bs0I9A356715032124yuuki2

どこからが高齢者?

ニュースなどで日常的に聞く【高齢者】という言葉。
ですが、皆さんは一体何歳からが高齢者なのかご存じでしょうか。

多くの方が、60歳前後を境に高齢者かどうかを判断しているのではないかと思います。

また、年齢ではなく、その人の見かけや雰囲気などから高齢者かどうかを判断している人も多いそうです。

つまり、私たちの中では高齢者というのは明確には決まっておらず、個人個人の判断に左右される部分が大きいのです。

このように、一見あいまいに見える【高齢者】というくくりですが、実際にはちゃんとした高齢者の定義というものが存在しているのです。

スポンサーリンク

多種多様な高齢者の定義

実は、高齢者の定義は一つではないのです。

国連では60歳以上を高齢者としていますが、WHO(世界保健機関)や日本の統計調査などでは65歳以上の方を高齢者と定義しています。

つまり、同じ人であっても、どの定義で考えるかによって高齢者かそうでないかが分かれてしまうのです。
定義、という割には結構あいまいな決まりのようです…

更に、日本の中でも高齢者の定義はいくつも存在しています。

日本では、年金を受給する資格が発生するの65歳以上ですし、道路交通法で定義されている高齢者は70歳以上老人保健法では、なんと75歳以上を高齢者としているのですから驚きです。

これだけでも混乱しそうなのに、さらに日本では、高齢者を二つに細分化しているのをご存じでしょうか。

65歳~74歳までを前期高齢者

と呼び、

75歳以上を後期高齢者

と分けて考えています。

前期高齢者とは

現在、日本には約1500万人の前期高齢者がいると言われています。

高齢者という名がつくと、何となく

お年寄り

守ってあげる存在

みたいなイメージがついてしまう方もいるかと思います。

ですが実際には、前期高齢者の多くの方は本当にパワフルで、下手な若い世代よりも体力も気力もあふれている方はたくさんいます。

以前は60歳が定年でしたが、昨今の若者の減少や、高齢者数の増加に伴い定年も65歳まで引き延ばす企業も増えてきました。
最近では、大手自動車メーカーである『ホンダ』が定年を65歳にしたことで話題となりました。

定年は60歳でも、69歳までの間バイトやパートタイマー、あるいは若手職員の教育係として前期高齢者に活躍の場を提供する企業もどんどん増えてきています。

ある調査では、65歳以上の方たちに「何歳からが高齢者ですか?」と尋ねたところ、実に44%もの人が「70歳からが高齢者」と答えたそうです。

地域のクラブ活動をのぞいてみれば、70歳を過ぎてなおクラブ活動の第一線で活躍している方が大勢います。

私は地域のクラブチームに入り卓球をしているのですが、70歳を超える方がバシバシとスマッシュを決めている姿をどこの試合会場でも目にしています。

実際、試合の中にはダブルスの二人の合計年齢が120歳以上出ないと出れない試合も存在していますし、70歳を超える方同士のペアが若い世代に交じって優勝をかっさらっていくことも多い世界です。

人生90年と言われる現代では、65歳は定義の上ではそうであったとしても、実際には高齢者でないのかもしれません。

スポンサーリンク

 

後期高齢者とは

日本では、75歳以上の方を後期高齢者と呼んでいます。

少子高齢化が進行している日本では、現在約8人に1人が後期高齢者だそうです。

75歳の誕生日とともに後期高齢者医療制度への加入が義務付けられました。
この制度に加入すると、現役並みの所得を持つ方を除き、医療機関を一割負担で利用することができます。

75歳以上となると、世間一般でも【高齢者】とみなすことが多いように感じます。

とはいえ、75歳どころか80歳になってもまだまだ元気な方はたくさんいます。

年金や、これまだ稼いできた貯蓄を利用し旅行に行ったり、趣味に没頭するなど充実した毎日を過ごす方も多くなります。
子供たちも自立し、色々なしがらみから解放されて、「今が人生の一番楽しい時期だ」という方も少なくはありません。

世界でも有数の長寿国となった日本では、このように年齢上は高齢者というくくりに該当しても、元気な方、まだまだ現役で働いている方はたくさんいます。

一般的に65歳以上を高齢者としている現在ですが、近い将来、高齢者の定義がまた変わることがあるのかもしれませんね。

面白い情報関連記事

➡ 縁起のいい数字を調べてみた

➡ ゴキブリの鳴き声、知っていますか・・・

➡ 何故、夜の蜘蛛は親でも殺さなければいけないのか

➡ くしゃみの回数で噂の内容が明らかに!?

➡ 世界一長い曲の演奏時間は・・・・639年!?Σ(・□・;)

➡ 世界一大きい猫の名前はいったい何??

➡ 練り消しの作り方をまとめてみた

スポンサーリンク