マイタケの賞味期限、知っていますか?

スポンサーリンク

  • 煮てよし
  • 焼いてよし
  • 揚げてよし

どの調理方法でも美味しいのがきのこの嬉しいところですよね。
その中でも、芳醇な香りとどの料理にも合う味、更に安価な値段と主婦の方大喜びのきのこが存在します。

それがマイタケです。
このマイタケ、とっても美味しくて私も大好きなのですが、一つだけ問題が・・・

それは、賞味期限が分からないと言うことです。
そこで今回は、そんなマイタケの賞味期限について詳しく見ていきます!

マイタケの賞味期限はどれ位

それでは早速紹介していきます!
今回は、マイタケの賞味期限はどれ位?と言うことで、マイタケを食べることの出来る期間について詳しく見ていきます。

『見つけた人が思わず舞を踊る程嬉しい』

と言う所からマイタケと名付けられたこのきのこ。
その名の通り、思わず舞い踊ってしまうほどとっても美味しいですよね(^^)

私は天ぷらが好きなのですが、そのほかにも

  • マリネ
  • 煮物
  • 炭火焼き
  • 炊き込みご飯

と、どんな料理であっても合ってしまうのですから本当に凄いきのこです。
そんなマイタケですが、少し困ったことが・・・

それは、賞味期限が分からないと言うことです。
お肉や魚と違って賞味期限が書かれていないので、一体いつまで食べることが出来るのかは自分で判断する必要があります。

ですが、判断方法を知らなければそもそもいつまで食べられるのかなど分かるはずもありません。
そこでこの記事では、

  • マイタケの賞味期限
  • 食べられるかを見極めるポイント
  • 正しい保存方法

についてみていきたいと思います。
まずは、最も気になる賞味期限からどうぞ!

スポンサーリンク

賞味期限は一週間ってホント?

マイタケの賞味期限でよく言われているのは、一週間です。
ですがこれ、実は・・・

です!!
残念ながら、マイタケはそこまで長い期間は持ちません。

調べた見たところ、マイタケの賞味期限は購入してから約4日とされています。
勿論、保存状況や店頭に並ぶまでにかかった日数によっては多少の差は生じますが、おおむね購入後3~4日と見て間違えはないでしょう。

また、これはマイタケに限ったことではありませんが、一度包丁を入れたり冷蔵庫→外へと環境を変えた物は賞味期限はドンドン短くなって行きます。

美味しく食べるためにも、購入後2~3日の間には食べきってしまうのがオススメです。
どんな料理にも合うマイタケです、消費するのが簡単なのも嬉しいところですね(^^)

冷凍の場合は一ヶ月

さて、上で書いた賞味期限は冷蔵庫にて保存した場合の物です。
では、冷凍庫の場合はどうなのでしょうか。

品物によっては冷凍保存できない物もありますが、マイタケは問題なく冷凍保存が可能です。
保存方法は

  1. 石づきを取る
  2. マイタケの房をいくつかに裂き、小分けする
  3. 付着している水分を拭き取る
  4. 保存袋に入れ、冷凍庫へ

の順です。
特にマイタケは水分に弱いので、必ず冷凍前に余分な水分はキレイに拭き取っておきましょう。

冷凍保存した際の賞味期限は約1ヶ月~2ヶ月とされています。
ただし、2ヶ月もつ物は相当保存状態が良かった場合に限りますので、通常はやはり1ヶ月が限度と考えておきましょう。

ちなみに、料理に使う際には解答しても良いのですが、どうせ加熱調理することになるのでそのままフライパンに投入してもらってもOKです(^^)

長持ちさせられるだけでなく、調理の手間も省けて一石二鳥ですね♪

捨てるタイミングを見極める7つのポイント

さて、マイタケの賞味期限が分かったところで、次に食べれらるかどうかの見分け方を紹介します。
あなたは、どの部分を見て食べられるか否かを判断していますか?

マイタケの場合、大きく分けて7つの見るべきポイントがあります。

  1. 酸っぱいにおい
  2. 表面に白いカビ
  3. 不自然なほど水分が出ている
  4. 持つだけでボロボロと崩れる
  5. 表面にヌメリ
  6. 軽く押すだけでグチュッとつぶれる
  7. 黒ずんでくる

このような特徴がある場合、食べることはかないません(^_^;)
一つずつ、順を追って説明していきます。

酸っぱいにおい

まず最初は、酸っぱいにおいがする場合です。
まあ、これはマイタケに限ったことではないのですが・・・このような異臭がする食べ物は当然食べるべきではありません。

特にきのこ類は、腐ったものを食べるとおなかを激しく壊します。
私も何度か経験しましたが、他の食べ物による腹下しとは比べものにならないほど辛いダメージです・・・

  • 吐き気
  • 嘔吐
  • 下痢
  • 発熱

どれを取っても、二度と味わいたくないと言えるほど恐ろしいダメージがあなたを襲います。
こんな辛い経験、あなたには絶対に味わって欲しくありません!

酸っぱいにおい・普段とは異なるにおいがするマイタケは決して口にしないようにしましょう。

スポンサーリンク

マイタケの表面に白いカビ

なんと、マイタケ表面に白いカビが現われることも!!
これは当然食べれない・・・訳ではありません。

そもそも、マイタケ、というよりきのこ全般が菌の仲間です。
そして、カビもまた菌の中まであり、カビが生えてしまうのもそんなに不思議なことではないのです。

この白いカビを菌糸(きんし)と言います。
洗えば落ちますので、その後は食べることが可能です。

ただし、菌糸が出てきた時点でそのマイタケは相当悪くなってきています。
まだ食べることは出来ますが、もう賞味期限はほとんど残っていないと言えるでしょう。

出来るならその場で洗って菌糸を落とし、そのまま全て調理して食べてしまいましょう。

不自然なほど水っぽい

次に水っぽい場合です。
日が経ちすぎてしまったマイタケは、不自然なほどに水が表面に浮き出てきます。

持っただけですぐに分かるほどしっとりと湿っている場合、かなり悪くなっていると言えます。
残念ですが、この場合も食べることは出来ません。

  • 多量の水滴が付着
  • 全体的に湿っている

このようなマイタケは、早急に処分してしまいましょう。

ぼろぼろに崩れる

本当に悪くなってしまった場合、なんと持つだけでぼろぼろと身が崩れ落ちてしまうことも・・・

こうなってしまっては当然食べることはかないません。
まあ、この状態になるときは本当に長い期間冷蔵庫の奥深くに眠っていた場合などですので、まずお目にかかることはありませんが・・・(^_^;)

ゴミが落ちてしまう前に、袋に入れて捨ててしまいましょう。

表面がヌルヌルする

マイタケは、悪くなると表面がヌルヌルとぬめりを帯びてしまうこともあります。
まるでオクラでも触っているかのようなヌルヌル感を感じたときは、すでにそのマイタケが腐っている証拠です。

普通、マイタケの表面って乾燥していますよね。
それがぬめりを持っているのですから、当然通常の状態ではありません。

オクラや里芋ならまだしも、マイタケのぬめりは絶対に食べるのを避けましょう。

押すとすぐつぶれる

段々悪くなってくると、表面上は変わらなくても中がスカスカになってきます。
この場合、少し指で押すだけですぐにマイタケがつぶれてしまいます。

時には、中がどろどろに腐っている場合も・・・
この場合、押すと「グチュ」と嫌な音と感触が発生しますので、すぐに分かります。

少し日が経っていて食べられるかどうか不安な場合、一度指で押して判断するのも良い方法です。

表面が黒くなる

マイタケがいよいよ駄目になってしまったら、なんと表面が黒くなってしまいます。
こうなってしまってはもう手遅れです。

残念ながら、そのマイタケは食べることは叶いません(;ー;)
というより、本格的に腐ってしまっているので口に入れることすら危険です。

絶対に食さないで下さい。
もったいない気持ちは分かりますが、その気持ちはぐっと抑え、早めに処分してしまいましょう。

スポンサーリンク

水で洗うのはNG

さて、マイタケですが絶対にやってはいけないことが一つあります。
それは・・・

水で洗う

です。
ここまで何度かサラッと書いてきましたが、マイタケは水が大の苦手です。

ほんの少し水滴がついた状態で冷蔵庫にて保存しても、すぐに悪くなってしまいます。

水分が付着しているかしていないかで、驚くほどに傷みやすさが変わってきます。
水は、マイタケにとって何よりの天敵なのです。

「食べ物についているゴミが気になって仕方ない!」

と言う方は、その日食べる分のマイタケだけを裂き、その後洗うようにしましょう。
これなら、その後すぐに調理するので洗ってもマイタケの質に影響を与えることはありません。

何度も言いますが、保存するマイタケを決して洗ってはいけません!!
キッチンペーパー等でしっかり水分を拭き取り、水滴が残っていないのを確認した上で保存するようにしましょう。

美味しさを保つための保存方法

最後に、マイタケをより美味しく保存するための方法について書いていきます。
水分を拭き取るのはここまで口を酸っぱくして言わせてもらいました。

ですがそれ以外にも、保存の際に気をつけるべきポイントが存在しています。
それは

ラップに包む

です。
小さく裂き、ラップに包むことで空気に触れることが少なくなります。

そして、空気に触れないと言うことは、それだけ湿気にさらされることも少なくなるということ。
結果として、マイタケが最も苦手とする水分に接触する可能性も低下するのです。

『ラップに包む』

この一手間で美味しく、しかもより長期間マイタケを保存しておくことが可能です。
是非是非、今日から試してみて下さいね。

賞味期限を守って美味しいマイタケを食べよう!

いかがだったでしょうか?
今回は、マイタケの賞味期限について書かせていただきました。

最後に今回の記事の大事なポイントについてまとめた物を書かせてもらいます。

  • 賞味期限は冷蔵庫で3~4日
  • 冷凍庫で保存した場合でも1~2ヶ月
  • 酸っぱいにおいはNG
  • 表面がぬめりだしたら食べれない
  • マイタケを水で洗うのは駄目!
  • 美味しさを保つにはラップで包んで保存する

以上となります。
これらを見極めれば、マイタケを最後まで美味しく保存しておくことが可能ですし、駄目になったマイタケをすぐに見分けることも可能です。

ですが、最も良いのは長期保存することではなく、購入後はすぐに食べてしまうことです。
当たり前ですが、しばらく時間が経った物より買ってすぐの物の方が鮮度も良く美味しいです。

  • 香り
  • 食感

どれだけ上手に保存しても、新鮮なマイタケに勝ることはありません。
あなたの口に入るマイタケが、新鮮で美味しい物でありますように♪

そしてもし、購入したマイタケが食べきれなかった場合には、今回紹介した保存方法で冷蔵庫・冷凍庫に入れておいて下さい。
また、食べる前には必ず、賞味期限が来ていないかにおいや感触で確認してみて下さいね(^^)

生活雑学関連記事

➡ 油の賞味期限はどれくらい?開封・未開封の両方をチェック!!

➡ 賞味期限と消費期限の違いっていったい何なの??

➡ 牛乳に消費期限と賞味期限の両方があるけどなんでなの??

➡ 賞味期限切れ牛乳は飲んでも大丈夫!?

➡ 賞味期限切れ豆腐はいつまで食べても大丈夫??

➡ 豆腐には賞味期限と消費期限の両方ある!?

➡ ガムにも賞味期限があるってホント?消費期限は?

スポンサーリンク