bsAMI88_tewoatatameru

平均体温

一般的に人の平均体温は36℃前後と言われています。
この状態にあるときは、人は健康な状態であると言えます。

風邪などが原因で体温が上がりすぎると、体に異常をきたしている状態です。

また反対に、あまり体温が低くなりすぎると低体温症となり、こちらも体にとって危険な状態となります。

ですが、高齢者の方は平均体温そのものが若い人たちとは異なります。
なんと、高齢者の平均体温は、若い世代よりも1℃近く低いということが統計から明らかになっているのです。

スポンサーリンク

高齢者の平均体温が低い理由

一般的に、高齢者の平均体温は

35℃台

だと言われています。

若い世代が36℃前後の平均体温であることを考えると、1℃近くも違うことになります。

この理由は、年齢に伴う生理機能の低下、筋肉量の減少などが大きな影響を与えていると言われています。

そもそも、体温は風邪などのウイルス感染を除けば、筋肉の収縮や食事によるエネルギー摂取、運動、そして興奮状態になることで上昇します。

ですが、高齢になるにつれて、

  • 筋肉量は低下する
  • 食事量減少
  • 運動量減少
  • 興奮することが少なくなる(刺激が少なくなる)

といった状態になるため、体が体温を上げる要素が年を取るにつれて徐々になくなっていくのです。(興奮することに関しては特に個人差があるので何とも言えませんが…)

特に筋肉は私たちの体全体を覆っており、人体の中でも最も多く熱を発生する役割を果たしてくれている器官の一つです。

この筋肉が、年を取るにつれ個人差はあれど徐々に衰えていくのは、平均体温の低下に大きな影響を与えていると考えて間違いないでしょう。

また、体内の生理機能の低下も大きな要因の一つです。
生理機能の低下により、体内の熱を作る働きも衰えていきその結果体温が上がりにくくなります。

更に、高齢者の方は体温調節機能も衰えてしまうと言われています。

一般的に、人間は寒くなると皮膚に張り巡らされた血管が収縮し、血流そのものが少なくなります。
この働きにより、外の寒い外気に血液が冷やされてしまい体温が低下する事態を防ごうとしているのです。

人間の体は、本当に上手に出来ていますよね。
ですが、高齢者の方の場合は血管が収縮しない場合があるのです。

スポンサーリンク

体温を一定に保とうとする体温調節機能が衰えてしまうため、血管の収縮による体温維持を行うことを忘れてしまうのです。
そのため、寒い空気にさらされてしまう血液が急激に冷え込み、体温が一気に低下してしまいます。

このような事態では、高齢者の方はもともと低い体温がさらに下がってしまう危険性があります。

急激に寒い外気にさらされるなどして体温が35℃以下に下がった状態を【偶発的低体温症】と呼びます。

特に高齢者のこの状態を総称して【老人性低体温症】と呼び冬場には注意を呼び掛けています。

高齢者の低体温に注意!

脱水の記事でも述べましたが、高齢者の方は自分の体調の変化になかなか気づくことができません。

低体温になっていても、「なんだか眠たいな」程度にしか思わず、そのまま眠ってしまい大変な事態に陥ってしまう場合もあります。

一般的に高齢者の方が低体温症になっている時の症状としては

  • 意識もうろう(眠たい)
  • 歩き方がぎこちない
  • 舌が回っていない
  • 顔面蒼白

等があげられます。

冬場にこういった状態になっている高齢者を見かけたら、低体温症を疑うべきかもしれません。
すぐに体温を測り、体を温める、場合によっては病院への受診を行う必要があります。

低体温症の恐ろしいところは、体温の低下が時として心臓発作や肝機能障害といった命や今後の生活に大きく影響を与えるような恐ろしい病気を引き起こす可能性を秘めていることです。

一番大事なのは、やはり予防です。
熱を発生させる力が落ちているなら、道具を使って体温を保てばいいのです。

現代では、そのための手段は実に豊富です。

  • 暖房をつける
  • 厚着をする
  • ひざ掛けを使用する
  • 手袋・マフラーなどを用いて皮膚が外気にさらされる場所を少なくする

等などいくらでも体温を保つための工夫はできるのです。

健康のためにも、しっかりと寒さ対策をしていきましょう。

体温は若いときと異なる

高齢になるにつれ、私たちの平均体温は大きく変動していきます。

ですので、若いときの平熱でばかり考えていたらいざ熱が出た時にも「微熱だし、このくらいなら大丈夫だろう」等といった間違った判断を下してしまうことも…

高齢者の風邪やインフルエンザ、肺炎などは微熱、あるいは無熱性であるケースも存在します。

ですので、微熱だし、などと油断せず、少しでも熱がある場合には医療機関の受診を行うように心がけてください。

高齢者の方にとって、小さな体調の変化に気づき、早期に治療するか否かは健康にそれだけ大きな影響を及ぼすのです。

いつまでも若いままでいたいという気持ちは素晴らしいとは思いますが、人は年を取っていくのもまた自然の摂理です。
ですので、平熱の変化など、自分の体調の変化はしっかりと把握しておきましょう。

関連記事

 高齢化問題の問題と対策について!!

➡ 高齢者の大敵、認知症は面白い問題で楽しく予防!!

➡ 介護を担う方に読んでほしい名言とは!?

➡ 高齢者の万引きする心理っていったい何?

➡ いじめられた僕が前向きな仕返し方法を考えた

➡ 深呼吸の驚くべき効果を説明!

➡ 少子高齢化問題の原因や解決策について真剣に考えた

スポンサーリンク