灯油をこぼしたときの対処

寒ーい冬を乗り切るうえで欠かせない道具と言えば、『ストーブ』とその燃料の『灯油』ですよね。
そんな灯油ですが、家まで運ぶ途中で

「こぼした!」

と言う失敗をしてしまった方、多いと思います。

この灯油、とにかくその臭いがきついですよね(^^;)
しかも、一度ついてしまったらなかなかその臭いが取れないのも悩みの種の一つです。

今回は、場所ごとに違う灯油をこぼしたときの対処法についてお知らせしていきます。

スポンサーリンク

灯油をこぼした!?場所ごとの対処方法とは

灯油をこぼした際、もったいないのもあるのですがやはり一番困ってしまうのは独特のにおいこぼした場所に灯油がしみこんで取れないという事ですよね(^^;)

放っておいても臭いは取れませんし、かといって下手に洗濯機で洗えば他のものにまで臭いが移ってしまうかも・・・
こぼした場所が車の中の場合、灯油のにおいが取れるまで我慢している方も多いのではないでしょうか。

この記事では、そんな灯油をこぼしたときのお悩みを解決すべくこぼした場所ごとに行うべき対処方法を調べています。

  • 車内
  • 家の中
  • 絨毯やカーペット

特によく灯油をこぼしてしまう場所、こぼした後の対処に困ってしまうもの5つを選んできました。
場所や物事に対処が微妙に異なっているので、しっかり確認して焦らず対応してもらえればなと思います。

車の中

まずは、最もこぼす機会の多い車の中です。
灯油を入れた後、運ぶ際にはまず車で移動しますよね。

このとき、

「ふたがしっかり閉まっていなくて思わず・・・」

と言うケースが多いようです。

車の中は基本的に締め切っており、灯油の独特のにおいもこもってしまいます。
経験ある方はわかるかと思いますが、灯油のにおいが充満した車と言うのはなかなかに辛い空間です(^^;)

車内灯油をこぼしてしまった場合、まず最初に行うのが換気です。
とにかく窓を開けて、こもった臭いを全て外に出してしまいましょう。

放っておくとこぼしてない部分にまで灯油のにおいが染みついてしまうからです。

さて、窓を開けたところでいよいよ対策開始です。
まず、車内の取り外し可能なマットやシートににこぼした場合はすぐに外してしまいましょう。

その後、こぼした部分を中心に熱湯でよく洗い、後は天日干で乾かします。
すると、数日もすれば灯油のにおいはきれいさっぱり取れてしまいます。

次に、座席など取り外しの効かない場所にこぼしてしまった場合ですが、その場合は重曹をかけてみてください。
臭いや水分を吸い取る性質のある重曹ですから、こぼした灯油そのものも臭いも両方回収してくれます。

また、車に乗っていない時も紙コップなどに重曹を入れて車内においておけば、嫌な臭いを吸い取ってくれます。

重曹も熱湯で洗うことも家に帰らなければできないことです。
それまでの間にやっておきたいのが、こぼした灯油の応急処置です。

と言っても難しいことではなく

  • 新聞やタオルでこぼした灯油を吸い取っておく
  • 雑巾で水拭きしておく

の2つだけです。
当たり前のことのように思えますが、この対処が早ければ早いほど灯油の浸みこみは少なくなり、臭いも取れやすくなります。

大量にこぼしてしまった場合は、家に帰った後

粉洗剤や重曹を上に振りかける

と言うひと手間をプラスしてください。
粉上のものをまくことで、こぼれてしまった灯油を吸着させるのです。

ちなみに、まいた洗剤や重曹は水分を吸って固まりますので、車内用掃除機や、なければほうきとチリ取りなどでも簡単に回収することが可能です。

スポンサーリンク

外で

車内の次に多いのが、運んでいる途中=外でこぼすことです。
一番最初に思い浮かぶのは、引火の危険性です。

ですが、灯油は40℃以上でなければ引火しないため冬場に引火する恐れはまずありません。
こぼしてしまったからと言ってそれがすぐ火災につながる可能性は低いでしょう。

放っておいても2~3日で気化してしまうそうですが、もし可能ならその場で水を使って流すのがおすすめです。
嫌な匂いもすぐ取れますし、「火事にならないかな・・・」といった不安もなくなります。

他にも、こぼした場所が家の庭などの場合には、土をかぶすのも有効です。
土をかけておくと臭いが外に漏れるのを防ぐため、臭い対策になります。

そのまま3日程おいておけば臭いは完全にとれ、こぼれた灯油も気化してなくなってしまいます。

服についた

灯油をこぼした彼女

衣服に灯油がつく・・・これ、かなり落ち込んでしまいますよね(^^;)
灯油がしみこんでしまうと臭いがなかなか取れず、少しでも早く洗濯したい!!と思ってしまうはず。

ここで大事なのは、他の衣服と一緒に洗濯はしないという事です。
灯油の臭いが一緒に選択してしまったものすべてにくっついてしまうからです。

灯油がついたのは一枚だけなのに、洗濯した結果すべての衣服に被害が拡大してしまっては元も子もありません。

正しい洗濯方法としては

  1. 日陰干しして、衣服についた灯油を気化させる
  2. 灯油がついていた部分を、食器用洗剤などで部分洗いしておく
  3. 灯油がついてしまった服の身を洗濯する

となっています。
こうすれば、他の衣服に被害が拡大することなく、灯油で汚れてしまった服のにおいを取ることができます。

ただし、お気に入りの服などに万が一灯油が散ってしまった場合、この方法よりもすぐにクリーニング店に持っていくことをお勧めします。

衣服の傷みを抑え、かつ臭いも確実に取ってくれるためです。
持ち込んだ際には、どの部分にどの程度灯油が付着したのかしっかり説明しておきましょう。

家の中

ストーブに給油している際など、焦ってこぼしてしまうことが多いんですよね。
家の中でこぼしてしまった場合の対処方法は

  1. 灯油を新聞紙やタオルで吸い取る
  2. こぼれた場所に重曹、あるいは粉洗剤をまいて拭き残した灯油と匂いを吸着させる
  3. しばらく時間を置いたのち、掃除機で2を吸い取る
  4. 雑巾でこぼした場所をしっかり水拭きする
  5. 換気をして拭き残した灯油の気化を早める

大体、こぼした場所以外にも灯油は散っていますので、完全に臭いを取ることはできません。
ですが、こぼした場所を上記の対策にてきれいにしておけば、残った悪臭は2~3日で自然に取れてしまいます。

スポンサーリンク

じゅうたん・カーペット

じゅうたんやカーペットに灯油をこぼしてしまった場合、ふき取りがなかなか大変ですよね。
吸収が早いため、すぐに対処しなければしみになってしまいます。

じゅうたん等にこぼした場合のふき取り手順は以下の通りです。

  1. 新聞紙などでこぼしてしまった灯油をできる限り吸い取る
  2. 中性洗剤をお湯で薄めたものをぞうきんにつけ、こぼした場所をたたき拭き
  3. 重曹や粉せっけんをかけて残った灯油と匂いを吸着させる
  4. しばらくして、灯油を吸い取った3を掃除機ですいとる
  5. 水洗いをする。できない場合は雑巾で水拭きを行う

ここでも、粉状のもので灯油を吸い取らせることが重要です。
特に重曹は、残った灯油はもちろん臭いも一緒に吸い取ってくれるのでかなりおすすめです。

手についた灯油

「こぼすことはないけど、手についた灯油にはいつも困らされる」

こういった方、多いと思います。
確かに、手についた灯油の臭いって石鹸で洗ってもなかなか取れないですもんね(^^;)

手に染みついた灯油のにおいを取る方法は

  • みかんの皮でこする
  • 食用油を手になじませてから石鹸で洗う
  • マヨネーズを手に馴染ませてから石鹸で洗う

の3つが特に有効です。
灯油を使う季節と言えば、まさにみかんを食べる冬!!

みかんの皮を捨てずにいくつか取っておくと、灯油が手についたとき大変重宝してくれます♪

体験者が語るこぼさないための最重要ポイント

いかがだったでしょうか?
今回は、灯油をこぼした際の対処法として、車の中や服、家の中やじゅうたんといったこぼして困る場所の対策についてそれぞれ書いていきました。

最後に、何度となく灯油をこぼした経験のある(笑)私がこぼさないためのアドバイスを・・・

それは、

  • 焦って給油しない
  • ふたを閉めたかしっかり確認する
  • ゆっくり落ち着いて運ぶ

の3つです。
どれも当たり前のことのように思えますが、こぼすときは大抵どれかができていないものです・・・私のように(^^;)

冬の暖を取るうえで灯油はこの上なく便利なものですが、こぼした際に大変な手間がかかってしまうのも事実。

扱いには十分に注意し、今年の冬は「灯油をこぼした・・・」とショックを受けないよう気を付けてくださいね♪

生活役立ち雑学記事

➡ ギザ十の本当の価値、知りたくないですか??

➡ 世界一難しいクイズ・なぞなぞをみんなで楽しもう!

➡ 鍋の焦げ付きの落とし方10の方法を紹介します♪

➡ へそのゴマの正体がついに判明!え、こんなものとは・・・

➡ 昭和64年硬貨…一週間しかなかった年のお金の価値って??

➡ シールのきれいなはがし方を紹介します!!

➡ これだけ!?マジックテープを復活させる方法とは!

スポンサーリンク