毛虫に刺された時の対処方法についてお伝えします。

スポンサーリンク

 

「イテッ!」

 

チクッとした痛みにビックリして腕を見ると、なにやら赤くなっている。
そしてそのすぐそばには毛虫が・・・

こんな経験、ありますよね?
身近な害虫であり、また多くの方が実際に刺された経験のある毛虫ですが、意外とその対応については知られていません。

そこで今回は、毛虫に刺された時の対処方法や、あなたを襲う症状について見ていきます。

毛虫に刺されたら・・・

それでは紹介していきます。
今回は、毛虫に刺されたらということで、その対処方法や症状についてお伝えしていきます。

この記事を見ている方の多くは、今毛虫に刺されて困っている、あるいは自分の症状が毛虫刺されなのかが気になっていることと思います。

早速ですが、まずは毛虫に刺された時の対処方法について見ていきます。

まずは対処方法を確認しよう

対処方法ですが、全部で6つあります。
段階を踏んで、一つずつ見ていきます。

絶対に触らない

まず一番先に言っておきたいのは、

 

決して触ってはいけない

 

と言うことです。
痛がゆい毛虫刺されですから、ついつい手が伸びてしまう気持ちはよく分かります。

ですが、ここで触ってしまっては、もし毛虫に刺されていた場合、皮膚に刺さったままの毛虫の毛や針がドンドン皮膚の奥にまで食い込んでしまうのです。

更に厄介なのは、触った手に毛や針がくっついてしまい、それがまた触った部分に刺さり、症状が広がる可能性があるという点。

腕を刺されたはずなのに、いつの間にか顔まで毛虫に刺されたようになる事も・・・
恐ろしいですね(ーー;)

症状悪化を防ぐためにも、決して触らないようにして下さい。

針や毛を取り除く

針が刺さったままの状態では、たとえ触らなくても何かの拍子で皮膚の奥にまで食い込んでしまう可能性が高いです。

即刻抜いてしまいましょう。

 

決して、手で抜いてはいけません。

 

皮膚の奥深くまで食い込む、あるいは手に付いてしまうなど、寧ろ今よりも症状が悪化する恐れがあります(ーー;)

わたしがオススメするのは、ガムテープやセロテープなど粘着テープで針を抜く方法です。
これなら、手で触れる心配もありませんし、確実に針を抜くことが可能です。

コツは、

 

  • ゆっくり丁寧に行う
  • テープを多めに取る

 

この二つです。
丁寧に毛抜き作業を行うのは、当然被害の悪化を防ぐことが目的です。

焦って作業をしていると、抜けないどころかあちこちに針や毛がくっ付いてしまう恐れも・・・
早く抜きたい気持ちを抑えて、ゆっくり確実に、淡々と行いましょう。

そしてもう一つが、

 

テープを多めに取る

 

です。
というのも、ギリギリ量のテープでは、毛や針の抜き漏らしが出てしまう恐れがあるためです。

節約も大事ですが、こういう時はお金よりもあなたの健康が優先です。
多めのテープで、刺されたと思われる範囲より二回りほど広く毛抜き・針抜き作業を行いましょう。

患部を流水で洗い流す

針が抜けた後は、流水で綺麗に洗い流しましょう。

傷口付近の毒を流すのは勿論、刺さってこそいないものの、皮膚に付着してしまっている針やトゲを一緒に洗い流してしまうことが目的です。

ここでも、当然手で洗ってはいけません。
針が食い込む恐れだけでなく、手から無用な菌が侵入し、症状の悪化を招く恐れもあります。

冷やす

流水で洗い流した後は、とにかく冷やします。
冬場なら水でも良いのですが、出来れば保冷剤や氷などでしっかり冷やして下さい。

水の温度は案外高く、毛や針・菌を洗い流すことは出来ても冷やす効果はほとんど期待出来ません。

氷でしっかり冷やすことは、

 

炎症を抑える

腫れを抑える

毛虫の毒の回りを遅くする

 

等の効果が期待出来ます。
特に、炎症を抑えてくれる効果はありがたいです。

この冷やすという行為をするかしないかで、毛虫刺されの症状の進行具合は大きく異なります。
悪化を防ぐためにも、症状を軽くで抑えるためにも、必ず氷や保冷剤といったもので冷やして下さい。

ちなみに、外出先で刺された場合は、コンビニの氷がオススメです。
何故かと言いますと・・・実際に私がその使い方をしたことがあるからです(笑)

袋をもらって入れれば、それだけで即席の氷袋の完成です。
患部をすぐに冷やすことが出来ますよ(^^)

スポンサーリンク

塗り薬を塗っておく

さて、冷やすまでが応急処置の一連の流れとなります。
応急処置とは言いますが、上の4つの行動を取るか取らないかで、毛虫刺されの症状は本当に全然異なります。

 

最低限で被害を食い止めるためにも、この応急処置は必ず行って下さい。

 

そして、ここから家に帰っての治療となります。
まずは塗り薬を患部に塗って、回復を早めましょう。

オススメは

 

  • 抗ヒスタミン薬
  • ステロイド薬

 

です。
これらの成分は、毛虫の毛や針に含まれる毒による炎症や、辛いかゆみに対して非常に効果を発揮してくれます。

・・・とは言え、一体どれが効くのかなんて中々分かりませんよね(^_^;)
薬剤師さんのいる薬局があれば症状を説明し、最も適した薬を教えてもらうようにしましょう。

ドラッグストア等でとりあえず買うという場合には、

 

【毛虫刺され】

 

と用途の部分に書かれているものを購入して下さい。

ムヒアルファEXのように、虫刺され全般に効果のある薬もありますので、あらかじめ一家に一本は常備しておくのがオススメです。

ただし、こうした市販の薬は効果がやや薄い場合や、体質などの関係で薬が合わず、更に症状を悪化させてしまう可能性も・・・

出来れば、病院の皮膚科を受診して、そこで診察してもらって下さい。
その際に、行った応急処置の内容も伝えることも忘れずに。

あなたに出ている症状や、あなた自身の体質から最も適した薬を処方してくれるので回復も早いです。
餅は餅屋という言葉がありますが、まさにその通りです!

毛虫刺されといえど立派なケガの一つであり、炎症を引き起こす危険な状態です。
特に、刺した毛虫の種類によっては、命をも危険にさらす程の強烈なアレルギー症状も引き起こしかねません。

 

「たかが毛虫・・・」

 

等と侮らず、早めの病院受診をしてもらえればなと思います。

着ていた服は脱いで洗濯!

応急処置をして、薬を塗って終わり・・・と言うわけにはいきません。
必ず、毛虫に刺され時に着ていた服は脱いで洗濯して下さい。

毛虫の毛や針は大変軽く、気づかないうちに衣服に付着している可能性が高いためです。
面倒ですが、着ていた服は帰宅後すぐに脱ぎ洗濯してしまいましょう。

この時、必ず守って欲しいのが

 

他の衣服と一緒に洗濯しない

 

という点です。
一番良い方法や、

 

  1. ガムテープなどで服に付いた針や毛をできる限り除去する
  2. 50℃以上の熱湯につける
    (毛虫の毒が熱に弱いため)
  3. アイロンをかける

 

という手順です。
ここまですれば、仮に衣服に毛虫の針が刺さっていた場合でもほぼ確実に取り除くことが出来ると言えます。

こんな症状は毛虫刺され

さて、ここまでで毛虫に刺された時、あなたが何をすれば良いのかは理解してもらえたかなと思います。

しかし、この記事を読んでいる方の中には

 

「この症状、毛虫に刺されたから?」

 

と知りたくて当サイトまで来てくれている方もいるはずです。
そこでここからは、毛虫に刺されたらどのような症状が出るのかについて解説していきます。

あなたのその症状、実は毛虫の毒によるものなのかもしれませんよ・・・?

毛虫刺されの症状の名前は【毛虫皮膚炎】

毛虫に刺されて生じる皮膚炎のことを毛虫皮膚炎というのですが、この症状で主にあらわれるのは

 

痛みが出る

かゆみが発生する

水ぶくれが出来る

発熱を伴う

 

といったものです。
最初は、まるでじんましんのように小さな湿疹がぽつぽつと出てきます。

段々皮膚がぼこぼこになって来た段階で、かゆみが生じます。
そして更に悪化していくと、徐々に痛痒い、ひりひりとした感覚が出てきます。

時には、毛虫の針が刺さっていた部分を中心に大きな水ぶくれが発生し、辛い発熱に襲われてしまうのです(ーー;)

この時点で既に相当辛いのですが、更に恐ろしいことに、

 

毛虫刺されでもアナフィラキシーショックが生じる可能性がある

 

のです!

以前、蜂に刺されたときの対処方法の記事を書いたことがあります。
➡ アシナガバチに刺されたら!?処置や症状、病院の何科に行くか紹介!

この記事にて詳しい説明をさせてもらいましたが、時にアナフィラキシーショックは人の命すら奪う恐ろしい症状なのです。

勿論、全ての人が毛虫に刺されたからと言ってショック症状に陥るわけではありません。
ですが、

 

毛虫の毒が原因で命を落としかねない危険な状態に陥る可能性がある

 

この事もまた、頭の片隅に置いておいてもらえればなと思います。

毛虫に刺された跡はどうなるの?

さて、症状の次に毛虫に刺された跡の特徴をお伝えしておきます。

これさえ分かっておけば、目で見ただけで自分の症状が毛虫刺されか否かを判断できるようになります。

主な特徴としては

 

  • 赤いブツブツが出てくる
  • 腫れる
  • じんましんと見た目が酷似している
  • 細い針(毒針)が刺さっていることも…

 

があります。
最初は、毛虫に刺された部位に数カ所、赤いブツブツが現われます。

 

「何の湿疹だろう?」

 

と思っていると、いつの間にかこの湿疹が数十個まで増殖していきます。
更に、小さかったはずの赤いブツブツがドンドン大きくなり、いつの間にか腫れてじんましんのような形に変わります。

しかも範囲がとても広がっていて、虫に刺されただけなんて想像も出来ません。
これが、毛虫刺されの跡に出てくる特徴です。

 

「じんましんかな?」

 

と思ってしまうほど、症状が類似していますので、見分けが難しいです(ーー;)
一応、判断材料として毛虫刺されの動画を載せておきます。

これを参考に、自分の症状がじんましんか毛虫刺されかを見極めてもらえればなと思います。

赤い湿疹が出てきた時点で、一度その部位をじっくり観察してみましょう。
もし刺さっている毒針を見つけたら、すぐに先程説明したテープを用いた方法で、必ず抜いておいて下さいね。

スポンサーリンク

あなたを刺す毛虫はそんなに多くない!?

 

毛虫=危険な虫

 

と思われがちですが、全ての毛虫が毒を持っている等と言うことは決してありません。
まして、本当に危険な毒針や毛を持っている毛虫と言えば限られてきます。

ここからは、あなたを刺す恐れがある6種類の毛虫について詳しく見ていきます。

チャドクガ

日本国内で最も危ないとされている毛虫です。
チャドクガに刺されると、時に非常に強いアレルギー反応を体が示してしまう場合も・・・

主な活動期間は春から夏にかけて(4月~9月)です。
椿やサザンカにくっついていることが多く、体調は1センチ前後と非常に小さいです。

毒を持つ毛虫は全て注意が必要ではありますが、その中でもチャドクガの毒針には要注意です。

ドクガ

続いては、ドクガです。
名前の通り、毒を持っている毛虫となります(^_^;)

活動期間は春~初秋にかけてで、一年の約3分の2は活動していることになります。
体長は4センチほどで、色はオレンジ。

600万本の毒針を持っており、わずかに触れただけでもかなりの数の針があなたの体を襲うこととなります。

刺されると広範囲で毛虫皮膚炎の症状が出てきてしまう、とっても厄介な毛虫です。
更に、その生息地も困ったもので、なんと

 

 

といった日本人が好んで見に行く植物に多く住んでいます。
美しい木々や花を愛でるのも良いですが、毒蛾の毒針には気をつけて下さいね(^_^;)

スポンサーリンク

イラガ

続いてはイラガ。
上の動画で紹介していますが、黄緑色の縞模様をしており、葉っぱと色が混ざるため非常に目視しにくいです。

そのため、イラガの存在に気づかず、葉っぱに触れた際に刺されるといった被害が多く聞かれます。

主に初夏から晩秋にかけて活動しており、桜や梅・ケヤキといった植物に生息しています。
このイラガが怖いのは、刺した直後に毒液を相手に注入するという点です。

すぐに気づいてももう手遅れで、思わず叫び声を上げたくなるほどの激痛があなたを襲います。

クロシタアオイラガ

九州から北海道まで、日本のほぼ全土で生息が確認されているクロシタアオイラガ。
5月~9月にかけて活動が活発になるこの毛虫は、イラガと同じく桜や梅、ケヤキ等に生息しています。

2センチにも満たない小さな毛虫ではありますが、その毒針の痛みはイラガと同様で、更に痛みの持続期間はこちらが上です。

葉の裏側に住んでいることが多く、気づかずに触って刺されるといったケースが多発しています。

ウメスカシクロバ

春から秋にかけて活動していているウメスカシクロバです。
梅や桃・あんずと言った良い香りのする植物に生息しています。

サボテンを思わせるような全身の毛が大きな特徴です。
当然、

 

毒を持っている毛

 

です(^_^;)

桃やあんずと言った果物の木に生息しているため、手入れ中に刺される人が毎年後を絶たないというかなり厄介な毛虫となります。

マツカレハ

春から初秋にかけて活動しているマツカレハ。
こちらは名前の通り松の木に生息していて、松の木を枯らしてしまうとっても困った害虫です。

私の家の松の木も、このマツカレハによって枯らされてしまいました。

体調は7~8センチ前後で、他の毛虫と比べると明らかに大きいのがよく分かります。
体の色も銀色で、かなり目立つ個体と言えるでしょう。

 

マツカレハの毒針に刺されると、恐ろしいほどの激痛に襲われます。

 

しかもこの毒針、めちゃくちゃ太い束になっていて、パッと見ただけでも分かってしまうほど目立ちます。

体が大きい分、その毒の威力も大きいと言うことでかね(^_^;)
松の木を家で育てている人は、特に注意が必要です。

毛虫刺されがうつるってホント?

一部では、毛虫刺されれはうつると噂されているようです。
実際、ある家庭では

 

「一人が刺されただけだったのに、いつの間にか家族にも同様の症状が!」

 

なんてこともあったようです。
まさか、毛虫刺されは本当にうつるのでしょうか。

実は、毛虫刺されは・・・

 

うつりません!!

 

まずは安心してもらえればと思います。
ですが同時に、毛虫刺されが家族の中に一人でもいると、他の家族にまで被害が出てしまう可能性は高いです。

 

「やっぱりうつるじゃん!」

 

と思うかもしれませんが、それは違います。
先程の家族の例もそうですが、毛虫刺されが家族中に広がってしまうケースの原因は、ほぼ間違いなく目に見えない毒針・毛にあります。

衣服に付いていた毒針に気づかずそのまま洗濯。
その後、他の家族の衣服付着した針が刺さり、毛虫刺されの症状が現われてしまう。

なるほど、こうして見ると確かに感染したようにしか思えませんね(^_^;)

ですが、毛虫皮膚炎は、その名の通り毛虫に刺されたことによって皮膚炎が生じているだけです。
菌やウイルスといった感染症とは一切関係が無いので、うつる心配はありません。

とはいえ、毛虫の針を除去しない限りは延々と家族内に毛虫皮膚炎が広がっていってしまいます。

 

【何に(どこに)毒針が付着しているのか】

 

まずはこれを分析し、見つけたらすぐに消毒を行いましょう。
最後に毛虫皮膚炎を発症してした、家族の衣服や持ち物が特に怪しいです。

 

  • 腕に出たなら上着
  • 足に出たなら下着やズボン

 

等を疑ってみましょう。
気づかないうちに、針が刺さっている可能性は高いです。

毒針を確実に除去して、大事な人たちへの被害拡大を防ぎましょう。

毛虫に刺されたらすぐ対処!

いかがだったでしょうか?
今回は、毛虫に刺された時の対処方法や症状、どのような毛虫があなたを襲うのかといった点に注目して紹介してきました。

毛虫刺されで言えることは、とにかく迅速かつ確実な応急処置が何より大事だと言うことです。
ここを怠ると、後々症状が重く、しかも治りが遅いものになってしまいます。

一つ一つこの記事で確認し、確実に処置を行ってもらえればなと思います。

また、良くある疑問の一つ、

 

【毛虫刺されはうつるのか】

 

という話ですが、こちらは一切心配はありません。

ただし、刺された家族や衣服等に毒針が付いていて、それが家にまで着いてきてしまっていた場合は話が異なります。
これが刺さって新たな毛虫皮膚炎の被害者が出る場合も・・・

いずれにせよ、応急処置でも書いた対処方法を確実にこなすことが、症状を和らげ被害を最小限に抑える最もベストな方法です。

毛虫に刺されたら本当に痛いです。
あなたを襲う日常生活に潜む危険・・・その毛虫被害、どうか最小限で収まることを祈っています。

日々の生活向上に役立つ雑学豆知識

➡ 鼻水を止める方法!食べ物に水、薬にツボで簡単解消!?【風邪や花粉症】

➡ ヤモリは縁起がいいってホント?幸運の兆候も!家守だから家も守る?

➡ 風邪で出る鼻水が透明で止まらない!?治りかけってホント?【ネバネバ】

➡ ナメクジは塩でなぜ溶ける?砂糖でも死ぬし、水で戻る!?【縮む】

➡ スライムの作り方!ホウ酸や洗剤・重曹が材料の簡単レシピ【ふわふわ】

➡ 風邪でお風呂は入らない?ひきはじめ・治りかけは大丈夫か【温度と時間】

➡ 手の甲のぶつぶつにかゆみが…原因はストレスと日光か?【治し方も】

スポンサーリンク