肝臓に良い飲み物

肝臓は、私たちの体にとってなくてはならない貴重な臓器です。
アルコールの分解も、代謝の手伝いも、消化吸収の補助もすべて肝臓が担ってくれています。

そんな肝臓に対して、私たちができる簡単なケアの方法があります。
それが、肝臓の働きを助ける飲み物を飲むことです。

今回は、お茶をはじめとした肝臓に良い飲み物を紹介していきます。

スポンサーリンク

飲み物で肝臓が元気になる!?

私たちの体は、いつも様々な臓器によって支えられています。

心臓、脳、胃、腎臓・・・

色々な臓器が24時間休むことなく働き続けてくれているからこそ、私たちは毎日を健康に過ごせているのです。
その中でも、ひときわ重要な働きをしてくれている臓器があります。

それが、肝臓です。
肝臓は私たちの体にある臓器の中で最も大きく、

  • 直径で約25センチ
  • 重さは1.5キロ

といわれています。
私たちの体の中にはこれほど大きなものが入っていて、しかも毎日私たちのために働いてくれているのです。

この体内で最も大きい臓器である肝臓は、本当にいつも私たちを助けてくれています。
わかりやすいところでいうとアルコール。

私たちが飲んでいるお酒に含まれるアルコールは、大部分を肝臓が分解してくれています。

もし肝臓が正しく機能していなければ、いつまでも体内にアルコールの影響が残り続け、二日酔いや吐き気など飲みすぎで誰もが経験したことのある、あの辛い症状に悩まされることになってしまいます。

そのほかにも、胃腸の消化吸収を手伝ったり、いざという時のエネルギーの貯蔵庫の役割を担ったりしており、まさに八面六臂の活躍を示してくれているのです。

そんな肝臓ですが、当然酷使し続ければ徐々に疲れてきます。
肝機能は徐々に低下し、疲弊した肝臓は肝不全や肝硬変といった病気になってしまいます。

これは絶対に避けなければならない事態です。
そのためには、肝臓に無理をさせないことともう一つ、私たち自身が肝臓に気を使ってあげることが重要です。

いつも助けてもらっている肝臓を、たまには私たちでケアしてねぎらってあげましょう。
そこで今回は、手軽に飲めてしかも効果の高い、肝臓に良い飲み物を紹介していきます。

美味しい飲み物で肝機能を高め、日頃の感謝を伝えましょう!!

肝臓に良い飲み物10選

それでは、さっそく肝臓に良い飲み物10種を紹介していきます。
ここで最も大事なのは、美味しいことです。

味は関係ないでしょ!?

と思うかもしれませんが、実はこれが意外と重要なんです。
というのも、私たちは楽なこと・好きなことは続けられますが、体にいいとわかっていてもそれが苦痛の伴うものだとしたらなかなか続けられないのです・・・

ダイエットなどが良い例です。
痩せたほうが良いと分かっていても、辛い運動や食事制限をしようとは思えないものです。

いかに肝臓にいい飲み物でも、苦くて、辛くて、まずかったとしたら・・・
正直毎日飲むのはつらいですよね(-_-;)

今回紹介する飲み物は、どれもおいしくて、しかも肝臓に良い飲み物ばかりです!

毎日飲んでください!

とは言いませんが、せっかくおいしく飲めてしかも健康にいい飲み物です。
最近肝臓に無理させてるかな?と思った時には、ぜひ口にしてもらえたらなと思います。

ウコン

まずは言わずと知れたウコンです。
原料はなかなか手に入りませんし、毎日飲むのは少々つらいですのでウコンの力に代表されるようなウコン入りの飲料がおすすめです。

ウコンに含まれているクルクミンは、肝臓の働きの一つでアルコールなどを無害化してくれる解毒作用を補助してくれる作用があるとされています。

肝臓だけで大量のアルコールの分解を行うのは一苦労です。
お酒を飲む前にウコン入り飲料を飲んで肝臓を手助けしてあげましょう。

また、肝臓のためにもお酒の量もたまには減らしてあげましょう。

シジミの味噌汁

みそ汁の具として大活躍のシジミ、実は肝臓の強い味方です!!

シジミに含まれている成分には

  • アルコールの分解を助ける
  • 肝機能を高める
  • 肝臓の働きを補助する

という、肝臓にとっていいことづくめの効果があるのです!
身が小さくて食べることを敬遠されがちのシジミですが、その身は肝臓にとってまさに最高の栄養といえるでしょう。

あえてシジミの味噌汁、としたのにはわけがあります。
それは、味噌に含まれている成分がアルコールを分解してできた脂肪が肝臓に蓄積されるのを防いでくれる働きも持っているからです。

飲みすぎによる二日酔いにも効果抜群なので、飲み会などの翌日にもぜひ試してみてください。

牛乳

ちょっと意外かもしれませんが、牛乳は肝臓にとって強い味方の飲み物の一つです。
こちらも、シジミと同様にアルコールの分解を促す働きがあります。

また、肝臓病の人への食事療法としても最近では牛乳を積極的に飲むようすすめられています。
それだけ牛乳が肝臓にとって良いという証拠といえるでしょう。

赤ワイン

アルコールの分解は肝臓に負担をかけてしまいますので飲まないのが一番です。
ですが、もし飲むとしたならば赤ワインをオススメします。

赤ワインにはポリフェノールという物質が多量に含まれています。
ポリフェノールには抗酸化作用があり、これが作用して肝臓の有害物質を抑制してくれるのです。

飲みすぎはもちろんいけませんが、同じ飲むなら、毎日の晩酌を時々は赤ワインに切り替えてみるのもいいかもしれません。

緑茶

緑茶にはカテキンという物質が含まれています。
このカテキン、肝臓の代謝機能をサポートしてくれるのです。

緑茶の肝臓への貢献は素晴らしく、なんと脂肪肝の患者が緑茶を飲み続けることで症状が改善したとするデータも出ています。
もちろん緑茶だけが要因ではないでしょうが、一つのきっかけとなったのは間違いありません。

スポンサーリンク

オレンジジュース

オレンジジュースは、肝臓に脂肪がつくのを防いでくれる働きを持っています。
肝臓に死亡がたくさんついた状態を脂肪肝というのですが、オレンジジュースに含まれているイノシトールはこの脂肪肝の改善に大変効果的なのです。

コップ一杯飲むだけで摂取量は十分ですので、そこまでカロリーを気にする必要もありません。

グレープフルーツジュース

グレープフルーツに含まれている果糖や成分は

  • アルコールの分解
  • 脂肪の代謝促進

の二つを担ってくれます。
これにより、脂肪肝を予防しつつ肝機能を高めてくれるという一石二鳥の効果が期待できます。

コーヒー

実はコーヒーを飲むだけで肝硬変を予防できるという最新の研究結果が出ているのです!!
1日1杯のコーヒーを飲むだけで、実に20%も肝硬変になる可能性が下がるというから驚きです。

また、肝臓はストレスによりその機能を著しく落としてしまうといわれています。
コーヒーはその香りだけでストレスを解消してくれる働きがありますので、そういった意味でも肝臓にとって優しい飲み物といえます。

水素水

最近何かと話題の水素水。
実は、肝臓のケアを考えるうえでも非常に効果的な飲み物といえるのです。

肝臓がアルコールなど体にとって有害なものを解毒する際には、水素を大量に消費して行うそうです。
本来は肝臓の中にある水素を使うのですが、水素水により必要な水素を追加してあげれば、それだけ肝臓の負担は少なくなります。

ニンジンジュース

ニンジンジュースそのものに肝臓を助ける成分はあまり含まれていません。
ですが、この飲み物は腸の消化吸収を補助する効果を持っています。

もともと肝臓は消化吸収もその働きの一つです。
もし、ほかの臓器が効率的に消化をしてくれたなら、それだけ肝臓の負担が少なくなるというわけです。

もっと肝臓をいたわろう

いかがだったでしょうか?
今回は肝臓に良い飲み物10種を紹介しました。

私たちは、日々の生活の中で私たちの想像以上に肝臓に無理をさせています。
お酒の飲みすぎもそうですが、食べ過ぎや生活習慣の乱れといった影響もすべて肝臓に出てしまいます。

それほど過酷な状況であっても、肝臓は文句も言わずに私たちの体を熱心に支えてくれているのです。

今日紹介した飲み物は、どれも肝臓の働きを助け、補助してくれるものばかりです。
日頃から私たちの健康を守ってくれている肝臓のためにも、今日から肝臓に良い飲み物を生活習慣に取り入れていきましょう!

肝臓に関する関連記事

➡ 肝臓が痛い原因が30個もあった・・・

➡ 肝硬変末期の余命ってこれだけなのか・・・

➡ 肝硬変の初期症状がないってホント?

➡ 病気に関するまとめ記事はこちらから!!

スポンサーリンク