交代と交替の違いは何?

  • 世代○○
  • 選手○○
  • ○○勤務

これらの言葉の○○に入る言葉はわかりますか?
そう、『こうたい』です。

では、ここには交代と交替、どちらの漢字が入るのかについてはどうでしょうか。
文字を見ても同じような意味を持っているとしか思えないこの二つの言葉、皆さんは正しく理解できていますか?

今回は、交代と交替の違い、それぞれの意味と使い分けについて例文を交えつつ説明していこうと思います。

スポンサーリンク

交代について

まずは、交代についてです。
私個人としてはこちらの漢字の方がよく用いているような気がします。

『代(わる)』という文字もついていますし、言葉の意味的にも正解のような気がします。
最近ですと、『超高速!参勤交代 リターンズ』でよく目にしている漢字ですね。

さて、いったいこちらの『こうたい』にはどのような意味が隠されているのでしょうか?

意味

まず、交代の意味を調べてみたところ

  1. 順番や役回りがかわる
  2. 役目が一回限りでかわる

と書いていました。
どうやら、代理や交代などの意味を用いるときにこちらの交代を用いることが多いようです。

また、相手と役割を入れ替わって引き継ぐといったニュアンスもこちらの言葉は持ち合わせています。

ちなみに、代わるという言葉には

  • 代理
  • 代表
  • 交代

と言う意味が載っていました。

例文

上の説明だけではわかりにくいと思いますので、いくつか例文を紹介します。

  • ピッチャー交代!!
  • あの八百屋もお父さんが引いて、世代交代したのね~
  • うちの会社、交代勤務制なんだ

こうしてみてみると、確かに交代を用いた時には、役割を入れ替わってほかの人に引き継いでいますね。
とはいえ、交替でも意味はそんなに違わないような気もしますが、一体こちらはどういった意味を持っているのでしょうか?

交替について

お次は、交替についてです。

こちらの言葉には『替(わる)』の文字がついていますね。
両替の漢字は『代』ではなく、こちらの文字を用いていますよね。

替わるには

  • AをやめてBにかわる

と言う意味が載っていました。
この、「やめてかわる」という所に先ほどの交代との違いがありそうですね。

それでは、詳しく見ていきます。

意味

交替の意味についてみていくと、

  1. 順番や役回りがかわる
  2. かわって行うことが繰り返される

と書いてありました。
この時点で疑問に持った方はしっかりと読んでくださっている方です♪

そう、一つ目の意味が交代の意味と全く同じなのです!!
じゃあ、同じ意味なの?といわれるとそれも少し違います。

ここで大事なのが、2つ目の意味です。
交代が一度限りだったのに対し、交替にはそういった表記が一切ありません。

その代わり書かれているのが『繰り返される』の一言です。
つまり、かわるという動作が何度も繰り返される状況の時には交替の方を用いるのが正解のようです。

例文

なんだか、余計にわからなくなってきてしまったかもしれませんね(^^;)
と言うわけで、ここからは例文を用いて説明していきます。

交替を用いた文章は

  • 交替で馬小屋の見張りを行う
  • うちの会社、昼夜交替勤務なんだ。
  • 目的地までは交替で運転を行う

等があります。
これらの共通点、それは

相手とかわる行為を繰り返し行っている

ということです。
この、何度も変わるという意味が当てはまるときには『交替』の方を用いると覚えておいてください。

スポンサーリンク

交代と交替

交代と交替、二つの言葉についてそれぞれ見ていきました。
ここからは、それぞれの違いと使い分けについて説明していきます。

違い

この二つの『こうたい』の違い、それは・・・

かわるのが一回だけか複数回あるか

という一点です。
二つとも、かわるという意味では全く一緒の意味なのですが、その回数によって交代と交替は用途がわけれらているのです。

AからBにかわったあとは、ずっとBが行う。
このような場合は交代です。

一方、先ほどの運転の例のように

A⇒B⇒A⇒B・・・と交互にかわる場合には交替を用いるのが正解です。

使い分け

使い分けについてはそのシチュエーションを考えてもらえれば自然とわかるはずです。

野球では、ピッチャー交代をしてベンチに下がった後はもう試合に出ることができません。
この場合、かわるのは一度きりなので『交代』を用いるのが正解です。

一方、バスケットボールの場合、実は何度でも選手がメンバーチェンジを行いコートを出入りすることができるんです。
そのため、本来の意味を考えると選手交替が正しい使用方法といえます。

また、見回りなど相手と交互に行う動作も『交替』です。
これは、休憩をはさみ相手と繰り返し見回りをかわるためです。

どちらも複数回かわる行為がみられるので、交替となります。

 

まとめとおさらい

いかがだったでしょうか?
今回は交代と交替、二つのかわる動作を表す言葉の意味やその違い、使い分けについてみていきました。

それぞれの言葉に対する理解が深まったでしょうか。
恐らく、一度見ただけで完全に覚えることはできないと思います。

ですから、何度も見返し少しづつ理解していってもらえたらなと思います。

最後におさらいです。

かわるのが一回・・・交代

繰り返しかわる・・・交替

です!!

同じような意味ですが、そこには大きな違いが潜んでいます。
これからは、間違えないように用いていきたいですね♪

言葉の違い関連記事

➡ 「少しづつ」と「少しずつ」正しいのはどっち?

➡ 『こんばんは』と『こんばんわ』、正解とその理由を徹底解説!!

➡ 『こんにちは』と『こんにちわ』、正しいのはどっち?語源も紹介!

➡ 回ると周るの違いは何?世界をまわるはどっち!?

➡ 「怖い」と「恐い」の意味の違いは?使い分け

➡ 「頂く」か「戴く」か・・・それぞれの意味と使い分けを紹介!

➡ ずつとづつ、正しいのは?似たような日本語使い分けまとめ!

スポンサーリンク