アオリイカをエギングで釣るテクニック、お伝えしていきます。

スポンサードリンク

私の知り合いに釣りが大好きな男がいて、暇さえあれば釣りに行っています。

 

 

本当に、魚が釣れると聞けばどこにでも行く男です。

正直、給料の大半(ほぼ?)釣りにつぎ込んでいるんではないかと思えるほどののめり込みっぷりで、彼の将来がちょっと心配です(笑)
今回は、そんな釣りのセミプロに聞いたアオリイカをエギングで釣る方法についてお伝えしていきます!

 

アオリイカをエギングで釣ろう!

それでは、早速紹介していきます。
今回は、アオリイカをエギングで釣るためのテクニックや仕掛けについて見ていきます。

ちなみに、エギングとは【エギ】という特殊なルアーを使って釣りをすることです。
エギとはその名の通りエビに似たルアーのことをいいます。

 

エギには様々なカラーのものがあります。
その時々で色を使い分けることによって、場所や季節・狙うターゲットなどのパターンにはまれば、釣果につながります。

まずは、何度も投げて、ベストなパターンを見つけ出しましょう。

エギングで狙うのは主にイカです。
狙えるイカの種類は

 

アオリイカ

アカイカ

ヒイカ

ヤリイカ

 

などです。
その中でも、今回は特に釣るのが楽しいアオリイカをメインに紹介します。

アオリイカの魅力

アオリイカの一番の魅力。
それはやはり、ファイトの楽しさです!

ルアーでアオリイカを釣るということは、想像より遥かにおもしろいです。

しかも彼らは意外と獰猛で、釣り竿をグイグイと引いてきます!
ヒットしたときはこの力強い引きを楽しむことができ、アオリイカとの一対一の勝負はとてもエキサイティングです。

このアオリイカをエギングで狙うとき、おかっぱり(陸からの釣り)で手軽にできます。

 

そして、なによりその味!
アオリイカの料理は、どれも絶品!

バター焼きなどでその歯ごたえを楽しむのもいいですが、せっかく釣るのです。
新鮮なうちに刺身にして食べるのが私のイチオシ!

いやもう、本当に甘みと歯ごたえがたまりません(^^)

ちなみに釣れる場所は日本海、千葉県から九州の太平洋にかけてと非常に広い生息域を誇り、気軽にどこでも狙えるターゲットと言えます。

 

「ちょこっとアオリイカでも狙って釣りに行くか」

 

っという軽い気持ちで釣りに行けるのも、人気の理由の一つとなっています。

エギングのポイント

エギングでは比較的海面が穏やかで、潮通しの良い場所を狙っていくのがおすすめです。
そして、近くに隠れられそうな海藻や、小魚がいるとなおグッド!

イカが小魚を狙って上がってくるかもしれないので、さらに釣れる確率が増えます。

 

「ここ、イカが潜んでいそうだな・・・ 」

 

と思った場所に投げてみると案外簡単に釣れるかもしれません。
ここでは、特にエギングのおすすめポイント(場所)をご紹介します。

スポンサードリンク

波止・防波堤

エギングの代表的なポイント。
おかっぱりをするには、やっぱり波止・防波堤がおすすめです。

足場もよく、初心者の方でも、安全にエギングを楽しめるのではないでしょうか。
その分、人気が高いので、アングラー(釣り人)、つまりライバルが多いかもしれません。

こういった場所では

 

挨拶をしっかり行う

ほかの人の糸にひっかけない気をつける

他のアングラーとトラブルを起こさない

 

など、マナーにもしっかり気を使う必要があります。

大抵、イカが上がっていたら地面が黒くなっています。
これは、イカが釣れた時スミを吐くので、その跡となります。

つまり!
これこそそこでイカが釣れた証拠なのです。

そういったところを狙って場所取りするのもいいかもしれませんね(^^)

また、ナイトゲームをするなら、電灯の近くで釣ることをお勧めします。
イカは光に集まってくる習性があるので、釣れるチャンスが格段に上がります。

砂浜

波止よりアングラーは少ないため、プレッシャーのあまり掛かっていないイカを狙いやすいのが砂浜です。
ただ、近くにはなかなかいないので、なるべく遠投のできるタックルで狙う必要があります。

また、岩場や海藻などがあり、リールやエギが引っ掛かりやすいのがネックです。
なるべく地面が砂地の場所を狙っていくとこうしたトラブルを未然に防ぐ事が可能です。

砂浜は、潮の満ち引きによって足場が変わってくるので気を付けましょう。
私も経験ありますが、熱中しすぎて気づけば足場が海に・・・

溺れるとかはめったにないですが、ズボンはびしょびしょです(笑)
しかも最後には、波に足を取られてこけちゃいます(^_^;)

磯・岩場

大物を狙うにはやっぱり磯・岩場が一番!!
海流が速く、イカの餌となる小魚や甲殻類多いことから、イカが寄ってきて群がることもあります。

狙いやすいこと間違いなし!
そして小さい獲物を狙って、大物が寄ってきます。

つまり、大物を狙いやすいということです♪

しかし、この場所は難点が一つだけあります(^_^;)
それは・・・

 

足場が悪いこと!!

 

岩場なので滑りやすく、大変危険です。

実際に、私も岩場で釣りをしたことがありますが、ツルツル滑る足場は結構怖かったです(;´Д`)
正直、こけたら大けがしてもおかしくありません。

足場に十分に注意して、釣りをしましょう。
万が一の安全のため、必ずライフジャケットを着て釣りをするように心がけましょう。

スポンサードリンク

エギングのテクニック・仕掛けはこれ

ここからは、エギングのテクニックや仕掛けについて紹介していきます。

ただエギングするだけでも釣れるのですが、ちょっとしたコツやテクニック・仕掛けを知っておくだけでその釣果は大きく変わってきます!
これもしっかりマスターして、是非今後の釣果につなげてくださいね(^^)

二段シャクリ

二段シャクリとは、投げてから地面についてから 1,2としゃくることをいいます。
ちなみにシャクリとは、竿をすばやくあおってエギを大きく動かすことをいいます。

チョンチョンと竿をシャクルことで、エギがピョンピョンと生きているようなアクションを見せてくれます。
それを見たイカが、生きている獲物が跳ねていると思い、近寄ってくるのです。

イカに、まさに生きている餌であるかのようにアピールして食わせます。

私は癖で無駄にチョンチョンと何度もしていますが(笑)2段でリズムよくするとヒットにつながりやすいようです。
臨機応変に誘い方を探ることが重要です。

繰り返していくうちに、水中でエギがどう動いているか想像することができるようになりますよ(^^)

大きいイカを狙うなら、あまり大きなダートを好まずゆったりダートが良いといいます。

ダートとは、ダーティングなどとも呼ばれ、ルアーの動きを大きく崩すアクションのことです。
ダートの素晴らしさは、他のアクションに比べて大きなアピールが出来ることです。

つまり、ターゲットの魚、今回で言えばアオリイカを誘いやすいということです。

フォール

フォールとは、投げた時、着水して底に着くまでの間のことをいいます。
エギを水の中に沈めるまでの時間ですね。

時々、フォールしている途中で、アオリイカの目に止まりヒットすることもあります。
ヒラヒラと落ちているだけでもアピールになりますので、それを狙って寄ってくることもあります。

また、フォール最中にシャクリを入れてもいいアピールになります。
うまい具合に、フォール中もアクションを組み込んでみてくださいね。

ボトムステイ

ボトムステイとは、エギを底に沈めて止めておくということです。

イカの活性が低い時などは、フォール中だけでも追いかけてくるのみとなります。
そんな時は一度沈めておいて、ゆっくり巻いていくことによって、抱いてくることも!!

私の経験上では、だいたい30秒くらい置いてからゆっくり引いていくと、ヒットの確率が上がります。

シェイク

シェイクとは、竿をゆすって振動させることをいいます。
エギを振動させるだけで、微妙なアクションで動きを与える方法もあります。

特に、イカがエギを狙ってきて足元までついてきたときに、一定の距離を保って乗ってこない時などに効果的!
竿を振動させてエギを細かく震わせると、触腕を伸ばしてくることがあります。

好奇心旺盛な小型のイカには、このシェイクが効くことが多いです。
チョンチョンとおちょくっていたら、あっけなく釣れたことも何度もあります(^^)

フォール中に食わせのタイミングを入れる意味でシェイクをさせてみたりと、活用方法は様々です。
いろいろ探りをいれてみると、釣れるチャンスが一気に増えていきますよ。

スポンサードリンク

ティップラン

ティップとは竿の先のことを言います。
アオリイカがヒットしたときに、重みで竿の先がしなることを指しています。

ティップランというと船のイメージが強いですが、最近では岸からティップランをする方法が確立しています。

この方法は、中級者以上の方向けではありますが、コツをつかむことで、なかなか釣れなかったものでも一気に釣りやすくなります。
潮の流れのある場所にエギを流し、一定層で漂わせていると、潮の流れできたイカをつることが可能となります。

バックドリフト

これも先ほどと同様、潮の流れを上手く利用した釣り方です。
満潮からの下げなどで、潮が沖に向かって流れだしているときに、通常では責めることのできないエリアまでにエギを流し釣ることが出来ます。

つまり、潮の流れにまかせて、エギを沖に流すことで、投げても届かないところを攻めれるのです。
これも同じく、初心者には向いていませんが、コツを掴めば、釣果を上げることができると思います。

気長に待つ

アオリイカは賢く、そう簡単に釣ることはできません。
正直、まったく釣れない日も多いです・・・

そんな時は、

 

ただただじっと待ってみる

エギのカラーチェンジをしてみる

場所を移動する

ボーっとする

 

など、いろいろ作戦を練ったり、釣りの雰囲気そのものを満喫するのも楽しみの一つです。

自分の思いついたことをやって、釣果につながったときの喜びはもうたまりません!
この方法でもし連れたなら、あなたはその瞬間、間違いなく釣りにハマるはずですよ( ̄ー ̄)

たっぷり釣って、アオリイカを楽しもう

今回は、エギングでアオリイカを釣るためのテクニックや釣り場所などについて詳しく紹介しました。

アオリイカのシーズンは春・秋といわれています。
ですが、アオリイカは年中釣れる場所も案外たくさんあります。

とはいえ、特におすすめなのはです!
この時期はまだアオリイカも小型で、好奇心旺盛な場合が多い傾向にあります。

小型でも引きは強く楽しめますので、ぜひこの時期を狙って釣りに出かけてみてくださいね(^^)
もちろん、釣ったあとの食事も忘れずに♪

生活雑学関連記事

➡ スペインを漢字一文字で書くと西!?なぜ…由来や読み方を紹介します

➡ 宝くじの確率一覧を計算!隕石に当たる確率より低い?例え話も紹介

➡ 鯉と錦鯉の寿命を紹介!平均寿命・ギネス記録の年齢や大きさも調査!

➡ 北海道にゴキブリはいる?いない?小さいチャバネゴキブリだけとの噂も…

➡ ドバイの宝くじは高確率!購入方法は?車やバイクが当たる!?

➡ ロト6の確率を計算!1等から5等のパーセントと例え!出やすい数字は?

➡ 宝くじの確率一覧を計算!隕石に当たる確率より低い?例え話も紹介

スポンサードリンク