脂肪腫の原因、知っていますか?

スポンサーリンク

脂肪腫は、名前の通り脂肪組織で出来た腫瘍です。
ぶよぶよと柔らかいのが特徴で、皮膚の下に出来るできものとしては2番目に多いといわれています。

つまり、かなりの確率で私たちの体にはこの脂肪腫ができるという事です。
そんな脂肪腫ですが、そもそもなぜできるのでしょうか?

今回は、脂肪腫が私たちの体に出来てしまう原因について調べてみました。

脂肪腫ができる原因?

それでは、早速紹介していきます。
今回は、脂肪腫ができる原因についてです!

脂肪で出来ているとはいえ、脂肪腫は腫瘍の一種です。
何故、このようなものが出来てしまうのでしょうか。

そこには、現代人ならではの様々な原因が隠されていました。
一つずつ順を追って紹介していきます。

そもそも脂肪腫って何

原因について見ていく前に、まずは脂肪腫がどういったものなのかについて簡単に説明しておきます。

そもそも脂肪腫とは、脂肪が固まることによってできる腫瘍の一種です。
良性、つまり体に害のないものであり、放っておいても基本的に問題はありません。

また、体中のいたるところに現れるとされており、

  • 背中
  • 肩の周り
  • おしりの周り
  • ふともも

が頻発部位と言われています。
基本的には40~50代になってから発生するもので、単発性、つまり出来ても一つなのが通常です。

しかし例外もあって、同じ人に多量の脂肪腫が発生している事例も報告されています。

形は円形・あるいは楕円形をしています。
大きさは数ミリ~数センチ程度がほとんどですが、人によっては10センチを超えようかと言う程の大きなものができることもあります。

身体中のいたるところに出来る可能性があるこの脂肪腫は、通常痛みはありません。
ですが、神経を圧迫するような場所に発生してしまった場合には

ピリピリとした痛み=神経を圧迫している痛み

を感じることがあります。
このような場合には、早急な除去が必要と言えます。

治療は主に

  • 経過観察
  • 吸引による除去
  • 外科的手術による切除

の3つの方法がとられます。
患者の要望や脂肪腫の発生部位・大きさによってその方にとってのベストな治療方法が選択されているのです。

ちなみに、かかる病院は皮膚科がベストです!

腫瘍の一種とは言え、基本的に皮膚表面に出てくるできものです。
皮膚科の先生が最も専門家と言えるでしょう。

これが、簡単ではありますが脂肪腫の概要です。
さて、どういったものか分かったところで、いよいよ脂肪腫は何故発生するのか、その要因について見ていくことにします。

スポンサーリンク

原因① 脂肪細胞の異常増殖

最初にお伝えしたい事、それは・・・何が原因で脂肪腫が発生するのか、いまだに分かっていないという事です(笑)

「分からないの!?」

いきなりですいません(^^;)
ですが、実際のところ脂肪腫が何故発生するのかは、現代医学をもってしてもいまだ完全には解明されておりません。

ただし、脂肪腫は結局のところ脂肪の塊です。
そこから考えられている原因が、脂肪細胞の異常増殖です。

異常、つまり本来起こらないことが起こった結果発生してしまうのが、この脂肪腫なのです。

人体にほぼ害はなく、何故発生するかも解明されていないこの症状・・・
人間の体は、まだまだ不思議で満ちているようです。

原因② 染色体異常

脂肪腫が発生した人の約8割が、染色体に何らかの異常が起きていたことが報告されています。

染色体は、私たちの体を構成しているDNAであり、私たち自身の根幹ともいえる非常に大事なものです。
その染色体に異常をきたしているのですから、当然体に何か異変が起こってしまいます。

その異変の一つが、今回紹介している脂肪腫だというわけです。
この染色体の異常によって、皮膚の下で脂肪を増やそうと私たちの体はなぞの行動を行ってしまいます・・・

結果として、体中の細胞がそれに反応、脂肪腫を作り上げてしまうのです。

原因③ アルコールの取りすぎ

私たちの体のいたるところに発生するこの脂肪腫。
実は、アルコールもその原因の一つと言われています。

と言っても、通常の飲酒なら何も問題はありません。
問題は、アルコールの大量摂取です。

多量に体内に入ったアルコールこそが、脂肪腫を作っている原因の一つとする研究データがあるのです。

  • 週に数日、休肝日を作る
  • 飲む量を減らす
  • ノンアルコールに変えてみる

等、自分でできる減酒対策を始めてみてはいかがでしょうか。

脂肪腫ができるリスク、そしてこれまでお酒に使っていた出費。
いらないものを一気に減らすことのできるチャンスです!!

スポンサーリンク

原因④ ストレス

脂肪腫ができやすい要因の一つと言われているのが、ストレスです。
ストレスをためている方は、他の人と比べても脂肪腫が発生しやすいといわれています。

確かに、ストレスが体に及ぼす影響はかなり大きいものです。
当サイトでもストレスの恐ろしさはいくつか紹介してきましたが、どの記事でも圧倒的なストレスの破壊力に驚かされたものです。

➡ ストレスと鼻血に関係が!?大人の鼻血の原因って?

➡ ストレスで咳が止まらない!?症状と原因・対応策は?

ストレスを貯め過ぎず、毎日を楽しく過ごす。
これこそが、結果として脂肪腫をはじめとした体調不良や体の異常を防ぐための最善の薬と言えそうです。

原因⑤ 食生活

脂肪腫は生活習慣が乱れることで出来やすくなるとも報告されています。
まあこの辺は脂肪腫、と言うよりほかの病気全般に言えることですが・・・

やっぱり、体の体調を整えるうえで最も重要なのが、この生活習慣の乱れをなくすことなのかもしれませんね(^^;)

  • カップラーメンばかりの食事
  • 1日1~2食のみ
  • 炭水化物のみの食事

等々、食生活が乱れている点に思い当たるフシがある方も多いのではないでしょうか。
特に若い世代の方は、今は大丈夫でも数十年後、歳を取った際に大きな脂肪腫が体のどこかに現れるようになるかもしれません・・・

今から良い食事をとって、しっかり健康には気を付けてみてくださいね(^^)

原因⑥ ステロイド剤

全身に発生する脂肪腫の原因の一つに、ステロイド剤があるといわれています。
皆さんご存知のように、ステロイドは薬効も高いですが、その副作用も非常に大きいものです。

脂肪腫の発生も、数ある副作用の一つと言えるでしょう。

「けがを早く治せるから・・・」

と安易に使いすぎないことが必要です。
もし今現在ステロイド剤を使っている方は、体に何か異常があればすぐに病院へ駆け込みましょう。

また、脂肪腫が発生した方で、もしステロイド剤を使っている方は、その旨を必ずお医者さんにお伝えすることも忘れずに(^^)

  • 容量用法を守る
  • 医師と相談した活用する
  • 何か体に異変があればすぐに使用を中止する

これらを守り、体に優しい使い方をしてくださいね。

原因⑦ 代謝が低い

脂肪腫の発生原因の一つに数えられているのが、代謝の悪さです。

実は、代謝が悪い方の場合、部分的に脂肪が貯まってしまい、そこに脂肪腫が発生するといった事態が起こるようです。

女性の場合、冷え性の方は特に代謝が下がりやすく、脂肪腫発生や肥満の原因になってしまうことも少なくありません。
これを防ぐためには、適度な運動が一番です。

  • ウォーキング
  • ジョギング
  • 水泳

何でもいいです。
自分が楽しいと思える運動で、毎日体を動かしてみてくださいね。

ちなみに、高齢者の方の場合であっても、代謝は向上します。
毎日の適度な負荷の運動は

  • 代謝の向上
  • 体力増加
  • 認知症予防

と、あらゆる点でメリットがありますのでぜひ続けてみてください。

スポンサーリンク

原因⑧ 遺伝

脂肪腫の原因がすべて解明されたわけではないと最初に書きました。
実はその理由の一つとして、脂肪腫が遺伝的要因によって発生する可能性が高いものと言われていることがあげられます。

例え上で書いたような点を全て注意していたとしても、残念ながら体質によっては脂肪腫は体に出てきてしまいます。

親兄弟や親せきに脂肪腫ができたことのある方がいる場合、あなた自身もほかの方に比べて発生する確率は高いです。

これは、生活習慣などに問題があるのではなく、あくまで遺伝的体質によるものです。
ですので、あなた自身は何も悪くないので、くれぐれも自分自身を責めることのないようお願いします。

逆に言えば、自分が脂肪腫ができる可能性が高いと早い段階で予見できますし、身内に対処方法を聞くこともできます。

迅速な対応で、素早く問題を片付けてしまいましょう(^^)

原因⑨ 怪我

最後は怪我です。

「怪我って関係あるの?」

と思うかもしれませんが、実はあるんです。
外傷を負った事により、その刺激で脂肪腫が発生すると言った症例が報告されています。

とは言え、毎日怪我をしないためにおびえて過ごすのもおかしな話です(^^;)
あくまで

「こういったことが原因で脂肪腫ができることもあるんだな・・・」

程度に、頭の片隅にでも置いておいてもらえれば幸いです。

健康的な生活で脂肪腫を予防しよう!

いかがだったでしょうか。
今回は、脂肪腫ができる原因は?という事で、発生要因となりうる9つの原因について見ていきました。

ここで一つ言っておきたいのは、肥満と脂肪腫との関連性はないという事です。
病名からして、肥満の人にできやすいものと考えられがちですが、そういったことは一切ありません。

ただし、肥満になる=脂肪細胞の一つ一つが大きくなるという事です。
そのため、脂肪細胞の塊である脂肪腫は痩せ型の人よりも目立つことになってしまいます。

おそらく、

  1. 痩せていた人が太る
  2. 今まで小さかった脂肪腫も大きくなる
  3. 自他ともに脂肪腫の存在に気づく
  4. 肥満のせいで脂肪腫ができた

と思うようになったのでしょうね。
肥満は発生原因にはなりませんので、その点はご安心ください(*’▽’)

ただし、上で紹介したように、肥満を招くような生活習慣そのものは脂肪腫を生み出す要因の一つです。
これを防ぐには、

  • 規則正しい生活
  • 充分な睡眠
  • 栄養バランスのとれた生活
  • 適度な運動

これらを行うのが一番です!
健康的な生活を送って、脂肪腫も予防しちゃいましょう♪

体の不調関連記事

➡ 骨にひびが入ったときの対処方法はどうすれば??

➡ 肺炎の初期症状について!高齢者に頻発の無熱性肺炎って?

➡ 唇の皮がむけると痛い・・・原因と治し方紹介!

➡ 舌が割れる原因は!?痛い?それとも痛くない?

➡ 手の甲に赤い斑点が!?原因や症状はこれだ!

➡ 間質性肺炎の余命は一体どれ位なの?

➡ 肺に水がたまる8つの原因とは!?高齢者は要注意な訳って?

スポンサーリンク