今まで、高齢者の定義は65歳以上となっていました。
ですが、高齢者の定義が75歳以上に変更となるかもしれません!!

スポンサーリンク

高齢化が進む中、日本の平均寿命はどんどん延びてきています。
80歳を超えてなお、元気に趣味に興じる多くの高齢者の方の姿は一昔前には信じられない光景でした。

今回は、高齢者の定義変更により75歳以上となる背景と、新しく登場する准高齢者とはいったい何なのかについて見ていきたいと思います。

また、定義変更により生じる様々な変化や問題点などについても見ていきます。

高齢者の定義変更か

これまで日本の高齢者の定義は【65歳以上】となっていました。
法律はもちろん、公共機関など各種サービスを受ける際にも65歳以上というのが一つの目安となっているものも少なくありません。

そんな中、この高齢者の定義が変更されるという話が浮上してきたんです。
いったい何故突然の定義変更が議論されるようになったのでしょうか。

そこには、高齢化が進む日本社会ならではの理由が存在していたんです。

提唱したのは日本老年学会

まず最初に、この定義変更を提唱している団体について説明します。
それは、『日本老年学会』です。

あまり聞きなれない方も多いかもしれませんが、1959年に作られた歴史の古い学会です。

  • 日本老年医学会
  • 日本老年社会科学会
  • 日本基礎老化学会
  • 日本老年歯科医学会
  • 日本老年精神医学会
  • 日本ケアマネジメント学会
  • 日本老年看護学会

この7つの学会が集まってできたのが日本老年学会で、医学や看護、精神面など色々な側面から老人問題について考えている会です。

この日本老年学会が今回、75歳以上を高齢者とする定義変更を提案したのです。

高齢者は75歳以上に

今回の定義変更、大きく二つの目玉が見て取れます。

その一つが、これまでの65歳以上を高齢者とみなす定義を、75歳以上とする高齢者の定義変更提案です。

少し前までは、80歳の高齢者といえばかなり長生きをしている方でした。
そんな時代ですから、65歳ともなれば【おじいちゃん・おばあちゃん】という言葉が当てはまるように

  • 病気がち
  • 体力低下
  • アクティブではない

といったイメージがついて回っていたように感じます。
ですが、今の時代はどうでしょうか?

平均年齢は80歳を超え、おそらくあなたのまわりにも、80歳を超えてなお何らかの活動を元気に行っている方が大勢いるのではないでしょうか。

私は社会人卓球のチームに入っているのですが、86歳にして現役の卓球プレーヤーを知っています。
その他にも、80歳を超えているにもかかわらず、年齢を感じさせないキレのいい動きをしている方たちを大勢知っています。

まして65歳なんて現役バリバリのプレーヤーです!
64歳のうちのチームの先輩がいるのですが、週5回以上は必ず卓球を行い、毎週試合で入賞を果たしている方です。

しかも仕事は行っているという、ある種スーパーマンのような方です(^^;)

私よりはるかに強く、その技術だけでなく、単純な体力でさえも私の上をいくほどです。

今や、60代は【高齢者】という言葉が当てはまらない時代です。
このことを考えると、確かに75歳を高齢者とする今回の提案は時代に沿った考え方なのかもしれませんね。

スポンサーリンク

65歳~74歳は准高齢者

今回の定義変更提案のもう一つの目玉、それは【准高齢者】という新しい定義の創設です。
これまでは、

  • 65~74歳を前期高齢者
  • 75歳以上を後期高齢者

と区分分けしていました。
➡ 後期高齢者って何歳からなの!?高齢者の定義って??

今回この前期高齢者に当たる65~74歳の方たちを、准高齢者という定義に変えようではないかという提案が出されたのです。

この准高齢者ですが、ただ名前を変更するだけでは当然ありません。
日本老年学会は、まだまだ元気でエネルギーに満ちている准高齢者の方たちを地域活性の活力の一つにしようと考えているようです。

具体的には、

  • 就労
  • ボランティア活動

等々社会活動を促進し、若い人が減った分高齢者の方たちも加えて地域に住む人たちみんなで活力のある地域社会を作り上げようと考えているようです。

また、そのための法案を作るよう政府に提案していく事や、国民全体で高齢者問題に議論していけるよう地域の働きかけていくことも今後行っていきたいとしています。

確かに、少子高齢化により日本人口は高齢者の方たちが増えていく一方、若い人はどんどん減っていく一方です。

これまで当たり前に行ってきた若い人たちの力で地域を、社会を元気にしていくという考え方はすでに限界を迎えつつあるのかもしれません。

そういった時代の流れを配慮した考え方が、今回の准高齢者という提案に現れているように思えます。

定義変更が示す日本の社会とは

いかがだったでしょうか?
ここまでは、高齢者の定義変更提案について詳しく説明していきました。

見ていただいた通り、75歳以上を高齢者とし、65~74歳までの方たちを准高齢者という新しい定義にしようとする考え方となっています。

今回の定義変更提案はいったい何を示しているのでしょうか。
私は、この定義変更がそのまま現代の日本の高齢化社会の示しているように思えます。

高齢者が65歳という従来の考え方は、すでに若い人たちにとっても、また高齢者の方たちにとってもあまりいい考え方とは言えなくなりつつあります。

若い人たちからすると、まだまだ元気な高齢者の方たちに働いてもらうことで年金額が抑えられ、介護保険料等の負担も少なくなるのではないかという考えが広まっています。

実際、高齢者の方たちの定年が数年延びるだけで、若い世代の負担額は大きく変わってくることは目に見えています。

現在の高齢者、つまり65歳以上の方たちにとってもこの定義は不名誉、というと変ですがおかしな気分にさせられてしまうところが少なくないようです。

スポンサーリンク

「まだまだ元気なのにもう高齢者か」

「なんでまだ働けるのに仕事を辞めなくてはならないのか」

「高齢者と呼ばれるのは嫌だ」

等、様々な悩みや不満を抱えている方も少なくありません。

高齢者の方たちは、若い人より体力が落ちていることがほとんどです。
筋力も低下し、集中力も若い時ほどはないかもしれません。

新しい仕事だって覚えは若手より悪いかもしれません。

ですが、これはあくまで加齢により生じる現象のほんの一面に過ぎません。
高齢者の方の真の価値はここではないはずです。

  • 豊富な経験
  • 若手育成現場での指導能力
  • そこにいるだけで生まれる安心感
  • ベテランならではのマニュアルにない技術
  • 職人気質なプロとしての仕事への姿勢

これらもまた、高齢者の方たちが持っているほんの一面に過ぎません。

まだまだ働けて、しかも技術は知識を数多く持っている。
にもかからわず定年により引退を余儀なくされる・・・

これは若手・高齢者、双方にとって痛手でしかありませんよね。

今回の提案が通り、75歳以上が高齢者となればおそらく日本の社会を構成する人員やルールは大きく変わります。

定年は当然引き上げられ、また年金の受給権なども変わってくることでしょう。
60歳以上でもらえていた年金が、これからは70歳・75歳になるまでもらえないとする法律が誕生するかもしれません。

多くの企業やお店にて、若い人から自分の祖父母の年齢の方が働く姿を目にするようになるでしょう。

これが良いほうに転がるか、悪いほうに転がるかはまだ分かりません。
そもそも、定義変更自体行われるかどうかまだまだ確定したわけではないからです。

高齢者の方が増えることで、若い人たちの働く場所や機会が減るかもしれません。
若手がいつまでたっても出世できない苦しい立場に置かれることも想像できます。

年金受給権が変わることで、これまで年金を受け取っていた方の生活が一気に苦しくなることは当然ありえます。
定義変更・制度変更により生じる問題は山積み状態といえるのです・・・

ですが、当たり前であった【高齢者の定義】にこういった意見が出てくること自体、世界一ともいえる超高齢化社会である日本の、ある種の限界を国民が肌で感じている証拠なのではないでしょうか。

  • 年金問題
  • 労働力不足
  • 社会全体の活力低下
  • 消費減衰

こうした問題を解決する特効薬となるのか・・・
今後もこの定義変更議論には注目していきたいと思います。

高齢者の社会問題関連記事

➡ 少子高齢化社会の原因と問題点について

➡ 高齢化社会の問題点とは一体??

➡ 高齢者が万引きを行う心理どんなものなのでしょうか?

➡ 年金手帳を紛失!?再発行は可能なの??

➡ シニアって何歳から?高齢者の定義との違いは!?

➡ 後期高齢者って一体何歳からなの??

➡ 高齢者向け簡単体操10種紹介!

スポンサーリンク