尿の臭い、いつもと違っていたら要注意です。

スポンサーリンク

トイレに行き、用を足す。
いつもの日常でのワンシーンですよね。

ですが、その日常の当たり前の中に、ちょっとした異変があった場合は要注意!!
もしかしたら、あなたのその尿から漂う異常な臭い・・・病気を知らせてくれているのかもしれません。

今回は、尿の臭いが強い原因について詳しく解説してきます。

尿の臭いが強い10の原因

尿の臭いが強いと、その原因について気になりますよね(^_^;)
私の場合、他の方よりも尿や便に対する意識が強いんだと思います。

介護士として働いていることもあり、高齢者の方の排泄物から体調をチェックするのは大切な仕事の一つとなっているからです。

認知症高齢者の方の中には、体調が悪くても言葉でそれを話せない方もいます。
言葉で分からないとき、体調管理する指標の一つとなるものこそが【尿】なのです。

以前、便の色についての記事でも紹介しましたが、排泄物は体の状態を知るための非常に大事な情報源の一つです。
もし今あなたが自分のおしっこに違和感を感じていたら、それはきっと何か体に異変が起きているからに他なりません。

尿の臭いという、最も身近で最も気になる体の異変について、その原因を解説していきます。

膀胱炎

尿の臭いが強いとき、一番最初に疑うべきは

 

膀胱炎

 

です。
文字通り、膀胱が炎症を起こしている状態を指します。

いつもより強いアンモニア臭刺激のある酸っぱい臭いが尿から漂ってきた場合は、膀胱炎の可能性が高いです。

膀胱炎は、主に子供や女性がなりやすい病気です。
膀胱内にウイルスや細菌が侵入し、炎症を起こしてしまうのです。

ストレスや慢性的な疲労により免疫力が低下していると、発症しやすいです。

尿の臭い以外の特徴としては

 

一回ごとの尿量が少ない

頻尿

残尿感

排尿痛

(排尿後の痛み)

 

があげられます。
また、症状が重い場合には血の塊が混ざった血尿が出てきてしまいます。

仕事などのため、トイレに行くのを我慢し続けている場合も膀胱炎になる可能性が高くなります。
これは、トイレを長時間我慢することで尿道内の細菌が繁殖してしまうためです。

我慢は禁物です!
尿意を感じたらすぐにトイレに行くようにしてくださいね(^^)

腎臓に異常が

腎機能が低下している場合も、尿の臭いに異変が生じます。

腎臓は血駅を濾過した後、体の不必要な老廃物や余分な塩分を体外へ追い出す働きを担ってくれています。
この重要な器官に何らかの不具合が生じた場合、最悪排尿自体が出来なくなり、体内に老廃物が蓄積され続けてしまうことにもなりかねません・・・

高血圧や糖尿病・肥満といった生活習慣病は、腎臓に最も負担をかけてしまうとともに、その働きをも低下させてしまいます。

尿の臭いがきつければきついだけ、腎機能低下により尿の濾過機能が働いていないという証明になります。
この後も尿の臭いについて色々と解説していきますが、

 

尿の臭いがおかしい=腎臓の不調

 

と考えてもらって間違えありません。
できる限り早急に、病院にて診断を受けるようにしてください。

糖尿病

【糖尿病】・・・変わった名前の病気ですよね。
ですがこれ、ちゃんとした理由があるんです。

名前の通り、糖尿病患者の方の尿は甘いにおいがすることが多いです。

しかも、糖尿病が重度化すればするほどに、その甘いにおいもどんどん強いものへと変わっていきます。

ただし一つ注意したいのが、アルコールを摂取した後に出す尿も甘いにおいがすることがあるという点です。
お酒を飲んでトイレに行き、排尿したときに

 

「甘いにおいがした!!」

 

と慌てて病院へ行ってしまっては、恥をかくことにもなりかねません(^_^;)

お酒による尿の甘いにおいは、体内のアルコールとともにいずれ消えてなくなります。
糖尿病の場合は、この甘いにおいの尿がずっと続きます。

数日以上にわたって甘ったるいにおいがする場合には、病院に行き糖尿病かどうかの診断を受けることを強くおすすめします。

肝炎

こちらも文字通り、肝臓が炎症を起こしている状態を指します。

A・B・C・D・E型の肝炎があります。
日本では主にA~C型の肝炎が発症するケースが多いです。

A型肝炎・B型肝炎はしっかり治療をしていけば根治が可能です。

C型のみ慢性化することがあり、インターフェロン療法という治療法を取る必要があります。

 

かいだことのないような刺激的な臭いのする尿

 

が出る場合は、肝炎の可能性もあります。
そこにプラスして、黄褐色(色が濃い)な尿が出ている場合は、一番に肝炎を疑う必要があると言えます。

ケトアシドーシス

あまり聞いたことのない方も多いこの【ケトアシドーシス】。
わかりやすく言えば、血液が酸化してしまう病気です。

血液の中にケトン体という脂肪酸が蓄積されたことにより、本来弱アルカリ性に保たれているはずの血液が酸性になってしまうのです。

腐った柿をイメージさせる、甘酸っぱい臭いのする尿が出る場合にはケトアシドーシスを疑ってみて下さい。
ただ甘いだけでなく、甘酸っぱいというのがポイントです。

糖尿病患者の方などの場合、本来活用するはずの糖をエネルギーとして消費できなくなってしまいます。
そのため、体脂肪にて代用します。

このとき、血液中にケトン体が増え、ケトアシドーシスを起こしてしまうのです。
更に、血液だけでなく尿内にも脂肪酸が増えてしまうことで臭いにも変化が生じ、甘酸っぱい独特の臭いが発生するのです。

尿はもちろん、呼吸や、重度化すると体中から甘酸っぱい臭いがするようになります。

メープルシロップ尿症

メープルシロップ尿症・・・なんとも不思議な病名ですが、実はこちら、難病指定されている治療の難しい病気です。

生まれつき代謝異常がある症状で、まるでメープルシロップを思わせるような甘~い香りがする尿が大きな特徴といえます。
この病気でも、ケトアシドーシス同様に血液が酸性に偏ってしまいます。

主な症状としてあげられるのは

 

けいれん

呼吸障害

意識障害

発達障害

 

等です。
50万人に1人の割合で発症するとされており、根気強く病気とつきあっていく必要があります。

フェニルケトン尿症

アミノ酸の一種に、フェニルアラニンをいうものがあります。
本来体内で処理するはずのこのアミノ酸を、代謝することが出来ず、体内に蓄積してしまう遺伝性の病気を【フェニルケトン尿症】と言います。

生後数ヶ月で発症する病気であり、

 

皮膚の白さ

赤茶色の髪の毛

 

が外見的な特徴としてあげられます。
また、運動や知的機能の遅れを併発してしまいます。

尿の臭い体臭がかび臭い、あるいはネズミの尿の臭いと表現されるほど独特の臭いをしています。

スポンサーリンク

脱水症状

一見関係ないように思えますが、実は脱水症状尿の臭いを強くしてしまう原因の一つです。

尿は、体内の余分な水分を老廃物などとともに体外に排出する役割を持っています。
ですが、脱水症状のように体内の水分が極めて少ない状態の場合、水分のほとんどが腎臓に吸収されてしまうため必然的に尿量自体も少なくなってしまいます。

尿が少ないということは、とっても濃い、

 

濃縮された尿が排出される

 

というわけです。
当然、しっかり水分を摂取している状態で排出する尿と比べるとその臭いも凝縮されたものとなっています。

脱水症状というと倒れたり気分が悪くなるなどの症状を思い浮かべがちですが、実際はスポーツの後などで汗をかいただけでも、脱水に近い状態になることは良くある話です。
運動後、尿の臭いがきついと感じた場合は、病気を疑う前にまずはしっかりと水分を取ってみましょう。

それで臭いが改善された場合は、脱水により尿が濃くなっていただけということになります(^^)

ちなみに、脱水は排尿だけでなく排便にも大きな影響を与えます。
もし、

 

「実は最近便の色がおかしくて・・・」

 

と言った悩みを抱えている方は、こちらも記事も目を通してみてくださいね。

➡ 便が黒い原因は病気?下痢や腹痛・タール便、臭いにおいの症状に要注意!

➡ 便が緑色になる原因は7つ!腹痛は?大人はお酒や薬の副作用が引き金!?

尿路感染症

腎臓→尿管→膀胱→尿道の順に尿が通っていき、最後に体外に排出されていきます。
この通路のことを尿路と言います。

尿路感染症とは、その尿路のどこかに細菌が感染し、炎症を起こしてしまった状態を指す症状です。
実は、膀胱炎もこの尿路感染症の一種であり、

 

 

等が主に挙げられます。
尿度が短いため、女性の方がこの尿路感染症を発症しやすいです。

ちなみに、これらの病気を見分ける特徴

 

強いアンモニア臭

腐ったような臭い

白濁色の尿

(膿が混ざっているため)

 

があります。
これらの特徴の尿が出る場合は、すぐに病院へ行き医師の診察を受けるようにして下さい。

食事の影響かも・・・

先ほど、お酒を飲んだ後尿が甘いにおいのするケースについてお伝えしました。
実は、食べ物でも同様に尿の臭いに影響を与える可能性があるのです。

 

  • コーヒー
  • ニンニク
  • ニラ
  • ビタミン剤
  • サプリメント

 

これら臭いの強い食べ物などを口にした後に出る尿には、いつもと違う独特の臭いがセットになっている可能性も。

原因は食べ物の臭いです。
水分を摂取して排尿を増やし、体外に排出することで短時間で消すことが可能となります。

お酒の甘い臭いと言い、食べ物が尿に与える影響・・・案外強いみたいです(^_^;)

スポンサーリンク

男女別に見る尿の臭いの原因とは

ここまで、尿の臭いの原因となる様々な病気や症状をお話ししてきました。

ですがこれだけでは、沢山ある症状をただ紹介しただけです。
ここからは、男女別の尿の臭いの影響を与える様々な要因について解説していきたいと思います。

男性と女性で体に違いがあるように、尿の臭いの原因も、やはり違いが出てくるようです。
あなたは男性ですか、それとも女性ですか?

どちらであっても、この情報がお役に立てば幸いです(^^)

男性の場合

男性の場合、尿の臭いに影響しがちなのが脱水です。

仕事熱心な方ほど、ご飯を食べることも忘れて働く方も多いはず。
また、工場や外で仕事する方も多いことから、汗とともに体内の水分を奪われてしまい、そのまま脱水症状になってしまう方も少なくありません。

尿を排出する場所が場所なため、ついつい

 

膀胱癌

前立腺癌

糖尿病

 

などの病気を疑ってしまいがちですが、まず最初に

 

「最後に水分取ったのいつだっけ?」

 

という点を思い出してみてください。
まずはそこからです。

尿の臭いに限ったことではなく、本当に脱水症状は時に命すら奪う危険な症状です。
必ずこまめに水分補給を行い、尿も体も健康を維持していきましょう!

他の症状で言いますと、やはりお酒の影響によるところが大きいです(^_^;)
ついつい飲み過ぎてしまう方も多いのではないでしょうか。

お酒に含まれるアルコールの影響は、尿にもしっかりと出てしまいます。
ニンニクなど食べ物の影響もありますので、尿の臭いで病気を疑う前に、自分が飲食したものに臭いが強いものはなかったか・・・もう一度、振り返ってみてください。

スポンサーリンク

女性の場合

女性で最も尿の臭いに影響を与える原因と言えば、

 

膀胱炎

 

で間違いありません。

先ほど少し説明したように、男性よりも女性の方が膀胱炎になりやすいためです。
これは、尿道が短く細菌に感染しやすいことや、生理・妊娠痛などが理由として挙げられます。

膣を綺麗にしておくのが大事、と考えトイレのビデ機能を多用している方は要注意です。
膣から分泌される粘液には、自浄作用があり、ある程度なら自らの働きで綺麗にしてくれます。

ビデの使いすぎはこの自浄作用を阻害し、逆に膀胱炎のリスクを高めてしまう行為となります。
清潔な下着を着用する、排泄後は綺麗に拭き取る等、やり過ぎない範囲で清潔を保つ事が膀胱炎予防に何より求められます(^^)

また、病気でないにもかかわらず、女性のみが尿の臭いを気にしてしまうケースも。
それは女性ホルモンと大きく関係しています。

生理前後は女性ホルモンのバランスが崩れることも多く、その関係で感覚が鋭敏になるという方も少なくないはずです。
この感覚が鋭くなる効果のせいで、嗅覚が鋭くなり、本来ならさほど気にならない尿の臭いがいつも以上にきつく感じてしまうことも・・・

尿の臭いを気にすることはもちろん大切なことです!
ですが、今の自分の状態を冷静に観察した上で、臭いについて改めて考えることも必要というわけです。

あとは、トレイの我慢も要注意です。
女性は尿道が男性より短いため、本来なら長い時間排尿を我慢することは難しいです。

ですが、

 

「今は我慢!」

「仕事が忙しいから後で!」

 

と言った理由で、無理矢理トイレを耐えている女性の方も多いはず。
本来自然な行為である排尿を、無理矢理止めているわけですから体にとって良いはずがありません。

膀胱炎の引き金にもなる危険な行為ですので、できる限り尿意を感じたらすぐにトイレに直行する習慣をつけておきましょう。

病院の何科に行けば良いの?

 

「尿の臭いがおかしい!!」

 

と分かったとしても、何かに行けば良いのかは難しいところです(^_^;)

【尿の異常】と考えると選択肢は泌尿器科一択ですが、病気や内臓の不調という点も考慮すると

 

  • 泌尿器科
  • 内科

 

のどちらを受診すべきか迷ってしまいますよね。
尿の臭いに異常を感じた場合、まず最初に受診してほしい科は

 

泌尿器科

 

です。
腎臓の不調や糖尿病なども考えられますが、まずは泌尿器科を受診してください。

なぜなら、あなたが感じた不調は尿の異常だからです。
そして尿の専門医がいる科といえば・・・泌尿器科しかない、ですよね(^^)

ちなみに、受付で症状を話せば最初に検尿を行うことが出来ます。
というより、尿の異常ならまず間違いなく行います。

そこで尿中の白血球や赤血球・白血球などの成分を分析し、あなたの尿の臭いを強くしている原因を特定・治療へと進めていくという流れです。
もし内臓疾患の疑いがある場合には、検尿後に他科の受診を勧めてくれるので、安心してください。

排尿後の臭いに要注意!

今回は尿の臭いが強くなる原因という、ちょっと汚い?話題についてでした(ーー;)

ですが、排尿は毎日欠かさず行う行為であり、同時に私たちの体調異常を知る上で必要不可欠な指針でもあります。
トイレに行った後、流す前に少しで良いのでその臭いにも意識を向けてみてください。

あなたの尿、臭いは強くないですか?

体調不良・病気関連記事

➡ 風邪で出る鼻水が透明で止まらない!?治りかけってホント?【ネバネバ】

➡ 尾てい骨の痛みの原因は座る事?痛いときの対処方法や治し方紹介!

➡ 突然鼻血が出る原因!病気が関係!?大人はお酒やたばこ、生理が理由?

➡ 毛虫に刺された時の対処方法!症状は腫れや痛み!人にうつるの?

➡ 鼻水の色が透明なのは風邪のせい?黄色や白、赤色の鼻水が示すのは?

➡ 口内炎を早く治す方法!舌先や舌の裏、唇にも…塩やはちみつで【食べ物】

➡ 左脇の下に痛みあり!右脇下側も痛い?原因や受診すべきは何科か紹介

スポンサーリンク