夏にインフル発症の男

インフルエンザと聞くと、冬の病気と考えますよね。
ですが、実は夏にもインフルエンザは流行るといわれているんです。

スポンサーリンク

夏と冬のインフルエンザに違いはあるのか、またどういった症状なのかなどを詳しく見ていきます。
間違いやすい夏風邪との見分け方についても載せています。

夏場にインフルエンザ!?

毎年冬になると猛威を振るう『インフルエンザ』。
日本人は毎年10人に1人は感染しているとされているこの病気、皆さんも一度や二度苦しめられた思いがあるかもしれません。

冬が過ぎ、ようやく一安心と思っている方、ちょっと待ってください!!

実はこのインフルエンザ・・・

夏でも流行るんです!!

夏場にはならないというのは、私たちの思い込みにすぎないのです。
事実、私たちの知らないところで、毎年多くの方が夏のインフルエンザに苦しめられているのです・・・

夏と冬の違い

とはいえ、厳密にいえば全く同じインフルエンザではないようです。
当然ですが、夏と冬とではいろいろなことが違います。

  • 温度・湿度
  • マスクのつけている人の数
  • インフルエンザへの私たちの注意力
  • 服装
  • 体調

これらを見てもらえれば、夏と冬とで私たちを取り巻く環境が大きく異なっている事が理解できます。
そこで、これらの違いにも着目しつつ夏と冬のインフルエンザの違いについても詳しくみていきたいと思います。

何故夏にインフルエンザが流行るのか

まず最初にお伝えするのは、なぜ夏場にもインフルエンザが発生するのかということです。
皆さんが夏のインフルエンザについてご存知ないとしてもそれは当然です。

何故なら、一昔前まではこの病気、日本の夏にはほぼ存在していなかったのです。

それがなぜ近年になって急激にその患者の数を増やしているのか。
それは、外国の方、特に熱帯地域の旅行者数が増加したことと関係しています。

日本でよく聞かれるのは

A型インフルエンザ

B型インフルエンザ

の2種類だと思います。
ですが、これらのインフルエンザはあくまで日本ではやっているインフルエンザにすぎません。

世界には、これよりはるかに多い数のインフルエンザウイルスが存在しているのです。
そして、ウイルスというのは環境に適応してその姿を次々と変えていきます。

寒い地域では寒さに強いウイルスが。
東南アジア等の年中熱帯の地域では、暑さに強いウイルスが多く存在しています。

そして、インフルエンザには潜伏期間というものがあり、体に異変が起きていなくても実はすでにウイルスに感染しているということはあり得るのです。
・・・日本にはない暑さに強いウイルスに、です。

そういった方が飛行機に乗り、日本へ来たらどうなるでしょうか。
当然、症状は出ていないからマスクもしていません。

すると、飛行機の中でウイルスは拡散します。
日本についた後も同じです。

旅行中、色々な人に接触する機会があります。
そういった中で、多くの人が知らず知らずのうちにこの新型のインフルエンザウイルスに感染してしまうのです。

こうして、日本にはない夏の暑さに耐えうるインフルエンザが猛威を振るうようになったのです。

グローバル化し、世界中を人間が行きかうようになった現代だからこそこのようなもともとその国にはない病気が発生するようになっているのです。

とはいえ、日本人も同じことをほかの国を旅行中にしているわけですから、誰が悪いというわけではないことをここに書いておきます。

スポンサーリンク

夏場のインフルエンザの症状

それでは、夏のインフルエンザはどういった症状があるのでしょうか。
まずはそこから詳しく見ていきます。

高熱

インフルエンザの一番の特徴といえば高熱です。
これは夏であれ冬であれ、インフルエンザである以上当然症状の一つとして現れます。

特に夏場は予防接種もまず打っていませんので冬場に比べて重症化しやすく、38度以上の高熱が出やすいです。

体の節々を襲う痛み

これもインフルエンザの特徴の一つなのですが、体を襲う関節痛・筋肉痛は避けられません。
特に運動をしていないのにこれらの症状が現れた場合には

もしかして、インフルエンザかも・・・

と疑ったほうがいいかもしれません。

寒気・倦怠感・食欲がない

これらは夏風邪の症状と非常に似ています。

また、倦怠感や食欲不振などは、夏場に多い夏風邪・夏バテ・熱中症などと同じ症状ですので、これらの季節病とインフルエンザとは症状だけではかなり見分けがつきにくいようです。

下痢・腹痛

B型インフルエンザにウイルスが似ていたり、胃腸にくるインフルエンザだった場合には下痢や嘔吐といった症状も現れます。

よく間違われる夏バテや夏風邪でこれらの症状が出ることはまずありません。

咳・鼻水・のどの痛み

風邪の定番ともいえる症状ですが、インフルエンザにかかった場合にも同じ症状が起こります。
特にひどいせき込みが続いたり激しいのどの痛みに襲われたりとした場合には注意が必要です。

感染経路

次に感染経路についてです。
どこで感染するのかを知っておくだけでも、かなり感染を防ぐことはできます。

感染する確率が高いのは、やはり旅行者の集まる観光地です。
外国の方も多く来られますし、人が多いということはそれだけウイルスを持っている人がいる確率も高くなります。

特に用事がなければこういった場所への外出は控えましょう。
また、体調が悪い場合には夏場で暑いかもしれませんが、人込みにいる間だけでもマスクをしておきましょう。

体調が悪い=免疫力・体力が落ちている状態

です。
ウイルスが体に入る可能性を少しでも減らしましょう。

それと、病院も要注意です。
持病などにより病院を訪れる機会の多い人は、同じくマスクの着用をするべきでしょう。

予防方法

それでは、感染経路について分かったところで、感染を防ぐための予防方法についてみていきたいと思います。

マスク

感染経路でもあげましたが、予防を考えるならマスクは必要不可欠です。
人ゴミの中等に出かけることを想定し、あらかじめ薬局などで購入しておいてもらえればと思います。

とはいえ、夏のマスクは想像以上に暑いです・・・
人が少ない場所に出かける際にはむしろ外したほうが健康面ではいいかもしれません。

余った時には冬場に活用すればいいですので、たくさん購入しておいて問題はありません。

手洗い・うがい

冬、つまりインフルエンザやノロウイルスなど危険な病気がはやる時期を過ぎると、私たちは手洗いうがいの習慣が疎かになるようです。

夏場は食中毒など恐ろしい病気もあります。
インフルエンザ対策、というよりもすべての病気から身を守るために、手洗いうがいは時期に関係なく習慣にしてもらえればと思います。

インフルエンザにかかったら・・・

どれだけ注意していても感染を100%防ぐことは残念ながらできません。
ここではインフルエンザになってしまった場合にはどうすればいいのかをお伝えします。

スポンサーリンク

とにかくまずは病院

一番最初にやることは、病院に直行することです。

ただの風邪かも・・・

等と考える必要はありません。
病院に行けば風邪かインフルエンザかはすぐに判断が付きます。

病院に行けば医者に診てもらえますし、市販の薬よりも効果的でしかも個人の体調や症状に合わせた薬を処方してくれます。
面倒な気持ちもわかるのですが、まずは病院受診です。

ぐっすり寝る

ここからは病院に行き、薬を処方してもらったと仮定して話を進めていきます。

おそらく、安静にしておくように医者からも言われるはずです。
ここで最も大事なのは、とにかく寝ることです。

私たちの体は寝ることで体力を回復させ、体調を整えていきます。
ぐっすり寝て、心身ともに休ませてあげることが回復までの一番の近道なのです。

適温の冷房使用

とはいえ、いくらインフルエンザにかかったからと言っても冬と同じように厚着をして寝るわけにはいきません。
ここで大事なのは、適度な温度で冷房を使用するということです。

夏の暑さに対して何の対処もしていなければ暑さで寝ることはできませんし、すぐに脱水症状になってしまう恐れも。
温度の下げすぎは厳禁ですが、冷房やクーラーはしっかり活用してください。

こまめな水分補給

夏場のインフルエンザで最も注意してもらいたいのはここです!!

なんといっても、夏場はとにかく汗をかきます。
ただでさえ暑いのに、さらにインフルエンザにかかっている場合には高熱が出ています。

この状態では、汗は滝のように流れ出て、体中の水分はどんどん失われていきます。

そう、簡単に脱水症状になってしまうのです・・・
インフルエンザはもちろん恐ろしいですが、体力が落ちた状態での脱水症状は場合によっては命の危機にも直結する恐ろしいものです。

必ず水分は取るようにしましょう。

インフルエンザで体がしんどいと、どうしても飲みたくないこともあるかもしれません。
そういったときには、ストローがおすすめです。

コップを持ち上げる手間も省けますし、苦しくない範囲で少量ずつ飲むことが可能です。
また、枕元にペットボトルを常備しておくと苦労して取りに行く必要もなくなります。

最近では100均にてペットボトルのふた型ストローという便利なものが売っていますので、こちらも活用してもらえたらと思います。

スポンサーリンク

栄養のある食事を

インフルエンザなどの高熱に襲われると、ついつい食事を食べない事が増えてしまいます。
ですが、これでは治るものも治りません。

早く治すためには、やはり栄養も必要です。
特に夏場は食欲低下が激しい時期で、その分体力や免疫力も落ちてしまっています。

しっかりとした栄養のある食事を心がけてください。
高熱や倦怠感に襲われているときには、卵がゆなど消化に良くてかつ食べやすいものがおすすめです。

夏風邪との見分け方

夏に同じような体調の変化を訴える病気といえば夏風邪です。
次は夏風邪との見分け方について紹介しておきます。

高熱の有無

基本的に、夏風邪でそこまでの高熱が出ることはありません。
38度以上の高熱が出たときにはインフルエンザを疑ったほうがいいでしょう。

症状が重いかどうか

高熱以外にも

  • 倦怠感
  • 食欲不振
  • 関節痛・筋肉痛
  • 下痢や腹痛
  • のどの痛み

これらの症状が複数襲ってきて、かつ症状が重篤な場合には同じくインフルエンザを疑うべきでしょう。
夏風邪も厄介なものには変わりありませんが、症状はそこまで重くありません。

高齢者は特に注意して

最後に、夏のインフルエンザは特に高齢者に注意してほしいことをここでお伝えしておきます。
というのも、高齢者は若い人たちに比べて体内の水分量が少なくなっています。

そのため、こまめに水分を取っておかないとすぐに脱水になってしまいます。
それが汗をかく夏場ならなおさらです。

しかし、インフルエンザにかかってしまうと体力も低下し水分を取ることも手間になってしまいます。
高齢者の方達の中にはのどの渇きを感じにくくなる方も多く、「しんどいから水は飲まなくていい」と水分を拒否する方も・・・

これこそが最も恐ろしいことです。
ンフルエンザで体力が落ちた状態での脱水症状は、場合によっては高齢者の方の命をきけんにさらします。

必ず水分を取るように心がけてください。
あるいは、病院を受診し点滴などで栄養と水分を補うことが必要です。

いずれにせよ、しっかりと栄養を取り、普段以上に水分を取ることが求められます。

終わりに~2017年夏も要注意な訳~

いかがだったでしょうか?
今回は、夏のインフルエンザの症状や夏風邪との違いなどについて紹介していきました。

2017年もこのインフルエンザには注意が必要です。
何故なら、先ほど書いたようにウイルスは毎年変化を遂げているからです。

まして、夏のインフルエンザのほとんどは海外からやってきますので、日本人にとっては未知のウイルスです。
当然、耐性はありません。

手洗いうがいをしっかりと行い、できるだけ人込みを避ける等自分で出来る対策に取り組みましょう。
貴方を守るのはほかの誰でもなく、貴方なのですから。

ここまで長文に目を通していただき本当にありがとうございました!!

最後に、病気に関する記事をまとめたものを紹介しています。
心筋梗塞や肝硬変、急性胃腸炎など私たちを襲う身近な病気についても多く取り上げています。

是非、目を通してもらえたらと思います。

関連記事

➡ 2017年も夏風邪に要注意な訳とは!?

➡ 胃腸風邪は熱が出る?ノロウイルスと間違えないで・・・

➡ 風邪をひいて声が出ない!?そんな時はこれで治せ!

➡ え、もう一年!?年を取ると一年がはやくなる理由が判明!!

➡ 冬の暖房の温度は何度がベストなの??

➡ 食べ物での風邪の治し方を徹底追及!

➡ 咳が止まらない夜の対処法はこれだ!

スポンサーリンク