ししゃもの偽物がいる・・・こんな話、信じられますか?

スポンサーリンク

実は、私たちが普段から食べているししゃもは、偽物である場合がほとんどです。

普段から食卓に並ぶことも多く、学校給食などでも定番となっているこの魚。
ですが実際は、偽物だというのです。

ししゃもの偽物とされているカペリンの情報や、その見分け方などを突き止めてきました。

ししゃもの偽物がいる!?

それでは、早速紹介していきます。
今回はなんと!!!あの主婦の味方、日本人の朝食を支えてくれているおかずの一つ、ししゃもの偽物に関する情報です!

私も大好きで、2匹もいれば御飯一杯は食べれてしまいます。
ですが、信じられないことに、あの美味しい魚がなんと偽物だという情報が飛び交っているのです・・・

しかもこの情報、調べてみたところ、本当の話だったんです。
いったい何故、このような偽物が当たり前のようにししゃもとして売られるようになってしまったのでしょうか。

今回は、そんなししゃもの偽物について詳しく解説していきます!

偽物じゃなくて『カペリン』

ここから、偽物に関するすべての真実を紹介していこうと思います。
とはいえ、当然ですがこの偽ししゃもにもちゃんとした名前が存在しています。

まずは、その名前からお伝えしていきます。
偽ししゃも、その正式名称は・・・

  • カラフトシシャモ
  • カペリン

というものです。
カラフト『シシャモ』と名前に書いてあるので、シシャモの一種かと思ってしまいますが、実際には全く別の種類の魚になります。

例えば、マグロを例にとりますと

  • キハダマグロ
  • カジキマグロ

と言った具合に、種類こそ違えど同じマグロなら何も問題はないでしょう。
ですが、そもそもししゃもとして販売していること自体、納得しきれない部分がありますよね(^^;)

とはいえ、食品関係の法律上、原材料名に「カラフトシシャモ」と明記してあれば、商品目はししゃもとして販売しても何も問題はないそうです。

・・・法律的によくても、消費者としては少し悲しい気持ちではありますが(;_:)

スポンサーリンク

違いと見分け方

さて、ししゃもとカペリンですが、見分け方が存在します。
確かに姿かたちは似ていますが、やはり別の魚、微妙に違いはあります。

その違いさえ覚えておけば、見間違える心配はなくなります。
では、その違いと見分け方を解説します。

まずは、ししゃもの特徴についてです。
特に中高年の方は毎日のように食べていたので、知っている方も多いかと思います。

  • 目・口・うろこの全てが小さい
  • 体がシュッとしまっている
  • 値段が高い

これがししゃもの特徴です。
では、カペリンはと言いますと

  • 全体的に丸みのあるフォルム
  • 目やうろこ・口が大きい
  • お手頃価格で売られている

このような特徴を持っています。
ですので、見分けるポイントとしては、

  • 体つきがほっそりしているもの
  • うろこや目が体に比較して小さいもの

を選んで行けば間違いはないです。

ただし、生き物である以上個体差もあるため、見かけだけでは100%判別することは不可能です。
そこで、絶対に間違えない二つの見分け方を紹介します。

それは・・・

  • 値段
  • 原材料の確認

です。
現在、ししゃもは正直高額です。

朝食のおかずの定番として毎日のように食べていた印象が残っている方たちにとって、信じられないかもしれません。
ですが、朝ごはんの定番魚も、今や高級魚と言っても過言ではないのです。

「値段が高くて、ちょっと手が出しずらい・・・」

こう感じてしまったら、それはししゃもという事です。

そして、原材料名。
そこにカラフトシシャモ・カペリンの表記がなければ間違いなくししゃもです。

この2点を忘れずに確認さえしておけば、あなたは確実にししゃもを購入することができるのです(^^)

何故ししゃもからカペリンに変わったのか

気になるのは、何故ししゃもがカペリンに変わってしまったのかということです。
当然ですが、昔はカペリンと言う魚は日本で食べられることはまずありませんでした。

にもかかわらず、気づけばししゃもが食卓から消え、カペリンが並ぶのが当たり前になってしまったのです。
いったい何故でしょうか?

実はこれには、理由があるんです。

そもそも、当たり前のように食べられていた時代からずっと、ししゃもは乱獲され続けていました。
しかし、その過剰な量の捕獲が祟り、段々とししゃもは数を減らしていきました。

結果、年々その数を減らし、今では漁獲量を考えないと絶滅してしまうのではないかと言うところまで来てしまったのです。

そのため、現在は漁師さんがこれ以上数を減らさないためにと定量制の漁にしたのです。
結果、シシャモの減少は食い止められ、現在でもその形での漁が続いているというわけです。

現在では、北海道に行かない限りまず国産のししゃもを食べることはまずできません。
実はこの魚、北海道の太平洋沿岸部にのみ生息する日本固有の魚なんです。

海外では見られない、珍しい魚なんですよ(^^)
また、国産のものは目が飛び出るほどの高値で売られています。

食卓の定番だったこの魚を、めったに食べられない高級魚にしてしまったのは、他ならぬ私たち人間だったのです・・・

なんだか、悲しい話ですね。

その代用として入ってきたのが、先ほどより紹介しているカラフトシシャモ、別名カペリンと言うわけです。
この魚、なんと世界中の魚類の中で4番目に多い漁獲量を誇っています。

その数、驚きの196万トン!!
多過ぎて、もはやイメージできないですね(^^;)

ちなみに、ししゃもの漁獲量は年間で1300トン。
この量の違いを見れば、いかにししゃもが希少価値の高い魚かと言うのがご理解いただけるかと思います。

輸入元は

  • ノルウェー
  • アイスランド
  • カナダ

と言った北欧の国、寒い国が中心となっています。
海外で捕られた魚が、遠く離れた日本で食卓に並んでいるというわけです。

しかし、ここまで大量に毎年食べられていたら、今度はカペリンが数が減少してしまうのではないかと少し心配になってしまいます(^^;)

スポンサーリンク

肝心の味は・・・比べてみた

さて、ししゃもの偽物とまで言われているカペリンですが、味の方はどうなっているのでしょうか?
極端な話、味が全く同じならば私たち消費者はより安いほうを食べてもいいというわけです。

先日、偶然北海道フェアにて本物のししゃもと出会う機会がありましたので、二つの味を比べてみることにしました。

結果は・・・歴然でした!!

味が全く違うんです。

これまでも、カペリンはそれなりに味もあるし、ご飯のお供としては最適と思っていました。
ですが、いざ食べ比べてみると味が薄いんです。

というより、本物の国産ししゃもの味がとっても濃いんです!!

  • 身は引き締まっていて濃厚
  • 卵もぷりぷり
  • 味は甘みがある

と、本当においしく、それこそサイズは小さいですがタイなどの高級魚に一歩も引けを取らない美味しさを感じました。
これなら、値段が上がり高級魚になっても買う人がいて当然です。

ちなみに、国産ししゃもはなんとオスがおいしいのです!
通常、卵が入っているメスのシシャモの方がおいしいとされ、皆さんに愛されています。

実際、あなたも卵が入っていないオスのししゃもを食べた後では、

「ハズレか・・・」

という気分になるのではないでしょうか。

ですが、本ししゃもは違いました。

メスもほのかな甘みの付いた卵がぷりぷりで、とってもおいしかったです。
ですが、それ以上にオスが凄いです!!

出産がないためか、メスなら卵に行く栄養がすべてその身に言ったかのような濃厚なうまみ!
その身はしっかりと引き締まっていて、食べ応え抜群です。

御飯のお供にもったいないほどの、本当においしい魚でした。
おかずというよりも、料亭の魚料理で出てきてもおかしくない程の、上品且つうまみあふれる味でした(^^)

堂々とカペリンで売ってほしい…

いかがだったでしょうか?
今回は、ししゃもの偽物がいる!?ということで偽物と称されているカラフトシシャモ、別名カペリンについてその見分け方や味の違いについて詳しく見ていきました。

ここでひとつ言いたいのが、偽物と言われてはいますが、決してカペリンはまずい魚ではないという事です。

種類こそ違えど、ししゃもとはまた違うあっさりとした淡白な味は、他のおかずの味を邪魔しないと言う意味でもとっても好感が持てます。

それに、カペリンが御飯に合う味なのは、口にしているあなたが一番よく知っているはずです。
そう、偽物か本物かなど関係なく、とっても美味しい魚なのです!!

にもかかわらず、なぜか日本ではカペリンでもカラフトシシャモでもなく、『ししゃも』として売られています。
私は、ししゃもにとっても、カペリンにとってもこれは失礼なことだと思います。

もはやこの二つの魚は、全くの別物と言っていいほど味の違いがあります。
そもそも、種類も違いますしね。

法律上は何の問題もないのかもしれません。
それでも私は、このカペリンを『カペリン』いう商品名で販売してほしいと思います。

もっともっと、この魚の良さが色々な人に伝わりますように・・・

おもしろ豆知識関連記事

➡ ドラゴンフルーツの味はしないって本当!?調べてみた

➡ ドリアンの味がやばすぎる!?どんな味と臭いか例えてみた

➡ なすの種が黒い!?しかも実が茶色い!これ、食べれるの?

➡ ゴーヤの種が赤い!?しかも甘くて美味しい・・・ほんとなの?

➡ くさやの臭いは凄い!たとえるとどんなにおい?

➡ 食べ物雑学クイズ問題!おもしろ知識でも盛り上がれ!!

➡ トリュフの味ってどんな味!?確かめてみた!!

スポンサーリンク