燃え尽き症候群

介護って、やりがいがあるけど大変ですよね。
体への負担は大きいし、利用者の方から暴力が振るわれることもあります。

利用者の方のご家族に失礼がないように気を使う必要がありますし、狭い空間ですので職員同士でも気を使い嫌われないようにと配慮している方が多いそうです。

そして何より、低賃金であることが生活苦以上に精神への苦しみを生み出してしまっているようです。

これらの苦しみを抱えた介護士の行きつく先が、燃え尽き症候群なのです。
介護士の皆さん、大丈夫ですか?

スポンサーリンク

とてもつらそうに見えた介護士の方

最近、とある介護施設に行きました。
そこは施設の中はきれいですし、利用者の方の表情も生き生きとしているように感じました。

事務所の方の対応もよく、こういった施設なら入居してもいいだろうな、などと考えていました。
・・・職員の方の表情を見るまでは。

働いている職員の方達の表情が、とても疲れているように感じたのです。

その時間帯、たまたま人がおらず疲れていただけかもしれません。
ですが、それを差し引いても疲れ切っていて、仕事そのものがまったく楽しそうではありませんでした。

この方は、何故ここまで苦労して介護の仕事をしなくてはならないのだろうか

あまりにつらそうな表情から、ついそう思ってしまいました。

燃え尽き症候群になる介護士

私は現場で働く介護士です。
そのため、ひいき目で見ている部分があるとは思います。

ですが、それを差し引いてもあまりにも介護士の労働環境は過酷だと思います。

  • 低賃金
  • 身体的な負担が大きい
  • 精神的な負担が大きい
  • 慢性的な人材不足
  • 人材が定着しない
  • 社会的地位の低さ

一つあるだけでも私たちを苦しめるような課題が、介護施設には山積みで残されています。
勿論、すべての施設がこんな場所ではありません。

私自身が楽しんで仕事をしている以上、悪いとこrもあれば当然良いところもたくさんあるのも知っています。
ですが、それでもキツイ仕事だというのは間違えないでしょう。

給与を自分の仕事の価値の一つの物差しにしている方は意外と多いんです。
もっと言えば、もらえる給与=自分の価値とさえ考えている方も男性を中心にたくさんいます。

こういった方にとって、低賃金の介護士という仕事は正直とても苦しいものです。
何故なら、どれだけ懸命に働いても自分で決めた自分の価値がとても低いからです。

30代前半の一般的な平均給与額はおよそ400万円です。
ですが、同世代の介護士の平均給与はこれを大きく下回ります。

手取りで300万円ない方も皆さんの想像よりずっと多いです。
人の価値を給与の額と考えると、この時点で介護士の価値はほかの職種の方に比べて100万円分低いとなってしまうのです。

この考え方を抱えている人は、本当につらそうにしています。
何とか自分の価値を上げようと残業して働き、介護の講習に行き技術を磨きます。

しかし、仕事は目に見えてできるようになっても給与は変わらず・・・
この繰り返しは、精神をどんどんむしばんでいってしまいます。

この負の連鎖の行きつく先は、バーンアウト。つまり燃え尽き症候群です。
介護士という仕事をあきらめ、精神を壊してしまうのです。

スポンサーリンク

何故介護士は自分を卑下してしまうのか

介護士の自分を卑下する女

この症状、実は多くの方が無意識に抱えているんです。
介護の職場で働いている方は自覚しているかどうかは別にして、口癖のように

まあ、私たちこんな仕事だしね

と言います。
介護の仕事は素晴らしいものです。

こんな仕事、など卑下する必要は本来全くありません。
ですが、介護士の方たちにとっては違います。

  • 給与の低さ
  • 上司からの扱いのぞんざいさ
  • 社会一般の介護業界への視線

これらが介護士の自尊心を傷付け、どんどん自分たちの地位を自分たちで下げていってしまうのです。
この無意識の自分への卑下は、気付かないうちに介護士の方の心身をむしばみます。

気付いたときには、もう取り返しのつかない程精神を壊していることもあるんです。

介護が素晴らしい仕事であることは間違いない

今回は、ある施設で見た介護士の方の表情があまりにつらそうだったのでこのような記事を書かせていただきました。
介護の頑張りすぎが燃え尽き症候群を起こすと考えられていますが、実際はそれだけではありません。

頑張っても頑張っても報われず、自分で自分をどんどん追い込んでしまい、そのプレッシャーに負けたとき人は燃え尽きてしまうのです。

どうか、自分の仕事は素晴らしいものだと自覚してください。
介護という仕事を頑張る自分をほめてあげてください。

周りの評価がどうであれ、関係ありません。
大事なのはあなた自身のあなたへの評価です。

介護士の低賃金に押しつぶされそうな方。
仕事の価値はお金だけではありません。

介護士の賃金を上げようとする動きがいま日本国内でも起きています。
徐々にですが確実に、介護士の地位は向上しています。

それを待てない方は、副業を始めてみてください。
別にお金を稼ぐことができれば、心に余裕ができて自分自身への評価を変えることもできるものです。

➡ 介護士が副業したら幸せにある法則を見つけた

大事なことなのでもう一度言わせて下さい。
介護士という仕事は、素晴らしいです。

皆が敬遠する仕事じゃないかと思うかもしれません。
そうかもしれません。ですが、その誰しもが後ずさりしてしまうきつい仕事をあなたは行っているのです。

ほかの方ができない仕事を、介護士であるあなたは今行っているのです!
どうか、自分に自信を持ってください。

燃え尽き症候群に負けないでください!!

燃え尽き症候群になる方の多くは、真面目な方です。
まじめすぎるゆえに頑張って、思いつめた末に燃え尽きてしまうんです・・・

介護士であるあなたは、最高の人物です。
もし今あなたが自分を認められなくても、少なくとも、私はそう思います。

ずっとずっと、そう思っています。

介護関連記事

➡ 介護のやりがい・魅力って?

➡ 介護士やっててよかったと思う瞬間とは

➡ 高齢化問題の問題と対策について!!

➡ 少子高齢化の原因と問題点とは!?

➡ 高齢者の大敵、認知症は面白い問題で楽しく予防!!

➡ 介護を担う方に読んでほしい名言とは!?

➡ 介護職辞めたい!!そんな時に読んでほしい記事はこれ♪

スポンサーリンク