デイサービス レクネタ

レクリエーション

デイサービスで働いていると、毎日何かしらのレクをすることになり大変ですよね。

そもそもそんなにネタがあるわけがない!という声が聞こえてくるようです。

しかも、何とか考え出して準備していったにもかかわらず、辛口の利用者の方に「それは前やったな~」なんて言われたり…

そんな悲しい出来事を防ぐために、すぐにでもできる簡単レクを紹介したいと思います。

スポンサーリンク

今日は何の日

その名の通り、今日は何の日かを皆さんに当ててもらうゲームです。

このレクの素晴らしいところは、スマホが手元にあれば5分も関わらずに調べられるということです。

しかも、中には物知りな利用者の方たちも聞いたことのないような日がたくさんあります!

どうして今日にこの名前がついたのか、この日にはどんなイベントがあるのか、など話を広げやすいのも子のレクのメリットです。

スタッフ名人芸

レク、と言われるとついつい利用者の方に何かをしてもらおうという意識になってしまいがちです。

しかし、スタッフが素晴らしい技術を披露した時の利用者の方の反応は素晴らしいものです。
実際、けん玉名人のスタッフの方がいてその技術を見せた時には

「おー!」

と利用者の方から歓声と拍手が沸いたものです。

歌声の披露や、マジックショーなど出来ることはたくさんあります。
スタッフの方は「これも仕事」と割り切って、恥を捨てて全力で持ち芸を披露しちゃいましょう!

○×体操

意外と難しいのがこの体操。
片手で○を書きながら同時にもう片方の手で×を書きます。

大事なのは、スタッフが見本を見せる際に大きくゆっくりとすること。

そして、わかりやすい説明を心がけることです。

スタッフも一緒にやると、分かりやすくていいかと思います。
スタッフの中には、これが全くできない人も・・・(私もできません)

そんなスタッフを見て、利用者の方が

私はできるよ

と嬉しそうに見せてくれる姿はなかなかに輝いて見えました。

ねぎの千切り

これは介護度の比較的低い方向けのレクです。
その名の通りネギの千切りです。

特に女性の利用者の方は今でも料理の腕はだれにも負けないという方は数多くいらっしゃいます。

そういった方に腕を披露していただくのも立派なレクリエーションといえるのではないでしょうか?

その方の状態の把握、しっかりとした情報収集を行ってうえで、安全に配慮して行うことが大事です。

勝ってくださいジャンケン

これも最近はおなじみでしょうか?

とにかくジャンケンは盛り上がります。

スタッフがジャンケンで「私の出す手に勝ってください」と説明します。

一度詳しくルール説明を行っておくといいでしょう。

スタッフにとって簡単だからと言って、必ずしも利用者の方にとって簡単というわけではありません。

細かい説明と、スタッフのサポートはレクにおいて必要不可欠です。

関連記事 ➡ じゃんけん問題5問勝負!

スポンサーリンク

地名当てクイズ

これもスマホ一つで当日簡単に準備できますね。

目印になるものをどんどんと言っていき、そこがどこの県なのかを当ててもらいます。

雪まつり 味噌ラーメン 白い恋人 =北海道
といった具合にです。

このとき、利用者の方に関連付けた地域を言えると会話が盛り上がり一層楽しい時間となります。

会話を促すことも立派なレクリエーションです。
もし会話のほうが盛り上がったら、あまり口を出さずそこでレクを終了するのも手かもしれませんね。

ちなみに、↓は私の地元の県です。
皆さんどこかわかりますか?

桃・マスカット・白壁

関連記事 ➡ 都道府県名当てクイズ!あなたはどこか分かりますか?

ペン投げ

塗り絵などの後の片づけ、これだって一工夫でレクに変身します。
レク終了後、道具を回収する際にスタッフが箱を持って利用者のもとを回り、ペンを投げてもらいます。

箱の底に【おめでとう】等のメッセージを書いておくと、みなさんきれいに入った時には喜ばれます。

周りへのけがのないような配慮が必要です。

お手玉

意外と用いられないのですが、お手玉はかなり有効なレクですね。

ほいほいと器用4つ5つと投げる方もいれば、2つをもってマイペースで楽しまれる方等それぞれです。

できる人はヒーローとしてみんなから称賛されるのでかなりうれしいみたいですね。

また、利用者の方たち同士でお手玉に関する昔の思い出話などにも花が咲いたりすることもありますので、普段あまり話をされない方なんかにもおすすめのレクです。

終わりに

いかがだったでしょうか?
今回は簡単にできるレクリエーションを紹介させてもらいました。

あ、ちなみに先程出した私の地元の県は

岡山県

です。
気候も良く、人柄も大変良いところなので、皆さん是非一度お立ち寄りください♪

最後に一つ注意点を。

レクでは利用者の皆さんが楽しめるのも重要ですが、やはり一番は利用者の方の安全です。

体調管理をしっかり行い、そのうえで皆さんと楽しい時間を過ごしてくださいね。

レクリエーション関連記事

➡ 高齢者向けレクリエーションまとめ記事

➡ 準備物不要のレク12選はこれだ!

➡ 車椅子の方でも気軽にできるレクリエーション

➡ ボケ防止ゲーム問題を作ってみました♪

➡ レクリエーションの驚きの効果とは!

➡ サッカーレクリエーション5種を一挙紹介!

➡ 脳トレにも!?ジェスチャーゲームで盛り上がれ

スポンサーリンク