question-marks-2215_640

楽しい?辛い?

同じ経験をした人であっても、その経験に対して

「楽しかった!」と思う人と

「辛い…」と受け取ってしまう人がいます。

当然、介護の世界でもそれはあります。

今回は、介護の世界でよく言われる【楽しい】と【辛い】について考察してみました。

介護は楽しい

まずは、楽しいという意見から。

以前の記事にも書いたものもあるのですが、新しい意見のいくつか含めていますのでぜひ見てみてください。

意外と給与がいい

これは、地方で特に多い意見です。
新入社員などの場合は、企業であっても介護施設であってそこまで大きく初任給が変わらないそうです。

また、介護施設では早い段階で夜勤の仕事も増えてきます。
そのため、給与が多く感じる若い人もいるとか。

また、介護士に対する給付金などが出るようになったことも給与面での満足が広がった一因として挙げられています。

「この給与なら悪くないかな」

「一人暮らしだし、これだけあればとりあえずは足りるかと思う」

というように、大満足!とまでは言いませんが、現状に不満はないといった意見が多かったです。

意外ときつくない

介護の仕事はよくキツイと言われがちです。

そのため、新入社員の方も

「介護ってきついんだろーなー」

という漠然としたイメージを持って入社してきます。

ですが、実際のところイメージ通りに仕事がきつい施設というのは過去に比べると明らかに減ってきています。

介護士の待遇改善、福祉用具の充実、介護技術の発展など様々な要因がありますが、いずれにせよ介護業界は少しづつ働くことが楽になってきていると感じる人も増えているようです。

介護自体も、仕事を始めたばかり、慣れていない状態ではきつく感じますが、徐々に仕事は覚えていくものです。
この辺は、ほかの仕事と一緒ですね。

  • 先輩に介護技術を教えてもらう
  • 仕事に慣れていく

こういった経験を得ていくことで介護士として成長していき、徐々に仕事が楽しくなっていくようです。

スポンサーリンク

会話が楽しい

介護施設においてほかの業種と異なることの一つに、おしゃべりが業務の一環として認められるという点があります。

もちろん、スタッフ同士の無駄話がというわけではありません。
施設を利用している高齢者の方との会話という意味です。

高齢者の方、特に一人暮らしが長かった方などは他者との会話を大変楽しみにしています。
そういった方との会話は業務の一つとして当然認められるものですし、それにより認知症の方などの不穏状態(落ち着かず、徘徊などをしてしまう状態)が解消されたという事例は少なくありません。

この会話が楽しいという方が増えてきているそうです。

特に若い職員の方などにとっては、

「実際に戦争を体験した方の話を聞くのは新鮮で面白い」

「誰かと話をするのが好きなので、それで喜んでもらったり、落ち着いてもらえるのは嬉しい」

等と感じる方も多いようです。

やはり、話すのが好きな方にとっては、その特技を生かして仕事ができるのは嬉しいことのようです。
この会話自体が仕事として認められるのは介護士の大きな特徴の一つと言えるのではないでしょうか?

人間関係がいい

介護の現場は、連携しての仕事が大変多い職場です。

日常介護する介護士はもちろんですが、ほかにも

  • 介護も補助しつつ、医療面でも頼りとなる看護師
  • 家族や他施設との連携を図る社会福祉士
  • 栄養面を管理してくれる栄養士・管理栄養士
  • ケアプランを作成するケアマネジャー

等など様々な職種が一緒に働いている場所です。

そういった場所では、とにかく人間関係が重要となってくるのは言うまでもありません。

介護施設では、一般的に上にあげたような職種全員でチームを組み一人一人の施設生活をサポートしていきます。

このチームは、一緒の目標に向かって努力していく仲間なのです。

多くの苦労を仲間とともに経験していくことで、関係が深まり、コミュニケーションも弾むようになります。

「一人じゃ辛いけど、みんなで頑張っているからそんなにつらくはないかな」

「一緒に目標目指して頑張っていき、それを達成したときは本当にうれしいです。この仕事をやっていてよかった、と思う瞬間です!」

等の声が聞かれました。
そういった苦楽を共にした仲間とともに働くのは、やはり楽しい仕事を行っていくうえで欠かせない要因のようです。

目標を達成したときは最高

介護施設では、一人一人の生活をサポートしていくためのケアプランというものを立てて、それに沿ってケアを提供していきます。

そこでは、一人一人の利用者の方に沿った目標も立てられ、チーム一丸となって目標達成に臨みます。

例えば、

『3カ月以内に、ミキサー食→刻み食(食事を小さく刻んだもの)に変更する』

『骨折して歩行が不安定になってしまった方に、半年以内に押し車で安全に歩行できるように援助していく』

等です。

こういった目標をたてて、チーム一丸となって協力・連携し目標を達成したときには

「介護って楽しい!」

「自分が誰かの役に立ったと思える」

等の満足感を得ることができるようです。

やはり、仕事に全力で取り組み、それが成功したときに心から楽しい・介護をしていてよかった、と思うようです。

スポンサーリンク

同じ経験でも…

ここまでは、介護は楽しいという意見についてでした。

どちらかというと、若い人の中で介護は楽しい、という意見が多かったように思えます。

私もまだ26歳なのですが、新人さんが

「この仕事、結構楽しいですね」

等と言ってくれると、

「ああ、若い世代でもこの仕事を楽しく思ってくれるんだな」とおじさん臭いことを思いつつも、嬉しく感じました。

それでは、次は同じような経験に対して、

「辛い…」

と思う意見についてもお伝えしたいと思います。
同じような経験ですが、感じ方がここまで違うのか、と驚いてしまうかもしれません。

介護は辛い…

-shared-img-thumb-N112_kaowoooujyosei_TP_V

介護の現場で働く身としては悲しいことですが、いまだに

介護=辛い

というのが世間一般の介護業界に関する意見としては多いように感じます。
では、実際現場ではどのような意見があるのでしょうか。

給与が少ない

やはり、介護職で最も多いマイナスイメージの意見の一つはこの

給与が低い

だと思います。

現場のほうでもこの意見は多く出ていました。
特に、30代以上の方に特に多くこの不満が飛び出していました。

同世代の方が給与が上がっていくのを見聞きする中で、

「自分の給与は20代の時とほとんど変わらない…」

というのが、男性介護士にとってはつらいことに感じるようです。

仕事は給与だけでその価値が決まるものではないのですが、もらっている給与額=仕事の価値と考える方も多く、世間でもそう評価されることがあるのもまた事実です。

また、家庭を持っている職員にとっては、介護士の給与は心もとないようで

「こんな給与では、生活ができない」

「子供の教育費がきつくて…」

といった意見も多いようです。

生活に直結する金銭問題は、やはり介護を辛いと感じる大きな要因の一つとなっているようです。

仕事がきつい

介護の仕事は、肉体的な負担・精神的な負担の両面できついと言われることが多くあります。

肉体面では、

  • ベッドから車いすに乗ってもらう
  • 地面に座っている方を起こす
  • 大柄な男性の方を一人で抱える

などの利用者を抱える等の身体介助が負担が大きいようです。

また、腰痛と要因ともなる中腰での入浴介助等もかなりの負担となっているようです。

精神面では

  • 毎日毎日利用者の方から罵詈雑言を浴びせられるのがつらい
  • 同じことの繰り返しで、自分の仕事に価値を見出せなくなった
  • 介護をいくら頑張っても、出世もなく、給与も変わらない
  • 認知症の方の繰り返しの話にうんざり

などが働く介護士の方の負担となり、介護が辛くなってしまうようです。

スポンサーリンク

会話が辛い

利用者の方との会話が辛いという意見もあります。

「毎日同じ会話に付き合うのは辛い…」

「おしゃべり好きな人の話をずっと聞いているのは苦痛」

「正直会話があまり得意ではないので、いつも利用者の方を怒らせてしまうんです」

等の意見があるようです。

高齢者の方は先ほども書いたように、総じてお話し好きの方が多いです。
ずっと同じような話を聞くことがストレスに感じてしまう介護士の方も多く、会話はつらいと感じる一つの大きな要因となっています。

あまり話すのが得意ではない方にとっては、反対に寡黙であまりしゃべろうとしない利用者方とのコミュニケーションを苦痛に感じています。

「何もしゃべってくれないから怖い」

「いつも『言葉遣いがなってない!』と怒られてしまう…」

等特にあまり好んで会話をしようとはしない男性利用者の方とのコミュニケーションに苦手意識を覚える方も多いようです。

職場の人間関係が辛い

介護の現場は、依然として女性介護士がその職員数の大半を占めています。
男性介護士も増えてはいますが、それでもまだまだ及びません。

そんな女性ばかりの職場環境を苦痛に感じてしまう方も大勢います。

「自分ひとりが男性で、休憩時間などで顔を合わすと何となくいたたまれない空気になってしまう」

「女性職員のおしゃべりについていけず、結果的に一人で過ごす機会が増えてしまう」

こういった悩みを抱える男性介護士もいます。

また、最近増えているユニット型の施設(利用者の方を10人ほどの少人数グループに分けて入居してもらう介護形態)でも、人間関係の問題は発生しています。

「どうしても意見が合わない奴と同じユニットになってしまった。顔を合わすのも嫌なのに、狭いユニットではどうしても一緒に仕事をしなくてはいけないのが辛い」

「いつもねちねちと人の失敗を責める人と同じユニットに…一緒に働きたくないからやめようかと思っています」

ユニットケアは小規模の空間で、利用者の方に家で生活するような環境を提供することを念頭に置いています。

そのアットホームな、悪く言えば狭い空間が、息の合わない人との仕事をより苦痛に思わす原因の一因となっているように思えます。

目標が達成できない

ケアプランでは、利用者のために目標を立てると先ほど説明しました。
ですが、実際の介護の現場ではプランの目標達成が不可能となるケースも多々あります。

原因は様々ですが、やはり一番多いのは利用者の方の状態悪化でしょう。
高齢者の方を対象とした仕事である以上、こうした状態の変化はある程度避けられません。

しかし、生真面目な介護士の方程これを良しとせず、何とか目標を達成しようとひたすらに頑張ってしまいます。

全力で取り組んだにもかかわらず、目標は達成できない・利用者の方の状態が悪くなっていく。
こういった状況に対して、

「私はダメだ」

と自分をふがいなく感じる方もいれば

「どれだけ頑張っても、結局無駄じゃないか…」

と気持ちの糸が切れてしまうような方もいるようです。

楽しいも辛いも同じ出来事

-shared-img-thumb-OHT98_asayakenonakakemuritorakuta-_TP_V

いかがだったでしょうか?

最初から読んでくださった方は気づいたかもしれませんが、ここまで書いてきた楽しい意見も辛い意見もほとんど同じ状況に対しての、違った考え方による意見でした。

もちろん、厳密には同じ状況ではないのですが、それでも今回紹介した意見や状況についてはどこの介護施設でも一度は経験したことあるものばかりだったはずです。

つまり、私たちは同じような介護の現場にて、同じような仕事をしているにもかかわらず、

「介護は楽しい」

という人と

「介護なんて辛い…」

と感じる人とに分かれているのです。

もちろん、感じ方は人それぞれですし、どう感じるかはその方の自由です。
ですが、これだけは覚えておいてください。

【楽しい介護】も【辛い介護】も、感じ方によってはどちらも手に入れることができるのです。

これは、在宅での介護をしている方にも当てはまります。

「あの厳格だった父がこんなになってしまうなんて…」

と辛い気持ちになることもできます。
その一方で、

「父とこうしてゆっくり話をしたりする時が来るようになるなんて嬉しいな」

と楽しく思うことも可能です。
考え方ひとつで、私たちは好きな経験をすることができるのです。

…これを見ているあなたは、どちらの介護を手に入れたいですか?

関連記事

 高齢化問題の問題と対策について!!

➡ 高齢者の大敵、認知症は面白い問題で楽しく予防!!

➡ 介護を担う方に読んでほしい名言とは!?

➡ 高齢者の万引きする心理っていったい何?

➡ いじめられた僕が前向きな仕返し方法を考えた

➡ 深呼吸の驚くべき効果を説明!

➡ 少子高齢化問題の原因や解決策について真剣に考えた

スポンサーリンク