-shared-img-thumb-freee151117071495_TP_V

介護士が副業をすると、いくつかの理由で高齢者の方たちが幸せになることがわかりました。
しかも、この法則が素晴らしいのは、介護士も高齢者の方も幸せになることができるということです。

この夢のような法則について、今日は説明していきます。
介護士の方、ぜひ一度目を通してみてください。

スポンサーリンク

介護士の給与の低さと高齢者の幸せ

今回は、介護士の方に副業を進める記事です。
というのも、介護士の給料はまだまだ低い水準にあります。

他職種の平均的な給与と比べると、実に10万円ほどの開きがあるといわれています。

10万円と聞くと、かなり大きく感じるのではないでしょうか?
実際、それだけのお金が今の給与にプラスされたならば介護士の方もかなり生活が楽になるはずです。

この給与額の問題は、いつも介護士を苦しめる問題の一つです。
そして、この給与額の低さが、実は高齢者の方の幸せにも影響していることが判明したのです!

給与が低いと介護の質が低下する

給与額が低いとそれだけ収入が少ないわけですから、なかなか生活は豊かになりません。
また、以前の記事でも書いたように介護士は出世が難しいこともあり、大幅な給与の上昇はほとんど見込めません。

私は介護という仕事が好きだから問題ない!!

このような熱意をもって仕事に励む方も多いと思います。
その考えは素晴らしいですし、私自身この仕事は好きです。

ですが、給与の低さは仕事の質に影響を及ぼしてしまうのです。
一見何の関係性もないように見えますが、これは様々な研究からも明らかになっている事実です。

というのも、介護の質は介護士のやりがいや幸福度に影響すると考えられています。
このやりがいや幸福度に影響を与える要素として

  • 仕事への情熱
  • 給与
  • 家庭
  • 生活

などなど、介護士を囲む様々な環境があげられます。
その中でも給与は特に重要です。

なぜなら、給与が上がることは仕事のモチベーションにつながりますし、お金があれば生活が豊かになります。
金銭面の悩みは生活を送っている以上避けては通れない道です。

そういった意味では、給与は少ないよりも多いほうがいいに決まっています。
ですが、介護士の給与は低く、とても満足できる水準とは言えないのが現状です。

スポンサーリンク

足りない収入を副業で

では、どうしたら給与が上がるでしょうか?

出世する?・・・ごく一部の方以外なかなか出世できないのが介護業界の現状です。

昇給を待つ?・・・年に1000円の昇給も多いのが介護業界です。大幅な給与改善は期待できません。

政府の支援を待つ?・・・期待はすべきですが、いつになるかわからないですし、そもそも実現するのか不明です。

正直に言って、現状では介護士の給与に大幅な改善は見込めないでしょう。
ではどうすればいいか・・・

副業をして、自ら稼げばいいのです!

副業で離職率低下

実際、介護士の副業はもっと積極的に行うべき施策の一つと私は考えます。
給与が上がる望みは薄く、生活はなかなか豊かになりません。

かといって、仕事への情熱だけでいつまでも続けていくことは難しいでしょう。
実際、介護現場では、結婚を境にして

ここの給与では家族を養えない

という理由で、多くの男性介護士が他職種への転職を余儀なくされてしまいます。
やめていった方の中には、介護士という仕事への情熱を持っている方もたくさんいたはずです・・・

しかし、副業を行うことで、収入が増えたならばどうでしょうか?
情熱があるにも関わらず、生活のために離職ぜざるを得ない人達を減らすことができるはずです。

収入アップで介護の質向上

収入の向上は介護の質向上にも貢献します。
先ほど述べたように、介護の質は介護士のやりがいや幸福度に大きく依存しています。

そして、その要素には収入も深く関係しています。

いくら介護の仕事が好きであっても、収入が低く生活が圧迫されれば幸せな状態とは言えません。
そして、そのような状況でいい介護を提供することは非常に困難です。

収入が上がれば、この問題も解決へ近づきます。
副業で収入が向上すれば、幸福度が増します。

介護士が幸せになれば、介護の質も向上します。
すると当然、介護を受ける高齢者の方も幸せに近づくということです。

これがタイトルにもある『介護士が副業をすると高齢者が幸せになる』という法則なのです。

堂々と副業ができる社会に

いかがだったでしょうか?
今回は、介護士の方に副業を進める記事を書かせてもらいました。

多くの施設では、介護士の方の副業を禁止しています。
理由は様々ですが、

本業に支障が出るから

という理由をよく聞きます。
ですが、本当はこれは全くの逆なのです。

副業をせず、介護士の方の収入が低いままだからこそ、介護の質の低下を招いてしまうのです。

お金がすべてだとは言いません。
実際、多くの本でお金持ちが必ずしも幸せでないことは書かれています。

しかし、収入が低いことは人を不満な状態に陥らせてしまうことも多くの本で述べられています。
お金はすべてではないですが、人の幸せに、そして介護の質に大きな影響を与えていることもまた事実なのです。

介護士の給与を上げることは、施設の経営面から考えてみても難しいものであります。
ですが、副業ならば個人の努力でどうにでもできる問題です。

どうか、介護士の方がもっと堂々と副業をしているといえる社会になっていってもらえたらと思います。
そのことが介護士の方の、そして高齢者の方幸せにつながるのですから・・・

関連記事

 介護士である私の失敗談をまとめました

➡ 介護のプロを名乗るために必要なものとは!?

➡ 介護の楽しさを知りたい??この記事をどうぞ!!

スポンサーリンク