50代独身の方へ、是非終活を始めてみて下さい!

 

人生100年時代とまで言われるようになった今現在。

そういった意味では、50代はちょうど折り返し地点です。

 

また、50代といえば、定年が近づいてくる中で、徐々に身の振り方についても思案を始める時期かと思います。

今回は、50代独身の方へ向けた終活情報をお伝えしていきます。

 

まずは無料見積から!
30秒でお手軽入力
生前整理ならライフリセット

公式サイト⇒https://life-resetafb.seikatu-portal.info/

50代独身の方の終活のやり方

今回は、50代独身の方に向けた終活のやり方です!

 

独り身で人生を謳歌している方も増えている現代。

ですが、人生の終盤・亡くなった後の事を考えると、不安を覚える方もいるようです。

 

その不安を覚え始める年齢が、定年・第二の人生が見え始める50代なのです。

 

終活は、早くやっておけばやっておくだけ、残りの人生に対する安心感も得られますし、不安を解消することも可能です。

 

より良い老後・定年後を歩んでいくために…

早速、50代独身の方がやっていくべき終活のやり方について細かく解説していきます(^^)

 

生前整理から始めよう!

最初にやっておくべきは、やはり生前整理ですね!

50代はまだまだ体力がありますが、これが60代・70代となると一気に体力も落ちてきて、徐々に生前整理を行うのが難しくなってきます。

 

ですから、体力・気力がまだまだ充実している50代のうちに

 

  • 財産整理
  • 家の片付け
  • 不用品の整理
  • 遺品整理
  • 遺言書の作成
  • エンディングノートづくり

 

と言ったことをしっかり済ませておくことが重要です。

特に遺品整理・不用品の整理は、あなたがやっておかないと、金銭的・労働的にも、遺された方たちの大きな負担になってしまいます…

 

一人でやるとかなり大変な作業となりますので、まずは業者などに依頼して、無料見積から初めてみるのがおすすめです(^^)

 

後見人を選んでおく

ドラマなどでよく耳にするこの後見人。

実は、2000年、つまり今から18年以上前に成立した【成年後見人制度】というものからスタートしているんです!

 

その内容とは、

 

 

事を目的とした制度となっています。

この後見人の方には、

 

  • 財産管理
  • 施設への入所契約
  • 介護サービスの利用

 

等に関する代理権(本人に変わって決定権を得るもの)が与えられています。

 

素晴らしい制度ではありますが、当然年をとるに連れ、認知症や体調不良のため、そういった判断や決定が難しくなってしまいます。

そのため、まだ元気なうちに自分で後見人を選んでおく制度【任意後見人】というものを活用し、早めに後見人を選んでおくことがおすすめです(^^)

 

ちなみに、判断能力を失った際の場合には市町村・家庭裁判所の判断や権限で後見人を選ぶことのできる【法定後見人】も存在しています。

 

終の棲家を探し始める

独身の方に常についてくる不安。

それは

 

  • 孤独死
  • 孤立死

 

です。

自由な生活を満喫できる独身生活ですが、こればっかりはやはり不安に思う方も多いです。

 

最期、一人で向かえるのは嫌だ・・・

 

と思う方は、是非施設入所を検討してみて下さい。

施設・・・と言っても、当然ですが、特別養護老人ホーム・老人保健施設のように、介護が必要な方が入所する場所ではありません。

 

元気な方でも入所可能な高齢者マンション・ケアハウスが近年増えています。

特に、高級高齢者向けマンションは、正直私達でも住みたい!!と思うくらいの豪華さです(笑)

 

高級な食事

最高レベルのサービス

充実の施設設備

プライバシーは守られている

 

と、高級ホテルと同じレベルのものです。

実際、今は名の知れたレストランのシェフを招き入れたり、トレーニングジムなどの設備を併設したケアハウスも少なくはありません。

 

いきなり入る必要はないですが、あらかじめ目星をつけておくに越したことはないです。

是非、50代、お金と体力に余裕があるうちから探し始めてみてくださいね(^^)

 

お金の使い方を考える

お金の使い方も、今から考えておきましょう。

実際に老後を迎えた時、

 

 

と嬉しくなり贅沢に使ってしまっては、あっという間に老後資金は尽きてしまいます。

 

  • 年金はいくら入るのか
  • 貯蓄はどれくらいあるか
  • 定年後は仕事をするのか
  • 家賃はどれくらいなのか
  • 食費や光熱費はどうか

 

等、実際に出ていくお金・入ってくるお金を数字化しておけば、将来の計画が立てやすくなります。

 

お金に余裕がなくなってくると、こうした計算は嫌になり、どうしても手に付きません。

仕事もお金も余裕がある今だからこそ、しておくべきなのです。

 

葬儀の流れなどを予め残しておく

気が早いように思えますが、葬儀の流れも決めておきましょう。

流れ・・・とまでは行かなくても、

 

  • 自分のお寺
  • お墓の場所
  • どれくらいの人を呼びたいか
  • 家族葬が良いか

 

等、あらかじめ準備しておけば、遺された方たちの式の準備がスムーズになります。

このあたりは、遺言状に書いておくことをオススメします。

 

また、

 

 

というものもおすすめです。

 

あなたの死後の話になりますが、

 

  • 遺体の引き取り
  • 遺品整理
  • 財産整理

 

といったものを、弁護士や司法書士・行政書士などにあらかじめお願いしておくと本当にスムーズに話が進んでいきます。

 

ターミナルケアについて話をしておく

ターミナルケア、終末期医療とも言いますね。

つまり、あなたが末期の癌などで余命僅かになった時の対応についてです。

 

最期まで治療を続けてほしい

何歳までは治療を続ける

痛みを消す=ホスピス医療をしてほしい

尊厳死を選ぶ

 

等、声に出して意思表示できなくなったときのため、自分が将来そうなったときのことをイメージし、決めておくのが良いです。

 

私の身内でも、これを決めること無く急遽その状態になり、結果延命をしたのですが、あの苦しそうな表情を思い出す度、いまでも

 

延命は正しかったんだろうか?

 

と思い悩んでしまいます。

あなた自身のベストな選択、そして何より残された家族が思い悩まないように、ターミナルケアについては絶対に決めておきましょう!

 

生前整理で悩んでいる方へ

「生前整理・老前整理は自分ひとりでやらなければならない!」

このように考えている方が多いです。

 

しかし、実際には業者の方に頼んでやってもらうほうが遥かに楽で、しかも確実です。

 

ついでに言えば、費用も、労力も遥かに業者の方に頼んだほうが結果として少なくなりますね(^^)

実際、施設のご家族の方で生前整理をした方が、

 

自分でしたけど結局まとめきれず、業者に頼み二度手間になった・・・

 

と嘆いていました(^_^;)

 

特に50代独身の方ともなれば、おそらく長い人生の中で積み重ねた趣味のグッズが山のように家に眠っているはずです。

これらの処分、1人ですると考えると・・・ゾッとしませんか?

 

あるいは、

 

「遺産相続とかどうすればいいの?」

 

と、法律面でわからないことも多々浮き出てきてしまいます…(;・∀・)

 

「やろう!」

 

という気持ちだけでは、生前整理・老前整理って上手くいかないんですよね・・・

 

個人的に遺品整理でオススメしているのは、ライフリセットという会社です。

こちら、格安で遺品整理してくれるのはもちろんなのですが、

 

24時間365日いつでも問い合わせ可能

30秒で生前整理の見積もり依頼が完了

相談費用・出張費無料

 

と、とにかく格安+お手軽な点が嬉しいですね。

しかも、簡単な質問に答えるだけなので、面倒な電話をする必要すらありません。

 

 

依頼内容の生前整理を選び、後は指示に従うだけで、専門家の方の意見に沿った生前整理が可能です。

下の方にある【どれくらいの量があるか】を見てもらえば分かるように、本来生前整理・老前整理は2トン・4トントラックが必要になることもある非常に大掛かりなものです。

 

しかし、若いうちから身の回りを意識して片付けておくことで、このような大掛かりで、時間・労力・費用のすべてがかかる行為を行わずに住みます。

生前整理を行うことは、将来自分にかかってくる大きな手間と負担を軽くする行為でもあるのです。

 

特に、50代独身の方では

 

  • 老後への意識
  • 独身であることへの不安
  • 相談相手が居ない
  • 仕事以外の付き合いがない
  • 明確な体の衰え

 

等、様々な要因により急激な変化が生活に生じていき、毎日の変化についていくのが精一杯で、終活まで手につかないことは多々あります。

 

そのため、結局終活はせず後回し・・・

気がつけば、老後を迎え、完全にタイミングを逃してしまうのです。

 

・・・まあ、この辺は、普段いつかやろうと思っている大掃除が中々出来ないのをイメージしてもらえればすぐに分かるかと(^_^;)

 

ですから、アラフィフ・50代という、老後を控えた世代の方にこそ、今このタイミングで、生前整理・老前整理を始めてほしいのです。

 

 

など、ライフリセットなら一切費用はかからないので、お気軽にまずは見積もり連絡をしてみてください。

上でも書きましたが、

 

「今度やろう」

 

では、人間はまず動きません(笑)

 

少なくとも、このライフリセットなら生前整理の見積もりを頼むだけなら無料となっています。

 

先程言ったように、50代という半世紀の間に溜まりに溜まった荷物を処理していくだけで、下手をしたら老後にとっていたはずのお金が一気に減ってしまうことも…

見積もりだけでもしてもらえば、今後生前整理をしていく上で、どの程度費用がかかるか、又何をしていくべきかと行った方向性も見えてくるものです。

 

是非、今日この記事を見たのも何かの縁と考え、まずは生前整理の第一歩を、無料見積から踏み出してみてくださいね(^^)

 

24時間無料見積OK!
30秒でお手軽入力
生前整理ならライフリセット

公式サイト⇒https://life-resetafb.seikatu-portal.info/

 

50代、人生を振り返るチャンスです!

今回は、50代独身の方向けに、終活のやり方を解説していきました。

 

終活は、今後老後を迎えていく上で必要不可欠な大事な準備です。

 

 

では、絶対に動きません(;・∀・)

しかし、逆に手を付け始めれば終活を通じて人生を振り返り、より良い老後を向かえるための準備にも繋がっていくものです。

 

いきなり全てをやろうとしても、気が重くなるだけです。

まずは簡単なところで

 

不用品の整理

遺品整理の無料見積

 

あたりから初めて、少しづつでも終活をはじめていきましょう!

 

24時間無料見積OK!
30秒でお手軽入力
生前整理ならライフリセット

公式サイト⇒https://life-resetafb.seikatu-portal.info/

終活関連記事はこちら

➡ 老後はつまらないし暇すぎる?やることがないを避けるための対策紹介!

➡ 薄墨での香典の書き方と理由!中袋や裏面の書き方・にじむ等疑問も解説!

➡ お通夜はいつやるの?夜中や早朝に亡くなった場合・友引や赤口・仏滅は?

➡ 40代で始める終活!老前整理・生前整理のやり方や今すべき理由を紹介

➡ お通夜の受付を頼まれた!流れや挨拶・受け答えや服装等の作法も解説!

➡ 老後のお金がかからない趣味10選!定年後の50代・60代でも始めれる!

➡ アラサーから始める生前整理!30代で始めるやり方を紹介!