胃潰瘍で倒れる男

食後突然襲ってくる鳩尾当たりの激痛。
原因は思い当たらないけど、無視できないほどの痛みが・・・

もしかしたらその痛み、胃潰瘍の症状かもしれません。
今回は、そんな胃潰瘍の治療までにかかる期間について紹介していきます。

急にお腹が・・・

食後、「少し食べすぎたかな?」なんて思っていると突然襲ってくる激痛・・・
どう考えても食べすぎが原因とは思えないほどの痛みを経験したことがある方、いるのではないでしょうか?

その痛み、実は胃潰瘍になっているサインかも!!

胃潰瘍とは、食べ物の消化を助ける胃酸が、何らかの原因で胃の中の粘膜、更には胃そのものを消化してしまう病気です。

胃は自ら分泌した胃酸でただれ、傷ついていき、症状が重症化すると胃そのものをボロボロにしてしまうという恐ろしい病気なのです・・・

スポンサーリンク

胃潰瘍の原因とは!?

胃潰瘍になる原因はいったい何でしょうか?
現在では、大きく分けて4つの原因が考えられています。

ピロリ菌

現在、胃潰瘍の原因の約7割はピロリ菌の働きによるものだといわれています。
ピロリ菌とは、発見された場所である胃の出口、幽門=ピロリスをもじってつけられた名前です。

そのかわいらしい名前とは裏腹に、慢性胃炎や胃潰瘍、さらには十二指腸潰瘍など危険な病気の主要因の一つとなっている恐ろしい菌です。

なんとこのピロリ菌、私たちの胃がんになる確率を20倍にしてしまうというデータも出ているのです・・・

ピロリ菌が生成する特殊なたんぱく質が胃の内部に入ると、胃液から胃を保護する働きを持つ胃粘液の分泌量が減少します。
胃を守ってくれていた粘液が減少するわけですから、当然胃そのものは傷つきやすくなってしまいます。

徐々に胃酸によって胃の内部は傷ついていき、最後には胃そのものに穴が開いてしまうのです・・・

ピロリ菌の作用により慢性胃炎になる。
更に、その中の何割かの人が慢性胃炎を悪化させ、ついには胃潰瘍にまで発展してしまうケースが多いようです。

ストレス

ストレスで胃がきりきりする

こんな言葉をドラマなどで聞いたことがあるでしょうか?
実は、ストレスは胃潰瘍を発症する大きな要因の一つなんです。

過度のストレスは、胃に限らず体中いたるところの機能をおかしくしてしまいます。
ストレスが及ぼす胃への影響は、過剰なストレスにより胃酸の分泌がコントロールできなくなってしまうそうです。

過剰に分泌された胃酸は食べ物の消化だけにとどまらず、ついには胃そのものまでも溶かしてしまいます。
これがストレスによる胃潰瘍発生のメカニズムです。

食生活

  • 香辛料
  • 刺激物
  • ニラやニンニクなどの香りの強い野菜
  • コーヒーや紅茶などのカフェインを多く含む飲み物

これらの食べ物は胃酸の分泌を促進してしまうため、食べ過ぎると胃潰瘍の要因となってしまいます。
また、

  • 強いアルコール
  • 炭酸飲料
  • 熱いもの・冷たいもの

これらの食べ物はあまり胃によくないとされています。

不摂生

胃というものは実はかなり繊細で、生活が乱れると必ず胃の働きも乱れます。
特に、

  • 過度の喫煙
  • 暴飲暴食

このような不摂生な生活は、胃が荒れる原因・胃潰瘍発生の要因となっています。

薬の副作用

別の症状を治すための薬が、時に胃潰瘍という新しい病気を発生させてしまうことも・・・

  • 痛み止め
  • 解熱剤
  • 抗がん剤
  • ステロイド
  • 脳や肺などの慢性疾患の治療薬

これらは胃酸過多の原因、さらには胃潰瘍・十二指腸潰瘍の直接的な要因と言われています。
こういった事態を避けるためにも、医師には必ず自分が現在どういった病気を持っていて、どのような薬を服用しているのかはっきりと申告しましょう。

スポンサーリンク

胃潰瘍の主な症状

胃潰瘍の初期症状は、鳩尾から左辺りを襲う鈍痛です。
食事中・食後の腹痛が毎日続く、食べ過ぎた後長時間の腹痛が起こる場合には胃潰瘍の可能性があります。

ただ、中にはまったく痛みを感じない人もいるそうなので、痛みだけで病気を自己判断するのは危険です。

その後、胃酸の過剰分泌により胸やけと吐き気が起こりやすくなります。
また、すっぱいゲップが頻繁に上がってくるのも胃潰瘍の主な症状の一つです。

進行すると胸やけや吐き気が強くなり、嘔吐することも。
食欲も失ってしまい、体重もどんどん落ちていきます。

胃の炎症が範囲を広げ、膵臓にまで達した場合には膵臓と近い背中の痛みも徐々に強くなっていきます。

そして最後には、

  • 真っ黒な血を口から吐き出してしまう
  • 真っ黒い便が出る

等の症状が現れます。
これは胃潰瘍が進行し、胃からの出血により起こる現象です。

胃のあたりからは激痛が走り、出血量によっては急激な血圧低下・脈拍の乱れといった症状も見られるようになっていきます・・・

胃潰瘍の治療法はこれ!!

胃潰瘍は食事で治す、などと時々聞きますがこれは間違えです。

確かに胃が弱っているため食事に気を使うのは大切な事です。

ですがそれはあくまで胃のケアにすぎません。
肝心の胃潰瘍の治療には、医者から処方された薬を用います。

ごくまれに手術に踏み切るケースもありますが、医学が発展した現代ではほとんどの胃潰瘍が薬のみで完治が可能です。

ここで注意したいのが、薬を最後まで飲み切ることです。
よくあるのは、

胃の痛みがなくなったからもう薬はいいや

と自己判断で薬の服用をやめてしまうことです。
痛みがなくなったからと言って胃潰瘍が完全に治ったわけではありません。

あくまで痛みが取れただけ、胃潰瘍そのものはまだ治っていない可能性について考慮しましょう。
完全に治らないまま薬の服用をやめてしまうと、やがて胃潰瘍は再発します。

医師は、基本的に完治までの期間がどの程度になるのかを考えて薬の量を調整しています。
ですので、薬が残っているということはまだ治っていない可能性が高いと考え、最後まできちんと薬を飲み切りましょう。

さらに言えば、薬を飲み終えた後症状の有無にかかわらず一度病院を受診して、医師に診てもらってください。
そこまで念を入れれば、再発の可能性はほとんど0と言っていいでしょう。

完治までの治療期間は・・・

胃潰瘍の完治までの期間は大体2~3か月と言われています。
もちろん個人差はありますので、胃潰瘍を患った方の話を聞いていると、中には数日で症状が治まったという方も。

ですが、逆に半年近く長引いてしまう方・・・
平均を取って完治までの期間は2~3か月とされています。

一つ言えるのは、完治までの治療期間が短くて済んだ方は、例外なく胃潰瘍になった後医者の言いつけをしっかり守っていたということです。

  • 必ず服薬を行う
  • 暴飲暴食を控える
  • 胃に負担をかけない食生活に切り替える

こういった基本をしっかり押さえていたからこそ、短い期間で健康を取り戻すことができたのです。

香辛料やアルコール、油ギトギトの食事はもってのほかです!!
せめて胃潰瘍が完治するまでは、そういった刺激物は食べたい気持ちを抑えましょう。

かかる費用は?

完治までにかかる費用は、服薬のみなのでそう高くはありません。
1万円前後、多少病気完治までの期間が長引いても、高くて2万円程度と思ってもらえれば大丈夫です。

ただまれにですが、不摂生な生活・睡眠不足・深刻なストレスなどの諸要因が重なり、重度の胃潰瘍になってしまう場合が・・・
その場合はより専門的な治療を受けるため病院への入院治療となります。

この場合は入院費などで治療費が跳ね上がってしまいます。
治療費のほうも20万円前後、服薬のみと比べるとおよそ10倍にまで膨れ上がってしまいます。

胃潰瘍を甘く見ている方もいますが、入院するほどの重症の場合ヘタをしたら命を落としかねません。
自信の健康のためにも、そしてお財布の中身を守るためにも異変を感じたら早め早めの病院受診をお願いします。

終わりに

いかがだったでしょうか?
今回は胃潰瘍の原因や治療方法、完治するまでにかかる治療期間やその費用を見ていきました。

最後に一つ、胃潰瘍治療のポイントを。
服薬を怠らず、生活をただせば胃潰瘍はほぼ100%完治します。

完治までの期間もそれだけ短くなります。
ただし、自分の胃潰瘍の原因が何なのか理解していなければ必ずすぐに再発してしまいます。

  • ストレス
  • ピロリ菌
  • 不摂生
  • 薬による副作用

いったいどれが原因なのか、医者と相談して突き止めておく必要があります。

病気の原因を突き止め、健康に気を使うことは自身の生活を改めるいいきっかけにもなります。
もし胃潰瘍になってしまった時はそのことをプラスに受け止め、これからの生活をよりよくしていけるよう心がけることが大事です。

最後に、当サイトで今まで取り上げた病気についてをまとめた記事を紹介しています。

最近胸が痛くて・・・

急にお酒に弱くなったんだけど病気かな?

夏風邪ってどうやって治すの!?

など、皆さんの抱える病気や体に関する悩みを解決するヒントになると思います。
是非ご覧ください。

関連記事

➡ 病気に関する情報まとめはここから!!

➡ ウソ!?まだお若いのに心筋梗塞なんて・・・

➡ 肝硬変に自覚症状がないってホントなの!?

スポンサーリンク