ライオンのたてがみ、どうして生えているのでしょうか。

スポンサーリンク

ライオンと言えば、百獣の王ともいわれているとても強くて、子供たちにも大人気の動物ですよね。
鳴き声一つとっても、その迫力は伝わってくるようです。

さて、そんなライオンですが、一つ気になることが・・・
それは、あのたてがみです。

いったい何故、あのようなものが付いているのでしょうか。
今回は、そんなライオンのたてがみについて、4つの視点から役割を解説していきます。

ライオンのたてがみはどうしてついているの?

それでは、早速紹介していきます。
今回は、ライオンのたてがみは何故生えているのかについて詳しく解説していきます。

私たちからすれば、あのたてがみを見ても

  • かっこいい
  • ライオンらしさ
  • フサフサしてる

等の感想しか浮かんできませんよね。
正直見た目だけでは、あのたてがみに何の意味があるのかまでは良く分かりません(^^;)

ですが、実はたくさんの目的があのたてがみの中に潜んでいたんです!
そこには、オスライオンにとって特に重要な要素も含まれていました。

ここからは、4つの視点からライオンにたてがみが付いている理由を解説していきたいと思います。

強さの証明

まず最初に紹介したいのは、たてがみによる強さの証明説です。

そもそも、メスライオンにたてがみはついていないというのをご存知でしょうか。
これは、オスライオンが自身の強さを、たてがみをもって周りにアピールするためと考えられています。

長年の研究によりますと、色の薄く短いたてがみを持っているライオンよりも、色濃く、長いたてがみを持っているライオンの方が強くてたくましいという事が分かってきたのです。

ちなみにこのたてがみ、後天的に色濃く長く育てることができます。
その方法はとってもシンプル!!

敵を倒す

これだけです。

自身の力で敵を倒すことにより、ライオンの体内にてテストロンと言うホルモン物質が生成されます。
このテストロンこそが、ライオンのたてがみに作用し、色濃く長いものへと変貌させている原因なのです。

敵を倒すほど、強くなるほどにたてがみもまた成長していくと言うわけです。

つまり、ライオンのたてがみは強さの証であり、他のライオンへの抑止力としての効果も持っているものなのです。
自然の知恵、凄いですね~

ちなみに、ライオンの群れでリーダーを見分ける場合にも、たてがみを見れば一目瞭然です。
黒くて長いたてがみを持っているライオンは、おそらく周りにメスライオンを大勢従えています。

そのライオンこそが、群れのリーダーです。
強いからこそ、メスも寄って来ると言うわけですね(^^)

ただし、動物園などの場合は、時に人間が勝手にリーダーを決めることもあり、必ずしもたてがみでリーダ―を判別することはできません。

この辺は、自然で生きているか、人間の元で生活しているかの違いと言えるでしょう。

スポンサーリンク

首元のガード説は間違い!?

お次は、首元のガード説です。
首元を中心にたてがみはついているわけですから、この説は当たっている気がしますよね。

しかし、この最も有力と思われている説、実は間違いの可能性が非常に高いです。
基本的に、ライオンに戦いを挑んでくる生物は限られており、同種のライオンが主なケンカ相手です。

ですが、そのライオンはと言いますと、基本的に首元目掛けて襲い掛かってくることはありません。
というのも、実はライオンは、敵の後ろから襲い掛かっていくことがほとんどだからです。

まあ、私たちの行うケンカと違って、ライオンの戦いは狩り=生きていくためです。
食料集めの戦いがメインなのですから、前から正々堂々と戦う必要はないのです。

これが間違いだとする理由の一つです。

もう一つの間違いだとする理由は、ライオンは同種で戦う時に相手に致命傷を与えないという事です。
ライオン同士の争いは、基本的にどちらが強いのかを決める勢力争いの意図が強いです。

そのため、相手を動けなくしてしまう程のダメージを与えることはまずありません。
どちらが強いのかが分かれば、その時点で争いは終了します。

首元を狙えば、当然一撃で致命傷です。
しかし、自分を最も多く戦う相手であるライオンがそこを狙ってこないのなら、たてがみで首を守る理由が無くなっちゃいますよね(^^;)

これが、たてがみ=首のガード説は間違いだとする理由です。

メスへのアピールのため

さて、私たち人間は、異性に対して様々なアピールの方法を取ります。

  • 容姿
  • 服装
  • トーク
  • 社会的地位
  • お金
  • 性格の良さ
  • 高学歴

多くの要素を用いて、私たち男は女性の気をひこうとしています。
・・・もちろん、私もその一人なわけですが(笑)

しかし、動物の世界ではメスの気を引くのにこのようなものを必要とはしません。
では何が求められるのか・・・それは、

強さ

です。
動物のオスに求められる唯一にして絶対の条件、それは圧倒的な力強さなのです。

オスの力強さにひかれてメスが寄っていき、そして子供を産み育てる。
これこそ、動物世界の摂理なのです。

ここで、先ほどの強いライオン程たてがみが色濃く、長いという説に戻ります。
実はこれ、オスライオンへの強さアピールであると同時に、メスライオンへの自身の魅力アピールにもつながっているんです。

実際、たてがみが濃いライオン・長いライオン程メスにモテているという調査結果も発表されています。

メスライオンは、当然より強いオスの子孫を残したいわけです。
そこで、より濃くより長いたてがみをもつオスライオンの元に行き、子供を産もうとするわけです。

メスにとってたてがみは

  • 強さの証明
  • より良い子孫を残せるオスを示すサイン

と言うわけです。

なるほど確かに、これならオスにだけたてがみが生えているのも納得出来ますね(^^)

スポンサーリンク

体温調節

最後は、たてがみ=体温調節のためにあるという説です。

実際、馬をはじめとしたたてがみが付いている生物の多くは、体温調節を目的としてたてがみが発達したとする説が有力となっています。

ライオンも、たてがみで自身の体温を調節することで外気の変化などによる体力の消耗を抑え、体温保持にかかるエネルギーの消費を最低限にしているのです。

この傾向は、特に寒い地域に生息しているライオンに顕著にみられます。

寒い地域に住むライオンのたてがみはとても長くふさふさしており、寒さから身を守るための防寒着としての役割も果たしているのです。

強さアピールだけでなく、寒さ対策も出来るとは・・・たてがみ、かなり万能です。

たてがみが無くなることがある!?

さて、ここまでライオンのたてがみの役割について解説してきました。
ところでこのたてがみですが、なんと・・・無くなることがあるんです!!Σ(・□・;)

とても当たり前なことを書きます。
あのたてがみ、実は・・・めちゃくちゃ温かいんです!(笑)

そうです、たてがみは寒い場所では防寒具としての効果を発揮してくれる優れものなのですが、熱い場所では逆に邪魔なものにしかならないのです。

考えてみてください。
真夏のうだる暑さの中、首元にマフラーをぐるぐる巻きにしている自分を・・・

想像するだけで汗が出てきてしまいます(^^;)

当然、ライオンもたてがみを首元に生やしていたならば、暑くて仕方がないわけです。
では一体どうしたか・・・答えは、たてがみそのものを無くしていったです。

赤道近くに位置するツァボ国立公園と言う場所があります。
ここにもライオンが住んでいるのですが、この地のライオンはたてがみがとても短い、あるいはそもそも生えていない個体まで存在しています。

実はこのツァボ、とにかく熱いんです。
他のライオンの生息地と比べるとはるかに温度・湿度が高く、生活しにくい環境となっています。

まして、首元にふさふさの温かいたてがみがあればなおさらです(^^;)
しかしこの地で生まれた以上、この地で生きていくしかありません。

悩んだ結果ライオンがとった選択。
それこそが、たてがみとの別れだったのです。

ツァボに住むオスライオンは、強さの象徴ともいうべきたてがみを捨てることにより、暑さに適応、今日まで生き延びてきたと言うわけです。

いくら強さアピールが出来ても、たてがみのせいで体力を奪われ狩りも出来なくなっては死んでしまうだけ。
ライオンが灼熱の地でも生きていくための進化こそが、たてがみを捨てるという選択だったのです。

というわけで、生き残るためライオンは時にたてがみが無くなることはあり得るようです(^^)

スポンサーリンク

あのたてがみが、かっこ良い!

いかがだったでしょうか?
今回はライオンのたてがみについて、何故生えているのかと言う疑問を解決すべく色々とお話ししていきました。

たてがみの説明をまとめますと

  • オスライオンの強さアピールのため
  • 濃く長いほど、強いライオンであることを示している
  • 首をガードしているわけではない
  • オスからメスへのアピールのために活用される
  • 暑い場所ではたてがみが無くなることもある

といった所です。

今までは、正直ただかっこいいだけかと思っていました。
ですが、こうしてまとめてみると、ライオンのたてがみは様々な理由があって生えていることが見て取れます。

今度もし動物園などでライオンを見る機会があれば、そのたてがみに注目してみてください。
ライオンのリーダー(メスを周りに侍らしているオス)のたてがみは、黒くて長いものかもしれませんよ(^^)

話題作りに役立つ雑学豆知識

➡ しゃっくりとひゃっくり、正しいのは一体どっちなの!?

➡ ヤモリは縁起が良いってホント?幸運の知らせかも!?

➡ パクチーってどんな味?洗剤の味ってホント?(^^;)

➡ 原稿用紙の真ん中、蝶ネクタイ型マークは意味あるの?

➡ 北枕の効果が凄い!健康に恋愛にいいことづくめ!?

➡ 良く跳ねるスーパーボールの簡単な作り方3つ!

➡ カラスの寿命はどれ位?120年ってホントなの!?

スポンサーリンク