られ、肝心のお布施まで頭が回らないという方も多いようです・・・

 

今回は、そこで今回は、家族葬におけるお布施の相場について詳しく見ていきたいと思います。

 

家族葬のお布施の相場について

それでは早速紹介していきます。

今回は、家族葬のお布施の相場についてです。

 

家族葬は、本当に親しい人だけで最後を送ることの出来る素晴らしい式形式の一つです。

また、もう一つ大きなメリットとして料金が安いということも挙げられます。

 

しかし、この料金・・・実は、勘違いしている人が多いんです。

 

あなたが思っている以上に費用がかさんでしまうことも少なくありません。

その理由は、

 

 

の考えがすっかり抜け落ちてしまっているからです!

この記事では、正しく家族葬の費用を把握できるよう、家族葬におけるお布施の相場について、詳しく解説していきます。

 

お布施の全国平均相場は…

まず、家族葬を始めとしたお寺・お坊さんへのお布施の全国相場ですが、

 

 

が一般的です。

もちろん、地域によって差はありますが、合計するとこの額が一般的なお布施の費用として知られています。

 

ただ、ここで大事なのはこれはあくまでお布施の相場にすぎないということです。

 

例えば、

 

  • 多めにお経を唱えてくれた
  • 説法を時間を越えてしてくれた
  • お盆の忙しい時期に、時間を取ってきてくれた

 

等、ありがたいお坊さんはたくさんいます。

 

実際、これはうちも馴染みのお寺さんが、わざわざうちの事情を顧みて、お盆の大変な時期に時間を撮ってきてくれた経験があります。

このような時は、平均額以上出すこともあってしかるべきではないでしょうか?

 

また逆に、お金が不安で【お経を少なめにお願いした】などの事情があれば、多少減らすこともあっても良いのかなと思います。

 

お坊さんへのお布施は、お坊さんの施しの内容によって上下しても良いのです。

ですから、相場に縛られすぎないことも重用なので、その点覚えておいてくださいね(^^)

 

家族葬は最低限の人数しか集まらない式であるがゆえ、その中のひとりであるお坊さんの役割は非常に大きいです。

いわば、お坊さんもまた、家族葬を行う時には、故人の家族の一人となっているのです。

 

  • 家族
  • お坊さん

 

双方が満足の行く家族葬を行うためにも、相場を意識しつつ、そこに縛られない考え方もまた重用なのです。

 

家族葬でお寺・お坊さんに払うお布施の内訳

家族葬にて、お坊さんにお渡しするお布施の内訳は主に5つです。

 

  • 戒名料
  • 御膳料
  • 読経料
  • 御車代
  • 心付け

 

です。

一つずつ、解説していきます。

 

戒名料

戒名とは、簡単に言いますと、

 

 

のことを指します。

ご家族のお墓に卒塔婆などがあり、そこに

 

〇〇居士

 

などと書かれたものを見たことがないでしょうか?

これが戒名です。

 

ちなみに、この戒名にはランクがあります。

進士・信女といった一般的な戒名もあれば、院居士・院大姉という戒名の中でも最上位に位置するものもあります。

 

このランクによって金額も大きく変わってくるのが一般的で、お寺や宗教によって異なるものですが、平均して

 

 

が相場となっています。

 

御膳料

こちらは、

 

  • 通夜が終わった後の食事(=通夜ぶるまい)
  • 火葬後の会食

 

などでお坊さんがお食事を断った際にお渡しするお食事代のことです。

 

一緒にお食事を行いお話を聞きたい所ですが、お坊さんも忙しい身です。

食事を口にすること無く帰られる際には、5,000円~10,000円ほどお包みしてお渡しするのが一般的となっています。

 

読経料

お布施のメインとでも言うべきものがこの読経料です。

 

例えば、家族葬の際、お坊さんに6度の読経をお願いしたとすると、お渡しするお布施は最低でも30万円はお包みするべきとされています。

 

ただ、これは際限なくお坊さんが読経を唱えるといったことは当然なく、通常ある程度回数は決まっています。

家族葬の場合は6回が一般的な読経の回数ですね。

 

しかし、これも全国的な平均額であり、地域・宗教によって額が大きく異なる場合も…

全国平均ではかなり大きな幅があり、実際には

 

 

となっています。

倍額の違いは大きいですよね(ーー;)

 

そんな時は、葬儀屋さんに聞くのが一番正確かつ迅速な対応が期待できます。

 

  • 宗教・宗派
  • 住んでいる地域

 

などをお伝えするだけで、その時その時の最適なお布施の料金を教えてもらえます。

 

24時間365日相談無料!
よりそうのお葬式

公式サイト⇒https://www.お葬式なら格安葬儀.net

御車代

葬式会場・・・家族葬なら、自宅もありえますね、まで来ていただいた交通費をお渡しします。

これが【御車代】です。

 

お坊さんの多くは車での移動となっていますので、こちらで送迎車を用意せず来て頂く場合に、式場までの料金をお包みします。

 

相場は1日10,000円と思っておけば大丈夫です。

また、場合によってはタクシー代金をこちらで直接払うというケースもあります。

 

心付け

この心付けは、必ずしもお渡しする必要はありません。

ただ、

 

  • 故人を丁重に弔ってくれた
  • 葬儀で大変お世話になった
  • 気持ちを込めた説法をしてくれた

 

等、お坊さんがしてくれた行為や、お世話になったことなどを加味して、またお坊さんやお寺との関係も考慮して任意でお渡しするものです。

ですから、もし本当に心に染みるような良い式だったなら、是非是非心付けもお渡ししてもらえればなと思います。

 

家族葬にかかる費用の合計は…

ここまで見ていただいた通り、家族葬と一言でいうものの、実際には

 

家族葬自体の費用 + お坊さんへのお布施

 

の料金がかかってきます。

それを忘れ家族葬の料金のみと考え、豪華な式を考えてしまうと、結果的にお布施で苦しくなってしまい、ご家族・お坊さんとも後味の悪い結果となってしまいます。

 

ちなみに、一般的な金額でいいますと、

 

  • 家族葬の費用=30万円
  • お布施(戒名・読経料込)=30~40万円

 

で、合計60~70万円が家族葬の費用相場です。

 

しかし、今見ていただいた通りお布施の料金は正直減らすことができません。

 

一度きりならそれもありかと思いますが、お寺さんとの付き合いは一生続きます。

そう考えると、お布施をケチって非常識な額を出すのは、そもそもマナーとしてもありえない行為と言えるのです。

 

個人的にいま一番オススメしているのは、葬儀社探しから力を入れることですね。

 

というのも、先程少し触れたようにお布施についても詳しい相談ができますし、家族葬の際に発生するご家族への負担を大きく軽減できるからです。

また、葬儀社の方と相談すれば、自分が考えているより遥かに安く、またより良い家族葬の提案も受けることができます。

 

しかも、これは恥ずかしながら当事者となってから知ったのですが、今は家族葬の一括見積りを、無料で、しかもメール一本でいただけるのです!

 

 

この両方を実際に見比べることが出来るのは大きなメリットです。

ぜひ活用してみてくださいね(^^)

 

おすすめの葬儀社はここだ!

今最もおすすめな葬儀社は【よりそうのお葬式】ですね。

 

  • 24時間・365日電話対応可能
  • 定額のお葬式・家族葬を提案
  • 日本全国、どこでも対応可能
  • 資料請求後、家族葬を5,000円割引
  • 資料見積もりが一切無料
  • 電話後、1時間で来てくれる

 

という、超高待遇がおすすめの理由です。

 

特にご家族が旅立つタイミングというのは、正直誰にもわからないものです。

もちろん、お医者さんであってもそれは同じ。

 

夜中・早朝であっても電話対応してくれる【よりそうのお葬式】なら、すぐに対応してくれるので、こういった時に本当に力になってくれます。

 

また、資料請求後なら5,000円の割引もあるというのも嬉しいですね。

そのお金をお布施に回したり、あるいはお花をより良いものにするなど故人や家族葬のために活用もできます。

 

資料割引が一切無料なので、まずは一度実際に見積もりを頼んでみてください。

家族葬というものをよりよく知っておくのは、今後のことを考えても必ず有意義なことです。

 

あなたの、そして家族のために、まずは家族葬についてもっと理解を深めていきましょう。

 

無料で資料請求!
日本全国対応可能
よりそうのお葬式

公式サイト⇒https://www.お葬式なら格安葬儀.net

 

家族葬のお布施の相場を把握しておこう

今回は、家族葬のお布施の相場について色々とお話していきました。

 

家族葬って、まだまだ浸透していない考え方です。

その理由の一つには、家族葬を行うのがまだずっと先だと思っていることにあります。

 

ですが、そんなことは誰にも分かりません。

もしかしたら、明日にも私やあなたの身に何かあるかもしれないのです。

 

だからこそ、私達は家族葬という選択肢を、将来自分が旅立った時取り入れてもらうためにも、もっともっと知っておく必要があるのです。

今回紹介したお布施の相場の紹介も、いわば未来への予行演習に過ぎません。

 

ぜひ、もっともっとお葬式や終活にも目を向けてみてくださいね。

今より、毎日が素晴らしいものだと気づくはずですよ(^^)

 

24時間365日相談無料!
よりそうのお葬式

公式サイト⇒https://www.お葬式なら格安葬儀.net

 

関連記事

➡ 友人が亡くなった場合出来ることは?掛ける言葉・電話、香典の額等解説!