おみくじは結ぶ?持ち帰る?

おみくじは結ぶのが正解なのでしょうか。

皆さんもお正月になると、神社仏閣にておみくじを引いたことがあるかと思います。

やった、大吉!!

うわっ、小吉。

俺、凶ひいちゃった・・・

何て声も聞こえてくるように、元旦ともなれば本当に数多くの方がおみくじを引き、今年一年の運勢を占っています。
ところでこのおみくじ、皆さんは結果を見た後どうしていますか?

  • 結ぶ場所があるので、そこに結ぶ
  • 大吉の記念に持って帰る
  • 気に入らなかったのですぐ捨てて引き直した

色々な意見がありますよね。
ですが実際、どのように対処するのが正しいのでしょうか。

そこで今回は、おみくじは結ぶ、それとも持って帰る?と題して、おみくじの処分についてお伝えしていきます。
大吉のおみくじは、果たしてどのように扱うのが正しいのでしょうか?

スポンサーリンク

おみくじの処分について

それでは、さっそく本題に入ります。
今回皆さんにお伝えしたいのは、おみくじは結ぶのか、それとも持って帰るのかと言う問題の解決策とおみくじの処分の方法です。

結ぶ場所があるのでついつい結ぶ方も多いとは思いますが、一方で持って帰っている方も意外と多く見られます。
なんとなく、

悪い結果の時は結んで帰れば神様が何とかしてくれるかも・・・

なんて思いを抱いていた私です(笑)

とはいえ、もし正しいやり方があるのなら、当然それは学んでおきたいところですよね。
と、言うわけで、今回はおみくじを引いた後の正しい処分について詳しく見ていきます。

結論 どっちでもいい

いきなり結論から言いますと・・・

どっちでもいい

です(笑)

そんなわけない!と思う方も多いでしょうが、実際これに関してはどちらが正しいのか特にルールは決められていないそうです。

じゃあ、どう処分したって良いのかと思うのですが、やはり多くの方が

結ぶ

もって帰る

落ち着くようです。
そこで、この両方の行為について詳しく書いていきます。

結ぶ

おみくじを結ぶのは吉

やはり一番多いのは、この結ぶという行為。
実はおみくじを結ぶという行為は、神様との縁を結ぶことにつながるとされ大変縁起のいい行為と考えられています。

元々、おみくじは漢字で書くと御神籤と書くように、神様との関係の深いものとして1000年以上前から大切に扱われてきました。
私たちは、自らの運勢が書かれたおみくじを木に『結ぶ』という行為を通して、知らず知らずのうちに神様との縁を結んでいたのです。

また、生きている木におみくじを結ぶという行為は、木の生命力の高さにあやかって行われているそうです。
元々、気には神様や精霊が宿っていると考えられており、当時の人たちは神聖なものとして木や植物を扱っていたのです。

つまり、おみくじを結ぶという行為は、神様や精霊と言った目には見えない不思議な力を持った存在とお近づきになるための行為だったといえるのです。

ここで、おみくじを結ぶ際のマナーを一つ。
それは、おみくじを結ぶ場所以外に結んではいけないということです。

正月、神社仏閣に訪れると様々な木の枝におみくじが結び付けられているのを目にします。

  • 結ぶのを忘れていたから、身近な木に結んだ
  • 人と違うところがよかった

等理由は様々だとは思いますが、これはいけません。
実は、おみくじをたくさん結び付けてしまうと、まだ成長途中の植物の生育を妨げてしまう恐れがあるんです。

折角の縁起のいいおみくじとそれを結ぶという行為も、木が枯れてしまっては台無しですし気分もよくありませんよね。
決められた場所にて、しっかり思いを込めて結び付けましょう。

持って帰る

では、持って帰るのはどうでしょうか。
先ほども書いたように、こちらの行為も正解です。

上でも書いたように、おみくじは御神籤とも書き、神様との関係も深い物です。
このおみくじ、実は神様からのメッセージと考えられていたのです。

おみくじには『大吉』『吉』などの運勢のほかにも、

  • 仕事・・・よし
  • 待ち人・・・来る

等、その人の運勢から見た生活に関するアドバイスのようなものが書かれています。
これら全て神様が、その人にあてて書いたメッセージと考えられており、昔から大変ありがたいものとして扱われていました。

おみくじには、良いことだけでなく悪いことも書かれています。
例えば、

  • 探し物・・・出てこず

のように。
ですが、いい内容のものも、悪い内容のものも、すべて含めて神様からのメッセージでありアドバイスでもあるのです。

神様とのつながりともいえるこのおみくじをお守りに、あるいは悪い内容を忘れないよう自分への戒めとして持ち歩くことが吉と言われています。

また、本来神様から頂いたものはたとえ何であれありがたいものと考え、持ち歩くのが当時の常識であったことも関係しているようです。

ちなみに、更に運気を上げる行為として、財布に入れっぱなしにするのではなく、時折内容を見返し自分に言い聞かせる、があります。
まあ、神様も自分のアドバイスをしまい込んで忘れてしまう人よりは何度も見直してくれる人の方に力を貸したい気持ちになりますよね(^^)

スポンサーリンク

運気が下がるおみくじNG行動

上で紹介したように、結ぶにせよ持ち帰るにせよ大事なのはおみくじを大切に扱うということです。
それさえ守れば、例え御神籤の結果が悪くても神様は必ず皆さんに味方してくれるはずです♪

というか、おみくじの『凶』『大凶』って実は幸運なのかもしれません(笑)
その辺はこちらの記事にて書いているので、よければ目を通してみてください♪

➡ おみくじの順位・順序の真実!末吉も凶も幸運の証!?

ですが、おみくじの内容とは別に、おみくじの処分を待ちげることで私たちの運気を大きく下げてしまうNG行為がじつはいくつもあるんです。
ここからは、そのやってはいけない行動について詳しく説明していこうと思います。

他の関連グッズと一緒に持ち運ぶ

粗末に持って帰るのはNG

おみくじを持ち運ぶのは吉、と先ほど書きましたが、これはおみくじだけを持ち歩く場合です。
他の開運グッズなどと一緒に持ち歩くことは控えましょう。

いくつもの開運グッズを持っている、と言う行為は神様から見れば

私だけでは足りないということか!!

と言っているようにしか見えないはずです。
実際、おみくじに限らずいくつもの開運グッズを同時に持つと運気はむしろ下がってしまうんだとか・・・(^^;)

自分の意思でおみくじを引き、神様からのアドバイスをもらったのです。
わき目を振らず信じてみてはいかがですか?

その辺にポイ

これは絶対駄目です!!
おみくじをポイ捨てする=神様からのメッセージを捨てるということにほかなりません。

神様があなたのためにくれた折角の助言を、その辺に無造作に捨ててしまう・・・
どんな罰が当たるのか想像するだけでも怖くなります。

おみくじの結果をしっかり覚え、もう大丈夫だ!と感じた時には、神社仏閣(自分がくじ引きした場所以外でも可)にて結ぶか、大切にお焚き上げしてもらいましょう。

粗末に扱う

  • ポケットに入れっぱなしにしてぼろぼろにしてしまう
  • くしゃくしゃに丸めてしまう
  • 適当なところにしまってそのまま放置

これらの行為は、神様を粗末に扱っていることと変わりません。
絶対にやめましょう。

持って帰ろうとするとポケットにしまってぼろぼろにしてしまうことが多いようです。
おみくじを引いた時点で

木に結ぶ

または

財布にキレイにしまう

のどちらかを選択しましょう。

おみくじの結果に怒る

神様からのアドバイスに怒ってはいけません(^^;)
まあ、神様関係なく、元旦からおみくじ一つに腹を立てていては折角の新年のスタートもうまく切れません。

どんな結果でも前向きにとらえることはできます。
プラス思考で考えましょう♪

スポンサーリンク

一日に何度もおみくじを引く

おみくじを一日に何度も引くのもNGです。
時折、

  • 恋愛の結果が嫌だから引き直しちゃった
  • 3回引いてやっと大吉が出た

と言う声を耳にします。
これもいけません。

というのも、神様からのメッセージメッセージが書かれたおみくじを引き直すということは、神様の言葉を無視していることに他ならないからです。

誰だって、助言を求められたのに、肝心の相手がその声に耳を貸さなかったら腹を立ててしまいますね(-_-;)
これも辞めておきましょう。

ちなみに、日を改めて引くのは特に問題ないそうです。
おみくじは1年間有効、と言うわけではなく、

  • 1年間
  • 1か月
  • 1週間

というように、どこまでの期間について書かれたものかを決めるのは引いた本人の采配によるものだそうです。
ですので、もしおみくじの結果がどうしても納得いかなければ

これは今週いっぱいまでの結果だ!!

と自分に言い聞かせ、次の週にでもまた引きに来るのが良いでしょう。

利き腕で結ぶ

これがNG行為と言うほどではないのですが、一応。
特に『凶』等のおみくじを木に結ぶ際には、利き腕じゃないほうの腕のみで結ぶのが吉とされています。

これは、利き腕じゃない腕、つまり自由にならないほうの腕で結ぶという行為を通して困難に立ち向かい、そして乗り越えることにつながるそうです。
これが転じて、凶報が吉報に変わるといわれるようになりました。

終わりに

いかがだったでしょうか?
今回は、おみくじは結ぶ?持って帰る?大吉の処分はどうすれば良いのというお題にて情報をお届けしてきました。

見ていただいた通り、おみくじは結ぶのも持って帰るのも吉だそうです(笑)
とはいえ、

  • 指定の場所以外の木に結ぶ
  • 他の開運グッズと一緒に入れておく
  • 粗末に扱う

等の行為を行なえば神様への無礼となり、折角もらったアドバイスも無駄になるほど運気が落ちてしまうかもしれません。
また、マナー的にもおみくじのポイ捨てや木の成長を阻むような行為は好ましいものではありません。

折角引いたおみくじです。
正しい方法で処分して、運気を上げていきましょう。

最後にしつこいようですが、もう一度。

おみくじ(御神籤)は神様からのメッセージが書かれた、いわば神様直筆の手紙です。
粗末にせず、ちゃんと大事に扱ってくださいね♪

それでは、また。
今回も読んでくださりありがとうございました♪

おみくじを通して、皆さんに幸運が訪れますように!!

関連記事

➡ おみくじの順位・順序が判明!吉や凶は幸運の証!?

➡ 高齢者施設の正月遊びはこれで決まり!

➡ 風邪をひいて声が出ない!?そんな時はこれで治せ!

➡ え、もう一年!?年を取ると一年がはやくなる理由が判明!!

➡ 冬の暖房の温度は何度がベストなの??

➡ 食べ物での風邪の治し方を徹底追及!

➡ 咳が止まらない夜の対処法はこれだ!

スポンサーリンク