bsNAT86_eijishinbuntochoko

カカオオイル

カカオという言葉を知っている人は多いと思います。
チョコレートにも多く含まれている、あのカカオです。

ですが、【カカオオイル】という言葉をご存知の方は少ないのではないでしょうか?

カカオオイルとは、先ほども述べて、チョコレートの原料となる果実、カカオの種子から抽出したオイルのことを指します。
オイル、と聞くとカロリーなどのイメージが先行してしまいあまりいいイメージは浮かばないかもしれませんが、健康増進に大変効果的と言われているオレイン酸を多く含む、大変体に良い食品です。

別名、カカオバターともいい、甘いチョコレートのような香りを持っているのもその特徴の一つと言われています。

スポンサーリンク

カカオオイルの効能

このカカオオイルですが、チョコレートなどにも用いられており、いつも私たちに美味しいチョコレートを提供する手助けをしてくれています。

そんな食品が、実は私たちの健康に大きな影響を与えることが明らかになりました。
なんと、私たちはカカオオイルを食べているだけで、『ダイエット』も『認知症予防』もできてしまうというのです!

ダイエット効果

カカオオイルには、先ほど述べたオレイン酸やリノール酸という成分が豊富に含まれています。
実はこの二つの成分には、日常的に摂取することである効果が飛躍的に高まるというデータがあるのです。

それが、ダイエット効果です。

なんと、オレイン酸やリノール酸は普段から摂取しておくことで、脂肪を燃やしやすい体になるという素晴らしい効果があったのです。

さらに、この効果は運動前にこれらの成分を摂取することでさらに高まります。
つまり、カカオオイルが使われているチョコレートを運動前に一齧りするだけで、かなりのダイエット効果が得られるというわけです。

認知症予防効果

そして、もう一つが認知症予防効果です。

これまでも、本当に自信のあるものだけを厳選して様々な食品の認知症予防効果をお伝えしてきましたが、このカカオオイルもまた自信をもってその効果を皆さんにお伝えできます。

カカオオイルに豊富に含まれるポリフェノールは、抗酸化作用という働きをもっています。
この抗酸化作用こそが、認知症から私たちを守ってくれる心強い味方なのです。

DHAという物質が脳内に存在するのですが、この物質が酸化してしまうことが、私たちが認知症に罹ってしまう引き金になるのではないかと言われています。

しかし、抗酸化作用の強いカカオオイルを食べることで、DHAの酸化を防ぐことができ、結果として認知症の予防へとつながっていくというわけです。

スポンサーリンク

まだまだたくさんの効果が

さらに、カカオオイルには様々な健康増進効果があります。

なんと、上にあげた二つの働き以外にも

  • 血管を柔らかくする
  • 血圧を下げる
  • 善玉コレステロールを増やす

等の働きが確認されているのです。

これらの効果は、脳梗塞や心筋梗塞なども予防にも役立つため、高齢者の方にとってもとても有意義なものですよね。

まさか、普段から何気なく口にしているチョコレートに含まれているカカオオイルにそんなすごい力があったなんて…
正直、調べた私が一番驚いています。

最近では化粧品としても脚光を浴びていて口紅やクリーム、ファンデーション、さらには手作り石鹸など多方面でその活躍を広げている食品でもあります。

ですが、どれだけ健康にいいと言ってもあくまで「オイル」です。

食べすぎは当然肥満や健康を損ねることにつながりかねません。
ちなみに、カカオオイルを含むチョコレートですが、5かけ程度が最も健康に良い影響を与える量だと言われています。

適度にカカオオイルを摂取して、認知症予防、そして健康増進に努めましょう!

関連記事

 高齢化問題の問題と対策について!!

➡ 高齢者の大敵、認知症は面白い問題で楽しく予防!!

➡ 介護を担う方に読んでほしい名言とは!?

➡ 高齢者の万引きする心理っていったい何?

➡ いじめられた僕が前向きな仕返し方法を考えた

➡ 深呼吸の驚くべき効果を説明!

➡ 少子高齢化問題の原因や解決策について真剣に考えた

スポンサーリンク