bsC785_gakkounowasikitoire

トイレのにおい

ご自宅はもちろん、介護施設等でも、必ず問題の一つとなるのがトイレのにおいではないでしょうか?
特に、高齢者の方は前立腺肥大症などの関係でついつい床におしっこが飛び散ったりなんてことも…

しかし、一番匂いけしで多く使われているトイレの芳香剤は意外とにおいがきつく、苦手な人も多いそうです。
また、最近多くの施設で導入されているユニット型の施設などでは「場の雰囲気を壊してしまう」等あまりいい意見は出ていないとか。

また、芳香剤はあくまでより強いにおいでごまかしているだけなので、匂いの根本的な原因を取りのぞけるわけではありません。

そこで、最近注目されているのが【重曹】です。
重曹はおいておくだけで嫌なにおいを吸い取ってくれる効果があります。

芳香剤のように強いにおいを放つわけではないので、においに敏感な方でも安心して使えますし、コップなどに入れてトイレの隅にそれとなく置いとけば場の雰囲気を壊すこともありません。

また、使い方次第ではにおいの元もきれいに掃除することができる便利なアイテムです。
今回は、そんな重曹の詳しい使い方について紹介していきます。

スポンサーリンク

重曹の効果

まずは、重曹の効果について説明していきます。

吸湿作用

重曹は、余分な湿気を取り除いてくれます。
ですので、部屋の四隅においておけば余分な湿気を吸い取り快適な環境を保つことに役立ちます。

消臭作用

トイレでの重曹の役割において、最も期待されるのはこの消臭作用ではないでしょうか。
重曹は空気中のにおい成分を吸い取ってくれるため、トイレや部屋の中に発生した嫌なにおいをすべて吸収してくれます。

安い

これは効果とは少し違いますが…
一般に売られているトイレ掃除の道具などに比べるとはるかに安価で手に入れることができます。

また、その使い方も千差万別ですので、費用をかけずにきれいにしたいという主婦の方にはぴったりのアイテムと言えます。

重曹の使い方

それでは、肝心の重曹の使い方についてです。
この使い方がうまく分かっていないために、ついつい使用を敬遠してしまう方も少なくないとか。

ここで簡単な使用方法を載せてみますので、ぜひ皆さん試してみてくださいね。

入れ物に入れておいておく

入れ物は何でもいいので、重曹をいれておいておいてください。
とても簡単なのですが、たったこれだけのことでトイレの嫌なにおいがかなり軽減されます。

少しにおいが気になるな、という程度ならこれだけで解決するのではないでしょうか。

また、それだけではにおいが消えないという方の場合には、重曹の中にアロマオイルを数滴たらしておくことをお勧めします。
重曹を入れ物に入れて、その上からアロマオイルを数滴たらします。その後、重曹とアロマオイルが混ざるようにかき混ぜてください。

これだけで、匂い消し+香り付加の万能アイテムの完成です。

ただし、重曹は何年も使えるわけではありません。
当然、消費期限があります。

大体重曹の匂いけしの効果が持続するのは2~3カ月程度だと言われています。
それを越すと、重曹自体から変なにおいが発生してきてしまいますので、そうなったらすぐに新しい重曹に変えることをお勧めします。

また、2週間も重曹を置いていたら部屋の中のにおいが復活した、という経験をお持ちの方もいるのではないでしょうか。
それは、重曹の吸湿効果によるものです

重曹は先に書いたように湿気を吸い取る効果があり、そのせいで空気と触れている表面から固まってしまいます。
すると、においを吸収する効果がうまく発揮されず、次第ににおいが復活してしまうというわけです。

この場合の解決方法は簡単です。
入れ物の中の重曹をかき混ぜてあげるだけで大丈夫です。

ようは、固まった重曹をほぐし、今まで空気に触れていない部分の重曹を空気に触れさせてあげればいいのです。
これを半月に一回ほどしていれば、3カ月は匂いけしの効果を持続してくれます。

スポンサーリンク

汚れとり

重曹を使って、頑固な黄ばみ汚れなども取ることができます。

やり方は簡単で、まずは汚れに重曹を直接振りかけます。
次に、酢をスプレーなどで吹きかけます。

すると、シュワワーと発砲して泡が出てくるのに驚くことでしょう。
重曹と酢が化学反応を起こして発砲→汚れの分解をしてくれるのです。

しばらくしますと発砲も収まりますので、あとは水をかけるだけ。
たったこれだけで、取れなかったはずの頑固な汚れが簡単に落ちてしまうんです。

消臭効果の無くなった重曹を使えば、材料の無駄もなく、家計にも優しいですね

トイレタンク

トイレタンクの中って、掃除しにくいですよね。
ここから嫌なにおいが発生しているであろうことはわかるのですが、だからと言って中をのぞくのもはばかられてしまいます。

ついついほおっておくと、いや~なにおいと汚れがこびりついて取れなくなったなんてことも…

そんな悩みも重曹で解決です。

やり方はやはり簡単。
トイレタンクの中にカップ一杯程度の重曹を入れて一晩放置しておきます。

そして、翌朝になったら水を流す。

はい、これだけです。

これを行うだけで、トイレタンクの中にびっしりたまった黒ずみ汚れと、においをきれいにすることができます。
この方法なら、トイレタンク・トイレ両方のにおいと汚れをきれいにすることができますね。

トイレの備品

匂いは、気づかないうちにトイレの備品にまでしみついてしまっています。
ですので、においを完全になくしたいという方は、重曹を溶かした水に雑巾などを浸し掃除しておくことをお勧めします。

特ににおいが染みついている場所として挙げられるのは

  • トイレの床
  • タオルホルダー
  • ペーパーホルダー

といったところでしょうか。

こういった場所を掃除する際にただの水ではなく、重曹を含ませた水で掃除することで、きれいになるだけでなく、嫌なにおいもふき取ることができるというわけです。

おしゃれに使いこなしましょう

いかがだったでしょうか。
重曹の素晴らしさが少しでも伝わっているなら幸いです。

重曹は、おいているだけで消臭効果があるのですが、ただ紙コップにおいているだけではおしゃれとは言えませんよね。
個人的には、小さな平皿に砂のようにおいておくとおしゃれな感じがしますね

また、透明な容器いれて隅に置いておくと、お客様などに見つかっても芳香剤のように、「ああ、匂いけしか~」といった露骨な印象は与えないと思います。
それどころか、「お、トイレまでインテリアをしっかりと意識しているんだな」なんて好印象を与えることもできるかもしれません。

私たちのセンス次第で、匂いけしを通り越し、トイレの環境をおしゃれにもしてくれる重曹。
是非一度使ってみてくださいね♪

生活雑学関連記事

➡ 油の賞味期限はどれくらい?開封・未開封の両方をチェック!!

➡ 賞味期限と消費期限の違いっていったい何なの??

➡ 牛乳に消費期限と賞味期限の両方があるけどなんでなの??

➡ マジックテープをこんな簡単に復活できるなんて♪

➡ 接着剤の取り方・剥がし方もあわせて勉強!!

➡ べたべたを残さないシールのきれいな剥がし方紹介!

➡ 両面テープのきれいな剥がし方はこれ!!

スポンサーリンク