-shared-img-thumb-PAK56_aozoratoyama_TP_V

高齢者の方を

邪魔

と思う人が増えているそうです。
ですが、高齢者の方たちがいなければ、過去も、そして未来の日本もないのかもしれません・・・

スポンサーリンク

高齢者は邪魔という風潮

最近、若者たちの間で、

高齢者は邪魔だ

なんであんな人たちを大事にするの?

等という意見が言われることが多くなっているそうです。
特にネット上では、その傾向が強く

「生産性がない年寄りを大事にして何か意味があるの?」

とまで言われています。

ですが、これは私からすれば全く理解できないことです。
その理由は二つあります。

一つは、高齢者の方への敬意があまりにかけているからです。
今の日本が、私たちがあるのは、私たちの大先輩である方たちが頑張ってくれたからなのだということをすっかり忘れているのだと思います。

そしてもう一つが、今の日本において最も経済に影響を及ぼすのが高齢者の方たちだという事実に基づいたものです。

この二つについて、詳しく説明、というより私の想いを書かせてもらおうかと思います。

今の日本を作ったのはあなたではない

日本は素晴らしい国です。

ここまでの経済発展を遂げている国にもかかわらず、国民間の貧富の差は極めて少なく、極端に貧しく食べることもできないような人はほとんどいません。

また、食べ物に困るというようなこともなく、好きなものを好きなだけ食べられる国でもあります。

私たちは、この生活に慣れすぎているせいで、これが当たり前のように思えてしまいます。
ですが、これは当たり前などではありません。

私たちの上の世代、すなわち高齢者の方たちが戦後すべてを失った日本においてその発展の土台を作ってくれたからこそ今があるのです。

数十年前までは、日本は貧富の差も激しく、食べることもできないままに死んでいく人もいました。
生きるために盗みを働く人もいましたし、食事は畑に忍び込んで盗んだ野菜だけという話も聞いたことがあります。

しかし、それから100年もたたない今、日本という国はどうなっているでしょうか?

どんな人でも、贅沢さえ言わなければ衣食住は手に入ります。
多くの店では白ご飯はお替り自由、いくら食べてもいいのです。

かつて、お米が目が飛び出るほどの高級品だった時代からは考えられないことです。

こんなにも住みやすい国になったのは、まぎれもなく一番つらく苦しい時期を今の高齢者の方達が支えてきてくれたからです。

貧しい中で、苦しい中で、生きるために、そして日本をよくするために尽力してくれたのです。
その努力があったからこそ、今の私たちの生活があるということは決して忘れてはならないことだと思いませんか?

スポンサーリンク

日本の経済は高齢者が握っている?

今挙げた一つ目の理由は、私の私情も含まれています。
そのため、結局感情論だろうといわれては、反論できません。

ですがそれ以上に、高齢者の方を邪魔ということはできない理由が今の日本にはあります。

それが、日本経済の問題です。

日本は、現在世界一の少子高齢化社会です。
高齢化率は20%を超えており、止まることを知りません。

そんな高齢者数の伸びとは対照的に、若者の数は減る一方です。
また、高齢者の方ほどやはり貯蓄は多い傾向にあり、タンス預金・株式などの全資産を合計すると、日本人全体の資産の中でも大部分を高齢者の方が握っていると言えます。

このことから、日本において現在最もお金を持っており、今後ますます需要=お金を消費する人数が増えるのは間違いなく高齢者の方です。

そんな彼らを、邪魔者扱いするのは、日本の経済の発展を止めることと同じです。

日本を豊かにするため尽力してくれた高齢者の方たち。
そして、今の時代においては今後も日本が裕福で、ますます豊かになっていけるかどうかのカギを握るキーパーソンとなったというわけです。

高齢者の方は邪魔?
いえ、寧ろ最も重要な世代と言えるのです。

いつかはみんな高齢者

いかがだったでしょうか?
今回は、高齢者は邪魔かどうかについての記事を書きました。

高齢者の方は過去の日本を支え、現代の日本の土台を作ってくれました。
そして今、今度は日本の経済の発展のカギをも握っているのです。

そんな彼らをどうして邪魔だと言えるのでしょうか?

最後に、一つだけ皆さんにお伝えしておきたいことがあります。
私は、介護士として働いていて、高齢者の方たちと接する機会が多く、本当にたくさんのことを勉強させていただきました。

そのせいもあって、高齢者の方達には敬意を持っているし、邪魔だなどと思うことはありません。
ですが、高齢者の方と接点を持たない方が

高齢者は邪魔だ!

と思うこと全部を否定する気にはなりません。
考え方は千差万別です。

私の考える高齢者像をほかの方に押し付けようとも思いません。

ですが、一つだけ覚えておいてください。
今、「高齢者なんて邪魔だ!」と叫んでいる若い方も、いずれは年を取ります。

白髪が生え、腰が曲がり、老眼も出てくるでしょう。
そして、最後にはあなたも

高齢者になるのです。

あなたが邪魔と言っている高齢者は、邪魔だと思っているその姿は、未来のあなたそのものなのかもしれませんよ?

関連記事

⇒ 『高齢者 ずるい』が検索結果急上昇!?原因を調査!!

⇒ 高齢者の本当に欲しいもの、知っていますか? 

⇒ 認知症は、ただの邪魔な病気なのでしょうか?

スポンサーリンク