介護のやりがい

皆さん、仕事を選ぶときに何を基準にしてもいますか?
給与や職場環境、いろいろありますが長く楽しく仕事を続けようとすると最も大事なのは

やりがいや魅力

ではないでしょうか?

当然、介護の仕事にもやりがいや魅力が沢山あります。
今回は、介護士として働言えいるからこそ気付いた介護の魅力を語らせてもらいます。

スポンサーリンク

介護士を続ける理由

どんな仕事にも、必ずその仕事ならではの魅力ややりがいというものが存在します。

  • 体一つで観客を沸かせるスポーツ選手
  • PCで見たことのない世界を創造するメディアクリエーター
  • 食べた人を笑顔にする料理人

どれも素晴らしい仕事ばかりです。
当然、介護士にも介護をしているからこそ味わえる感動がたくさんあります。

にもかかわらず、なぜかメディアで取り上げられるのは介護のきついところばかり・・・

  • 給料が安い
  • 昼夜逆転の生活も当たりませの厳しい勤務体制
  • 過酷な肉体労働
  • 人手不足

こういった面にばかりスポットが当たります。
確かに、これらのことは全てではありませんが、事実です。

平均給与は他職種に比べて10万円近く少ないといわれています。

夜勤がたくさん入ってくると生活リズムを整えるのも一苦労です。
人も足りている職場は本当に数える程度でしょう。

ですが、考えてみてください。
これほどの条件がそろっているにもかかわらず、私たちは介護士という仕事を続けているのです!

これはつまり、

介護士にはすごいやりがいや魅力がある

という証拠にほかなりません!

世間一般の介護士のイメージは本当に悪いです。
近所の方には

介護士?大変ね・・・辛い仕事に就いたのね。

といわれたことが何度もあります。
介護士として働き、介護の魅力をたくさん知っている私たちからしたらこのような誤解はとても悲しいことです。

私たちが介護という仕事を続けているのは

介護が楽しいから!!

これに尽きるのです。
今日は、介護士の魅力を紹介するとともに、介護職に対する誤解を少しでも解いていけたらと思います。

介護の魅力・やりがい

それでは、介護のやりがいや魅力について紹介していきたいと思います。

皆さんが思っているよりも介護という仕事はやりがいに満ちています。
ほかの仕事同様に、魅力あふれる仕事なのです!

少しでもそのことが皆さんに伝わってもらえれば幸いです。

高齢者の方とのかかわりが楽しい

介護士をしていてまず初めに感じるのがこれです。
大変と思われがちな高齢者の方とのコミュニケーションですが、

実はとても楽しい

です。
苦労してきたからなのでしょうか、皆さん本当にユーモアある方ばかりです。

まるで落語家のような気の利いた言い回しをされる方などもいるので、どれだけ長い時間会話をしていても飽きることがありません。

創造する楽しみを味わえる

物を作るのって、楽しいですよね。
ですが、

細かいことが苦手

これだけでは食べていけない

といった理由で趣味を仕事にしない方も多いでしょう。
そういった方は是非介護士になってください。

介護士は、たくさんのものを作ります。

  • イベントの飾り物
  • 手作り料理

等は当たりまえ。
全く新しいレクリエーションを考えだし、利用者の方に楽しんでもらうこともできます。

何かを作るという喜びをそのまま仕事にできて、しかもほかの人も一緒になって喜んでもらえる。
素晴らしい魅力だと思いませんか?

自分の力で元気になってもらえる

介護士は生活全般の補助をするのが仕事ですが、あえてしないのも仕事です。
その人ができる範囲を見極め、無理のない範囲で一緒に行ってもらうことも非常に重要な介護の一つです。

時には厳しくしていくことこそが本当のやさしさであり、またプロの仕事なのです。

こうした取り組みを続けていくことで。今までできなかった

  • 入浴
  • 簡単な料理
  • 洗濯
  • 着替え

等ができるようになった時の感動は言葉では言い表せないほどです。
このときほど介護士のやりがいを身に染みて感じるときはありません。

人生勉強

勉強

高齢者の方と接するということは、人生の大先輩と接するということです。
私は、彼らにたくさんのことを教わりました。

  • 仕事への取り組み方
  • 人生は一生勉強であること
  • 死生観
  • きれいな洗濯物のたたみ方
  • 女の子と誘い方(これは笑いながらでしたが・・・)

全て私の人生の宝物です。
働きながら人生についてこれほど深く勉強させてもらえる仕事はほかにないのではないでしょうか?

真心こもったありがとう

高齢者の方たちが毎日のように言ってくれる

ありがとう

いつも聞きなれたこの言葉ですが、本当に心を込めていったときこんなにも人の心を打つのかと驚かされました。

毎日、自分に何かしてくれた方に

ありがとう

助かります

という方がいます。
その方は、人と接したら必ずお礼を言います。

にもかかわらず、その一言一言全てに心がこもっているのです。
心を打つような重みがその方の言葉にはあります。

そして、心からのありがとうを頂けるのは介護士の特権であり、この仕事の魅力の一つになっています。

関連 ➡ ありがとうを一日1000回言って感じた驚きの効果とは!?

休みがとりやすい

介護士は休みが取れにくい

となぜか世間で思われています。
とんでもありません!!

むしろ取りやすい仕事といえます。

  • 週休2日
  • 日曜祝日が休み

といった決まりがないので、勤務を調整すれば一週間前後の休みを取ることも可能です。

実際、私も6日ほど休みをいただき海外旅行に行ってきました。

また、介護の仕事はスタッフみんなで行います。

  • 食事
  • 入浴
  • 排泄

これらの仕事を介護スタッフ全員で行いますので、一人が数日休みをとっても、情報共有さえしっかり行っておけばほかの人間で補うことができます。

これらのことを考えると、休みが取れやすい仕事といえるのではないでしょうか。

平日休みの素晴らしさ

平日の休みの素晴らしさ、知っていますか?

  • 買い物でレジに並ぶ必要がない
  • 朝一番の映画館は貸し切り状態
  • 街に人が少ないから人ごみに疲れる心配もない
  • レジャー施設も乗り物に乗りやすい
  • 病院や役所などに行く用事も手軽にこなせる

平日休みが取れる介護士って、実は一番休みな充実しているんです。

コミュニケーションスキルが磨かれる

介護士として働いていると、高齢者の方はもちろんご家族の方、地域に住む方との交流も盛んにあります。

子供から大人まで本当にたくさんの方と接する機会がありますので、働いているだけで自然とコミュニケーション能力が高まるのです。

また、言葉遣いなどについては、高齢者の方たちがしっかりと指導してくれるのでこちらも心配ありません。
私は、言葉遣いに不安が残るときはいつも利用者の皆さんに相談させてもらっています。

スポンサーリンク

花嫁修業になる

今や男女ともに家事ができなければいけない時代です。
しかし、安心してください。

料理・洗濯・掃除・・・介護士ならすべての勉強が行えます!
介護士として働き、寿退社をする頃には信じられないほどの料理のレパートリーを持っていることが当たり前となっています。

おしめ交換やおやつ作りも行いますし、栄養についても栄養士の方と一緒に話し合う中で自然に学んでいきます。
良い奥さん(旦那さん)、良いパパ・ママを目指す方、ぜひ給与ももらえて花嫁修業もできる介護士になってください!

上を目指せる(出世できる)

介護士は出世できない

とよく言われます。
ですがこの不景気、どこの職場でも同じような状況ではないでしょうか?

しかし、介護士の場合この噂は全く当てはまりません。

たとえ無資格で入ってきたとしても

無資格⇒介護福祉士⇒ケアマネージャー

といった王道的なルートが設定されています。
またそのほかにも、勉強次第で

  • 住環境コーディネーター
  • 認知症ケア専門士
  • 介護事務
  • 社会福祉士

などなど様々な資格を取得できます。
関連資格が多いのも介護の魅力の一つです。

資格と経験が増えれば、自然と出世していくものです。
資格手当が多い業界なので、資格を取ればそれだけ給与も上がります。

また、

資格取得のための研修で縁ができ、他施設の施設長を任された

なんて話も意外と多いんです。

将来性がある

これから先、日本の少子高齢化は加速の一途をたどります。
そういった中で必要とされるのはやはり介護職です。

実際、いまだ効果的な取り組みこそされていませんが、国会などでは介護職の待遇改善は毎年騒がれています。
国も介護の必要性にはすでに気付いている証拠です。

今後、介護福祉士・ケアマネジャーといった上級職の待遇は格段に良くなることが予想されています。
今から将来の成長を考え介護士の仕事に就くのは良い選択なのかもしれませんね。

起業しやすい

土地の値段などにもよりますが、補助金などを考慮するとデイサービスを開設するのにかかる自腹金額は最低500万円前後

といわれています。

回転資金などをしっかり準備する場合でも700万円あれば問題ないといわれています。

起業を目指し勉強している学生の方が最近増えてきているそうです。
これからますます需要が増えていく介護業界、狙い目かもしれません。

終わりに

いかがだったでしょうか?
今回は介護士のやりがいや魅力について紹介させてもらいました。

書き終わってみれば合計12個もやりがいや魅力が浮かんできてしまいました・・・
自分でもびっくりするくらい、介護の仕事が大好きなようです(笑)

私は、介護士として働いていて後悔したことは一度もありません。
きつかったことや辛かったことは山ほどありましたが、それを乗り越えた先にある充実感もまた同じ数だけ経験してきました。

どんな仕事も楽しいだけではないものです。
楽しいこともつらいことも・・・全部まとめてその仕事のやりがいといえるのではないでしょうか?

この記事で、少しでも介護士のやりがいや魅力が皆さんに伝わっていれば幸いです。

最後に、介護士である私が日々思うことをつぶやいた記事の紹介を載せています。
現場の介護士ってどんなこと考えてるの?と思う方がいれば、ぜひのぞいてみてください♪

スポンサーリンク

関連記事

 介護の心のつぶやきをまとめた記事はこちら!!

➡ 脳トレ問題、まとめました!

➡ ボールを用いたレクリエーションを紹介!!