風邪で出る鼻水が透明だったり黄緑色をしている・・・こんな経験ありませんか?

スポンサーリンク

咳や喉の痛み、高熱など厄介な症状の多い風邪。
その中でも、一際嫌な症状が・・・

鼻水

です。
呼吸は苦しくなるばかりか、いつの間にか出てきていて汚いし、鼻をかみすぎれば副鼻腔炎などの病気を併発することも・・・

正直、かなり厄介です。
今回は、そんな風邪と鼻水の関係性について色々とみていきます。

風邪で出る鼻水が透明に!?

それでは早速紹介していきます。
今回は、風邪の時に出る鼻水に注目した記事となります。

あなたが風邪を引いたとき、咳や熱といった症状とともに、鼻水も出るかと思います。
この鼻水について、どのように考えていますか?

うっとうしい

息がしづらくて邪魔

汚い

このような印象が多いかと思います。
勿論、これらの感想は正しいものですし、私も鼻づまりによる呼吸のしにくさにはいつもうんざりしています(^_^;)

ですがこの鼻水、実は少し視点を変えて注目するだけで、風邪に関する重要な情報を多く入手することが出来てしまうんです。

ポイントは

  • 形状

この二つです。
余り見ない・・・というより、見たくないかもしれませんね(笑)

ですが、その点に着目することで、あなたは今自分の風邪がどのような状態なのか知ることが出来るようになるのです。

ここからは、風邪の時に出る鼻水に関する様々な情報をその色や形に着目してお伝えしていきます。

そもそも風邪を引いて鼻水が出る理由とは?

まずは、何故風邪を引くと鼻水が出るのか。
この疑問に付いてみていきましょう。

このように、一見意味の無いと思える風邪の主症状も、全て理由があって生じています。
では、鼻水は一体なぜ出るのでしょうか?

一見意味の無い、無駄なようにも思えるこの鼻水・・・実はとっても大事な働きをしているんです!

私達の体は、本当に良く出来ています。
ウイルスや細菌といった、風邪を始めとした病原体が体内に侵入した場合、それを追い出そうとする防御反応が働くのです。

基本的に、風邪のウイルスは鼻や口といった場所を侵入経路としています。
この時、鼻から侵入したウイルスは鼻の粘膜に強い刺激を与えます。

それにより、炎症を起こしてしまい鼻づまり=鼻水が発生。
この鼻水こそ、私達の体がウイルスを外に追い出そうとする防御反応そのものなのです。

つまり鼻水は、風邪ウイルスを外に追い出すために体が用意した対抗策といえるのです。

時折、鼻水を吸い込んでそのまま飲み込んでしまう人がいますが、これはいけません。

何故なら、見ての通り鼻水はウイルスを外に追い出すためのもの。
つまり、鼻水の中には体外に排出されるはずのウイルスがうじゃうじゃ潜んでいるのです。

鼻水を吸い込んでしまうと言うことは、折角体外に排出できたはずのウイルスを自ら吸い込んでいることと一緒なのです。

面倒ですが、ティッシュで一回一回丁寧に取ってしまいましょう。

鼻水が透明なのは・・・

さて、風邪の時に出る鼻水がウイルス排出のために体が用意した防衛反応であることは分かっていただけたかと思います。

しかしその一方で、鼻水の色や形状についてはまだまだ分からないですよね(^_^;)
次は、そこに焦点を当てて説明していきます。

風邪の引き始めには、鼻水が透明かつサラサラであることが多いですよね。
何故このような色と形状をしているのでしょうか。

実は透明でサラサラな鼻水は、大量の水分で鼻を洗い流そうとする体の働きを示しています。
確かに、ドロドロと粘りけのあるものよりも、この鼻水の方が通りも良く、スムーズに鼻の中を洗浄できそうですもんね(^^)

透明な鼻水が出ると言うことは、まさに風邪の初期段階!
これから風邪のウイルスと戦うための準備を体がしていると言うことです。

透明鼻水が止まらないという方は、このまま放っておけば風邪がドンドン悪化してしまいます。
早めに休息を取り、風邪に負けないように体調をしっかり整えて下さいね(^^)

ネバネバで黄緑色の鼻水が出る場合

さて、良く聞く噂話の一つに、

「黄緑色の鼻水が出たから風邪が治りかけ」

というものがあります。
確かに、鼻水の色が変化しているわけですし、体調も変化して良い方に向かっているようにも思えます。

・・・が、これは大間違い!!
鼻水が黄色・黄緑色になったと言うことは、今まさにあなたの体がウイルスと戦っている最中なのです。

実はこの鼻水の緑色、白血球が体内でウイルスを退治してくれている証拠なんです。

体の中に入った細菌やウイルスは、通常白血球が退治してくれます。
当然、鼻から侵入した場合でもそれは変わりません。

白血球とウイルスとの戦いでは、両方ともドンドンやられていきます。
そしてその死骸がどうなるかというと、体外へ排出されます。

この排出する際に出る鼻水こそ、黄緑色の鼻水なのです。
ウイルスや白血球の死骸が多量に含まれている結果が、形となって現われているのです。

更に、黄緑色の鼻水は基本的にネバネバとしているのをご存じかと思います。
これにもウイルスや白血球が関係していて、これらの鼻水に混ざることによりサラサラだった鼻水は徐々にその粘度を増していくのです。

色が濃く、しかもネバネバの鼻水が出るという方は、かなり風邪が重度で、かつ体内で風邪を治すための戦いが体内にて必死に繰り広げられているというわけです。

とは言え、基本的にはこれらの鼻水が出ると言うことは、風邪を治すために体が努力している証拠です。

完治はまだ先だとしても、徐々に回復傾向に体が向かっていると言うことですので、引き続き安静にして、ゆっくり体を休めてあげて下さいね。

そうすれば、近いうち、あなたの風邪は治るはずです。
勿論、無理は禁物ですよ(^^)

スポンサーリンク

気をつけて!黄緑色の鼻水は【副鼻腔炎】かも…

ここで、私も体験した恐ろしい病気を紹介していきます。
その名も副鼻腔炎(蓄膿症)です。

実は、こちらも黄色っぽい粘りけのある鼻水が出てくるんです。

何が厄介かというと、この副鼻腔炎・・・風邪の延長線上にある病気の一つなんです。
風邪から発展する病気と言えば

肺炎

が最も有名です。
実際、高齢者の方は毎年何人もの方が

風邪➡肺炎➡合併症

という順序をたどってしまいます。
ですが、体力がしっかりある若い世代の方であればこのようなケースは少ないのもまた事実です。

肺炎よりも寧ろ身近で、かつ恐ろしい病気をあげろと言われれば、私が確実にこの【副鼻腔炎】をあげます。

というのも、実際に私がこの病気に苦しめられてしまったからです。

半年ほど前、介護士としての仕事が忙しい時期に体調を崩した私は、それでも出勤を続けていました。
休むことなく働かざるを得なかったのですが、この時風邪を引いていました。

しかし、

「風邪くらい放っておけば治る」

と考え、無視していた私を突然の頭痛が襲ってきました。
この頭痛こそ、副鼻腔炎の症状の一つだったのです。

しつこい鼻水だな・・・と思っていたそれも、風邪によるものだけ無く、いつの間にか副鼻腔炎による症状が混ざってしまっていたのです。

風邪の悪化

体力の低下

抵抗力の低下

鼻のかみすぎ

等々、様々な要因が重なって、副鼻腔炎を発症してしまうことがあります。
本当に厄介です・・・

実際、私も完治させるまでに病院に通ってない期間を合わせると3ヶ月ほどかかりました(ーー;)

  • 頭痛
  • 止まらない鼻水
  • 息苦しさ

等、嫌らしい症状を多く持っているこの病気は、避けれるなら絶対にかかりたくない病気です。
どうやら、早期発見・早期治療に取り組むことが出来れば、私のように長期間苦しむケースは少ないようです。

体調が悪い方・長引く風邪に悩まされている方は、一度病院で詳しく検査してもらいましょう。
でないと、気づかないうちに副鼻腔炎を併発している可能性も。

あと、悪化してから病院へ行くと、お医者さん達に色々小言を言われます(笑)
(病院にて、チクリと釘を刺されました)

風邪の鼻水との違いを見極める方法は

黄色っぽい鼻水が一週間続く

です。
もしかしたら、風邪による鼻水かもしれませんが、いずれにせよ一週間もこの鼻水が出ると言うことは体がかなり弱っている、もしくは風邪の重度化が考えられます。

必ず病院を受診して下さいね(^^)

風邪による鼻水への対処方法!!

さて、ここまで風邪と鼻水の関係性について見てきました。
いよいよここからは、その鼻水を解消するための方法を紹介します。

多くの方が頭を悩ませる風邪による鼻水、どのように対処すれば良いのでしょうか?

スポンサーリンク

風邪薬を飲む

原因がまず間違いなく風邪だと分かっているとき最初にとる手段、それは・・・

風邪薬

です。
当たり前すぎるかのようにも思えますが、そもそも風邪を治すための薬なのですから、これほど有効な対処方法はありません。

この時、出来れば病院受診を行い、処方された風邪薬を飲むようにしましょう。
市販の物を悪く言うつもりはありませんが、基本的に病院で処方されたくするには効果は劣ります。

というのも、病院の場合はあなたの症状・体質に合った最適な薬を処方してくれるからです。
市販物のは誰にでも会うように作られていますが、逆に言えばあなただけにピッタリ合う薬でもないのです。

風邪と一口に言っても

等、症状によって必要な薬は全く異なります。
どの成分があなたにとって最も必要か、それを見極める目を持っているのはやはりお医者さんです。

是非是非、病院へ足を運び、自分に合った薬を飲むようにして下さいね(^^)

十分な睡眠を取る

風邪薬を飲んだ後は、とにかくぐっすり寝ましょう。

現代人の多くは睡眠不足だと言われていますが、これはそのまま風邪を引きやすい状態であるとも言えます。

また、睡眠時間が足りなければ、どれだけ良い薬を飲んだとしてもその効果を十分発揮することはありません。

風邪もそう簡単には治らないでしょう。
勿論、鼻水もです。

仕事や遊び、友人との時間に家庭・・・色々なことに苦心して、睡眠時間が削られていくことは良くある話です。
実際、どれも大切な物ですよね。

ですがその中にどうかもう一つ、【自分】を加えてあげて下さい。
自分のことを大切に思ってあげるなら、風邪の鼻水で悩むあなたが取るべき行動は、

睡眠

ではないでしょうか(^^)

栄養の取れた食事を心がける

栄養バランスの取れた食事も風邪を治す上では必須です!

特に、普段からコンビニ弁当やカップラーメン等偏ったものばかり食べている方は、風邪の治りが遅い可能性が高いです。

栄養バランスが崩れれば,必然的に体内のバランスも崩れ、体調不良を起こしやすくもなります。
忙しい現代人にとって、特に野菜を取るのが難しいのはよく分かります。

実際私も介護士という不規則な生活をして言うこともアリ、食事バランスは崩れがちです(ーー;)
もし野菜不足に悩んでいる方は、青汁を飲んでみてはいかがでしょうか?

以前紹介させてもらったのですが、味がとにかく美味しいのでオススメです!
あ、勿論野菜不足も解消できますよ♪

➡ 森永のおいしい青汁が飲みやすさ抜群!野菜不足や健康に悩むすべての方に

また、風邪を引いたときにオススメの食べ物・飲み物も紹介しています。

鼻水

喉の痛み

等、あなたを悩ませる多くの悩みを解消すること間違いなし!
コンビニで手軽に買える飲み物も多く紹介しているので、参考にしてもらえれば幸いです。

➡ 風邪を治す食べ物!喉の痛みや鼻水・咳にも効果的な食事【コンビニ】

➡ 風邪に効く飲み物!コンビニや市販のオススメ【のどの痛みや腫れ・予防】

鼻を奥にすすらない

鼻水が詰まると、ついついすすってしまいますよね。
奥まですすると喉に鼻水が落ちていくため、スッキリして息がしやすくなります。

ですがこれ、実は絶対にやってはいけないことなんです。
というのも、あなたが体内に取り込んだ鼻水は、風邪のウイルスや細菌をたっぷりと含んだ鼻水だからです。

鼻をすすると言うことは、折角体が防衛反応で体外に排出しようとしたウイルスを、再び体内に取り込む行為なのです。

上でも説明しましたが、必ずティッシュにてかむようにして下さいね(^^)

スポンサーリンク

余り強く鼻をかまない

さて、このようにかくと

「どんどん鼻をかんで、ウイルスを体外に出せば良いんだな」

と思う方もいるでしょう。
ですがここでも、少し注意が必要です。

鼻をかむ際に、力を入れすぎてはいけません。

何度も勢いよく鼻をかんでいると、鼻水が逆流し、耳の奥に前流れ込んでしまう場合も・・・
こうなると、最悪中耳炎の原因にもなりかねません。

耳への逆流意外にも、鼻の中の【副鼻腔】という場所に鼻水が流れ込んでしまう場合もあります。
ここへ鼻水が溜まっていくと、最終的に私もかかってしまったあの恐ろしい副鼻腔炎にかかってしまうのです。

鼻をかむときは、

力を入れすぎず

片方ずつ

少量ずつ

を意識して行いましょう。
時間はかかりますが、こちらの方が確実に鼻水を取れますし、中耳炎や副鼻腔炎と言った思わぬ病気を併発するリスクも少なくなります。

鼻かみって、意外と重要なんです(^_^;)

長引く鼻水は他の病気を疑う

鼻水=風邪

と思っている方がほとんどですが、これを意識しすぎると他の病気を見逃してしまう可能性も・・・

  • 鼻水が一週間以上出続ける
  • 黄色・黄緑色の粘りけある鼻水が続く

このような場合には、細菌感染を起こしている可能性があります。
その場合、

慢性気管支炎

肺炎

といった、風邪よりも遙かに症状の重い病気に繋がってしまうリスクが高くなります。

自分の話ばかりで恐縮なのですが、実は先程書いた副鼻腔炎に感染していた時期、軽度の肺炎も併発していたんです(^_^;)

これも、長引く風邪や鼻水を放置しておいた結果ですので自業自得ではありますが、

  • 風邪からの肺炎
  • 副鼻腔炎
  • 多額の医療費(笑)

この3重苦は本当に辛かったです・・・

「たかが鼻水じゃん」

等と馬鹿にせず、すぐに病院へ行き専門家の判断と指示を仰ぎましょう。
全ての病気に言えることですが、早期発見・早期治療こそが何よりの特効薬であり、病気への対処方法なのです。

風邪で出る鼻水には要注意!

いかがだったでしょうか?
今回は、風邪で出る鼻水について色々と紹介していきました。

鼻水と一言に言っても、色々な形状がありましたね。

色も形も様々であり、これによりあなたの風邪がどの状態なのかが判断できます。
もし黄緑色の鼻水が出る場合には、風邪がかなり重症化している証拠ですので、無理をせずゆっくり休んで下さいね

逆に

「透明でさらさらな鼻水が止まらない」

と言う方は、これから風邪のウイルスが体内で暴れて重症化していく可能性が高いです。
風邪薬を飲み、体を温めて早めに寝るといった対処をとり、風邪からの早期回復を目指しましょう。

また、鼻水から始まる危険な病気についても見ていきました。

副鼻腔炎や中耳炎・慢性気管支炎に肺炎といったどれも恐ろしい病気ばかりで、風邪からスタートしたとは思えないほど厄介です。

風邪からの長引く鼻水は、これらの病気に発展する可能性が非常に高いです。
早めに病院を受診して、診てもらうのを徹底して下さいね(^^)

体調不良・病気関連記事

➡ 手の甲のぶつぶつにかゆみが…原因はストレスと日光か?【治し方も】

➡ 風邪でお風呂は入らない?ひきはじめ・治りかけは大丈夫か【温度と時間】

➡ 顔に湿疹ができる原因はストレス?対処法や治し方も紹介【痛くない】

➡ 扁桃腺炎はうつる?キスや咳でも移るの!?子供や赤ちゃんの安全も調査!

➡ 関節リウマチの初期症状はばね指!手や肩・首や腰の症状とは【治るの?】

➡ ふくらはぎが痛い原因は病気!?眠れない程辛い…考えられる11の症状!

➡ 口内炎を早く治す方法!舌先や舌の裏、唇にも…塩やはちみつで【食べ物】

スポンサーリンク