白湯を寝る前に飲む効果、知っていますか?

スポンサーリンク

健康効果やダイエット効果などにより近年大注目の白湯。

私自身、単純にほんのり甘いこの味が大好きなので飲んでいます。
また、最近では職場などで飲んでいるという方もよく目にします。

そんな注目の飲み物白湯を飲む時間帯でおすすめなのが、夜、それも寝る前です。
いったい何故、寝る前に白湯を飲むといいのでしょうか。

詳しく見ていきます。

寝る前に白湯を飲むと得られる効果7つ

それでは、早速紹介していきます。
今回は寝る前に白湯を飲むことで得られる7つの効果についてお伝えしていきます。

いつ飲んでも体にいい白湯ですが

「夜がぐっすり寝られない」

「胃もたれで寝れそうにない」

「眠りが浅くて困っている」

等の悩みを抱えている方は、是非今日から寝る前に1杯の白湯を飲む事をお勧めします。
たった1杯ですが、あなたの睡眠事情を劇的に改善してくれること間違いなし!

まさに魔法の飲み物である白湯の効果、お伝えしていきます。

ぐっすり眠れる

寝る前に白湯を飲むことで、毎晩ぐっすり眠れるようになります。

温かい白湯をゆっくり時間をかけて飲むことで、内臓もじんわりポカポカと温まってきます。
内臓が温まり新陳代謝が良くなると、私たちは夜快眠することができるようになるんです。

これは、特に寒い冬などに効果的な安眠方法です。

また、冷え性で万年熟睡できない方、布団に入っても寒くて寝付けないという悩みを抱えている方にも大変効果的な手法です。

寝る前に1杯飲み物を飲むだけの簡単な方法です。
熟睡したい方、是非一度お試しください。

便秘解消

白湯は内臓をあたためることでその機能を活発にする効果があります。
そのため、寝る前に飲むことで内臓がしっかりと働いてくれるようになります。

すると、お通じがとっても良くなるんです。
実際、白湯を飲んで便秘が解消したというのはよく聞く話です。

夜寝る前飲むことで、お腹の中にたまっている便に適度な水分が含まれます。
これにより、便がスムーズに排出しやすくなります。

便秘の方、特に女性で便秘で悩んでいる方の多くは、便の水分量不足が原因となっているんです。
白湯を飲むことでこの問題も一挙解決!

便秘で悩む方も意外と多いはず・・・
前日の夜からしっかり対処を行い、朝からお腹をすっきりさせちゃいましょう。

リラックス出来る

安眠を妨げる要素って何かご存知ですか?
それは、

  • 緊張
  • 興奮

です。

脳が活発に活動し、神経が高ぶっているこの状態ではどう頑張っても寝付きは悪く、仮に眠れたとしても眠りは浅く、すぐに目を覚ましてしまうのです。

そんな状態を解消してくれるのは、寝る前に飲む白湯です。
白湯には、神経をリラックスさせる効果も含まれています。

テレビを消し、部屋の明かりを落とし、静かで落ち着いた空間を作ってください。
その中で、体の力を抜いて白湯のほのかな甘みを堪能する。

すると、穏やかな環境と白湯のリラックス効果によって安眠することができるようになるというわけです。

新陳代謝がよくなる

最初に書きましたように、白湯を飲むことで新陳代謝がよくなります。

「寝る前に代謝がよくなっても意味がないような・・・」

と思う方もいるかと思います。
ですが、これが案外健康を保つ上でとっても大事なことなんです。

白湯で代謝が上がる仕組みは、そもそも内臓の働きがよくなった結果です。

代謝をよくすることで体全体に血液が行き渡るようになり、眠りが深くなるだけでなく筋肉の疲労も取れやすくなるというおまけ付きです。

ぐっすり睡眠で、体の疲れもしっかり取ってしまいましょう♪

スポンサーリンク

胃もたれで眠れない時に効果的

食べ過ぎによる胃もたれでぐっすり眠れない、何て経験ありませんか?

こんな時にもやっぱり白湯がおすすめです。
内臓の働きを活発にしてくれる白湯は、当然胃の中にある食べ物の消化も早めてくれるんです。

下手な飲み物で胃を落ち着けようとしても、消化のため余計な負担をかけてしまい逆効果となる恐れも。
その点、白湯なら消化する必要がないため胃腸への負担は一切ありません。

温かい白湯を用意し、ゆっくり飲んでみてください。
最初は、胃の中に入れるのも少し辛いですが、焦らず時間をかけて飲んでみてください。

コップ1杯を飲み終え、30分もたたないうちに

「あれ、なんとなくお腹が楽だな」

と自身の変化に気づくはずです。

食べ過ぎや胃もたれなんてないのが一番ですが、もしなってしまった時は1杯の白湯!!
どうぞお忘れなく♪

冬でも寒くない

冬に布団に入ると

「冷たっ!!」

と思わず叫んでしまう程寒いんですよね(^^;)

これは、布団が冷えていることももちろんですが、寝る前になって自分自身の代謝も下がってしまっているのも原因の一つなんです。

布団の冷たさ+自身の体温の低下

こんなダブルパンチが襲ってきては、たとえ誰であっても寒く感じてしまうのは当然。
布団はしばらく入っていれば温まりますが、一度冷えた体はじっとしているだけではなかなか温まりはしません。

しかし、白湯を飲むことで内側から体を温めることは可能です。
内臓から体をポカポカにして、冬でも温かく快適な環境で眠りましょう。

スポンサーリンク

寝る前に水分が取れる

コップ1杯の水を飲み干すと、コップの大きさにもよりますが、だいたい200ミリリットルの水分が体内に入ることになります。

これ、実はかなり重要なことなんです!

寝る前に水分を取ることで得られる健康効果はたくさんあります。

  • 寝付きがよくなる
  • 代謝がよくなる
  • 睡眠中の脳梗塞などの病気の予防
  • 寝ている間にも汗をかくため、水分補給は不可欠
  • 血液が体内を循環しやすくなる
  • 体にたまった疲労が取れやすくなる

等々、数多く叫ばれています。
また、睡眠時に脱水になるとのどの渇きから目を覚ましてしまう人も少なくありません。

熟睡したい方にとって、寝る前の白湯は必須アイテムと言えるのです。

飲み過ぎには要注意!

ここまで、寝る前に白湯を飲むことのメリットを語ってきましたが、一つ忠告を。
それは、

寝る前に白湯をたくさん飲んではいけない!!

ということです。
出来るなら、1杯でとどめておくべきでしょう。

というのも、飲みすぎると白湯の性質上頻尿になりやすくなります。
すると、夜間何度も起きることになってしまい、快眠どころではなくなります。

また、白湯で便秘が改善できると書きましたが、飲みすぎると今度はお腹が緩くなってしまいます。
下痢をした状態で熟睡・・・どう考えても無理と言うものです(^^;)

何事も【過ぎたるは猶及ばざるが如し】というものです。
飲み過ぎにはくれぐれもご注意を。

先ほど書いたように飲む量の目安は、夜寝る前にコップ1杯です!
ちなみに1日の目安は800ミリリットル、数時間おきにコップ1杯飲むのが理想です。

白湯で快眠を手に入れよう!

いかがだったでしょうか?
今回は、白湯を寝る前に飲むことで得られる7つの効果について紹介させてもらいました。

見ていただいた通り、白湯は夜の安眠をサポートしてくれる素晴らしい飲み物です。
また、健康面で考えても毎日夜飲むべき飲み物だといえます。

言ってしまえば、たかが1杯のお湯です。
しかし、そのお湯に信じられないほどのパワーが秘められているのもまた事実と言うものです。

「お湯なんかでぐっすり眠れるわけがない!」

こう思っている方、まずは一度試してみてください。
正式な白湯を作るのが面倒なら、初めはポットで温めたお湯をカップに注ぎ、冷ましてから飲めばいいです。

そんなひと手間で快眠も、健康も、おまけにダイエットや便秘改善まで叶う。
しかも、お金はほとんどかかっていません!

これなら、一度騙されたと思って試してみるくらいの価値はあるかと思います。

ちなみにですが・・・
私は寝る前の白湯のおかげで、毎日ぐっすり眠れて、しかも冬でも暖かい毎日を過ごせています。

あなたも、是非白湯で最高の睡眠を手に入れてくださいね(^^)

体の健康関連記事

➡ 白湯の作り方とその効果をどこよりも詳しく解説!

➡ 白湯、実は読み方「さゆ」だけではないんです!!

➡ 水や白湯の飲み過ぎで引きおこる恐ろしい症状とは!?

➡ 白湯の温度の目安、考えて飲むと効果倍増!?

➡ 深呼吸の効果が凄い!!簡単に健康になれる!?

➡ 食べたらすぐ下痢と腹痛に襲われる原因は!?

➡ 食べ過ぎでしまった時の対処法はこれ!

スポンサーリンク