bsLOK_kuchitatabakonokanban

高齢者のタバコ問題

日本では、たばこ税の増加や社会の風潮などから最近タバコを吸う人が減少していますね。
ですが、まだまだ喫煙者が大勢いるのも確かです。

特に、高齢者の方にとっては
「なんで今更禁煙しなくてはいけないんだ」

「長生きなんてしたくないんだからタバコくらい吸わせてくれ」

等と考え吸い続ける人も多いとか。

タバコは悪いもの、と決めつけてしまいがちですが、実際それが毎日の楽しみだという高齢者の方も少なくはありません。
でも、喫煙が健康に良くないのも事実だし…と家族の方にとっては悩みどころです。

そこで、今回は高齢者の喫煙がもたらすメリット・デメリットについてみていきます。

スポンサーリンク

タバコのメリット

一般的に、タバコ=体に悪いというイメージが定着しています。
これは何も間違っていないのですが、これは喫煙者の方も理解していることです。

ですので、これを理由に高齢者の方に禁煙を迫ってもなかなかやめてはくれません。
むしろ、隠れて以前よりも吸うようになったなんてこともしばしば。

そこで、まずはなぜ彼らがタバコを吸うのか、そのメリットから見ていきましょう。

ストレス解消

タバコに含まれているニコチンは、実はストレスを軽減する効果があります。
また、たばこを吸うという行為自体が退屈を紛らわし、日々の楽しみとなっている場合もしばしばです。

精神安定

ニコチンは精神の安定にも大きく関連していると言われています。
体内にニコチンを摂取することで、緊張感が紛れ心が落ち着くとされています。

そのため、短時間で落ち着かなければならない時などにタバコを一本吸って緊張を減らそうとするのは効果的と言えます。

コミュニケーションツール

これは、特に高齢者の方にとって大きなメリットとなっているのではないでしょうか。

タバコを吸うと、喫煙者同士で会話が生まれることもしばしば。
特に、昨今の喫煙者にとって住みにくい社会は、今まで以上に喫煙者同士のきずなを強めているようです。

「お互い住みにくい社会になりましたな~」
「隠れて吸う一本がおいしいんです」
「お宅は何の銘柄を吸っているの」

・・・等、会話はいくらでも生まれてきます。

食欲制限

ニコチンは、なんと食欲も抑制してくれるそうです。
脳の食欲をつかさどる信号に働きかけるため、タバコを吸った後はあまり食欲がわかなくなるとのことです。

とまあ、以外にも知られていないタバコのメリットもあるわけです。

スポンサーリンク

タバコのデメリット

それでは、次はタバコを吸うことによって生じるデメリットです。
私たちが思っている以上にタバコには恐ろしい害がたくさんあるんです・・・

中毒性

タバコに含まれるニコチンの中毒性はとても強いです。
なんと、アルコールなどよりもはるかにその中毒性は高く、さらにドラッグであるコカインやヘロインよりもさらに上なのです。

一度喫煙者になると禁煙するのは難しい、というのはこの強すぎる中毒性によるものが強いでしょう。

病気のリスク

慢性閉塞性肺疾患、別名COPDと呼ばれる難病があるのですが、この病気の最も高いリスクは喫煙によるものだと言われています。
呼吸がしにくくなる、息切れがするなどから始まり、器官の炎症、呼吸不全と症状は進行していき、最後にはボンベなしには生活も困難になってしまう恐ろしい病気です。

もう一つ、動脈硬化にもタバコは深く関係しています。

タバコを吸っていると、悪玉コレステロールが血管にたまりやすくなってしまいます。
これだけでも動脈硬化のリスクはかなり高まるのですが、さらに喫煙は動脈硬化を防いでいる善玉コレステロールを減らす働きも持っているのです。

そのため、喫煙者は動脈硬化が発生しやすいと言えます。

歯が汚い

タバコのやになどが原因で、どうしても喫煙者の歯は黄ばみがちです。
また、口臭も強くなってしまう傾向にあります。

さらに、歯周病にかかるリスクも増大してしまいます。
喫煙者の方が、そうでない方に比べて歯の本数が少ないのはこの歯周病によるものです。

購入費用

当たり前ですが、たばこを買うのにはお金がかかります。
しかも、先ほど述べたようにタバコの中毒性はかなり強く、そのため喫煙歴が長くなるほど比例して吸う本数も増えてきます。

現在のタバコの価格で考えると、1日1箱しか吸わない人でさえ、年間約17万円ほどはタバコにお金を費やしている計算になります。
年金も毎年のように少なくなっていく現在、高齢者の方にとってタバコが家計を圧迫しているケースは少なくないようです。

周りの目

喫煙者の方は意外と気づかないようですが、彼らに向けられて社会の目はとても冷たいものです。
特に、ルールを守らずポイ捨てや歩きタバコ、吸ってはいけない場所での喫煙をしている人を見ているとき、本当に嫌そうな眼をしている人も多いのが実際のところです。

もちろんそうでない方がほとんどなのですが、一部の人のせいで喫煙者の方全員がこう思われているのも事実です。

終わりに

タバコのメリット・デメリットのがわかっていただけたでしょうか。
ここで断言しておきますが、私は喫煙に対して良いも悪いも思ってはいません。

最終的に決めるのは自分自身ですから、私は喫煙を止めることはできませんし、タバコを吸うことにメリットがある以上、それを無視して他人が止めるのもおかしいのかもしれません。

ですが、高齢者の方には若い人よりもさらに深刻なダメージを肺や血管に与えることが多いのは事実ですし、その他心身に与えるダメージも大きいのは本当です。

また、平均的に見ると、やはりタバコを吸っている方のほうが健康寿命が短いのも事実なようです。
ですが、たばこそのものが毎日の安らぎのひと時になっている人、友達とタバコをふかすのが楽しみといった高齢者の方がいるのもまた事実です。

タバコは見方によってその役割を大きく変えます。
メリットのほうを見るか、デメリットのほうを見るか。

あなたにとって、たばこは薬ですか?それとも・・・毒ですか?

体の健康関連記事

➡ 胃潰瘍の症状を初期からチェック!

➡ 台風が来ると頭痛と眠気が襲ってくる理由とは!?

➡ 花粉症なのに微熱が続く・・・ってなんで!?

➡ 肺気腫末期の症状はどういったものなのか

➡ 足がだるい原因が病気になったなんて。。。

➡ 巻き爪が可能して膿みが出た場合どうするか

➡ 子宮頸がんの検査は痛いのか調べてみた

スポンサーリンク