花粉症で微熱とか

花粉症って辛いですよね。
鼻水はくしゃみ、目のかゆみなどが止まらずいつもマスクをして過ごしている方も。

ですが、花粉症の症状はそれだけではないんです!
実は、微熱が出たり頭痛がするなどの症状を訴える人もいるんだとか・・・

一体原因は何なのでしょうか?
詳しく見ていきます。

花粉症なのに微熱が出た!?

重度の花粉症の人は、1年のうちほとんどを花粉に悩まれるそうです。

  • 鼻水
  • くしゃみ
  • 目のかゆみ

といった花粉症の主な症状は、いつも私たちを苦しめます。
ですが、花粉症の症状はこれだけにとどまりません。

他にもたくさんの辛い症状を伴って、花粉症は私たちのもとにやってくるのです・・・

意外と知られていないのは、微熱や頭痛などの風邪と似た症状が出るということです。
今回は、それらの症状の原因についてみていきます。

スポンサーリンク

微熱が出る原因

花粉症にもかかわらず微熱が続くときがあります。
これは、体の勘違いが原因だといわれています。

いったい何を勘違いしたかというと、体内に入った花粉をウイルスと間違えてしまうのです。

そもそも、風邪の時に体温が上がるのは、熱に弱いウイルスを体温を上げることで退治しようとする私たちの体の働きによるものです。
これは防衛反応であり、風邪をひいたときに熱があるのはむしろ健全に体が機能しているという証明です。

ただ、体も体内に入った何かが花粉かウイルスなのかを目で見て判断しているわけではありません。

体内に入った異物=ウイルス

と考え、体はウイルス除去のための防衛反応、すなわち体温の向上を行ってしまうのです。
これが、私たちが花粉症にもかかわらず微熱を出してしまう理由なのです。

ちなみに、上に書いた鼻水・くしゃみ・目のかゆみと言った花粉症の症状に関しても実はこれと同じ作用が体に働いているんです。

体は様々な方法で、体内に侵入したウイルスを外に追い出そうとします。
くしゃみや鼻水といった花粉症の主症状は、体液を放出することで体の中の花粉やウイルスを追い出そうとする人間の体の働きにより起こっているのです。

37.5℃は風邪?花粉症?

とはいえ、微熱が出た=必ずしも花粉症なわけではありません。
むしろ風邪による発熱のほうが割合的にはかなり多いです。

ここで、あなたの熱が花粉症かそれとも風によるものかを見分ける簡単な方法を一つお伝えしておきます。
それは、

37.5℃以下は花粉症

37.6℃以上は風邪

というものです。
アレルギーや免疫に関する研究を行っている施設のデータによると、37.5℃までならば花粉症である可能性が高いようです。

なんだか体がダルイな

熱っぽいかも

程度ならその症状は花粉症によるものかもしれません。
とはいえ、こちらも確実とは言えません。

微熱が出る程度の風邪もありますし、ほかにも微熱を伴う病気はいくらでもあります。

鼻水やくしゃみ、目のかゆみなどが同時に襲ってきた場合などは花粉症かも?と判断したほうが無難かな、程度に思っていただけたらと思います。

もう一つ、嫌な違いを挙げておきます。
実は、花粉症の微熱は風邪のそれと違ってかなり長続きしてしまいます・・・

というのも、風邪の場合は体温を上げることでウイルスを倒すことができますが、花粉の場合はいくら体温を上げても倒すことはできません。
そのため体は防衛反応をし続けなければならず、その分微熱が続く期間も長引いてしまうのです・・・

鼻水による見分け方

実は、花粉症と風邪では鼻水にも違いがあるんです。

風邪の場合は皆さんご存知のように黄色くねっとりとした鼻水が出てきます。
これに対して花粉症の場合には無色透明、さらさらと水っぽい鼻水が垂れてくるようです。

微熱が続くけど、鼻水はさらさら・・・という場合には花粉症の可能性が高いかもしれません。

スポンサーリンク

風邪に似た症状の原因

ここからは、花粉症の方に怒る

  • 頭痛
  • 寒気
  • 関節痛

といった風邪とよく似た症状がいったい何の原因で発生しているのかについて説明していこうと思います。

原因がわからない体調不良ほど恐ろしいものはありません。
今自分を襲っている不調はいったい何が原因なのか、しっかりと把握してもらえたらなと思います。

頭痛

花粉症患者の頭痛の原因は、ずばり『鼻づまり』です。

花粉症の方ならほぼ間違いなく経験したことがあるかと思いますが、ものすごい鼻詰まりに襲われますよね。
ティッシュはいくらあっても足らず、鼻をかみすぎてしまい痛くなってしまうことは日常茶飯事です。

実は、この鼻詰まりと鼻をかむという行為が頭痛を引き起こしてしまっているのです。

鼻詰まりが起きているということは、呼吸が十分にできていないということです。
私たちは呼吸することによって、脳に酸素を供給しています。

その呼吸が不十分ということは、脳への酸素供給もまた不十分なものになってしまいます。
すると、脳は酸欠状態になり、酸素をくれ!!というサインを、頭痛という形で私たちの体に知らせてくるのです。

また、鼻のかみ過ぎも頭痛を引き起こす大きな要因の一つです。
鼻を頻繁にかんでいると、鼻と耳をつないでいる管が炎症を起こしてしまうんです。

鼻と耳をつないでいるわけですから、この管は当然脳に近い位置にあります。
そのため、炎症を起こしてしまうと脳にも悪影響を及ぼしてしまい、結果として頭痛となって私たちの体に現れてきてしまうのです。

また、花粉症の症状の一つ、自律神経の乱れも頭痛の引き金になることが・・・
自律神経が乱れると、私たちの体は花粉に対して極端なアレルギー反応を起こしてしまうことがあります。

そのアレルギー反応の結果として頭痛が起こってしまうのです。

花粉症によるストレスも頭痛の原因かもしれません。
仕事や学校でイライラしたら頭が痛くなった経験、ありませんか?

花粉症は期間も長く、症状も重いためかなりストレスが溜まります。
そのストレスが頭痛という新たなストレスの種を生み出してしまうこともあるようです・・・

寒気・悪寒

花粉症による寒気は、多くの場合先ほどの微熱が原因となっています。
そもそも、風邪のひいた際に感じる寒気や悪寒は体温が急激に上昇したことにより感じるものです。

風邪をひいて体が冷えた

外が寒くて自分が弱っているから

などの理由で寒気を感じているわけではありません。

この寒気、一見すると何の意味もないように感じます。
ですが、これも体の防衛反応の一つなんです。

寒気や悪寒は、体調不良を私たちに知らせるために体が行っているものなのです。

脳が送り出す体調不良のサインをキャッチすることで、私たちは自分の具合が悪いことをいち早く認識します。
そして、健康な状態に体を戻すため安静にするよう心がけます。

この一連の流れは、ずっと昔から人間の遺伝子にプログラミングされているのです。

とはいえ、本来これは風邪のウイルスなど有害な物質が体に侵入した時に起こる反応です。
花粉症の場合は、微熱と同様体の勘違いによる寒気・悪寒がほとんどです。

花粉症の場合はいくら安静にしていても、花粉がない場所に行かない限りは全く意味はありません・・・
私たちの脳も決して万能ではなく、勘違いにより体調不良を引き起こしてしまうこともあるのです。

関節痛

花粉症による関節痛の場合は、花粉が体内に侵入した際に発生する免疫機能の異常反応によるものが大きいようです。

免疫機能の異常は、くしゃみや鼻水など花粉症の主症状の原因ともなっているものです。
この異常反応が体の関節に起こってしまった場合に、風邪と同じように関節痛となって私たちに襲い掛かってくるのです。

花粉症になっている時は、体の免疫機能が異常を起こし、鼻水やくしゃみといった症状で夜もあまり眠れないこともあります。
また、微熱が続けばその分だけ体力も奪われてしまいます。

こういった症状が続くことで、私たちの体はどんどん弱っていきます。
体力の低下が激しいときには、それだけ体に起こる不具合も大きなものとなってしまいます。

特に、普段から関節痛が出やすい人などの場合は要注意!
花粉症に限ったことではないのですが、体の不具合・不調は最初に普段から弱い部分に襲ってきます。

風邪をひいたとき関節痛が起きやすい、という方は花粉症でも同じかもしれません。

終わりに

いかがだったでしょうか?
今回は花粉症なのに微熱が出る原因、頭痛や鼻水、関節痛が起こる理由について説明していきました。

最後に、風邪と花粉症の違いについてまとめておきます。

  • 37.5℃以下は花粉症、それ以上なら風邪かも
  • 微熱が長引くのが花粉症
  • 熱だけなら風邪、鼻水・目のかゆみなど伴えば花粉症
  • 鼻水が無色透明でサラサラなら花粉症
  • ねっとりと黄色い鼻水が出たら風邪

特に季節の変わり目などの場合には体調も崩しやすく、しかも花粉症のシーズンに差し掛かることが少なくありません。
この場合、今の自分の症状がどちらかわからなくなる恐れも・・・

今回紹介した花粉症と風邪、それぞれの症状と違いを参考にして今の自分の体調不良の原因を探してもらえればと思います。

最後に、当サイトでこれまで紹介した病気に関する情報をまとめた記事を紹介しておきます。
病気の初期症状~末期症状まで幅広くまとめていますので、高齢者の方はもちろん、若い人の病気の早期発見にも役立つかと思います。

是非参考にしてみてくださいね!!

関連記事

➡ 病気に関する情報はすべてある!?・・・かも

➡ 脳腫瘍の末期症状、知っていますか?

➡ 足の付け根にしこりができたけど、これ何?

スポンサーリンク