楽しい

介護は・・・

介護に対する印象はたくさんあります。

以前に私が思う介護の楽しい部分をたくさん紹介させてもらいました。
今度は、実際に現役で働く介護士の方の本音の声をたくさん聞くことができたので、それについてご紹介したいと思います!

利用者の方が尊敬できる

認知症になっていたとしても、私たちの倍以上の人生を歩んできた人生の大先輩です。
戦時中~戦後の一番日本が大変だった時期を生き抜き、ここまでの日本を発展させた立役者の方たちの昔話を聞くことが本当に楽しい、という意見がたくさんありました。

実際、利用者の方の多くは、本当に人格者の方も多く、その言葉遣いや細やかな気遣いにはいつも学ばされています。

言葉一つとっても、なんというか人生の重みを感じさせる、そんな威厳があふれています。
私たちは、一緒に生活していく中で、介護を通じて、高齢者の方たちから色々なことを教わっているのかもしれません。

スポンサーリンク

感謝の言葉が嬉しい

認知症になった方は、本当に素直に自分の心を表現されます。
嫌なことは力いっぱい【嫌】の気持ちを表現されます。

ですが、そんな方たちから言われた

「ありがとう」

の言葉は、本当に胸を打ちます。
純粋な、何の含みもない、ただ自分のした行為に対する「ありがとう」の言葉がこんなにも心をノックするなんて、正直介護の仕事をするまでは思ってもみませんでした。

お決まりの…という方もいる思います。
気持ちだけでは食っていけないというかもいると思います。

ですが、ですがです!
この心からのありがとうは、そんな考えを吹き飛ばすほどの衝撃と、そのあとに何とも言えない爽快感が私たちにあたえてくれたのです。

これが、介護は楽しいと心から思える一番の理由なのかもしれません。

家事スキルが上昇

これは、特に若い職員に言えることですが、信じられないくらい家事スキルが成長します。

特に、最近のユニット型(家のような生活を目指す小規模グループの集団)施設では、炊事・洗濯・掃除、衣服の折りたたみ等すべて職員が行うところも珍しくはありません。

また、介護士の必須スキルの一つであるシーツの張替え等もかなり上達し、一年もたてば一つのベッドをベッドメーキングするまでに一分とかからなくなります。

男女ともに役立つ素晴らしいスキルが、お金をもらいながら身に付きます。

平日の休みが嬉しい

平日の休みが意外とうれしいという声も多かったです。

「人気の店に、比較的人が少ないときに行ける」

「人混みが嫌いだから助かる」

「旅行も安くで行けるので、助かってるな」

という風に、休みが不特定なことをうまく活用している職員も多くいました。
実際働いてみてわかったのですが、平日休みは自本当に便利です。

何か用事があればすぐに市役所などにも行けますし、銀行や郵便局なども簡単に利用できます。
介護士になるまでは考えてもいませんでしたが、結構大きな利点ですね。

喜んでもらえることが何でもできる

介護士の仕事は、極論すれば

【利用者のためになることは何でもしてもいい】

これに尽きます。

もちろん、常識の範囲内ではありますが…

ですので、介護未経験の方が思っているよりもはるかにクリエイティブな仕事です。

利用者の方に合わせたクッションを手作りしたり、ミキサーの方でも食べれるような料理をみんなで考えて作り出したり、あっと驚いてもらえるような出し物を考える…

本当に、色々好きなことが実践させてもらえる職業です。

スポンサーリンク

趣味が仕事に生かせる

「趣味は、やっぱり趣味だから…」
と言って、やりたいことを満足にできない方も大勢いると思います。

ですが、介護の世界は違います。

マジックが趣味なら、マジックショーを披露して喜んでもらえます。
…ちなみに、これは私のことです。

歌が好きなら、デイサービスなどで毎日自慢の歌声を披露して、利用者の方に喜んでもらえます。

物作りが好きなら、利用者の方と一緒に折り紙や、画用紙などを使って細かい作品でも大きな展示品でも自由に作ることができます。

パソコンが好きなら、施設のホームページを開設して、自分好みにアレンジしながら情報発信することだって可能です。

要するに、したいことがほとんど全部できる世界なのです。

介護職というと、ついついその業務は

  • 排せつ物の処理
  • お風呂に入れる
  • 食事の介助

等ばかりがイメージされがちです。
実際それらも介護士の重要な仕事には変わりないのですが、それがすべてではありません。

むしろ、最近のユニット型をはじめとした小規模な施設ではそれ以外の業務が本当に重要視されてきています。

一緒に話す、おやつを作る、一緒に昼寝する…
これらも全部業務です。

利用者のためになることは、どんなことであれしてもいい。
それが今の日本が目指している、そして現在進行形で変わりつつある日本の介護業界の現状です。

介護は楽しい

介護は、楽しいです。
それはもちろん、辛いときやついつい腹を立ててしまうような時もあります。

ですが、考えてみてください。
毎日が楽しくて仕方ない仕事っていくらあるでしょうか?

少なくとも、全ての人が楽しく取り組める仕事なんて一つとしてないはずです。

楽しいこともある、辛いこともある…
その中で、どういう風に考え、楽しみを見つけていくかこそが働く人にとって最も重要なことではないでしょうか。

今回記事にあげたのは、本当に介護の世界で味わえる【楽しい】のほんの一部です。
別に、この記事を見た方に

「介護士になれ!」

などどいう気は一切ありません。

ですが、この記事を見て、どうか少しでも多くの人が

「ああ、介護も悪くないのかもな」

「なんだか介護も楽しそうだな」

と思っていただけたらこれ以上の幸せはありません。

関連記事

 高齢化問題の問題と対策について!!

➡ 高齢者の大敵、認知症は面白い問題で楽しく予防!!

➡ 介護を担う方に読んでほしい名言とは!?

➡ 高齢者の万引きする心理っていったい何?

➡ いじめられた僕が前向きな仕返し方法を考えた

➡ 深呼吸の驚くべき効果を説明!

➡ 少子高齢化問題の原因や解決策について真剣に考えた

スポンサーリンク