お盆玉の相場、どれくらいか知っていますか?

スポンサーリンク

ここ数年でにわかに盛り上がっている新しい習慣の一つ『お盆玉』。
あなたは聞いたことがありますか?

正月のお年玉は知っていても、こちらは聴いたことがないという方も多いはず。
ですがこの習慣、ある県から始まり段々と全国区の物へとその姿を変えてきているんです。

今回は、お盆玉の相場や由来・意味について詳しく見ていきます。

お盆玉について

それでは、早速紹介していきます。
今回は、日本の夏の新しい風習の一つである、お盆玉についてです。

あまり聞き覚えのないこの名前、あなたは耳にしたことがあるでしょうか。

実はこちら、最初はとある地方のみで行われていた地域限定の文化だったのです。
それがいつの間にか広まっていき、今では全国で広まりつつあるというわけです。

最初に行ったのは、一体どこの地方だったのでしょうか?
お盆玉の由来や、その意味についてまずは見ていきます。

意味と由来

お盆玉発祥の地は、東北・山形地方にあるとされています。
江戸時代、山形地方では家に使えて働いている奉公人の方たちにお盆のお小遣いを上げる風習がありました。

と言っても、当時はお金を上げるのではなく生活に役立つ下駄などの物を贈るという習慣でした。
これがお金に変わっていったのは昭和初期です。

昭和に入ると、生活用品だったお盆玉は徐々にお金へとその姿を変えていくようになりました。
そしてもらう人も、奉公人から一般家庭の子供へとその姿を変えていきました。

これが、お盆玉の原型となった風習です。
東北では、毎年お盆に子供にお小遣いをあげるのが当たり前のことだったのです。

そしてさらにここから進化を遂げたのが、ここ数年広まりつつあるお盆玉というわけです。

そもそも、お盆玉と言う言葉自体、正しい言葉ではありません。
実はこちら、(株)マルアイというお盆玉発祥の地山梨県に本社を置く会社の作った造語なのです。

包装用品、所謂ポチ袋なども販売しているこのマルアイ、お盆玉の風習を広げるべく日本全国に向けてお盆玉用のポチ袋の販売を2010年にスタートしました。

いつから広まっていったのかが気になるお盆玉ですが、2010年から全国的に始まったというわけです。

そこに目を付けた全国の郵便局や雑貨ショップです。

2014年、郵便局はお盆玉用ポチ袋を本格的に販売開始。
これに追随するように、各企業もお盆玉ポチ袋を制作・販売を始めました。

東北にて奉公人を励ますために行われていた風習は、平成にて、瞬く間に全国区のイベントへと駆け上がっていったのです。

今では、お盆玉はお年玉同様お盆にあげるお小遣いとしてすっかり定着しつつあるようです。
夏と冬、2回ももらえるなんて・・・最近の子供たちは羨ましい限りです(´;ω;`)

相場

お盆玉の由来や意味について分かってもらえたでしょうか。
では、次はあげる側が最も気になる、お盆玉の相場について見ていきたいと思います。

一般的に、お年玉よりも少し少なめの金額がお盆玉の相場と言われています。
確かに、全く同じ金額を半年に一回もあげていては、親や祖父母としてはお財布の中身が無くなってしまいますよね(^^;)

  • 小学生では1000円~3000円
  • 中学生で3000円~5000円
  • 高校生以上で5000円~10000円

この辺りが、一般的なお盆玉の相場と言えるようです。

お正月から半年ほどしかたっていないお盆です。

「あまり大金をあげるのもどうかな・・・」

と思う方も多いはず。
そんな時は、気持ち程度の金額でも包めば十分ですので、あまり重荷に感じ過ぎないようにすることが大切です。

ちなみに、このお盆玉。
誰にあげるべきかという事は決まっておりません。

ですので、普段お世話になっているおじいちゃん・おばあちゃんに孫から気持ちを込めてあげるというのもOKです。

普段なかなか会えず、感謝の気持ちを伝えることのできない相手に、お盆玉と言う新しい習慣を活用してお礼を伝えるというのもありかもしれませんね(^^)

小さいお子さんなら、お金の代わりにポチ袋に肩たたき券やお手伝い券などを入れておくのもかわいらしくていいですね。

スポンサーリンク

お盆玉は迷惑と言う声も…

お盆にお小遣いをもらえるこの新しい文化は、もらう側の子供からしたら嬉しい限りですよね。
しかし、中にはこのお盆玉が迷惑だという人もいるようです。

  • 年金生活で苦しい高齢夫婦(祖父母)
  • 姪や甥を持つ独身の方
  • 金銭面での悪影響を気にするご両親

こういった方たちにとって、お盆玉と言う新しい文化はなかなか受け入れがたいものでありました。
実際、先ほど紹介したマルアイや郵便局にはお盆玉の件で多数のクレームが入ったそうです。

ですが、マルアイ側は

「昔から、お盆にはお小遣いをあげる風習がありました」

と述べています。
実際、東北では江戸時代から行われていた風習ですし、この意見は正しいものです。

確かに、どの立場に立つかでお盆玉を歓迎するか、迷惑と感じるかは分かれそうなものではありますね。
とにかく、だれが悪いと考えるのは間違っているので、その点はしっかり考えておく必要はありそうです。

私の住む地域にはまだお盆玉の風習は来ていませんが、今後はこういった新しい文化も入ってくることが十分に予想されますね(^^;)

そもそも、お盆とは本来ご先祖様のお墓を参り、供養するための期間です。

お盆玉を迷惑と言うか歓迎すべき文化と取るかは人それぞれです。
ですが、いずれにしても、お盆玉だけのために祖父母や親せきの家に参ることがないようしなければいけません。

お盆玉でご家族に恩返し

いかがだったでしょうか?
今回は、お盆玉とは何かという事で、その意味や由来・相場などについて一つずつ見ていきました。

私が働く高齢者施設でも、高齢者の方は当然この習慣は知りませんでした。
それどころか、働いている介護士の方でさえ、そのほとんどの方が聞いたことのないものでありました。

それだけ、新しい文化でありまたまだまだ馴染みの薄いものでもあります。
ここで大事なのは、無理に取り入れないことです。

先程書いたように、年金生活の方などではお盆での出費はかなり痛いところであります。
無理にお金を出して、そこから家族関係・親戚関係が気まずくなってしまっては、何のための習慣かわかりません。

いずれは、お年玉同様一般的なものとなるかもしれませんが、今はまだ誰しもが手探り状態です。
周りがやっているからと言って、無理に行う必要はないんです。

あなたの家の事は、あなた自身が決めていいんです!

ですがもし、お盆玉と言う文化を取り入れてみようかなと言うのであれば、ぜひこの記事で書いてある相場を参考にしてみて下さい(^^)

新しい文化を楽しみつつ、お盆休みを満喫してくださいね♪

夏の関連記事

➡ 夏の健康雑学クイズ問題!!

➡ お盆に関する雑学クイズ!茄子とお盆の関係は?

➡ 夏の暑さを吹き飛ばせ!ハッカ油お風呂の作り方!

➡ 2017年の夏風邪情報!原因や治し方について!

➡ 8月に関する雑学クイズはこれだ!

➡ 土用丑の日の由来について!平賀源内との関係は?

➡ 2017年夏もインフルエンザが大流行するってほんと!?

スポンサーリンク