北海道にゴキブリはいるのでしょうか。

寒い地域ではあまり見かけないゴキブリですが、特に日本で最も寒い地である北海道においては、

 

「北海道にはゴキブリがいない」

 

という噂が流れていました。

ですが、あの最強にして最も恐ろしい昆虫と称されているゴキブリです。
この日本において、本当に会わなくても良い場所があり得るのでしょうか・・・?

今回は、北海道にゴキブリがいるのかついてを詳しくお伝えしていきます。

北海道にゴキブリはいる?いない?

今回は、北海道にゴキブリはいるのかという疑問についてお答えしていきます。

前回、日本で最も暑い場所である沖縄県に現れるモンスターゴキブリのお話をさせてもらいました。
➡ 沖縄のゴキブリはサイズがでかい!方言での呼び名と種類紹介【噛むの?】

暖かい気候などが原因で、沖縄のゴキブリは大きく強く、たくましく育っていくのです。
では、寒い地域ではどうなのでしょうか?

日本で最も寒い場所である北海道。
この地のゴキブリについて、他の人に話を聞いてみると

 

「北海道にゴキブリはいないらしいよ」

 

「北海道でゴキを見たことはないな~」

 

と行った声が聞かれました。

何とも気になる話しですよね。
これが本当なら、ゴキブリ嫌いな方にとって北海道はまさに天国となるわけですが・・・果たして真実はどうなっているのでしょうか。

ここからは、北海道のゴキブリについて、いるのかいないのかを始め、誰もが気になる疑問の数々についてお答えしていきたいと思います。

結論

まずは、結論から述べます。
北海道にゴキブリは・・・

 

 

います!!

 

 

残念ながら、最も寒い都道府県である北海道にもゴキブリは

存在しています。
まあ、あのタフな昆虫が、寒いからという理由だけで入り込まないなんてはずありませんよね(^_^;)

そもそも何故このような噂が流れたかと言うと、実は、

 

ゴキブリは寒さに弱い

 

のです。
特に20度以下になってしまうと、仲間を増やすために必要不可欠な繁殖行為が出来なくなってしまうんです。

また、動きも鈍くなり、飛ぶこともままならない状態に陥ってしまいます。
そういった背景も手伝い、昔からゴキブリは寒い北海層には生息していないという噂が流れていたというわけです。

ですから、いわばこれは都市伝説の一種であり、あくまで噂に過ぎないのです。
実際、私の友人で北海道の大学に行った男がいるのですが、彼に里帰りした際話を聞くと、

 

「いや、ゴキブリ普通におったで」

 

と、全く北海道感のない岡山弁にて話をしてくれました。

というわけで、もしゴキブリが嫌いでたまらないから逃げたいという方・・・残念ながら、少なくとも日本国内にはどこに行っても彼らから逃げ切るすべはないようです(ーー;)

どうやって北海道まで渡ったかを解説

実は、最初から北海道にてゴキブリが多く見られたわけではありません。
良く目にするようになったのは、1980年代からと言われています。

それまでは交通手段も少なく、あまり本土と北海道を人間が行き来すると行ったことはありませんでした。
ですが、交通インフラが整ってきたことから徐々に北海道に移住する人が増加。

その結果、当たり前のように人の行き来が行われるようになったのです。
人が行き来すると言うことは、同時に物も行き来を行うと言うことでもありますよね。

この物の行き来こそが、北海道にゴキブリが現れるようになった最大の原因だったのです!

引っ越しの際、大活躍する段ボール。
この段ボールに、本土のゴキブリの卵がくっついていて、それがそのまま北海道にお引っ越し。

そして北海道の家の中で孵化、成長を重ね繁殖し、数を増やしていったのです。
ちなみに北海道=寒いと思っている方は多いのですが、実は東京などよりもよっぽど冬は暖かいです。

寒い地である分、他の地域よりも暖かくする手段・寒さをしのぐ知識ともに豊富なのです。
その結果、北海道の冬は家や建物の中は暖かく、過ごしやすい環境となっています。

人間にも。
そして・・・ゴキブリにも(ーー;)

どんなゴキブリがいるの?

ところで、北海道にはどんなゴキブリがいるのでしょうか。
日本で一般的なのは

 

  • クロゴキブリ
  • チャバネゴキブリ

 

の2種類です。

ですが、北海道ではクロゴキブリを見かけることはまずありません。
もう一種類のメジャーゴキブリである

 

チャバネゴキブリ

 

がこの地を席巻しているのです。
自分で書いておいてなんですが・・・怖い(;゚ロ゚)笑

しかし最近では、

 

温暖化

暖を取るための機器の発展

物流が増えたこと

 

など多岐にわたる要因が、なんとクロゴキブリまでをも北海道の地に招き入れてしまったのだそうです。
つまり、他の都道府県と同様に、北海道でされももはや見慣れたゴキブリたちと会う可能性が高いと言うことなのです。

むしろ、外が寒く建物の中でしか生活する環境が整っていない北海道です。
本土よりもむしろ、建物の中でゴキブリと遭遇する確率は高いのかもしれません・・・

北海道のゴキブリの特徴

さて、ここで北海道のゴキブリの特徴についてみていきます。

最も暖かい都道府県である沖縄のゴキブリは、多くの特徴を持っていました。
同様に、最も寒い県である北海道に生息するゴキブリもまた、ちょっと変わった特徴を持っているようですので、詳しく見ていきます。

とっても小さい

まず最初の特徴は、とっても小さいという点です。

そもそも、ゴキブリはそう大きい生物ではありません。
大きい個体であっても3~4センチ、例外的に沖縄で見られるゴキブリは5センチほどの大きさを誇っています(^_^;)

ですが、北海道のゴキブリはこれよりも遙かに小さいです。

2センチほどの大きさで、

 

「一瞬ゴキブリと分からなかった」

 

と友人は言っていました。
ゴキブリの最も怖いところの一つが、あのぬめっとしたフォルムの生物が、猛スピードで動き回っているところです。

ですが、その恐怖もある程度の大きさがあってこそのものです。
あまり大きくない時点で、恐怖感は半減してしまいますね(^^)

まず飛ばない

更に、私たち人間にとって嬉しい特徴がもう一つ。
それは・・・

 

飛ばない

 

という点です。

ある程度以上の暖かさがないと、ゴキブリの羽の筋肉はうまく動かないのです。
これは本土でも同様で、本土のゴキブリたちも飛んでいると言うよりは、羽をグライダーのように活用して空中を滑空しているに過ぎないのです。

まして、本土より遙かに寒さ際立つ北海道です。
この地のゴキブリが飛ぶと言うことはまずありません。

実際、北海道でゴキブリと遭遇した方であっても、飛んでいる姿を見たと言う人はまずいないほどです。

そして更に、北海道のゴキブリの大半を占めるチャバネゴキブリは、元々空を飛ぶことがほぼ無い種族です。

 

北海道の寒さ+飛ばない種族

 

この二つの要因が重なりあり、北海道のゴキブリは極めて珍しい(ほぼ)飛ばないゴキブリへと独自の進化を遂げていったのです。

寒さに(やや)強い

ゴキブリは、時を経るごとに徐々にその時代に合った進化を遂げています。
わかりやすいところで、昔のゴキブリ退治グッズを使ってもゴキブリを弱らせることは出来ても、退治することは叶いません。

これは、ゴキブリが薬品への耐性を、時とともに身につけていったことが大きな要因です。
そのため、現在市販されているゴキジェットなどの商品も、ゴキブリの進化とともにどんどん性能が良くなっているというわけです。

さて、その結果、北海道のゴキブリはわずかではあるものの、寒さに強くなっているようです。
実際全く同じチャバネゴキブリであっても、体の大きさが違うように、寒さへの対抗力も本土と北海道のゴキブリとでは異なっていると考えられています。

今は大丈夫でも、100年後には北海道の寒さであっても全く気にすることなく走り回るゴキブリが現れてしまうのかもしれませんね・・・(;゚ロ゚)

寒さに強いゴキブリもいる!?

実は、ゴキブリは3億5000万年前、つまり氷河期以前から現在に至るまで行き続けている生き物です。
つまり、北海道などとは比較にならないほど寒い氷河期を生き延びていると言うことになります。

実際、氷点下になっても生息が可能な種族は現在も存在しています。

日本にずっと昔から生息している

 

ヤマトゴキブリ

オオゴキブリ

 

彼らは、日本の四季全てに対応することが出来、実際真冬の寒さであっても耐えきることが可能です。
せめてもの救いは、チャバネゴキブリは0℃以下の環境で生存することが出来ない点ですね(^_^;)

とは言え、時折聞く

 

真冬に部屋を一晩明けておけばゴキブリを全滅できる

 

という豆知識。

これは実行してはいけません。
というか、しても意味は無いです(^_^;)

家の中は暖房で暖かいですし、たとえ窓を開けて寝ても、壁や屋根で守られている住居の室温が0℃以下まで下がるということはまずありません。

また、冷蔵庫などの家電製品の裏や床に面している部分は、熱が逃げていることもあり大変暖かいです。
部屋の中がどれだけ寒くても、ここに避難すればゴキブリは快適な環境での生活を継続できてしまうというわけです(^_^;)

私たちが風邪を引いて終わりという何とも閉まらない結果となってしまうので、くれぐれもご注意を(笑)

ゴキブリはどこにでもいるようです

今回は、北海道のゴキブリについてお伝えしていきました。
この記事のポイントをまとめますと

 

  • 北海道にもゴキブリはいる
  • 種類はチャバネゴキブリ
  • サイズは小さい
  • 飛ぶこともまず無い

 

といった点です。
うーん、文字にしてしまうと、北海道にゴキブリがいるという事実は否定しようがありませんね(^_^;)

とは言え、サイズも小さく飛ぶことも出来ないゴキブリは、実際の所ほとんど怖くないそうです(笑)
ゴキブリ最強の必殺技は、あの昆虫にしては大きな体躯とスピードを活かしての急接近+顔に向けての飛行です。

どちらも出来ないゴキブリをそう怖がる必要は無いでしょう。

ちなみに、北海道のゴキブリの多くは繁華街でしかお目にかかることが出来ず、それ以外の場所に住んでいる方は一度もゴキブリを見たことが無い方がほとんどなんだとか。

もしゴキブリに会いたい方は、繁華街の路地裏なんかに足を運んでみてください。
ひょっこり出会えるかもしれませんよ♪

生活雑学関連記事

➡ 梅干しの賞味期限はどれ位?自家製は半年!?冷蔵庫の中でも危険なの?

➡ ガソリンランプがついてから何キロ走れる?軽やフィット、ラパン等調査!

➡ ゴキブリの子供は飛ぶ?白や茶色の幼虫や卵が大量発生!対策教えます

➡ ブリの寄生虫の名前と取り方!刺し身は危険、加熱すれば食べれるの?

➡ 【おざなり】と【なおざり】の違いは?漢字や使い方・例文に覚え方紹介!

➡ ゴキブリに洗剤をかけたら即死!?それとも効かない?何故効果があるの?

➡ 沖縄のゴキブリはサイズがでかい!方言での呼び名と種類紹介【噛むの?】