bsOHT96_genkihimawari

ココナッツオイルで認知症治療

ココナッツオイルというものを皆さんはご存知でしょうか?

文字通り、ココナッツから取れたオイルなのですが、これが今、認知症治療の現場で大評判なのです。

実は、ココナッツオイルには認知症の症状改善効果が見込まれるというデータが明らかになっているのです。

前回の記事で、亜麻仁油は認知症予防に効果がるとお伝えしましたが、今回のココナッツオイルは認知症を発症して後にでも効果が見込める食材なのです。

スポンサーリンク

ココナッツオイルの効果とは

では、ココナッツオイルには実際どんな効果があるのでしょうか?

ココナッツオイルの主成分である中鎖脂肪酸トリグリセリドは、体内に入るとケトンという物質に変換されます。

このケトンこそが、認知症治療に欠かせない物質なのです。

脳は通常ブドウ糖をエネルギー源として活動しているのですが、認知症になってしまうと脳内の神経細胞の働きが阻害され、上手にブドウ糖をエネルギーとして使えなくなります。

この状態が続くと脳はエネルギー不足から急速な老化を起こし、深刻なダメージを受けてしまいます。

すると、それが原因でますます認知症は悪化して…という悪循環に陥ってしまいます。

ここで、ケトンの出番の訳です。

ケトンはブドウ糖以外では唯一といっていい、脳のエネルギーになることのできる物質なのです。

つまり、認知症でエネルギー不足となってしまった脳に、ココナッツオイルを通してケトンという新しいエネルギー源を渡してあげるのです。

こうすることで、脳はエネルギー不足の状態が改善され、再び活発に働くようになります。

認知症の症状の悪化の原因の一つは、先ほども述べたようにエネルギー不足による脳の老化、神経細胞の破壊です。

ですから、ココナッツオイルでケトンを摂取すれば、脳の老化を防ぎ、認知症治療効果を得ることができるのです。

ココナッツオイルの摂取量

そんな、認知症患者にとって新たな希望の光ともいえるココナッツオイル。

その効果が現れる量の目安としては、ココナッツオイツを一度の食事で大さじ1杯か2杯(15~30ミリリットル)程度と言われています。

この量を摂取すれば、血液を通して脳に効果的にケトンを送ることができます。

ただし、ケトンはエネルギーを作るためにすぐに消費されてしまいます。

ですので、認知症の治療効果を毎日維持しようと考えるならば、これを1日に3回摂取する必要があります。

スポンサーリンク

ココナッツオイルの料理方法

しかし、いくら体に良いといっても一日に3度もそのまま飲むのはつらいですよね。

ちなみに、ココナッツオイルは少しフルーティな香りのする、さっぱりしたバターをイメージしてもらったらいいかと。

そこで、いくつか料理方法を書いておこうと思うのですが、その前に一つ注意点を。

ココナッツオイルは25度以下になると固まってしまう性質ですので、冷たい飲み物に入れるのはお勧めできませんのでお忘れなく。

トーストに塗る

バター代わりにトーストに塗ります。

バターの量を半分にして、小さじ二杯ほどのココナッツオイルをかけてみてください。

ほんのり甘い香りが、いつものトーストを普段と違う料理に変身させてくれます。

サラダにかける

そのまま、ドレッシングとしてサラダにかけるのもありです。

もともとダイエット補助食品としても人気の高いココナッツオイルですから、以前から若い女性を中心にこのような食べ方はされていたんです。

適度なこってり感と甘みを付けてくれるのでドレッシングよりも健康的かつ低カロリー、さらにおいしいと大人気の食べ方です。

暖かい飲み物に

いつものコーヒー+砂糖の組合わせを、コーヒー+ココナッツオイルに変えてみてはどうでしょう?

ココナッツオイルのほのかな甘みとフルーティな香りは意外とコーヒーに合うんです。

ちなみに、海外の人気モデルであるミランダ・カーさんは暖かい緑茶にココナッツオイルを垂らして飲むんだそうです。

こちらを試してみるのもいいかもしれませんね。

カレー

ココナッツオイルは、特にスパイスを使った料理との相性がいいと言われています。

カレーを作る際、野菜をいためたりルーを入れる時に一緒にココナッツオイルを垂らしてみてください。

適度なコクを加味しつつ、味のバランスをしっかりと整えてくれますよ。

鶏肉と野菜の炒め物

野菜炒めを作る際に、油の代わりに使用してみるのもおすすめです。

ココナッツオイルは鶏肉との相性も抜群!

ですので、野菜炒めに鶏肉も加えてみることをお勧めします。

油の使用を抑えることもできるし、まさに一石二鳥です。

さらに、鶏肉は高齢者の筋力維持に必須のたんぱく質を多く含んでいます。

このレシピは、高齢者にとって健康維持に欠かせない食材や栄養素を多く含んでいるので、どんどん作ってほしいレシピですね。

終わりに

ココナッツオイルを飲むことで症状が改善した人の事例は数多く紹介されています。

  • 知能テストの点数が上がった
  • 歩けなかったはずの方が、毎日のココナッツオイルの摂取を繰り返すことで歩けるようになった
  • 発語が可能になった

等、認知症の症状改善に効果があるのは間違いないと思います。

ただし、臨床実験ではすべての人に100%の効果が出たというわけでは残念ながらないそうです。

効果が薄かった人、症状が改善されなかった人も少なからずいるのが現状です。

それでも、認知症治療に新たな光が差したことには間違いなく、そういった意味ではココナッツオイルの働きは本当に大きなものといえます。

現在の実験・検証は続けられているそうで、近い将来誰にでも効果のある薬としてココナッツオイルが販売されるかもしれませんね。

クイズで楽しく認知症予防♪

➡ クイズ問題まとめ記事はこちらから

➡ IQクイズ問題にいざ挑戦!あなたのIQはいくら?

➡ 謎解きクイズ問題!この謎があなたに解けますか?

➡ 何を言ってもクイズって知っていますか?

➡ 暗号クイズ問題にも是非チャレンジを!

➡ さあ、挑戦して下さい名探偵・・・推理クイズ問題

➡ 世界一難しいなぞなぞ・クイズ問題はこの10問で決まり!!

スポンサーリンク