bsPAK85_lalaonakaitaidesu20140321

ノロウイルスとは

今年も、ノロウイルスが流行する季節がやってきました。

ノロウイルスがどんな病気か、その症状をざっとおさらいしておきますと、

  • 激しい嘔吐
  • 水のような便が出る
  • 非常に感染力が強い
  • ものすごい腹痛
  • 38度前後の発熱

といったところです。

また、ノロウイルスのウイルスは、24~48時間程度体内に潜伏したのち、症状が発生します。
そのため前日、もしくは前々日に食べたものが原因となっている可能性が高いです。

徐々に症状が現れるわけではなく、本当に突然腹痛や嘔等の症状が私たちを襲ってきます。

スポンサーリンク

感染の危険性

これほどまでにノロウイルスが恐れられ、毎年流行しているのにはわけがあります。
それは、他の病気と比べても桁違いにその感染力が強い病気だということです。

高齢者施設などでは、一人の入居者の方が症状をようやく収まったと思ったら今度はほかの人が・・・ということが頻発しています。

どんな場合に、他者への感染の危険性があるのでしょうか?

嘔吐物

ノロウイルスの代表的な症状の一つが激しい嘔吐です。
そして、この嘔吐物にはウイルスが大量に含めれており、しかもそれは飛び散ってしまうのです。

そのため、病人の看護や、嘔吐したもの・汚れた衣服を片づけをしようとした方にウイルスが感染してしまうのです。

くしゃみ・つば等

当然、口からもウイルスは飛び出してしまいます。

会話やくしゃみなど普段だったらあまり気にしないようなところからでも、ノロウイルスは他者へと感染・その範囲を拡大していくのです。

接触感染

ノロウイルスに感染している、あるいは保菌している人が触ったものから感染するといったこともあります。

また、くしゃみなどで飛び散ったウイルスが近くのものに付着していて、それを触ってしまった人に…というケースも多々あります。

外出などの際は、手すりなどウイルスが付着している可能性のある場所には不用意に触らないほうが無難かもしれません。

食べ物

近年では、この経路からの感染が最も多いのではないでしょうか?

特に多いのは、【貝】からの感染です。

ノロウイルスに汚染されている貝類を、生で、あるいは菌を殺すには不十分な程度の加熱調理で食べた場合に感染してしまうことが多々あります。

特に、ノロウイルスが流行する秋~冬時期は牡蠣の美味しい季節です。
そのため、危険とわかっていながらもついつい生ガキを食べてしまい感染、というようなケースが多く報告されているようです。

さらに、あまり考えたくないのですが、調理する人がノロウイルスに感染していて、その人が触ってしまった料理や食材から感染してしまうというような恐ろしいことも起きてしまいます。

スポンサーリンク

感染を予防するために

ここまで紹介してきたように、ノロウイルスは感染力がとても強く、しかも様々な感染ルートを持っている恐ろしいウイルスです。

では、そんなノロウイルスをどうやったら予防できるのでしょうか?

手洗い

やはり、一番はこれに限ります。

ウイルスが付着してしまったものに触ってしまったとしても、手をしっかり洗っておけばその場で菌を落とすことができ安心です。
ただし、一つ注意が必要です。

ノロウイルスには、アルコールが効きません!!

そのため、ご家庭でアルコールで手を消毒している場合は、ノロウイルスが猛威を振るう間だけでも手洗い用の石鹸を別に用意することをお勧めします。

生ものは食べない

少しやりすぎと思うかもしれませんが、ノロウイルス流行時期は生ものをできる限り口にしないのが無難でしょう。

ノロウイルスは、先ほど説明したカキやアサリ、ホタテなどの二枚貝に多く潜伏しています。
これらの食材は特に生食を抑え、しっかりと火を通すことをお勧めします。

また、厄介なことに、ノロウイルスは加熱への耐性も持っています。
~そのため、湯通しした程度ではウイルスは死滅せず、残っている可能性が極めて高いです。

85~90℃ほどの熱湯で、しっかりと過熱することで、しっかりと食べ物の中心にまで火が通りウイルスを完全に死滅されることができます。

消毒

最後は、これです。

ウイルスは、いつどこで入り込んできて、どこに付着しているかわかりません。
ですので、私たちができるのはよく触るところを念入りに消毒することです。

ドアノブや手すり、冷蔵庫の取っ手等も要注意です。
こういったよく触るところに菌がついていた場合、家族そろってノロウイルスでダウン、なんてことにもなりかねません。

ノロウイルスにアルコールは効かないので、次亜塩素酸ナトリウム(台所用漂白剤など)で丁寧に消毒しましょう。
幸い、最近は薬局などでも手に入りますので、ご家族の健康を考える方は、ぜひ購入を考えてみてください。

また、高齢者施設などの場合は次亜塩素酸ナトリウムの噴霧器を施設の玄関、ユニットの入り口といったところに設置するのが有効です。特に、施設では面会者がウイルスを運んできてしまい、感染拡大、といったことがよくあります。

大勢の高齢者の方が生活している場所という責任を理解し、徹底した安全管理を行うべきでしょう。

高齢者は特に要注意

インフルエンザの記事のほうでも書きましたが、高齢者の方は、特に注意が必要です。

関連記事 ➡ 2016年もインフルエンザ流行か?予防接種の時期はいつ!?

ノロウイルスに感染して弱った体に、今度はインフルエンザウイルスが入り込んで…といったことになりますと、命にかかわる場合もありますので注意が必要です。

また、高齢者の方はどうしても若い世代よりも体力に劣る場合がほとんどです。
そのため、少量のウイルスでも症状が出やすくなり、感染の危険もそれだけ高まります。

また、症状の重症化も懸念されます。
体力がない分、ウイルスが若い世代の方よりも体内で暴れてしまい、それだけ症状が悪化しやすいのです。

本人はもちろんですが、家族や周りの人等すべての人に細心の注意が求められます。

記事の最後に、高齢者の病気に関する記事をまとめたリンクを張っておきます。
もっと病気のことを知っておきたい!!と思った方は、ぜひ活用してください。

胃腸に関する関連記事

➡ 胃や腸、お腹の不調まとめ記事はこちらから♪

➡ 食べたらすぐ下痢と腹痛に襲われる原因は!?

➡ 胃腸風で熱が出るってホント!?食事や薬について解説

➡ 急性胃腸炎の治し方!完治期間はどれくらいなの??

➡ 胃潰瘍の入院期間はどれくらい?費用と入院期間も!

➡ おへそとその周りが痛いんだけど、原因は何?

➡ 肝臓が痛い原因はアルコールだった!?

スポンサーリンク