行うと行なう、どっちだ?

皆さんは、「おこなう」を漢字で書くときどのようにかきますか?

行う

ですか?それとも

行なう

ですか?

この漢字の送り仮名については多くの方がどちらが正解かはっきりとわかっていないのが現実のようで、介護記録を見ても行うと行なうの両方が書かれていることが多々あります。

しかも、よく見てみると行うと行なう、それぞれ使う方の年齢層がはっきり分かれているのを発見したのです。

一度気になって来たら、どっちが正解なのかやっぱり知っておきたいですよね。
そこで今回は、行うと行なう、正しい送り仮名とその使い分けについてみていきたいと思います。

スポンサーリンク

行うと行なう、正しいのはこれ!

さて、行うと行なう、どちらもよく使われている2つの言葉なわけですが、一体どちらが正しいのでしょうか?
今回はまず最初に結論を言わせてもらおうと思います。

本当に正しいのは・・・

行うと行なう

です!!

つまり、両方ともに正解です(^^)/

実は、1959年~1972年までの間は「行なう」が正しい送り仮名であるとされており、学校などでもそのように習っていました。
そのため、50歳以上の方については「行なう」の方を用いる方が多いようです。

私が働く施設でも、ベテランの方ほど「行なう」と書いているのですが、その謎がこれによってようやく解けました。
ちなみに、高齢者の方もやはり行なうを書く方がほとんどです。

1973年、内閣法制局という名前だけ見てもかなり権威ある施設による法令が発令され、「行う」が正しい送り仮名であると明記されました。
これにより、これまでの行なうが正しいという見解は崩れ「行う」が基準となり、学校などで子供たちも習うようになりました。

ちなみに、1973年国語審議会とという日本の国語政策課題に取り組む会の方針においても「行なう」から「行う」への方向転換が行われています。

こんばんはとこんばんわの違いについての記事でもそうでしたが、正しい言葉が突然変わるというのはその時代に生きている方にとっては本当に大変な事ですよね(^^;)

関連記事 ➡ こんばんはとこんばんわ、正しいのはどっち?

とはいえ、この言葉についてはあくまで

「行う」が一般的な基準である

とされただけであり、決して行なうが間違えであると言われた訳ではないのがポイントです。
そのため、行なうをこれまで書いていた人も間違えを書いていた訳ではないので、そのことについてはあまり気にせず今後も使い続けてもらっても大丈夫だと思います。

ただ、市役所などのいわゆるお役所仕事や新聞などでは公式な送り仮名である「行う」が用いられているようです。

スポンサーリンク

2つの「おこなう」の使い分け

それではここからは、行うと行なうの使い分けについて説明していきます。

行うが正しいならそれだけ書けばいいのでは?

と思うかもしれませんが、もしそれだけが事実ならここまで行うと行なうの送り仮名について日本人は悩んでいないはずです。
ちゃんと、「行なう」の方もこれまでずっと用いられてきた理由があるのです。

使い分けが必要なとき。
それは、行うを使うと「行った(いった)」を紛らわしくなってしまう時です。

例えば、

昨日テニス行った

の場合、

テニスいった

とも

テニスおこなった

とも受け取れるわけです。

これでは紛らわしい!

ということでこういった場合も考慮して行うと行なう、どちらも正解となっているようです。

また、

  • 行うは動作にかかわることを示す言葉(例:レポートの仕上げを行う)であり、
  • 行なうはやや形式ばった際に用いる言葉(例・合格発表の啓示を行なう)である

と捉える動きもあるようです。

とまあこのように、どちらがより正解に近いかと言えば「行う」ですが、場合によって相手に最も伝わりやすいように使い分けを行っていけばそれがその場での正解になるのです。

まとめ

いかがだったでしょうか?
今回は行うと行なうの正しいほうと、その使い分けについて説明させてもらいました。

今回の結論をまとめると

  • 1973年より「行う」が一般的な送り仮名になった
  • 「行う」も決して間違いではない、ただ市役所などでは行うが使われている
  • 使い分けはそのとき相手に最も伝わりやすいほうを使えば正解

といった所でしょうか?
特に介護士の記録などでは、この「行う」という表現はよく使うので、これまでどちらが正解かわからないままなんとなく使っていた方も多いと思います。・・・私のように(^^;)

その方たちは、ぜひこの記事を見て

私、間違ってなかったんだ

と安心してもらえたらなと思います。

漢字の送り仮名って、本当に難しいですよね
どちらが正解かわからない漢字はたくさんありますし、調べてもよくわからない場合もしばしば・・・

もし、そんな漢字があったら私にご連絡ください。
必ず答えを探し出し、皆さんにお届けしていきます!!

それでは、今回も読んでいただきありがとうございました!

言葉の豆知識関連記事

➡ 「少しづつ」と「少しずつ」正しいのはどっち?

➡ 想いと思いの違いは何?意味と使い分けを紹介!

➡ 「こんにちは」と「こんにちわ」正しいのはどっち?語源も紹介!

➡ 回ると周るの違いは何?世界をまわるはどっち!?

➡ 「怖い」と「恐い」の意味の違いは?使い分け

➡ 「頂く」か「戴く」か・・・それぞれの意味と使い分けを紹介!

➡ ずつとづつ、正しいのは?似たような日本語使い分けまとめ!

スポンサーリンク